川崎市岡本太郎美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

神奈川県川崎市の生田緑地内にある美術館です。生田緑地は山を利用した自然公園で、園内は激しいアップダウンがあります。そして岡本太郎美術館も傾斜地に建ちます。車椅子で観覧する際の最大の問題は、美術館までのルート、園内の急坂対策です。現地の状況を紹介します。

川崎市岡本太郎美術館

○通常のアクセスルート

向ヶ丘遊園駅からは、アップダウンがあるルートを通り、徒歩17分の案内です。車椅子利用者がアクセスするなら、マイカーまたはタクシーの利用をお薦めします。

生田緑地には、東口と西口の2ヵ所の入口があり、それぞれ来園者用の駐車場が用意されています。

岡本太郎美術館への一般的なアクセスは、近いので西口の利用が薦められています。西口駐車場は障害者用駐車スペースが2台分あります。また生田緑地の駐車場は、駐車料金の障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で無料に減免されます。西口駐車場なら「西口サテライト」、東口駐車場なら「東口ビジターセンター」で、駐車券と障害者手帳を提示すると、駐車券に減免処理をしていただけます。

川崎市岡本太郎美術館

しかしながら、西口からの岡本太郎美術館へのアクセスルートは、最短路は階段路で、段差を迂回して「かわさき宙と緑科学館」方面へ向かうルートは長い急坂路です。ベビーカーが苦戦する傾斜です。介助者も含めて、よほど体力がある人でない限り、車椅子での往復は困難な坂道です。ただし段差はなく、滑り止め用の路面の小さなデコボコは、路面の半分は埋められて解消されています。西口からの別ルート「生田緑地ゴルフ場クラブハウス」内からのルートも、同じく長い急坂路です。

東口からのルートも傾斜路ですが、西口からのルートに比べれば、まだ楽です。悪さ比べになりますが、車椅子利用者は東口からのアクセスをお薦めします。

川崎市岡本太郎美術館

○駐車場の混雑状況とマイカー特別乗り入れ

生田緑地は人気の公園で、駅からの距離があるためか、好天の週末などは駐車場が大混雑します。午前中の早い時間から満車になることも珍しくありません。ただし東口、西口駐車場とも、ある程度までは路上待機が可能です。ピーク時間帯は30分待ち以上を覚悟する駐車場です。

川崎市岡本太郎美術館

園内のアップダウンが激しいために、身体障がい者が岡本太郎美術館を利用する場合は、事前連絡制で園内への車両の乗り入れが許可されます。ただし駐車は認められません。美術館で降車したら、車両はすぐに園外へ出なければなりません。

したがって、車椅子利用者が自分で運転する車両は利用できません。また同行者が運転して、一緒に美術館を観覧する場合は、運転者が戻るまで待つ必要があります。往復に時間がかかることに加え、駐車場が大混雑している場合、その待ち時間が加算されます。

川崎市岡本太郎美術館

○美術館エントランス周辺のバリアフリー状況

美術館は1999年開館ですが、バリアフリー仕様です。通常ルートである生田緑地の「奥の池」方面からアクセスすると、美術館のB1につきます。美術館のエントランス1Fまで通常は階段で上がります。正面左側にエレベーターが1基あり、B1から2Fを結びます。車椅子ではこの外エレベーターで1Fへ上がり、美術館入口に向かいます。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

美術館のエントランスは段差なく、出入口は自動ドアです。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

館内に入ると円形のエントランスホールがあり、天井のドームから光が差し込んでいます。

川崎市岡本太郎美術館

○障害者減免制度とバリアフリートイレ

岡本太郎美術館の観覧券は通常は自動販売機で購入します。観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。エントランスホールの受付に障害者手帳を提示して、無料鑑賞券を発券していただきます。

バリアフリートイレはエントランスホールの横に1つあります。小型のユニバーサルベッドが用意されています。

川崎市岡本太郎美術館

○展示室内のバリアフリー状況

常設展示室、企画展示室とも1Fにある構造で、エレベーターを利用せずに観覧できます。展示室内は一部段差箇所がありますが、そこを迂回してすべて観覧できます。また大型作品が多く、車椅子から見難い気になる展示品はありません。全体的に車椅子での観覧に大きな問題はありません。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

岡本太郎氏は1996年没。生前からの活躍を知っているのは、概ね40代以上の人でしょうが、今回取材時は、10代20代の来館者が大勢見受けられました。太郎氏の制作風景のビデオを若い人が熱心に視聴しています。

川崎市岡本太郎美術館

○母の塔周辺のバリアフリー状況

展示室を出るとミュージアムショップがあります。フラットな店舗なので車椅子で利用できます。その先には記念撮影コーナーがあります。

川崎市岡本太郎美術館

出入口から退館します。前出の外エレベーターで2Fへ上がると「母の塔」の高さに出ます。

川崎市岡本太郎美術館

広場スペースを抜けた先の「母の塔」へは数段の下り階段がありますが、横に段差回避スロープが用意されています。

川崎市岡本太郎美術館

その先に芝生広場があります。「生田緑地ゴルフ場クラブハウス」内からの急坂路を進むルートでは、この広場に出ます。

川崎市岡本太郎美術館

○かわさき宙と緑科学館のバリアフリー状況

他に生田緑地内にある車椅子で利用できる施設は「かわさき宙と緑科学館」です。1Fにバリアフリートイレがあります。

川崎市岡本太郎美術館

1Fには無料展示室があり、川崎や生田緑地の自然を紹介しています。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

またプラネタリウムがあり、観覧料は障害者減免制度があります。

川崎市岡本太郎美術館

エレベーターで上がる3Fには「アストロテラス」があり、生田緑地を眺めることができます。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館への車椅子でのアクセスは、マイカーまたはタクシーで東口に行き、そこから生田緑地に入り、傾斜路を上がりエントランスに向かうルートをお薦めします。

(本稿は2021年2月に執筆しました)

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」バリアフリー情報

東京都港区六本木の国立新美術館で開催される企画展です。会期は2021年1月30日から3月7日まで。今回で23回目の展示会です。会場は2E企画展示室。展示室内にも障害者用トイレがあります。

国立新美術館はバリアフリー施設です。館内の車椅子利用に大きな問題はありません。

アクセスも良好です。乃木坂駅とは直結。六本木駅、東京ミッドタウン方面からの歩道は、バリアフリーに整備されています。また身体障害者専用駐車場があります。

「DOMANI・明日展2021」の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。会場受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けます。現在のところ、入場は事前予約制ではありません。

「DOMANI・明日展2021」の会場内は、フラットでスペースの余裕があり、車椅子で問題なく観覧できます。

2021は、10人9組のアーティストの作品展です。最初のコーナーは「イントロダクション」。文化庁および「DOMANI・明日展」のこれまでの歩み。震災やコロナ禍での関わり。今回の企画へのアーティストの想いなどが紹介されます。

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

「イントロダクション」の次から、9つのアーティスト別コーナーが連続します。広いスペース、高い天井を活かした展示。絵画、写真、造形、映像など、多彩な作品が続きます。

複数の映像作品がありますが、いずれも大きな音響や極端な点滅映像はありません。そのような刺激に弱い障がいのある人でも安心して観覧できます。

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

今回のサブタイトルは「スペースが生まれる」。震災から10年、コロナ禍の中での1年。新しいスペースが生まれ、次代への扉を開く願いが込められているそうです。

文化庁の支援で海外研修したアーティストは、事業が始まった1967年以来の総人数で1,400人を超えています。

東京都庭園美術館「20世紀のポスター」展 バリアフリー情報

東京都港区白金台にある東京都庭園美術館の展覧会です。会期は2021年1月30日から4月11日まで。タイトルは「20世紀のポスター(図形と文字の風景)-ビジュアルコミュニケーションは可能か?」。1920年頃から1980年代頃までを中心に世界のポスターが展示され、その発展の歴史を紹介します。

東京都庭園美術館「20世紀のポスター」

東京都庭園美術館は入園料および観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者2名までが無料に減免されます。庭園入口と旧浅香宮邸エントランスで障害者手帳を提示して減免措置を受けます。

来園者用の有料駐車場があり、この駐車料金も障害者減免制度があり無料に減免されます。庭園入口で障害者手帳を提示して下さい。駐車場の最も奥に障害者用駐車スペースが屋根なしで1台分用意されています。少しでも移動距離が短いほうが良い方は、スタッフに相談すると、旧浅香宮邸エントランスに近いエリアへ誘導していただけます。それでもエントランスの目の前ではありません。60mほど距離はあります。運転者が別の場合は、エントランス前で乗降することは可能です。

車椅子での旧浅香宮邸内の観覧は、2ヵ所で計3台の簡易スロープを利用して段差回避します。車椅子で観覧に向かうと、気が付いたスタッフが簡易スロープの手配をしていただけます。

最初は旧浅香宮邸エントランスで、2台の簡易スロープを上り段差をクリアします。次は2Fへエレベーターで上がった先のある、2F内の段差箇所です。2Fのスロープはやや傾斜角度があるので、必要に応じてスタッフのサポートを受けてください。元気な介助者がいれば、クリアできます。

どちらの簡易スロープも往復で利用します。近くのスタッフに声をかけて、誘導を受けて下さい。

この段差箇所以外は、車椅子で大きな問題はなく観覧できます。ただし旧浅香宮邸内は、出入口に小さな段差がある部屋があります。近くのスタッフから注意のアナウンスもありますが、部屋の出入口は慎重に移動してください。用心すれば車椅子で通過可能です。障害者用トイレは、旧浅香宮邸1Fと新館に用意されています。

「20世紀のポスター」展は、3つのパートで構成されます。通常の観覧動線は、1Fの7割を観覧してから2Fへ階段で移動し、2F全てを観覧してから階段で1Fへ下りて、1Fの残り3割を観覧します。

車椅子の場合、エレベーターの位置の都合で、1F全てを観覧して2Fへ上がり、2F全てを観覧して1F に下り、新館に移動するルートが動線としては効率的です。このルートで観覧すると、パート1のコーナーとパート2のコーナーが、1Fと2Fそれぞれで前後して観覧することになります。この点を頭の中で整理して、観覧することをお薦めします。

この展覧会では、単にポスターデザインの変遷を紹介するのではなく、20世紀前半にヨーロッパを中心に起こったアート全般の革命的な取り組み、また印刷される紙の種類やその時代の用いられた字体、インクなど、多彩な角度から20世紀のポスターが解説されます。アバンギャルド芸術や印刷技術に関する事前知識があると、より深く楽しめる展覧会です。

東京都庭園美術館「20世紀のポスター」展は、現在のところ事前予約は不要です。ただし混雑時は入場制限をかけるとしています。