地元食材が車椅子で買える バリアフリー産直がある関東の道の駅

地元の新鮮野菜が並ぶ道の駅の産直ショップ。しかし、通路が狭く、車椅子での買い物に苦戦するお店も少なくありません。
売場スペースに余裕があり、車椅子で店内移動が出来て、什器の高さが車椅子に合っている、高品質なバリアフリーショップがある、車椅子利用者にお薦めできる関東の道の駅を紹介します。

○道の駅きつれがわ(栃木県さくら市)

産直ショップが入る「新館」は、2017年に開業したバリアフリー施設です。さくら市は「野口雨情」と縁があり、商店街には古い建物が残り、里山があります。そこから「新館」開業と同時に「大正ロマン、大正モダン」が施設のコンセプトになりました。
内装は綺麗で演出の工夫があり、ショップ内の通路幅は広く、什器はお洒落。館内はすべて、車椅子で十分に通行ができる通路幅が確保されています。気持ちよく車椅子で買い物が出来ます。

道の駅きつれがわ

○道の駅みかも(栃木県栃木市)
2015年4月にリニューアルして、産直ショップの什器が一新され、通路幅がワイドになりました。「新鮮野菜直売所・物産館」は、通路幅に余裕があり、少々の混雑なら車椅子での店内回遊は可能です。

道の駅みかも

○道の駅しもつけ(栃木県下野市)
2011年に開業した大型の道の駅です。大規模でバリアフリーなショップがあります。
メイン棟内にあるショップは、農産物直売店と物産館が一体になった構成で、多彩な商品が並びます。インストアベーカリーも入店しています。
高品質な売り場で、道の駅というよりも、デパ地下を目指したイメージの売場。各所で販売員による試食販売がおこなわれます。道の駅としては、ワンランク上のショップです。
段差が全くない設計で、通路幅が広く、什器が綺麗で、品揃えは豊富。車椅子で快適に買い物が楽しめます。

道の駅しもつけ

○道の駅うつのみやろまんちっく村(栃木県宇都宮市)
46haの滞在型ファームパーク、がキャッチコピーの道の駅です。大型産直ショップは「集落のエリア」にある「あおぞら館」内です。約150軒の地元農家が出品しています。
道の駅としての登録は2012年ですが、施設は新しくはありません。しかしスペースに余裕があり、車椅子で問題なく買い物ができます。

道の駅うつのみやろまんちっく村

○道の駅あぐりーむ昭和(群馬県昭和村)
赤城山の山裾にある道の駅です。開業は2011年で、施設は段差を造らないバリアフリー設計です。
産直ショップは「旬菜館」。正面入口は自動ドアです。それほど大きなショップではありませんが、通路幅は広く、販売台の高さは低く、車椅子で問題なく買い物ができます。
昭和村は「やさい王国」を自称しています。

道の駅あぐりーむ昭和

○道の駅いたこ(茨城県潮来市)
2017年に「新鮮市場伊太郎」を新築。旧来の産直ショップに比べて売り場面積は2.6倍になりました。
出入口のドアは幅広の自動ドアが2カ所にあります。店内の通路幅は広くなり、バリアフリー面は大幅に改善されました。車椅子で問題なく品定めが出来ます。

道の駅いたこ

○道の駅まくらがの里こが(茨城県古河市)
2013年開業。キャッチコピーは「茨城県最大級の道の駅」です。
段差が全くない設計で、店舗への出入口ドアは手を近づけて作動させるタイプの自動ドアでワイドタイプ。農産物産直ショップは「古河マルシェまくらが」。物産コーナーは「お土産処ゆきはな」。ショップの通路幅はとても余裕があり、車椅子で利用可能です。

道の駅まくらがの里こが

○道の駅和紙の里ひがしちちぶ(埼玉県東秩父村)
「東秩父村和紙の里」として30年前から営業していた施設をベースにして、2016年10月に道の駅として開業しました。
産直ショップ「JA埼玉中央東秩父農産物直売所」は、2016年に新築した施設で、出入口及び店内はバリアフリー設計。店内の通路幅は広く、車椅子で問題なく買い物ができます。
産直ショップ以外は古い設備で、車椅子での利用や移動が難しい施設もあります。

道の駅和紙の里ひがしちちぶ

○道の駅保田小学校(千葉県鋸南町)
2015年開業。廃校になった小学校をリノベーションした道の駅で、元体育館が「里山市場 きょなん楽市」。産直ショップと物産コーナー、そして「きょなん花MARCHE」があります。出入口はフラットで自動ドア、店舗内の通路幅は広く、車椅子で利用しやすいショップです。

道の駅保田小学校

○道の駅みのりの里東金(千葉県東金市)
道の駅として全面開業したのは2015年。コンセプトは「人・もの・情報が行き交う。東金市民のリフレッシュ空間」です。
産直ショップは「東金マルシェ」。幅広通路でバリアフリーなショップです。扱い商品は地場産品比率が高く、千葉名産品の「みそピーナッツ」は、容器の形状、内容量、生産者がいろいろあり、選ぶ楽しみがあります。ピーナッツや野菜類だけでなく、乳製品や鶏卵なども充実しています。

道の駅みのりの里東金

○道の駅富士川(山梨県富士川町)
2014年に開業。商業棟は「観光交流センター」。出入口は3カ所あり、すべてワイドスパンの自動ドアです。農産物や物産品が並ぶ広い売店があります。店内はフラットで通路幅は広く、車椅子での利用に問題はありません。
地元の名産「大塚にんじん」は、通常の人参よりも長い人参で、栄養価が高く、味が濃いのが特徴です。「みみほうとう」は、この地方伝統の、耳のような形状のほうとうです。

道の駅富士川

 以上、バリアフリーな産直ショップがある、車椅子での買い物先にお薦めできる道の駅です。

(本稿は2020年2月に執筆しました)

段差がない完全バリアフリー設計 車椅子に優しい関東の道の駅

2010年以後に誕生した「道の駅」の中には、そもそも施設全域に段差がまったくない設計の施設があります。車椅子で利用しやすい、フラットな構造の関東の道の駅を紹介します。

○道の駅常陸大宮(茨城県常陸大宮市)

2016年の開業です。駐車場からメイン棟まで段差が全くない構造です。

施設建物の裏、久慈川を臨む高台には「バーベキュー場」があり、手ぶらでバーベキューが楽しめます。この「バーベキュー場」はバリアフリー仕様で、車椅子での利用は可能です。

施設建物の横には、屋根付きで舗装された広い「イベント広場」、大型遊具もあるある芝生の「公園」、更に「体験農園」まであります。どこに行くにも段差の無いバリアフリー施設です。

道の駅ひたちおおた

○道の駅ひたちおおた(茨城県常陸太田市)

段差が全くないバリアフリー設計の施設で、2016年の開業です。産直ショップ、フードコート、レストラン、CVSなどがあり、出入口は自動ドアで、車椅子で利用しやすいフラットで広い通路があります。

屋外施設もバリアフリーで、イベント広場、こども広場があり、車椅子で利用可能です。

道の駅ひたちおおた

○道の駅グランテラス筑西(茨城県筑西市)

多様なニーズに高い品質で応える、複合的なサービスの提供を目指した4棟構成の施設で、2019年の開業です。

施設全域、段差はありません。唯一BBQ施設へのアプローチに段差がありますが、横にスロープが用意されています。

2F部にあり筑波山を見晴らす「渡り廊下デッキ」へは、CVSの横からエレベーターで上ることができます。

道の駅グランテラス筑西

○道の駅まくらがの里こが(茨城県古河市)

2013年に開業した段差無し設計の大型施設です。駐車場から大屋根プラザ、芝生広場、そして施設棟の中まで、段差は全くありません。障害者用トイレは屋外と屋内の2か所にそれぞれ設置されています。

道の駅まくらがの里こが

○道の駅ましこ(栃木県益子町)

食と器の展示、移住の相談窓口などがある、益子の魅力を発信する施設です。2016年に誕生したバリアフリー施設で、施設全体段差の無い構造です。木と土と煉瓦で表現したデザインは、建築物として見る価値があります。

総合案内は「ましこのコンシェルジェ」。観光案内、シーズン中は「イチゴ狩り」の受付、レンタサイクルの手配などを行います。また「移住・定住サポート」も担当。住居の不動産情報の掲示があります。

道の駅ましこ

○道の駅サシバの里いちかい(栃木県市貝町)

2014年に開業した施設で、駐車場から屋内施設に至るまでに、段差やスロープが全くありません。

農産物直売所棟、アイス屋や惣菜屋入る農産物加工所棟、軽食販売やアクセサリー販売などがある「ふれあいスペース」棟が並び、少し離れた場所に「地域情報館」という名称の催事ができる別棟があります。

道の駅サシバの里いちかい

○道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣(栃木県日光市)

複数の企画が詰め込まれた商業施設です。日光とはいっても、場所は旧今市市の中心部。2015年に開業した道の駅です。

産直ショップに、食事処は2軒。日光伝統の「彫刻屋台・花屋台」の展示コーナー。「市民ギャラリー」に「観光情報館」。コンビニと24時間利用できる別棟トイレ。そして「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」。350席ある立派な「多目的ホール」があります。

施設内はフラット構造で、駐車場から各施設の入口まで、段差はありません。

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣

○道の駅尾瀬かたしな(群馬県片品村)

2018年に開業したバリアフリー施設です。展望テラスを中心に、産直ショップ棟、レストラン棟、休憩棟で構成されます。施設全体に段差はありません。

群馬県内32番目の道の駅になります。

道の駅尾瀬かたしな

○道の駅玉村宿(群馬県玉村町)

施設の構成は、産直ショップ、フードコート方式の食事処とギャラリー。コロッケなどの販売をしている食肉市場直営店は「肉の駅」です。

2015年開業。施設全体、段差が全くないバリアフリー設計です。

道の駅玉村宿

○道の駅おおた(群馬県太田市)

国道17号のバイパス上武道路に面した道の駅です。2011年に開業した施設で、駐車場と施設は段差がないフラット設計です。

本棟は産直ショップと無料の休憩コーナーのみで、食事処はありません。その代わりにあるのが「ケータリング カー ビレッジ」。車の屋台軍団です。

道の駅おおた

○道の駅和田浦WA・O(千葉県南房総市)

2012年開業。施設棟内は、無料休憩コーナーと産直物産ショップ、そして食事処があります。施設全域、段差の無いバリアフリー設計で構造上の問題はありません。通路幅も広く車椅子で使用しやすい施設です。

和田浦の特産品であり食文化である、クジラがテーマの道の駅です。

道の駅和田浦WA・O

○道の駅季楽里あさひ(千葉県旭市)

施設棟には産直ショップとバイキングレストラン、情報発信スペース。屋外向きの窓口販売で、スムージーとアイスの売店があります。

2015年の開業で、施設全般段差のないバリアフリー設計です。

道の駅季楽里あさひ

○道の駅木更津うまくたの里(千葉県木更津市)

施設構成は産直ショップ、物産コーナー、軽食、観光情報という構成です。2017年に開業した道の駅で、施設内は段差が全くない設計です。

木更津市内の特産農産物はブルーベリー。ブルーベリーの「6次産業化を進める」と、木更津市は宣言しています。

道の駅木更津うまくたの里

○道の駅いちかわ(千葉県市川市)

新しいスタイルを模索している道の駅です。産直野菜売り場はありますが、小さい。むしろ行徳の海産物コーナーなど、千葉産物販コーナーが目立ちます。

2018年の開業で、駐車場、トイレ棟、メイン棟間に段差はありません。

道の駅いちかわ

○道の駅つる(山梨県都留市)

施設は1棟平屋構造で、産直ショップ、食事処、テイクアウトコーナー、情報コーナー、ATM、トイレなどで構成されます。2016年の開業で、施設全域段差がないフラット構造です。

道の駅つる

○道の駅富士川(山梨県富士川町)

広い敷地に商業棟とトイレ棟が並び、2F部はウッドデッキテラスで連結。まるで1棟構成のような外観です。2014年の開業で、施設内に全く段差のないフラット構造の道の駅です。

道の駅富士川

以上の施設は、段差構造をスロープで回避するのではなく、そもそも段差のない構造で、車椅子で利用しやすい道の駅です。

(本稿は2020年2月に執筆しました)

地元の食を車椅子で味わう バリアフリーな食事処がある関東の道の駅

多くの道の駅には、地元の食材や郷土料理をいただける、安くて美味しい食事処があります。

しかし必ずしも車椅子で利用しやすいお店とは限りません。

食事処における必要なバリアフリー条件は利用者それぞれですが、一般にフラットな構造で出入口は自動ドア、店内の通路幅は余裕があり、車椅子で食事ができるスペースに余裕がある可動式のテーブル席があることが必要条件です。

道の駅の食事処は、セルフサービスのお店が多数あります。利用者の障がいと、介助者の状況によりますが、トレイの持ち運びをせずに済むには、セルフサービスではないお店、バイキングスタイルではないお店が、十分条件として挙げられます。

以上の条件をほぼ満たす、車椅子利用者にお薦めできる食事処がある、関東の道の駅を紹介します。

なお初期食に対応できる道の駅の食事処は、現時点では未発見です。

 

○道の駅ばとう(栃木県那珂川町)

食事処は「レストランばとう」。フラットな床面に稼働式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。席の間隔は余裕があるので、車椅子での店内奥への移動は可能です。名物は「いのしし丼」です。

道の駅ばとう

○道の駅東山道伊王野(栃木県那須町)

水車が曳くそばの実を手打ちした蕎麦処が「水車館」。「水車館」は2棟体制で、本館の水車館が満席の場合は、お隣の「りんどう館」で食事が出来ます。席は車椅子で利用出来るテーブル席と、小間上がり席があります。

他に「和食処あんず館」があります。出入口はフラット構造。車椅子で利用出来る稼働式のテーブル席とカウンター席、そして小間上がりの掘りこたつ式の席があります。

道の駅東山道伊王野

○道の駅那須高原友愛の森(栃木県那須町)

食事処は「なすとらん」。地場の食材をつかった「おふくろの味」がコンセプトのレストランです。テーブル席なので車椅子での利用は可能です。とても人気が高く混雑が問題です。

道の駅那須高原友愛の森

○道の駅どまんなかたぬま(栃木県佐野市)

中華料理の「花と華」は、フラットでテーブル席の、道の駅のイメージを超えた本格的なレストランです。

和洋食レストラン「はなみずき」は、スペースに余裕のあるお店で、テーブル席が約100席あります。「佐野ラーメン」や「いもフライ」などのメニューもあります。

道の駅どまんなかたぬま

○道の駅思川(栃木県小山市)

レストラン「小山食堂さくら」は車椅子で利用しやすいお店です。エントランスから店内までスペースに余裕があるフラット構造。可動式のテーブルと椅子席で車椅子での利用は可能です。小山ブランドの牛肉、豚肉のメニューや小山ラーメンなどがいただけます。

ショップ棟内に小型フードコート仕様のうどん店があります。ここはスペースが狭く、空いていないと車椅子での利用は苦戦します。

道の駅思川

○道の駅日光(栃木県日光市)

食事処は2軒あります。「そば処 蕎粋庵」はテーブル席があるお店で、蕎麦屋としては店内スペースや席幅に余裕があります。

食事と甘味の「かなめ屋」もテーブル席のお店です。日光生ゆばの天丼などがいただけます。

道の駅日光

○道の駅しもつま(茨城県下妻市)

別棟があり「そば打ちめいじん亭」と「下妻食堂陽陽」が入ります。この2店は車椅子で利用できます。

本館内にフードコート「しもん亭」があり、構造的には車椅子での利用は可能です。ただしフードコートはセルフサービスです。

道の駅しもつま

○道の駅ごか(茨城県五霞町)

レストラン「華こぶし」は車椅子で利用できます。地場産に拘ったメニューで、野菜とお米、そして常陸秋そば、ローズポーク、ナマズ。天然ナマズ天丼があります。

フードコートでは、お饅頭、お団子の単品から、肉まん、から揚げ、ラーメンなどの軽食類まで販売しています。セルフ形式ですが、席は車椅子での利用が出来る、椅子移動が可能なテーブルタイプ。ただし車椅子で利用するには、やや通路が狭いのが難点です。

道の駅ごか

○道の駅多古(千葉県多古町)

レストラン「キッチンTAKO」は2015年に全面改装されました。店内スロープは緩やかで、可動式のテーブル席が店内とテラスにあり、車椅子で利用可能です。「多古米」や「やまと芋」を楽しめるメニューが用意されています。

店内の一部の席は、車椅子で利用しにくい固定席があります。注文は食券制で、お茶やお水はセルフサービスです。健常な同行者がいると助かります。車椅子利用者だけの場合は、お店のスタッフに相談してください。

道の駅多古

○道の駅和田浦WA・O!(千葉県南房総市)

和田浦の特産品であり食文化である、クジラがテーマの道の駅です。

食事処「和田浜」は、フラットでスペースに余裕があり、可動式のテーブルと椅子席で、車椅子での利用は可能です。クジラ料理など海の幸中心のメニューです。営業時間は18時までです。

道の駅和田浦

○道の駅富楽里とみやま(千葉県南房総市)

1Fは一般道に面した道の駅。2Fは自動車専用道路のPAでハイウェイオアシス。1Fと2Fの移動はエレベーターがあります。

食事処は漁協直営食堂「海鮮レストラン網納屋」で、高速道路直結の2Fに入店しています。テーブル席とお座敷席がほぼ同数。お座敷席は文字通りのお座敷で、車椅子での利用は出来ません。テーブル席には段差なく車椅子で行くことが出来ます。食事処の内部にトイレがありますが、障害者用トイレはありません。

道の駅富楽里とみやま

○道の駅三芳村(千葉県南房総市)

レストランや休憩所が入る別棟と、その横の独立トイレ棟は、バリアフリーレベルが高い新しい施設です。

農村レストラン「カントリーマム」は、地場の食材を中心にしたおふくろの味が味わえる食堂です。オープンキッチン形式で、車椅子で手ごろな値段から食事がいただけます

道の駅三芳村

○道の駅めぬま(埼玉県熊谷市)

現在では熊谷市ですが旧妻沼町の道の駅です。地域振興施設「めぬまアグリパーク」の2Fにレストラン「さらだ館」があります。

自然志向のメニューで、スペースに余裕があり、テーブルと椅子はほとんどが可動式。車椅子で利用できます。

道の駅めぬま

○道の駅おかべ(埼玉県深谷市)

物産センターの奥に食事処「そば蔵」があります。店内は広くはありませんが、スペース的な余裕はあります。小間上がり席と固定式のカウンターに可動式の椅子の席、そして可動式のテーブルと椅子席があります。小間上がり席以外は、車椅子での利用は可能です。

道の駅おかべ

○道の駅こぶちさわ(山梨県北杜市)

2019年のリニューアルで、東京広尾でお店をかまえるシェフが経営するイタリアンレストラン「ブラッチェリーア・ロトンド 小淵沢」がオープンしました。

フラットでテーブル席のレストランです。地元の食材と水が自慢のメニューがあります。

道の駅こぶちさわ

○道の駅ららん藤岡(群馬県藤岡市)

巨大な施設で地産地消の飲食店が4軒とラーメン店が2軒、カフェが1軒あります。

「欧州食堂バンデミュール」は、上州牛のビーフシチューが自慢のお店。フラットな構造のスペースに余裕があるテーブル席で、車椅子で食事が楽しめます。

韓国料理の「ソムシバン」は、地元の野菜をつかったビビンバ専門店。テーブル席のお店です。

「さかな屋すし魚健」は高崎の魚市場から仕入れた鮮魚を使用。カウンター席、小間上がり席もありますが、車椅子で利用出来るテーブル席があります。

「らーめん駿」は藤岡味噌のスープ。椅子が動かせる低いカウンター席とテーブル席があります。

道の駅ららん藤岡

○道の駅くろほねやまびこ(群馬県桐生市)

ここの食事処は、車椅子利用に少し問題があります。以下の状況がクリア出来る人にだけお薦めします。

食券制ですがお料理はスタッフが席まで運びます。お茶はセルフサービス。食後は食器を客がカウンターに下げる、セミセルフ方式です。

食事処の入口は手動ドアです。建物入口付近が観光情報コーナーで、奥が食事処の構造。棟内はフラットなので車椅子での移動は可能です

お座敷席とテーブル席がありますが、車椅子で食べやすい構造のテーブルは数が少ないので、良い席が確保できるかが問題です。

建物は立派な梁がある純和風構造で、迫力のある太麺うどんと、山菜の天ぷらが評判です。

道の駅くろほねやまびこ

以上の食事処では、セルフサービスが苦手な方でも、地元の美味しいものを車椅子でいただくことが出来ます。

(本稿は2020年2月に執筆しました)