令和元年の「はっきょいKITTE」バリアフリー情報

東京都千代田区丸の内、東京駅前のKITTEのイベント「はっきょいKITTE」。令和元年は8月13日から25日まで。最終日の25日は「大相撲KITTE場所」が開催されます。

「はっきょいKITTE」は車椅子で楽しめるイベントです。令和元年の主な企画を紹介します。

はっきょいKITTE

○グッズが充実

会場はKITTEの1F。KITTEはバリアフリー施設で、車椅子でのアクセスに大きな問題はありません。会場内もフラットで車椅子での見学は可能です。

KITTEはバリアフリー施設

毎年恒例のイベントです。昨年よりも充実しているのがグッズ販売コーナーです。木村庄之助の軍配、職人手作りの力士ペーパーウェイト、湯呑、ハンカチ、ソックスなどがワゴン販売されます。スペースに余裕があり、車椅子での品定め、買い物は可能です。

グッズが充実

○すもう撮りカメラは人気

自分の顔をお相撲さんに変える「すもう撮りカメラ」は今年も人気です。今回取材時は15分待ちという案内でした。

すもう撮りカメラは人気

○食べ物企画は「ちゃんこの量」

令和元年の大食い系食べ物企画は「ちゃんこ鍋の量」。どのような食材が一度にどれだけ使われているのか、リアルな展示です。鍋の横にあるフォトブックには、実際に調理をしている写真などが納まっています。

食べ物企画は「ちゃんこの量」

○手足の展示

力士の手と足の模型は今年も展示されています。大きさというよりも、鍛えられた形に注目です。

手足の展示

○くじは3千円のレシートで

おみくじ「SUMOMIKUJI」は、KITTEの利用3千円以上で参加できます。

くじは3千円のレシートで

○大相撲KITTE場所の混雑

最終日の大相撲KITTE場所は例年混雑します。1Fと2Fの席は事前抽選制。3F以上の自由観覧スペースは混雑して、車椅子からの観戦は苦戦します。

大相撲KITTE場所の混雑

「はっきょいKITTE」は、大相撲KITTE場所観戦以外、車椅子で参加できます。

イケア立川 車椅子バリアフリー情報

東京都立川市の「イケア立川」は、他のイケア店よりも車椅子での動線が少し良くなりました。現地の状況を紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

イケア立川

駐車場千円制度は変りました

2014年に開業した東京都初のイケア、立川店。渋滞発生回避のために、駐車場は1回千円でスタートしましたが、現在では何かを買えば無料、に変わっています。

駐車場出口の精算機にレシートを読ませるとバーが上る運用。この読み取りは上からの光学読み取り。したがってレシートを表向きにして精算機の読み取りスペースに入れます。下向きに入れてバーが上らずに苦戦する人がいるので注意してください。

ソフトクリームなどを売っている1Fのフードコートは、自販機式でレシートが発行されません。したがってストアで何かを買ってレジを通る必要があります。レシートがないと、駐車料金は千円です。

イケア立川

駐車場から2Fへ直接アクセス可能

今までのイケアストアは、駐車場から1Fへ行き、車椅子では別のエレベーターで2Fのショールームへ行く動線でした。立川店は上階の駐車場から2Fショールームに直接行けます。車椅子でのエレベーター乗り換えは不要。少し動線がよくなりました。

イケア立川

マーケットホールが2F

もう一点、今までのストアとの構造上の違いは、これまで1Fにあったマーケットホールが2Fになったこと。ショールームと同じフロアなので、車椅子での行き来が楽になりました。ただしセルフサービスエリアとレジは1Fなので、エレベーターに乗る回数は変りません。

イケア立川

障害者用駐車スペースの横が喫煙所

今回取材して時点では、障害者用駐車スペースの横が喫煙所でした。車をおりると煙草の臭い。これが嫌いな人には辛い環境です。もちろん吹き抜け風さらし構造なので、紫煙がこもることはありません。

障害者用駐車スペースの横が喫煙所

 

ストア全体バリアフリー設計。配送サービス、組み立てサービスなど、日本式サービスがあります。「イケア立川」は車椅子で利用できます。

舞浜 イクスピアリ 車椅子での歩き方バリアフリー情報

千葉県浦安市舞浜、東京ディズニーリゾートの玄関口にある商業施設「イクスピアリ」の車椅子・ベビーカーでの利用方法、施設内を移動するバリアフリールートを紹介します。

なお本稿は2019年8月の取材に基づいています。

○舞浜駅とは直結

舞浜駅改札からはデッキで2F「エントリー・プラザ」に段差なく直結します。

この2Fデッキはディズニーショップ「ボン・ヴォヤージュ」、そしてスロープルートで「東京ディズニーランド」正面まで段差なくつながります。その先の「ディズニーランドホテル」までも段差なく移動できます。

舞浜駅とは直結

舞浜駅とは直結

舞浜駅とは直結

舞浜駅とは直結

舞浜駅とは直結

○ディズニーリゾートラインの始発駅

東京ディズニーリゾートを周回するモノレール「ディズニーリゾートライン」の駅はイクスピアリの2Fが入口です。また降車出口はイクスピアリ3Fに直結する改札もあります。

イクスピアリからディズニーリゾートラインは、バリアフリーに利用できます。

ディズニーリゾートラインの始発駅

ディズニーリゾートラインの始発駅

ディズニーリゾートラインの始発駅

ディズニーリゾートラインの始発駅

○パーキングAのバリアフリー状況

車でアクセスした場合の駐車場のバリアフリー状況です。

パーキングAは「バレーパーキング」。駐車料金の他に1千円の料金がかかります。

乗降はスペースの広い場所でゆっくり出来ます。1Fですが屋内なので雨の日も利用できます。

パーキングA内のトイレは、一般用だけで障害者用トイレはありません。

直結するエレベーターは4号で、最上階の4Fまでつながります。

駐車場内を移動してフードコートなどがある「ザ・コートヤード」に段差なく移動することも出来ます。

パーキングAのバリアフリー状況

パーキングAのバリアフリー状況

パーキングAのバリアフリー状況

○パーキングBのバリアフリー状況

地下自走式の駐車場です。障害者用駐車区画が6台分用意されています。

パーキングB内に2か所のトイレがありますが、一般用だけで障害者用トイレはありません。

パーキングBにはエレベーターが1号、2号、3号の3系統が直結します。

パーキングAのバリアフリー状況パーキングBのバリアフリー状況

パーキングBのバリアフリー状況

○アネックス・パーキングのバリアフリー状況

アンバサダーホテルの先にある屋外駐車場です。障害者用駐車区画は正規区画に加えて複数予備区画の用意があります。障害者用駐車区画の入口はパイロンでふさがれています。利用方法は、入庫ゲートの駐車券発券機のインターフォンで「車椅子利用」を連絡します。すぐにスタッフが来て誘導していただけます。

アネックス・パーキングのバリアフリー状況

アネックス・パーキングのバリアフリー状況

○アネックス・パーキングからイクスピアリへのバリアフリールート

一般用の連絡ブリッジは車椅子、ベビーカーでは利用できません。地上を直進してアンバサダーホテル内へ入ります。

アネックス・パーキングからイクスピアリへのバリアフリールート

アネックス・パーキングからイクスピアリへのバリアフリールート

アネックス・パーキングからイクスピアリへのバリアフリールート

ホテルフロントを横切り「シェフ・ミッキー」の近くまでホテル内を進むと、左手に中庭が見えてきます。自動ドアを選び中庭にでます。屋根の下を進むとイクスピアリ1F「ガーデンサイト」に着きます。

アネックス・パーキングからイクスピアリへのバリアフリールート

アネックス・パーキングからイクスピアリへのバリアフリールート

アネックス・パーキングからイクスピアリへのバリアフリールート

○ガーデンサイトとオリーブと噴水の広場

ガーデンンサイト内はフラットで車椅子、ベビーカーの利用は可能です。このフロアの奥に、障害者用トイレと赤ちゃん用の休憩施設があります。

通路を進むと屋外の右手に「オリーブと噴水の広場」があります。ガーデンンサイトから自動ドアを出ると噴水とウッドデッキがあり、自由に利用できるテーブル席が用意されています。ウッドデッキは段差なく車椅子、ベビーカーで利用できます。

ガーデンサイトとオリーブと噴水の広場

ガーデンサイトとオリーブと噴水の広場

ガーデンサイトとオリーブと噴水の広場

ガーデンサイトとオリーブと噴水の広場

○1Fから2Fへ、シネマエリアのスロープルート

「オリーブと噴水の広場」の先からは、2Fへ上るスロープになります。緩い傾斜のスロープです。スロープを避けるなら、手前にある1号または2号エレベーターを利用します。

2Fはイクスピアリのメインフロアです。

1Fから2Fへ、シネマエリアのスロープルート

1Fから2Fへ、シネマエリアのスロープルート

○2Fで施設全体を横断する

舞浜駅からつながる「エントリー・プラザ」から「シネマイクスピアリ」まで、2Fは施設全体を横断するフロアです。

フロアの中央部にあるイベントが開催される「セレブレーション・プラザ」周辺は屋根のない屋外スペースになります。

2Fは1号から5号まで全てのエレベーターが利用できます。

障害者用トイレは2か所用意されています。

2Fで施設全体を横断する

2Fで施設全体を横断する

2Fで施設全体を横断する

2Fで施設全体を横断する

2Fで施設全体を横断する

○3Fのバリアフリー状況

3Fは2Fの半分以下のスペースのフロアです。雑貨、ファッション、レストランなどがあります。

3Fへは2号から5号までの4基のエレベーターでつながります。

2Fと同様に「セレブレーション・プラザ」周辺は屋根のない屋外スペースになります。

3Fには障害者用トイレが2か所に用意されています。

3Fのバリアフリー状況

3Fのバリアフリー状況

3Fのバリアフリー状況

3Fのバリアフリー状況

3Fのバリアフリー状況

3Fのバリアフリー状況

○4Fのバリアフリー状況

4Fは3Fの半分程度のスペースのフロアで、レストランがあります。一部を除き屋根のない屋外スペースです。

4Fへつながるエレベーターは4号だけです。

4Fには障害者用トイレが1つ用意されています。

4Fのバリアフリー状況

4Fのバリアフリー状況

4Fのバリアフリー状況

4Fのバリアフリー状況

○1Fザ・コートヤードートヤードのバリアフリー状況

ザ・コートヤードは4Fと同程度のスペースのフロアで、スーパー、フードコート、テイクアウトショップなどがあります。

ザ・コートヤードにつながるエレベーターは5号エレベーターだけです。

赤ちゃん用の休憩施設と、ユニバーサルシートがある障害者用トイレが1つ用意されています。

舞浜駅地上ロータリーに直結する出入口があります。

イクスピアリとディズニーの関係

○イクスピアリとディズニーの関係

2000年の開業時から、イクスピアリはディズニーとキャラクター使用の契約を結んでいません。しかしオリエンタルランドの経営で、東京ディズニーリゾートの正式な施設です。

1Fザ・コートヤードートヤードのバリアフリー状況イクスピアリは車椅子、ベビーカーで利用できるバリアフリー施設です。ただし雨天に全く濡れずに利用出来るのは、パーキングAまたはBを利用して、1Fと2F、および屋外スペースを避けた3Fと4Fの一部になります。