三重の大規模商業リゾート VISON 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

2021年に三重県多気町に誕生した「三重故郷創生プロジェクト」による「SDGs」を切り口にした観光施設です。総事業費は約200億円。119haの敷地にホテル、温泉、ショップ、レストラン、農園などが展開される大規模なプロジェクトで「ナショナルチェーン店の出店をゼロとし、食をテーマとし圧倒的な専門性を持つことで、他にない唯一無二の商業リゾート施設を目指」す、としています。

丘陵地に建設された施設でアップダウンが多いのが特徴です。車椅子で利用する上で、知っていると役立つ現地の状況を紹介します。

VISON

アクセスは車が便利です。「ホテルヴィソン」を利用する場合は宿泊者専用駐車場の利用が便利です。ホテルは丘陵の高い場所にあり、ホテルからVISONの他エリアに移動する通常ルートは屋外エスカレーター路です。アップダウンがあるので、ホテルを起点にして車椅子でVISON全域の散策することは困難です。

VISON

一般来場者用の有料駐車場が複数個所あります。最初にあるP1は、マルシェヴィソンまでエスカレーターで上がる未舗装路面の駐車場です。

次にあるP2は、マルシェヴィソンの裏側にある未舗装路面の駐車場です。

VISONのショップ&レストランエリアを広域に利用したい場合、車椅子利用者はスゥイーツヴィレッジ裏にあるP3駐車場の利用が便利だと思います。一般駐車区画は未舗装路面ですが、舗装路面の身障者用駐車区画が多数用意されています。ここからでも他エリアに移動するにはアップダウンを通行しますが、他の駐車場からよりは高低差が少ない移動ですみます。和ヴィソンやサンセバスチャン通りがあるエリアへは「まほろ橋」を通行して移動できます。ただしある程度のアップダウンがあるルートです。

VISON

P3からアトリエヴィソンに進み、そこから横断歩道を渡り和ヴィソンエリアに移動することもできます。このルートもそれなりのアップダウンがありますが、車椅子で和ヴィソンの中心エリアに行くなら「まほろ橋」経由よりも楽に移動できます。

VISON

VISONの各ショップ&レストランエリア内も、アップダウンがあります。特に注意すべきなのは、マルシェヴィソンです。スゥイーツヴィレッジからマルシェヴィソンまでは、大きなアップダウンがありません。

VISON

マルシェヴィソンは密閉型の施設ではなく、20年に一度のサイクルで木を張り替える計画がある屋根と部分的な壁がある構造物です。

VISON

マルシェヴィソンは傾斜地に建っています。外側がスロープ路で、内部は階段がある構造です。車椅子では階段を迂回してスロープ路を利用して移動します。

VISON

和ヴィソンやサンセバスチャン通りがあるエリアもアップダウンがあり、一部には急な傾斜路が用意されています。車椅子ではなるべく緩い傾斜路を選び移動する必要があります。

VISON

和ヴィソンやサンセバスチャン通りにある店舗の多くは、車椅子で利用できるバリアフリー構造です。

VISON

しかしほとんどの店舗は傾斜に建つため、隣の店舗に移動するにも、アップダウンがあることが多いエリアです。

VISON

一棟の中に段差があり、2店舗が営業しているお店もあります。車椅子ではそれぞれの出入口から店舗を利用します。

VISON

最後にバリアフリートイレの状況を紹介します。大規模な施設ですが、トイレの数は多くはありません。トイレはマルシェヴィソンに2か所、スゥイーツヴィレッジの店舗内に1つ、そして和ヴィソンに1つです。いずれのトイレにもバリアフリートイレがあります。下記の写真は和ヴィソンのバリアフリートイレです。広いスペースの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

VISON

VISONは類を見ない大型施設です。車椅子で利用する場合は、駐車場の選択、アップダウン路や段差路、エスカレーター路に注意してください。

(本稿は2023年6月に執筆しました)

津市にあるバリアフリーな温泉旅館「榊原温泉湯の瀬」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

東京ミッドタウン八重洲 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

2023年に東京駅前八重洲に誕生した「東京ミッドタウン八重洲」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。バリアフリートイレは1F以外の各フロアに用意され、エレベーターは2系統、一部のフロアは3系統あります。ショップ&グルメのお店も、概ね車椅子で利用できるフラットな構造です。車椅子で利用する際に知っていると、役立つ情報を紹介します。

東京ミッドタウン八重洲

アクセスは東京駅からつながる八重洲地下街とB1で直結しています。東京駅の反対側、丸の内からも東京駅自由通路経由で八重洲側と地下で直結しているので、広大な範囲が地下で結ばれました。八重洲地下街の詳しいバリアフリー情報は、別稿「東京駅 八重洲口地下街 バリアフリー情報 車椅子での歩き方」を参照してください。なお2028年度には、京橋駅と地下で直結する予定です。

東京ミッドタウン八重洲のB2は、「バスターミナル東京八重洲」です。バス利用でも地下で直結します。バスターミナル東京八重洲の詳しいバリアフリー情報は別稿「東京駅直結 バスターミナル東京八重洲 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」をご参照ください。

地下駐車場の状況です。三井系カードの割引がある時間貸し駐車場がB3にあります。機械式を利用した場合、運転者以外は入庫前に降車する運用です。出庫する場所には待合室がありません。したがって出庫が混みあうと、駐車場の空間内で待つことになります。このような状況が辛い人は、平置き駐車場の利用をスタッフに相談してください。

東京ミッドタウン八重洲

東京駅とは反対側の京橋よりの1Fエントランスに、巨大な岩石のようなオブジェがあります。真ん中が割れていて表面は鏡、車椅子で岩石の割れ目を通行できます。

東京ミッドタウン八重洲

B1から3Fまでの一般商業フロアはバリアフリー構造です。車椅子で問題なく利用できます。4Fのテンポラリーオフィスは、現時点では覗き見ることができました。

東京ミッドタウン八重洲

お洒落なオフィスコーナーです。

東京ミッドタウン八重洲

5Fのスタジオは外から見えるシースルー構造です。

東京ミッドタウン八重洲

5F八重洲テラスは車椅子で利用できます。

東京ミッドタウン八重洲

それほど広いテラスではありません。テラス内に一部アップダウンが設けられています。

東京ミッドタウン八重洲

テラスから東京駅方面を眺めることができます。

東京ミッドタウン八重洲

5Fラウンジも車椅子で利用できます。テイクアウトのカフェも、セルフサービスに対応できれば車椅子で利用できます。

東京ミッドタウン八重洲

東京ミッドタウン八重洲は駐車場もある東京駅前のバリアフリー施設です。

(本稿は2023年3月に執筆しました)

房総の駅とみうら 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県南房総市、冨浦ICの近くにあるショップとグルメ店の商業集積です。古くからある施設ですが、2019年にリニューアルオープンしました。

魚類や農産物などの直売所とお土産品やパンなどを販売するカフェ&ショップ、そしてお寿司屋、浜焼き屋、海鮮食堂、ラーメン店、合計6棟とドッグランなどがある広場で構成される人気施設です。

約200台を収容する駐車場があり、身障者用駐車スペースは複数個所に点在して合計8台分が設けられています。利用する施設に近い身障者用駐車スペースを狙ってください。

房総の駅とみうら

バリアフリートイレは駐車場横のトイレ棟内とカフェ&ショップ棟内にあります。トイレ棟内のバリアフリートイレは、スペースは余裕がある個室ですが設備はシンプルなトイレです。

房総の駅とみうら

カフェ&ショップ棟内のバリアフリートイレは、スペースはやや狭い個室ですがウォシュレット付き便器が備えられています。

房総の駅とみうら

カフェ&ショップ棟のメイン入口は段差解消スロープが設置されています。

房総の駅とみうら

横にある出入口も段差なく利用できます。店内は車椅子で利用できる構造で、屋内にあるイートインスペースは段差解消され、席を選べれば車椅子で利用できます。カフェもショップも車椅子で利用できます。

房総の駅とみうら

直売所「南房総おさかなセンター」の出入口は段差のない自動ドアです。店内もフラットな構造で、車椅子で買い物ができます。店内のトイレは一般トイレのみです。

房総の駅とみうら

寿司の「やまと」は出入口に段差迂回スロープがあります。店内にはレーンに面していない可動式の一般テーブル席があるので、席を選べれば車椅子で利用できます。店内のトイレは一般トイレのみです。

海鮮定食「とみうら亭」の出入口は段差がありません。店内には可動式テーブル席があります。

房総の駅とみうら

ラーメン「うしおや」の出入口に段差はありません。店内には車椅子で利用できるテーブル席があります。

房総の駅とみうら

食べ放題の「浜焼き屋」は、テーブルの上にコンロが置かれベンチ席が配置されているお店です。ベンチ席を移動して車椅子スペースを作れれば車椅子で食事ができます。

房総の駅とみうら

房総の駅とみうらは車椅子で利用できる施設です。身障者用駐車スペースが点在していることと、2か所のバリアフリートイレの特徴を理解して利用してください。

南房総市富浦町の人気レストラン「浜の台所おさかな倶楽部」の詳しいバリアフリー情報を別稿で紹介してします。ぜひご覧ください。

(本稿は2023年1月に執筆しました)