食のテーマパーク 茨城 道の駅常総 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

茨城県常総市むすびまち1番地に、2023年に開業した道の駅です。キャッチコピーは「食農楽のむすびまち 輝くえがおをつむぐ駅」。食を通じて常総市の魅力を世界中に届ける施設です。新しい施設なのでバリアフリー面での大きな問題はありません。身障者用駐車スペースは屋根付きで4台分設けられています。

道の駅常総

バリアフリートイレは1Fと2Fに用意されています。下の写真は1Fの24時間トイレの個室。ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

道の駅常総

茨城といえばメロンやお芋。1Fの農産物直売所では地場産品が豊富に並びます。売り場面積は大きな施設ですが、通路幅はそれほど余裕がありません。混雑していると車椅子での店内移動はやや苦戦します。

道の駅常総

2Fは「いなほ食堂」。大人気の食堂でランチタイムは行列ができていました。地元の美味しい食材を用いたメニューがリーズナブルな料金で提供されています。

道の駅常総

館内にエレベーターが1基あります。かごのサイズは一般的なエレベーターで大型の車椅子が乗り込めます。

道の駅常総

現時点では茨城県で最新の道の駅。道の駅常総は車椅子で利用できる施設です。

(本稿は2023年9月に執筆しました)

常総市の「一言主神社」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

愛知県 道の駅筆柿の里・幸田 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

愛知県幸田町の岡崎バイパスにある道の駅です。バイパスから右折入場、右折出場ができない構造で、その場合は近くのICから一般道に下りてアクセスします。道の駅周辺は柿の樹園地が広がります。駅名の通り幸田町は筆柿の出荷量が全国1位です。

道の駅筆柿の里・幸田

道の駅筆柿の里・幸田の身障者用駐車スペースは屋根付きで2台分、24時間トイレ棟の前に設けられています。

道の駅筆柿の里・幸田

トイレ棟内のバリアフリートイレは、スペースに余裕がある個室で。ウォシュレット付き便器、オストメイト装置、ユニバーサルベッドが備えられています。

道の駅筆柿の里・幸田

道の駅内は段差のないフラットな構造です。車椅子で問題なく移動できます。

道の駅筆柿の里・幸田

レストランと売店が営業するメイン棟の出入口はフラットな自動ドアです。棟内はフラットでスペースに余裕があり、レストランは可動式のテーブル席があります。車椅子で利用できる施設です。

道の駅筆柿の里・幸田

直売所は別棟です。メイン棟に比べると小規模なお店ですが、フラットな構造で店内通路は車椅子が通行できる幅が確保されています。新鮮野菜、加工品、そして筆柿の関連商品が豊富に並びます。道の駅筆柿の里・幸田は車椅子で買い物、食事、休憩ができる施設です。

(本稿は2023年7月に執筆しました)

常滑市「やきもの散歩道」のバリアフリー状況を別稿で掲載しています。ご参照ください。

三重 道の駅あやま 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

三重県伊賀市にある伊賀焼、伊賀くみひも、伊賀牛、伊賀米など、地元の特産品や名産品と出会える道の駅です。

身障者用駐車スペースは2台分屋根付きで用意されています。

道の駅あやま

バリアフリートイレは本棟に連結した24時間トイレ。一般的なサイズの個室でユニバーサルベッドが備えられています。

道の駅あやま

本棟の出入口はフラットな自動ドア。車椅子で問題なく出入りできます。

道の駅あやま

本棟には売店と広いスペースのフードコート「ささゆり」が営業しています。「ささゆり」のメニューは伊賀牛肉うどん、伊賀牛うどん定食など。フラットなお店で可動式のテーブル席が配置されています。セルフサービスに対応できれば車椅子で利用できるお店です。

道の駅あやま

本棟の隣に細長い別棟があり、お弁当屋、花屋、ラーメン店など7店舗が営業しています。別棟はやや狭く、車椅子での利用が難しいお店があります。

道の駅あやま

(本稿は2023年7月に執筆しました)

三重の新しい観光施設「VISON」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。