渋谷パルコ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

渋谷パルコはバリアフリー施設ですが、車椅子で利用する上で理解しておきたい構造上の特徴があります。知っていると戸惑わないバリアフリーポイントを紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

渋谷パルコ 車椅子利用ガイド 

○1Fから5Fまで障害者用トイレがない

商業施設としてはB1から10Fまでの施設です。

障害者用の多目的トイレは、B1と6F・7F・8F・9F・10Fにあります。

すべての多目的トイレにオストメイト機能が付いています。

渋谷パルコ

○エレベーターは2系統

東エレベーターが4基、西エレベーターが2基あります。

東エレベーターはB1から10Fまで全階をむすびます。

渋谷パルコ

西エレベーターはB1から6Fまでです。

また東エレベーターの1Fは、夜間レストランだけが営業している時間帯は、施設外側の乗降口の利用になります。

東エレベーターの1F

西エレベーターの1F乗降口は、吹き抜け中央通路に面しています。

渋谷パルコ

西エレベーターの1F乗降口

○10F屋上は車椅子可

10F屋上と4Fテラスがアクセントになる施設で、そこから外階段で上下階移動出来るのが構造上の特徴です。

渋谷パルコ

ルーフトップパーク

10Fの「ルーフトップパーク」は車椅子で利用できます。東エレベーターで10Fに出ると、屋上中央部に出ます。

ルーフトップパーク

ルーフトップパーク

ただし11F相当部にある展望テラスへは階段で上ります。

ルーフトップパーク

また北側には車椅子では利用できない階段路があり、5Fまで続いています。

ルーフトップパーク

4Fのテラスにも、車椅子で出ることは可能です。そこから1Fまで外階段でつながります。上りはエスカレータがあります。

4Fのテラス

4Fのテラス

○有料地下駐車場あり

ショップ利用による駐車料金サービスがある地下駐車場があります。入庫ルートはオルガン坂からの左折です。

有料地下駐車場あり

渋谷パルコは坂道立地なので、どの方面からアクセスしてもアップダウンがあります。車椅子利用者にとって、車の利用は便利な手段です。

車椅子利用者には縁のないことですが、駐輪場は8Fと9Fです。専用エレベーターで上ります。

渋谷パルコ

車椅子利用者は多目的トイレのあるフロア情報を確認して、渋谷パルコを利用してください。

渋谷スクランブルスクエア 車椅子での移動ルート バリアフリー情報

再開発が進む渋谷駅。その中心に建つのが「渋谷スクランブルスクエア」です。駅そして周辺施設への車椅子での移動ルートを中心に、現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

渋谷スクランブルスクエア 

○施設内のバリアフリー状況

渋谷スクランブルスクエアの一般商業フロアは、B2から14Fまで。ワンフロアの面積はそれほど広くはありません。

渋谷スクランブルスクエア 

新しい施設なので、バリアフリー面での基本的な問題はありません。

上下階移動のメイン動線はエスカレーターで、エレベーターは1系統です。

現時点で観察する限り、16フロアに及ぶ施設なので、高層フロアの利用者はエレベーターに流れます。時間帯によっては、混みあう可能性が高いエレベーターです。

障害者用トイレはB1・3F・4F・5F・6F・7F・9F・10F・11F・12F・13F・14Fに用意されています。

渋谷スクランブルスクエア 

展望施設「SHIBUYA SKY」の利用料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名のチケット料金が半額に減免されます。

渋谷スクランブルスクエア 

○駅との連絡通路

B2で「東横線」「田園都市線」「半蔵門線」「副都心線」の渋谷駅に直結します。

渋谷スクランブルスクエア

渋谷スクランブルスクエア

渋谷スクランブルスクエア

渋谷スクランブルスクエア

渋谷スクランブルスクエア

現時点では改良工事中で階段路がまだありますが、3Fから「JR線」「銀座線」「井の頭線」に連絡します。

渋谷スクランブルスクエア 

渋谷スクランブルスクエア 

○渋谷ヒカリエとの連絡通路

明治通りを挟んで建つ「渋谷ヒカリエ」とは、2Fから屋根のある屋内型連絡ブリッジ、B2では地下通路で連絡します。

渋谷ヒカリエとの連絡通路

渋谷ヒカリエ

渋谷スクランブルスクエア

車利用で「渋谷ヒカリエ」の駐車場を利用した場合は、「渋谷ヒカリエ」の2F先が駐車場の出庫ロビーになります。フロア移動をせずに、渋谷スクランブルスクエアから駐車場まで車椅子で移動可能です。

渋谷ヒカリエとの連絡通路

○渋谷ストリームとの連絡通路

青山通りを挟んで建つ「渋谷ストリーム」とは、2Fから屋根付きの連絡ブリッジで連絡します。

渋谷ストリームとの連絡通路

渋谷ストリームとの連絡通路

「渋谷ストリーム」の駐車場を利用した場合も、雨天でも濡れずに渋谷スクランブルスクエアに移動できます。

渋谷ストリームとの連絡通路

※今回取材時点では「渋谷フクラス」は開業前でした。

渋谷駅および再開発ビルの商業施設間は、車椅子で移動出来るバリアフリールートが整備されています。

池袋西武・池袋東武 雨天に便利な駐車場バリアフリー情報

東京都豊島区、池袋の2つの巨艦店「西武」と「東武」には、連絡通路で直結する駐車場があります。車椅子で、雨天でも濡れずに利用できる駐車場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

西武池袋本店 食と緑の空中庭園 バリアフリー情報

「西武池袋本店」の駐車場

「西武パーキング」は明治通りからの左折入庫になります。

雨天は混むことが多く、駐車場入口から入庫待ちの列ができます。この場合、車列は明治通りからビックリガード方面に伸びます。混雑時は、明治通りを目白方面から直進して西武に向かうと、駐車場の待機列に並べません。池袋警察署方面からビックリガードに向い、三車線左側の車線を通行してください。

「西武パーキング」で障害者用駐車区画が複数用意されているフロアは4Fです。

西武パーキング

パーキング4Fから、エレベーターを利用せずに店舗へ移動できます。

ただしこの移動ルートは、傾斜のあるスロープを複数通過して、荒天の場合は雨が吹き込む簡易な屋根のある屋上部を通過します。

西武パーキング

西武パーキング

西武パーキング

西武パーキング

この移動ルートを嫌う場合は、パーキングのエレベーターでB1またはB2へ下りて下さい。地下連絡路を通り店舗へ移動できます。

西武パーキング

西武パーキング

またパーキングB1に1台分障害者用駐車区画があります。

西武パーキング

 

「東武百貨店池袋店」の駐車場

直営駐車場「PARKING 1」は、店舗から離れた場所にあります。連絡通路はありません。

「東武百貨店池袋店」の駐車場

直営駐車場「PARKING 2」は、連絡通路があります。

古いタイプの機械式駐車場で、駐車ラックに車を入庫する前に、同乗者は先に下りる利用ルールです。車椅子利用者が先に降車するスペースはあります。

「東武百貨店池袋店」の駐車場

運転者が車椅子利用者の場合は、駐車ラック内での降車は狭くて段差があります。駐車場スタッフに相談して誘導を受けて下さい。スタッフが入庫する、または地下の駐車スペースを利用するなど、利用方法はあります。

「東武百貨店池袋店」の駐車場

駐車後はエレベーターで4Fへ上ります。そこから空中ブリッジで店舗へ向かいます。少し傾斜がありますが、車椅子での移動に大きな問題はありません。店舗への出入口は自動ドアです。

「東武百貨店池袋店」の駐車場

「東武百貨店池袋店」の駐車場

直営駐車場「PARKING 2」は、連絡通路

直営駐車場「PARKING 2」

「東武百貨店池袋店」の駐車場

「東武百貨店池袋店」の駐車場

「プラザ駐車場」からも濡れずに連絡できます。プラザ館の地下になるので、駐車場のエレベーターでそのままプラザ館に上がることができます。

「プラザ駐車場」にはB2に障害者用駐車区画があります。そこが利用出来れば問題はありません。

障害者用駐車区画が満車な場合は、数が少ない一般的な平置き区画の利用になります。スペースが狭く車椅子利用者の乗降は苦戦します。

平置き区画も満車の場合は、数多くある利用されていない2段機械式装置がある駐車区画の利用になります。この機械がある区画は5ナンバーサイズでとても狭い設定です。さらに機械のデコボコ段差があるので、車椅子利用者の乗降は困難です。

また「プラザ駐車場」の利用サービス時間は、上限が90分です。

プラザ駐車場

雨天に車椅子で駐車場を利用する場合、特に混雑している時は、

「西武池袋本店」は「西武パーキング」の4Fに駐車して、パーキングのエレベーターで地階に下りる。

「東武百貨店池袋店」は「PARKING 2」の機械式に入庫して、パーキングのエレベーターで4Fへ上る。

以上のルートがお薦めです。