三浦半島 車椅子で利用できるバリアフリー施設を巡るドライブコース

三浦半島 車椅子で利用できるバリアフリー施設を巡るドライブコース

神奈川県の三浦半島には、車椅子で利用できる施設が数多くあります。横須賀港から葉山へと、海沿いのルートを中心に三浦半島を一周するドライブコースで、障がいのある家族と一緒の出掛け先にお薦めできる、バリアフリー施設やお店、観光スポットを紹介します。

横須賀港

〇大型商業施設と公園が並ぶ「横須賀港」

横須賀駅の海側にあるのは「ヴェルニー公園」。車椅子で散策が出来る無料公園で、駐車料金は障害者減免制度があります。

ヴェルニー公園

その隣は商業施設「ショッパーズプラザ横須賀」。フルリノベーションされて2020年4月には「コースカベイサイドストアーズ」として生まれ変わる予定です。

沖合に猿島を臨む新港には「三笠公園」。記念艦三笠の上甲板および艦橋以外は車椅子で利用できます。ここも駐車場料金の障害者減免制度があります。

三笠公園

三笠公園の横の「よこすかポートマーケット」は2021年にリニューアルオープン予定です。

よこすかポートマーケット

その先の海沿い馬堀海岸まで、家電、DIY、スーパー、飲食などの大型店舗が立ち並びます。

 

〇観音崎でバリアフリーを極める「横須賀美術館」

馬堀海岸を過ぎると、観音崎公園エリアになります。公園の有料駐車場は障害者減免制度がありますが、公園自体はあまりバリアフリーではなく、車椅子での散策可能範囲は限定的です。ただし2016年に誕生した「観音崎パークセンター」はバリアフリーで、綺麗な障害者用トイレがあります。

観音崎パークセンター

観音崎でバリアフリーな施設は「横須賀美術館」です。車椅子で快適に利用できます。駐車料金、展覧会の観覧料とも、障害者減免制度があります。地下屋内駐車場があるので、雨天でもまったく濡れずに利用できます。

横須賀美術館

〇グルメを楽しむ「三崎生鮮ジャンボ市場」

観音崎から横須賀港を通過します。

開国橋の先の「ペリー公園」は、公園はフラット構造ですが、記念館にはエレベーターはありません。

ペリー公園

その先にある「くりはま花の国」は、アップダウンが激しい公園で、あまり車椅子向きではありません。

くりはま花の国

野比海岸を抜けると三浦海岸です。そのまま134号線を進むと、三崎のマグロ卸鈴木水産が直営する「三崎生鮮ジャンボ市場」があります。地下駐車場があり、1Fが生鮮スーパー、2Fはレストラン、車椅子で利用できます。レストラン内に障害者用トイレがあります。

三崎生鮮ジャンボ市

〇マグロの聖地の代表施設「三崎うらり」

三浦海岸から国道を離れ半島の南岸を目指すと三崎に着きます。車椅子で買い物ができる施設は「三崎フィッシャリーナ・ウォーフ うらり」。1Fは「さかな館」で2Fは「やさい館」、予約制の手ぶらでバーベキューもあります。

三崎フィッシャリーナ・ウォーフ うらり

近隣施設としては油壷の「ホテル京急油壷観潮荘」は、海を眺めながら車椅子で食事が楽しめるレストランがあります。

ホテル京急油壷観潮荘

〇大海原を車椅子で見渡す「城ヶ島公園」

三崎から城ケ島大橋を渡ると「城ヶ島」です。城ケ島には6つの「ワンデーパス駐車場」があり、駐車料金の障害者減免制度があります。

「城ヶ島公園」は一部エリアと施設を除き、車椅子で散策ができます。

城ヶ島公園

千畳敷の岩場「長津呂(ながとろ)の磯」への歩道は、快適なバリアフリールートではありませんが、途中に決定的な段差はなく、車椅子で千畳敷岩場が見える場所まで行くことが出来ます。

長津呂(ながとろ)の磯

〇三浦で一番の大型産直ショップ「すかなごっそ」

城ヶ島から三浦半島に戻り134号線を北上します。三崎口駅を通過してそのまま進むと、「JAよこすか葉山」の大型産直ショップ「すかなごっそ」があります。2011年に開業したバリアフリーショップです。障害者用トイレが用意されています。

すかなごっそ

この近くには漁港や牧場があります。「すかなごっそ」には「さかな館」があり、また牧場の地産地消ソフトクリームが味わえます。

すかなごっそ

〇広い空と青い海を楽しむ公園「ソレイユの丘」

「すかなごっそ」から相模湾沿い荒崎方面に向かいます。高台にある公園は「ソレイユの丘」。入園は無料で、駐車料金は障害者減免制度があります。

収穫体験、大型遊具、日帰り温泉など様々な施設がある公園ですが、園内の散策路は車椅子で移動できる舗装路で、そこからは相模湾を眺望します。

すかなごっそ

海沿いに下りると「荒崎公園」があります。ここも入園は無料で、駐車料金は障害者減免制度があります。園内の歩道は車椅子で通行可能で、波が打ち寄せる岩場まで車椅子で行くことが出来ます。

荒崎公園

〇空間と景観で上質な美を味わう「県立近代美術館葉山」

国道134号線に戻り更に北上します。

葉山町に入る海沿いに「葉山公園」があります。入園は無料、駐車料金は障害者減免制度があります。車椅子で散策可能です。

葉山公園

葉山御用邸の隣接地に「葉山しおさい公園」があります。駐車場は無料、入園料は障害者減免制度があります。園内の散策路は車椅子向きではありませんが、「葉山しおさい博物館」は車椅子で利用できます。

葉山しおさい公園

その先、一色海岸沿いの建つのは「県立近代美術館葉山」。素晴らしいバリアフリー美術館で、駐車料金や観覧料は障害者減免制度があります。屋外展示も車椅子で鑑賞できます。また眺めの良いレストランが併設されています。

県立近代美術館葉山

〇マリンスポーツ、ヨットの聖地「葉山マリーナ」

134号の旧道になる海沿いの県道を進みます。森戸海岸には「森戸神社」があります。葉山郷の総鎮守「森戸大明神」で、バリアフリーではありませんが、参拝者用無料駐車場があり、本殿はスロープ対応です。

森戸大明神

その先に「葉山マリーナ」があります。改修されてバリアフリーになりました。B1に障害者用トイレがあります。

葉山マリーナ

〇葉山の名店が出店する「葉山ステーション」

国道134号から逗葉新道に向かいます。ゲートの手前にあるのは「葉山ステーション」。葉山の地元名店が多数出店する、美味しいもの出会えるバリアフリー商業施設です。

障害者用駐車区画は1台分、障害者用トイレは1つ用意されています。

葉山ステーション

以上、三浦半島の海沿いコースを中心にした、バリアフリー施設の紹介でした。

(本稿は2020年3月に執筆しました。)