車椅子で行く軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

湯川の清流と100本の春楡の木が美しい人気観光施設「ハルニレテラス」は、車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。より快適に車椅子で利用するための、現地の詳しい情報を紹介します。

 

○ベストの駐車場は星野エリアP2

アクセスは車が便利です。

「ハルニレテラス」の利用に絞った場合、車椅子でのベスト駐車場はP2です。障害者駐車区画は2台分あります。

駐車場はオフシーズンの平日を除き有料で、30分まで無料、以後有料で障害者減免はありません。

夏休みや週末は満車確率が高い駐車場です。観察する限り、夕方になるとやや空いてきます。車椅子で混雑日にお出かけの際は、16時以後の利用をお薦めします。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

○トイレはF棟に

「ハルニレテラス」内はウッドデッキ仕様で、段差箇所はスロープ対応。各ショップの動線もひどい段差はないので、施設内全般、車椅子での利用に大きな問題はありません。

障害者用トイレは一か所。F棟にあります。

現在のところ、貸し出し用の車椅子の用意はありません。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

○2つの段差箇所

車椅子で利用できないのは、川沿いに段差を下りるデッキと、階段のみの2Fにあるマッサージ店です。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

○遊歩道は車椅子可

「ハルニレテラス」から「トンボの湯」方面への遊歩道は、ウッドチップが固めに敷き詰められたバリアフリー歩道です。軽井沢らしい川沿いの散策路。一般的な車椅子なら、散策可能です。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

○ケラ池は段差の上

「ハルニレテラス」は「星野エリア」の一部。現地案内図やガイドブックなどには他の施設の案内も載ります。

「野鳥の森」のガイド拠点「ピッキオ」がある「ケラ池」。冬はスケートリンクになる素敵な池ですが、残念ながらバリア池。通常ルートでは階段の上になります。

強引に車椅子で行くとすると、急な坂を上り「ピッキオ」の建物側から「ケラ池」へ向かいますが、これも無理があるルートです。

「野鳥の森」は本当に森。車椅子向きではありません。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

○石の教会への坂道は車椅子では無理

「星野エリア」として「軽井沢高原教会」と「石の教会」が案内されています。地図では歩けるように見えますが、凄い急坂を上るルートなので、車椅子では無理です。この2つの教会ゾーンには無料駐車場があるので、車で行き直すことをお薦めします。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

○敵は混雑

「ハルニレテラス」はとにかく混みます。世界からの観光客も大勢います。夏休みシーズンは遠くの臨時駐車場に強制誘導されることもあるので、車椅子利用者はくれぐれもピークズラシを意識してください。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

 

「ハルニレテラス」は、軽井沢で一番人気のバリアフリー観光スポットです。夏休みなどトップシーズンは大混雑するので、車椅子での利用は注意が必要です。

車椅子で行く銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

銚子を代表する観光施設「ウオッセ21」は、車椅子で利用できるのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○3つの主要施設

ウオッセ21は展望塔の「銚子ポートタワー」、レストラン「うおっせ」、水産物即売センター「ウオッセ21」で構成される観光施設です。隣接して「夫婦ヶ鼻公園」があります。

アクセスは車が便利。無料駐車場は「銚子ポートタワー」側と水産物即売センター「ウオッセ21」側の2か所あり、障害者用駐車区画の用意があります。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○空中連絡橋あり

高低差のある地形に建つ施設です。「銚子ポートタワー」側が高地で、水産物即売センター「ウオッセ21」側が低地。水産物即売センターの2Fがレストラン「うおっせ」で、「銚子ポートタワー」とレストラン「うおっせ」が、空中連絡橋で結ばれています。したがってエレベーターを利用して、全施設間を車椅子でほぼフラットに移動できます。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○「銚子ポートタワー」のバリアフリー状況

「銚子ポートタワー」は有料の展望施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。1Fのインフォメーションで入館手続きを行います。

低層階が1Fと2F。タワー上層の高層階が3Fと4Fの構成。車椅子利用者はすべてのフロアへエレベーターを利用できます。スタッフの誘導指示にしたがってください。

4F展望室の窓は低い位置からのガラス張りです。車椅子から十分に眺望を楽しめます。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○レストラン「うおっせ」のバリアフリー状況

鮮魚地魚シーフードレストラン「うおっせ」の店内は、床面はフラット構造で、可動できる一般的なテーブルと椅子が配置されているので、車椅子での利用は可能です。店内はスペースに余裕があるので、奥のテーブルへも車椅子で移動することができます。

1991年に誕生した施設なので、設備はやや古さを感じますが、出入口に多少の段差がある程度で、車椅子利用に決定的な問題はありません。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○水産物即売センター「ウオッセ21」のバリアフリー状況

ショップと食事処が入る「ウオッセ21」は、ワンフロアで床面はフラット。施設全般、車椅子での利用は可能です。一部、店内通路が狭い物販店や、カウンター席中心の食事処など、車椅子では利用し難いお店もあります。

銚子~ウオッセ21バリアフリー情報

○水産物即売センター出口のトイレは狭い

水産物即売センター「ウオッセ21」の、「中庭広場」側の出口左側に障害者用トイレがあります。このトイレはスペースが狭く、一般的な車椅子が入るギリギリのサイズ。ただし設備は更新されてウォシュレット付きトイレです。「銚子ポートタワー」の障害者用トイレのほうが、広さはあります。

 

 

施設全般に老朽化がみられますが、車椅子で利用できない決定的な問題箇所はありません。「ウオッセ21」は車椅子で利用できる観光施設です。

車椅子で行く箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報

箱根の玄関口、小田原市風祭にある「鈴廣かまぼこの里」は、すべての施設を車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○食のテーマパーク

国道1号線沿いの箱根駅伝小田原中継所地点にある「鈴廣かまぼこの里」は、直売所、食事処、博物館などが並ぶ、食のテーマパークです。

鈴廣の商品を買うのはもちろん、高級和食コースをいただく、試食をつまむ、テイクアウト品を食べる、ふるまい甘酒をいただく、手作り体験で作った蒲鉾を食べる。様々な楽しみ方がある施設です。

箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報

○中核施設「鈴なり広場」はバリアフリー

ショップ&イートインの「鈴なり広場」は、揚げたての「あげかま」をいただけるイートイン、板かまの食べ比べができる「かまぼこバー」、和菓子、洋菓子のお店もある食のテーマパークです。

車椅子での利用に大きな問題はありません。1Fに障害者用トイレがあります。

箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報

○車椅子利用上のポイント施設

「鈴なり広場」以外も、基本的には「鈴廣かまぼこの里」はバリアフリー施設ですが、知っていると車椅子での利用がもっと快適になるポイントがあります。駐車場、かまぼこ博物館、手作り体験の状況を詳しく紹介します。

箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報

○駐車場の選び方

電車でのアクセスはなら箱根登山鉄道の風祭駅が最寄りです。

車利用の場合は箱根口ICが至近です。箱根は通年人気の観光地。この周辺は渋滞が頻発します。この点は計算に入れて行動を計画してください。

施設のメイン駐車場は「鈴なり市場」の地下駐車場。障害者用駐車区画があるバリアフリーレベルが高い駐車場で、雨天でも濡れずに「鈴なり市場」を利用できます。車椅子利用者には、「鈴なり市場」の地下駐車場の利用をお薦めします。

混雑時は、施設周辺にある青空駐車スペースが開放されます。いずれも車椅子でもなんとか利用できます。特に週末はタイミングが悪いと地下駐車場が満車で利用できない可能性があるので、雨天の利用はご注意ください。

箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報

○かまぼこ博物館内部は階段のみ

かまぼこ博物館1Fはバリアフリーで、障害者用トイレがあります。

2Fの「かまぼこ板美術館」へは階段のみ。車椅子では行けません。

3Fがキッチンラボ、常設展示コーナー、企画展示室です。3Fにも障害者用トイレがあります。

3Fへ一般来場者は階段利用ですが、車椅子利用者は業務用エレベーターの利用ができます。スタッフに相談し、誘導を受けてください。

箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報ここは工場です。博物館から外にでて風祭駅方面に進むと工場入口があります。スロープ対応で工場内へ。シャッターを2枚くぐって屋内へ。その先に業務用のエレベーターがあります。無断利用はできません。必ずスタッフの誘導を受けてください。帰りも同様のルートになります。

箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報

○手作り体験は要介助者

「かまぼこ博物館」の1Fと3Fでは、それぞれ有料の手作り体験教室が開催されます。

箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報

紹介したとおり、3Fへは業務用のエレベーターの利用になります。この点も含めて、車椅子で手作り体験を希望する場合は、事前に連絡を入れることが推奨されています。

1F、3Fとも、立ち仕事を前提にした施設なので、車椅子で作業しやすい設備ではありません。車椅子で体験に参加できるように、その人の障がいの状況によって「かまぼこ博物館」側が可能な限りの準備をしていただけます。手作り体験教室に参加を希望する車椅子利用者は、事前に相談の連絡を入れてください。

箱根~鈴廣かまぼこの里バリアフリー情報

 

「鈴廣かまぼこの里」は、車椅子で安心して老舗の味を楽しめる施設です。

駐車場の選び方、かまぼこ博物館の利用方法、手作り体験の参加方法については、本稿を参照して車椅子で利用してください。