車椅子で行く三浦半島~葉山マリーナ バリアフリー情報

葉山マリーナ バリアフリー情報

半世紀を超える歴史を有する日本を代表するヨットマリーナ「葉山マリーナ」は、マリンスポーツだけはなく、レストランやショップが入る、商業施設としての機能を有する施設です。

葉山マリーナは車椅子で利用出来るのか。現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○専用駐車場あり

車椅子利用者は車でのアクセスが便利。海沿いの狭い旧道を通るので、運転には注意が必要です。

葉山マリーナは、一般利用ができる専用駐車場があります。駐車場は広く160台を収容。障害者用駐車区画の用意はありません。

葉山マリーナ バリアフリー情報

○どこに駐車すべきか

駐車場は大きく3つのスペースに分けられます。入場して「左側」と「右側」、そして「右側」の奥にある「海沿い」の3スペースです。

この中で「海沿い」のスペースに停めると、段差なく施設正面エントランスに車椅子で行くことができます。「左側」または「右側」に停めると、段差回避のスロープを上りエントランスへ。場所を選べる状況であれば、車椅子利用者は眺めも良い「海沿い」スペースがお薦めです。

葉山マリーナ バリアフリー情報

○駐車料金のサービス

葉山マリーナの駐車場料金に、障害者減免はありません。

現時点でのサービス内容は、最初の20分間は無料。施設2,000円以上の利用で、3時間無料です。

葉山マリーナ バリアフリー情報

○障害者用トイレはB1

葉山マリーナは、商業施設としては3フロア構造。1Fと2Fがショップ&レストラン。3Fがバンケットルームです。

B1は事務所フロア。障害者用トイレはB1に設置されています。広さは並みで設備は綺麗。一般的な車椅子利用者なら問題なく使用できるトイレです。トイレはハーバーに面しているはずですが、窓は無く海は見えません。

葉山マリーナ バリアフリー情報

○エレベーターはやや狭い

上下階移動は1基あるエレベーターの利用で。このエレベーターは狭く、特に奥行に余裕がありません。

普通サイズの車椅子なら入りますが、重度障害の方の大型車椅子では、リクライニングを倒した状態では乗れないサイズです。エレベーターに乗れないと、B1のトイレには行けません。

葉山マリーナ バリアフリー情報

○お寿司屋さんは入口に段差

ショップ&レストランは、それほどバリアフリーに気を配っていませんが、一般的な車椅子利用者なら何とか利用できます。

入口に段差があるのは2Fのお寿司屋さんです。ただ2段ほどの小さな段差なので、介助歩行が可能な方なら、何とかなります。

葉山マリーナ バリアフリー情報

○車椅子で海を眺める

2Fのギャラリーカフェにはデッキがあり、マリーナからの眺望を楽しめます。

レストランでは、前出のお寿司屋さんは山側向きですが、海向きのお店はもちろんオーシャンビュー。2Fのもっとも見晴らしの良いスペースは、現在ではビューティーサロンが入っています。

駐車場「海沿い」スペースもオーシャンビュー。日本ヨット発祥地、葉山の眺めを車椅子で楽しめます。

葉山マリーナ バリアフリー情報葉山マリーナは、スロープ設置、エレベーター設置、障害者用トイレ設置と、バリアフリー化への努力をしています。一般的なサイズの車椅子なら、利用出来る施設です。