茨城の産直バリアフリー情報 ポケットファームどきどき茨城町店

茨城県茨城町の「ポケットファームどきどき茨城町店」は、「自然」「農業」「食べ物」をテーマにした「農業体験型レジャー施設」。産直ショップとレストランを中心にした、車椅子で利用できる大型施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年6月の取材に基づいています。

農業体験型レジャー施設

○障害者用駐車区画の状況

アクセスは車が便利です。

障害者用駐車区画は、フラワーポケットの前に屋根無しで2台分用意されます。場所は駐車場内正面からみて右側エリアの店舗よりです。

障害者用駐車区画の状況

○障害者用トイレの状況

障害者用トイレは、産直ショップ棟の裏手屋外から出入りするトイレと、BBQ場横の独立棟トイレにそれぞれ1つあります。

今回取材時は、トイレ設備はやや老朽化していました。

障害者用トイレの状況

○施設の全体構成

ポケットファームどきどき茨城町店の主な施設を紹介します。

施設の全体構成

「フラワーポケット」は花木売場。とても大きな店舗で車椅子での利用が可能なフラット構造です。

フラワーポケット

産直ショップは「ファーマーズポケット」。店内はフラットな構造です。

ファーマーズポケット

グルメ施設はビュッフェ「森の家庭料理レストラン」と手ぶらで出来るバーベキュー広場があります。

森の家庭料理レストラン

「風のドーム」はフラットな空間の休憩施設です。

風のドーム

風のドーム

屋外施設としては「どきどき農園」「ジャブジャブ池」「小さな動物村」などがあります。

また敷地内の各所にフリーテーブルや椅子が置かれ自由に利用できます。

各所にフリーテーブルや椅子が

○ファーマーズポケットのバリアフリー状況

産直ショップの正面出入口はフラット構造で自動ドア、車椅子での通行は可能です。店内の通路幅は一般的なサイズ。混雑していなければ、車椅子で買い物ができます。

野菜に加えて、お肉売り場、コロッケなどのお肉系惣菜売り場が充実しています。パンコーナーもあります。いずれの売り場も、車椅子で通行できない狭い箇所はありません。

小さなフードコートがあります。可動式のテーブルと椅子なので車椅子での利用は可能です。

フードコートに外への小さな出入口があります。このドアは手動で、車椅子では介助者がいないと通行が辛いタイプのドアです。

ファーマーズポケットのバリアフリー状況

○森の家庭料理レストランのバリアフリー状況

時間制限の無いビュッフェレストランで、人気があり混みます。予約が出来る時間は開店時刻の11:30だけです。

正面入口は階段ですが、迂回スロープがあり車椅子での入店は可能です。店内はフラット構造で可動式のテーブル席なので、車椅子での利用は可能です。

森の家庭料理レストランのバリアフリー状況

森の家庭料理レストランのバリアフリー状況

○バーベキュー広場のバリアフリー状況

未舗装のアウトドア施設です。小さなデコボコや段差はありますが、車椅子で利用できない決定的な段差はありません。車椅子での利用は、出来ないことはありません。

バーベキュー広場のバリアフリー状況ポケットファームどきどき茨城町店は、施設全般新しくはありませんが、車椅子利用で困る決定的な問題箇所はありません。買い物と食事が車椅子で可能です。

埼玉の産直ショップ しらおか味彩センター バリアフリー情報

埼玉県白岡市の「しらおか味彩センター」は、障害者用トイレがある、車椅子で買い物ができる産直ショップです。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年8月の取材に基づいています。

○地域農業の振興を図る

東京のベットタウンでもある白岡市。「しらおか味彩センター」は、2003年に開業した地域の農業振興と市民と農家の相互交流のための施設です。産直ショップと蕎処で構成。地元産の美味しいものと出会える場所です。

しらおか味彩センター

○障害者駐車区画は1台分

場所は白岡市役所の隣接地。アクセスは車が便利です。人気施設で駐車場は複数用意されています。障害者駐車区画は第一駐車場に1台分を用意。第一駐車場は構造的に袋小路で、その最も奥に近い場所が障害者駐車区画です。

観察していると。奥まですすんだが駐車スペースのない車が、一生懸命Uターンしています。そのような混乱する場所にある障害者駐車区画なので、混雑時は第二駐車場など、やや遠くても空いている駐車場を利用した方が楽かもしれません。

しらおか味彩センター

○ハスの植栽地あり

今回は8月の訪問。施設敷地内の中央部は円形のハス植栽地。大きなハスの花が綺麗に咲いていました。味彩センターはハスの鑑賞スポットでもあります。

ただしハスの周りは未舗装エリア。車椅子では近付き難いデコボコです。ちょっと離れた舗装路から、車椅子でハスを鑑賞しました。

しらおか味彩センター

○産直ショップは「おおばん市場」

ショップの名称は「おおばん市場」。HPによると、米、梨、トマトが自慢の生産品として紹介されています。今回訪問時は梨の販売時期。特設テントで梨が売られています。

店内の通路幅は並みレベル。混雑していなければ車椅子での店内回遊は可能です。メインの出入口は自動ドア。レジ横の出口専用ドアは手動です。

しらおか味彩センター

○インドアの障害者用トイレあり

「おおばん市場」は、年季の入った平屋の市場。トイレはレジ横の奥、男女別トイレと障害者用トイレがあります。障害者用トイレの広さは並みレベル。今回取材時点では、ウォシュレットは付いていません。それでも実用に耐える障害者用トイレです。

しらおか味彩センター

○蕎麦処は「いっとこ茶屋」

地元産のそば粉を使用した手打そばを味わえるのは「いっとこ茶屋」。独立した建物で営業しています。その横にはアイス販売のスタンドもあります。

しらおか味彩センター

「しらおか味彩センター」は車椅子で買い物ができる産直ショップです。

茨城県の産直ショップ きらいち結城店 バリアフリー情報

茨城県結城市の「きらいち結城店」は、スペースにゆとりがある車椅子で利用しやすいJA系産直ショップです。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年9月の取材に基づいています。

○広い駐車場、広い店内

正式名称は「JA北つくば ファーマーズマーケット きらいち結城店」。2009年に規模拡張リニューアルを実施しました。全体的にスペースの余裕があるお店です。

駐車場から店内までは、段差のないフラット構造。車椅子で利用しやすい施設です。

きらいち結城店

○駐車場は150台収容

アクセスは車が便利。農協系の他の施設もある敷地は広く、駐車場は150台。屋根無しですが、障害者用駐車区画の用意もあります。車椅子で使いやすい駐車場です。

きらいち結城店

○余裕の店内通路

店内はワンフロアのシンプルな構造。大きな四角い空間に、ワゴン什器が配置されています。

通路幅に余裕があるのがポイントです。通路に他のお客さんがいても、車椅子で快適にお買い物ができます。

 

○障害者用トイレも広い

トイレは店舗外側から利用するタイプ。正面からみて建物の右手にあり、障害者用トイレが用意されています。

個室内のスペースは広く、設備更新されて綺麗なトイレです。外から見る印象よりも、使いやすいトイレです。

きらいち結城店

○正面の看板が大きい

きらきらネーム系産直ショップは数多くありますが、ここは店舗正面にある店名看板がとても大きい。インパクトのある看板です。

きらいち結城店

車椅子でのお買い物に大きな問題はありません。「きらいち結城店」は、スペースにゆとりがある、バリアフリーな産直ショップです。