車椅子で行く軽井沢発地市庭バリアフリー情報

「発地市庭」の読み方は「ほっちいちば」。「発地」は地名で「市庭」は造語です。2016年に開業した農産物産直ショップと複数の食事処、イベントスペースなどがある郊外型施設。車椅子での利用に大きな問題はありません。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○施設全域バリアフリー設計

広い駐車場、フラット路面、ワイド通路。施設全域が段差の無いバリアフリー設計。車椅子での利用に大きな問題はありません。

大規模な施設です。延床面積は2,000㎡超。ランダム且つ斜めに建つ列柱とうねる大屋根が印象的な外観。そのイメージは軽井沢の森や浅間山の尾根。新しい南軽のランドマークにふさわしい規模とデザインの施設です。

障害者用トイレは2か所に用意。広くて綺麗なバリアフリートイレです。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○道の駅ではない

オーナーは軽井沢町で、運営は民間委託されています。

ビジネスモデルは完全に「道の駅」です。でも「道の駅」認定は受けていません。軽井沢町のスタッフが、2013年頃より全国の先進事例の研究に励み、計画を練ったとのことです。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○ブランド名は「軽井沢霧下野菜」

「発地市庭」では野菜のブランド化に取り組んでいます。ブランド名は「軽井沢霧下野菜」で商標登録しています。

軽井沢は朝から発生した霧が野菜を優しく包み込む「霧下気候」の土地。そのため表面が霧に守られ豊富な水分を含んだみずみずしい野菜が育つ。「軽井沢霧下野菜」の幕やポスターがあちらこちらに掲示。地元軽井沢産の野菜が魅力な直売所です。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○野菜以外も高品質

野菜だけではなく、フルーツ、お菓子、ジャムなどの各種加工品、ソフトクリーム、地場産蕎麦など、「発地市庭」は高品質なコダワリの食が集まっています。

飲食店等は、ビュッフェレストラン、蕎麦屋、チーズ自慢のカフェ、豆腐工房。やはり高品質な軽井沢ブランドを志向しています。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○開放的な芝生広場

バリアフリーなデッキスペースで囲まれた施設です。建物横には開放的な芝生広場が設けられています。当初この芝生広場がバーベキュー場になる案内もありましたが、現時点までBBQの営業はなく、広場として活用されています。

 

 

軽井沢発地市庭は、車椅子で高品質な軽井沢ブランドの食を楽しめる、バリアフリー施設です。

車椅子で行く富山~ひみ番屋街バリアフリー情報

富山県氷見市の「ひみ番屋街」は、車椅子でグルメ、絶景、温泉が楽しめる素晴らしい観光施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○施設の概要

「ひみ番屋街」は2012年の開業です。入店する店舗は全33店舗。総合案内所、観光情報センター、別棟で日帰り温泉があります。

収容駐車台数は総合計で普通車310台、大型観光バス12台。障害者用駐車区画の用意があります。

富山湾を望む広場、公園も整備され、好天の日には海の向こうに立山連峰がそびえる絶景が楽しめます。

富山~ひみ番屋街バリアフリー情報

○番屋外の施設構造

「ひみ番屋街」の全体構造を紹介します。

みやげ、干物、鮮魚、フードコート飲食、レストラン、物販の6ブロックをつなぐ構造で、すべて屋根続き、車椅子でバリアフリーに回遊できます。

通路の幅は並みレベルで、混雑しなければ車椅子で快適に移動可能。障害者用トイレは計3カ所に用意されています。

 

○屋上展望広場は階段のみ

番屋の屋上を利用した「展望広場」があります。海の向こうに立山連峰を臨むスペースですが、ここへのルートは階段だけです。

屋上に上がらなくても、「ひみ番屋街」各所から富山湾と立山連峰の絶景は楽しめます。

 

○食事処のバリアフリー状況

独立した飲食店は寿司屋と魚のレストラン。どちらも一般的な車椅子なら利用できます。番屋亭の2階へはエレベーターがあります。

フードコート形式の飲食店が10店舗。注文品の受け渡しがあるので健常者が同行していると便利ですが、席は車椅子で利用できます。

物販店舗として鮮魚店が5店舗並び、生鮮魚類を販売しています。鮮魚店でお刺身を買い、番屋街内で食べるというと、お箸、お醤油、ワサビ、使い捨て小皿をつけてくれます。施設内には各所にテーブルや椅子があり、車椅子で自由に飲食できます。

富山~ひみ番屋街バリアフリー情報

○物販店のバリアフリー状況

物販店舗としては、野菜系直売店、鮮魚や干物店、お菓子屋などのお土産店が並びます。車椅子で決定的に利用できないお店はありません。

富山~ひみ番屋街バリアフリー情報○日帰り温泉のバリアフリー状況

別棟の日帰り温泉「氷見温泉郷総湯」は天然温泉です。車椅子の為の特別な設備はありませんが、可能な限りフラットで各所に手摺がある今どきの一般的な温泉施設です。足が悪いレベルの人、介助歩行が出来る人なら利用可能です。お風呂は2F、エレベーターがあります。

他に無料で利用できる展望足湯があります。眼前に見える富山湾に浮かぶ小島は「唐島」です。

 

グルメ、絶景、温泉が楽しい「ひみ番屋街」は、車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。

車椅子で行く三浦半島~「すかなごっそ」バリアフリー情報

横須賀市長井、国道134号線沿いに建つ「すかなごっそ」は、2011年に開業した「JAよこすか葉山」の大型産直ショップです。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○障害者用駐車区画は1台分

アクセスは車が便利。駐車場内はフラットで車椅子での移動に問題はありません。

混雑時は右折入場ができません。混雑時間帯は概ね土日祝の10時から15時です。またこの時間帯は駐車場が混みあいます。

2018年時点では障害者用駐車区画の用意は1台分だけで、混雑時は満車の可能性が高い。乗降しやすい一般駐車区画を探すことになる確率が高い駐車場です。

 

○売り場内はフラット

メイン棟の内部はフラット構造。売り場の通路幅は一般的なサイズで、車椅子での店内回遊は可能です。販売台の高さも一般的で、車椅子から商品へ手が届きます。

レジの仕様も一般的なスーパーと同様で、車椅子で利用できます。袋詰めは自分で行いますが、セルフ台は壁沿いに細長い簡易テーブルが置かれているだけで、車椅子仕様ではありません。健常な同行者がいると助かります。

すかなごっそ」バリアフリー情報

○テイクアウトコーナーの窓口

メイン棟出口にソフトクリームなどを販売する、テイクアウトショップがあります。ここの窓口の高さは、車椅子で手が届くギリギリの高さです。代金の支払い、商品の受け取りは、健常な同行者がいると助かります。

 

○「さかな館」はやや狭い

メイン棟の隣に、長井漁協直営の「さかな館」が、2014年に誕生しました。ワンフロアの小さな売場で、混雑時は車椅子での利用が辛い狭さです。空いていれば、問題なく車椅子で利用できます。

すかなごっそ」バリアフリー情報

○障害者用トイレは一つ

トイレはメイン棟の後ろ側にある外付けタイプ。男女別トイレと障害者用トイレがあります。

混雑時は女性用トイレに行列が出来る事がよくあります。女性用トイレは和式が多いこともあり、ここの障害者用トイレは健常者の利用が多い。混雑時は使用中のことが多い障害者用トイレです。

 

○三浦の恵みが楽しめる

季節の地場産野菜が並ぶ楽しい産直です。「葉山牛」などお肉販売にも力が入っています。コロッケなどの惣菜類も充実。三浦半島で最もバリアフリーな産直ショップです。

 

○上空の「とんび」に注意

メイン棟の出口前スペースにフリーテーブルが置かれ、自由に利用できます。肉売場で買ったコロッケ、テイクアウトコーナーのソフトクリームなどを、ここでいただくことができます。

食べ物を手元に出すときには上空の「とんび」に注意してください。本当に襲ってきます。

 

○端境期があります

地場産の野菜類は、時期によって扱いが大きく変わります。三浦半島の場合、野菜が採れない秋の「端境期」が長い傾向にあります。その年、その日によって違うので、一概には言えませんが、気候のよい秋の季節に地場産野菜が少ない傾向があります。

 

「すかなごっそ」とは「よこすか」と「ごちそう」を併せた造語です。混雑時はやや車椅子で苦戦することもありますが、「すかなごっそ」はバリアフリーな産直ショップです。