有明ガーデン 第一期開業施設 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

総開発敷地面積は東京ドームの2.3倍。東京ベイエリア「都内過去最大級の大規模商業施設」有明ガーデンが、2020年6月に部分開業しました。2021年には全面開業する予定です。

第一期で開業したのは5フロアの「モール」と温泉「泉天空の湯」です。モールの地下駐車場と隣接する立体駐車場も開業しました。これだけでも巨大な商業施設です。車椅子から見た現地のバリアフリー状況を紹介します。

有明ガーデン

〇アクセス方法

電車利用なら「有明駅」「国際展示場駅」「有明テニスの森駅」が徒歩圏内です。有明ガーデンのモールは、2Fがペデストリアンデッキの正面入口になっていますが、3駅からの徒歩ルートはいずれも、2F直結にはなっていません。またどの駅からのルートも屋根なしの区間があります。

有明ガーデン

モールの地下駐車場と隣接する立体駐車場への車の出入口は一カ所です。各フロアに「思いやり駐車スペース」が用意されています。

立体駐車場は4フロアで「モール」に連絡します。この中で立体駐車場屋上Pからモール5Fへ連絡する通路には屋根はありません。

立体駐車場の駐車料金事前精算機は、モール1F・2F・3F・5Fからの連絡フロアに設置されています。

有明ガーデン

〇モールのバリアフリー概況

新しい施設なのでバリアフリーです。モールのメインフロアは2Fから5Fです。この4フロアには、それぞれ2カ所に障害者用トイレが配置されています。

エレベーターは3系統で各3基あり、今回取材時はスムーズに利用出来ました。

各フロアとも通路幅は余裕があり、多くのショップ、グルメ店は車椅子で利用できる仕様です。

有明ガーデン

〇1F中央部がバスターミナル

有明ガーデンで車椅子利用者が注意すべき点は一つ、1Fの構造です。中央部がバスターミナルになっているので、モールのフロアが分断されています。

有明ガーデン

そのため、1Fとつなぐエレベーターは2系統になります。1Fの核テナントは「イオンスタイル」です。「Fエレベーター」はイオン側にあります。「Dエレベーター」は、バスターミナルを挟んだイオンの反対側にあります。

有明ガーデン

また1Fの障害者用トイレは、バスターミナルに面した外向き構造です。

モール1Fから立体駐車場1Fへ移動する場合は、イオン側のFエレベーター近くの出入口を利用すると屋根があります。バスターミナルから移動すると、屋根なし区間を通行します。

「有明ガーデンパーク」は「豊洲市場」から近い立地です。「イオンスタイル」の野菜売り場には「豊洲市場直送」コーナーがあります。

有明ガーデン

〇今後開業する主な施設

公園施設「有明ガーデンパーク」と「スポーツエンターテイメント広場」は2020年8月開園予定。次いでホテル、「東京ガーデンシアター」と「無印良品」。2021年にライオンキングのロングラン公演を行う「有明四季劇場」が開場する予定です。

また3棟のタワーマンションで構成される「シティタワーズ東京ベイ」が誕生します。

有明ガーデン

「シーズンプロムナード」や「みんなのテラス」「水のテラス」など、パブリックスペースも充実しています。「有明ガーデンパーク」は、車椅子で安心して利用できるバリアフリー施設です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

全天候型イベント広場が完成して一般開放されました。同時に住友ビルのB1から2Fまでが大規模リニューアル。新しい店舗、障害者用トイレ、そして地下鉄連絡通路が誕生しました。

ただし、車椅子での利用は簡単ではありません。新しく生まれ変わった新宿住友ビル商業フロアのバリアフリー状況を紹介します。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇周囲からのアクセスルート

西新宿は街そのものが段差構造で、車椅子での移動に苦労します。三角広場の開発に伴い、高低差がある西側「都庁通り」と東側「議事堂通り」の高さに車椅子で移動できるエレベーターがそれぞれ新設されました。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

南側「中央通り」からのアクセスルートは、三角広場の正面エントランスは変わらずに階段です。

従来通り、東隣の「新宿三井ビルディング」との間、「議事堂通り」の下にあるスロープ路からです。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

そこから三角広場にはいるドアは、自動ドアです。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇三角広場の概要

住友ビルを囲むように配置される広場の総面積は3,250㎡。高さは最大25m。最大収容人員は約2,000人と公表されています。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

広場に面して新しいグルメ店が5店舗誕生しています。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

こんなオブジェがあります。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇B1商業フロアへのアクセス方法

住友三角街が大規模リニューアルされ、18店のグルメやショップが営業し、住友ホールが整備されました。障害者トイレは2カ所。フロアとしてバリアフリーです。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

B1に行く一般エレベーターは1基だけです。1Fと地下駐車場までを結ぶ、緑のエレベーターです。箱のサイズが小さいエレベーターで、一般的なサイズの車椅子がギリギリで入る大きさです。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇地下鉄への連絡通路

B1から東京メトロ「西新宿駅」と都営「都庁前駅」に直結する地下ルートが誕生しました。ところがどちらも階段またはエスカレーターで、エレベーター及び段差回避スロープはありません。車椅子では利用できない連絡通路です。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇2F商業フロアへのアクセス方法

2Fに3店舗が誕生しました。一般ルートは1Fからエスカレーターです。

2Fに行く一般エレベーターはありません。車椅子では全フロアをつなぐ業務用エレベーターを利用します。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1Fの乗り場はドアが解放されていますが、2Fは手動ドアを押し開けて、商業スペースに出ます。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

全フロアをつなぐので、その気になればこの業務用エレベーターでB1に行くことは出来ます。内装はくたびれたエレベーターですが、箱のサイズは大型です。

 

〇高層レストラン街などへのアクセス方法

高層階への移動は、従来と変わらないエレベーターの利用です。三角広場の一般開放にあわせて、高層レストラン街も新店舗が開業しています。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

三角広場は2,000人を収容する大空間です。この開発により新宿住友ビルは、以前よりはバリアフリーになりました。しかし、連絡通路の段差、エレベーターの不備の問題はあります。新宿住友ビルは、リニューアル後も、簡単には車椅子で利用出来ない課題が残りました。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

3棟構成になった「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

2020年6月に「ららぽーと豊洲3」が開業して豊洲駅と直結。従来のアネックスは「ららぽーと豊洲2」、そして本館が「ららぽーと豊洲1」になりました。車椅子利用者からみた「ららぽーと豊洲」を紹介します。

「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

〇地下鉄駅からは段差あり

「ららぽーと豊洲」は基本的にはバリアフリー施設です。全般的に車椅子での利用に大きな問題はありません。その中で例外的に注意するポイントを中心に紹介します

地下鉄豊洲駅と「ららぽーと豊洲3」B1は、地下通路で直結しています。ところがこの通路は途中に段差があり、段差回避ができません。

「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

地下鉄駅からは、従来からある地上行きのエレベーターで地上に上がる必要があります。地上から「ららぽーと豊洲3」B1へ下りるエレベーターは、別に用意されています。

「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

〇ゆりかもめ駅からは屋根なし

ゆりかもめ豊洲駅からは、豊洲文化センター経由連絡デッキで「ららぽーと豊洲3」2Fに直結します。このデッキには屋根がありません。

「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

したがって雨天は、地下鉄、ゆりかもめ、どちらの駅からも車椅子では屋根なしの区間を通行します。

「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

〇3F連絡ブリッジも屋根なし

「ららぽーと豊洲1」と「ららぽーと豊洲3」は、2Fと3F が連絡ブリッジでつながっています。このうち3F のブリッジは、両脇に小さな庇がある構造なので、雨天は濡れます。小雨で風がない状況なら、庇の下を通行すれば、濡れずに通行できるかもしれません。

「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

〇ららぽーと豊洲3のB1へのエレベーターは1系統

「ららぽーと豊洲3」には2系統のエレベーターがあります。ただしB1の商業フロアへ通じるのは1系統です。

 

〇豊洲公園への連絡デッキ

「ららぽーと豊洲3」の1F エントランス前は、フラットなフリースペースです。そこから豊洲公園方面へ、スロープ路の連絡デッキが新設されました。車椅子で利用できます。

「ららぽーと豊洲」車椅子からみたバリアフリー情報

「ららぽーと豊洲3」が誕生して、よりバリアフリーになりました。車椅子では、雨天のアクセスルートには注意してください。

(本稿は2020年6月に執筆しました)