車椅子で行く水戸~茨城県立近代美術館バリアフリー情報

千波湖を臨む高台に建つ「茨城県立近代美術館」は、1988年の開館。県立の名に相応しい立派な美術館です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○障害者専用駐車場あり

アクセスは車が便利です。一般駐車場とは別に、建物裏手に4台収容の障害者専用駐車場があります。ルートは美術館HPに詳しく案内されているので参照してください。

空いていれば自由に利用できる駐車スペースです。不正利用防止のため美術館管理スタッフが事務所から監視しています。スタッフに「車椅子利用です」と申告してください。

 

○駐車場からエントランスへ

障害者専用駐車場から美術館エントランスへは、建物外周を4分の1周して向かいます。この間のルートはほぼフラットでバリアフリー。ただし屋根や庇はほとんど無いので、雨天は濡れます。

一般駐車場方面からのルートは、階段かスロープ路です。坂道が苦手な車椅子利用者でも、障害者専用駐車場からなら楽に美術館へアクセスできます。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

○広々した2フロア構造

近代美術館は吉村順三氏の設計。建築物としては、広々とした解放感と高質感が特徴です。展示室は1Fと2Fの2フロア。地階に講堂と講座室があります。障害者用トイレは1Fです。全館バリアフリーで車椅子での利用に大きな問題はありません。

所蔵作品はルノワール、横山大観などのビッグネームから、水戸由来の作家までと多彩。その数は約4,000点。企画展は年に4回から5回開催されます。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

○障害者減免あり

近代美術館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

館内に入ると総合受付があります。ここで障害者手帳を提示し、無料入館券を受け取ります。

 

○1Fロビーからの眺望

展示室に入る前に、館内から眺望を楽しめます。1Fのロビー空間は大きな窓がある設計で、窓の向こうには千波湖が輝きます。もちろんロビーはバリアフリー。車椅子でゆっくり千波湖の眺めを楽しめます。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

○展示室のバリアフリー状況

1Fはコレクション展が開催される常設展示室。2Fが企画展示室です。

1Fの中央部に2Fへ向かう大きなスロープがあります。これを利用しても良いのでが、裏にエレベーターがあるので、車椅子利用者はエレベーター利用が楽で安全です。

展示室は空間的に余裕があるフラット構造。車椅子で鑑賞できるバリアフリー展示室です。エントランスホールや2F回廊部も広々した設計。美術館らしい、ゆっくりとした時間が楽しめます。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

○中村彝アトリエは段差あり

美術館に隣接して水戸市出身の洋画家中村彝氏のアトリエが新築復元されています。入室は無料です。

隣接していますが、高台にある美術館からいったん一般駐車場の高さに下りて、道を渡って向かうことになります。

そしてアトリエ内部は段差があり、バリアフリー構造ではありません。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

 

障害者専用駐車場、障害者減免があり、建物は大きく高品質で眺めが良い。「茨城県立近代美術館」は、車椅子で利用出来る美術館です。

車椅子で行く軽井沢タリアセン バリアフリー情報

塩沢湖の周囲に広がる複合リゾート「軽井沢タリアセン」。軽井沢らしい素敵な景観、洒落た洋館・美術館などからなる施設です。

しかしながら園内通路はオフロードで坂道あり、一部の施設は土足厳禁で階段構造ありと、車椅子での利用は苦戦します。主な施設の状況を詳しく紹介します。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○アクセスと障害者減免

アクセスは車が便利です。駐車場は無料ですが、夏休みなどトップシーズンは有料で障害者減免はありません。

入園は有料で「ペンネ美術館」など別に入館料が必要な施設があります。料金は障害者手帳の提示で本人のみ半額に減免。また12月と1月は入園無料になり、別料金の施設の利用料も割引価格になります。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○中央ゲート付近はバリアフリー

ショップやレストランがある中央ゲート付近はバリアフリーです。障害者用トイレは「レストラン湖水」の中にあります。

このバリアフリーエリアからの眺めだけでも、軽井沢らしい素敵な景観を楽しむことができます。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

 

以下、車椅子では苦戦する主な施設を紹介します。

 

○「ことりがよぶ道」はデコボコ

中央ゲートほど近くから始まる「ことりがよぶ道」。素敵な名称の遊歩道ですが、車椅子では苦戦するデコボコルートです。「睡鳩荘」までの道のりは、車椅子ではかなり無理しての通行になります。ゆっくり慎重に車椅子を進めてください。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「睡鳩荘」は土禁でエレベーターなし

タリアセンの景観を引き締める素敵な洋館が「睡鳩荘」。昭和6年築のヴォーリス建築です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報ここは土足禁止でスリッパに履き替えての入館。1Fエントランス部はスロープ対応あり。車椅子を拭いて手動ドアを開けて入館します。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

館内1Fには、ヴォーリス建築風の障害者用トイレがあるので必見です。

2Fのバルコニーからの眺望は素晴らしいのですが、階段のみで車椅子では上れません。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「明治四十四年館」は急坂の上

「野の花美術館」と「レストランソネット」がある「明治四十四年館」は、明治44築の元軽井沢郵便局。ここへのアクセスは「睡鳩荘」横の「近道」からは階段路。「遊園地」経由のルートは急坂路。車椅子では近づくことが難しい場所です。

夏休みなどピーク時は隣接する「北口」がオープン。ただ「北口」から入ると、逆に車椅子で他のエリアに向かうのが困難です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「ペイネ美術館」は土禁、入口は段差あり

「ペイネ美術館」は軽井沢に最初に建てられた別荘を利用した施設。入口には段差があり、土足禁止です。館内の中二階へはスロープですが、車椅子には辛い急坂スロープ。館内1Fの通路も狭い。車椅子ではかなり苦労する美術館です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「イングリッシュローズガーデン」は段差路を回避

6月から9月の間バラが咲き続ける「イングリッシュローズガーデン」。散策路を進むと段差路に誘導されますが、周回路なので平路を進んで下さい。帰りも同じルートです。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

未舗装路もありますが、ここは車椅子でもなんとか通行できるデコボコレベルです。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

 

軽井沢タリアセンは、車椅子では苦戦する箇所が多いリゾート施設ですが、中央ゲート付近は無理なく車椅子で利用できます。

車椅子で行く軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

「エルツおもちゃ博物館」と「軽井沢絵本の森美術館」そして「ピクチャレス・ガーデン」で構成される「ムーゼの森」は、車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○施設全体概要

「ムーゼの森」は、道を挟んで「エルツおもちゃ博物館」と「軽井沢絵本の森美術館」に区画が分かれます。「ピクチャレス・ガーデン」は「軽井沢絵本の森美術館」内の庭園の名称です。

アクセスは車が便利。無料駐車場は「エルツおもちゃ博物館」にあり、障害者用駐車区画の用意があります。

「エルツおもちゃ博物館」と「軽井沢絵本の森美術館」は、それぞれ入館料が必要な有料施設で、障害者手帳の提示で本人のみ入館料が半額に減免されます。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

 

「エルツおもちゃ博物館」

 

○親も楽しいバリアフリー博物館

エルツとはドイツの地名。エルツ地方の伝統的木工工芸おもちゃを中心に、欧州の知育玩具などを展示した博物館です。蒐集品の数が凄い。写真スポットがあり、玩具で遊べるコーナーがあります。子どもはもちろん親が楽しい。親子で楽しい博物館です。館内はバリアフリーで、障害者用トイレがあります。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○兵隊ではなく「工夫」

エルツ地方の伝統木工おもちゃ、といっても様々な仕様がありますが、代表的なおもちゃの一つが小さな人形。モデルは兵隊ではなく工夫。工夫のいわば正装の姿です。

エルツ地方で盛んだった鉱業。木工おもちゃ製作は、鉱山で働く工夫の副業だったそうです。現在でも数多くの工房で、伝統的工芸品が製作されているそうです。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○ミュージアムショップは無料エリア

有料エリアを出た先に「森の生活館」と「木のおもちゃの店」があります。このショップの品揃えが凄い。博物館を見ずとも、このショップの品を見れば、エルツ地方の伝統的木工おもちゃの全貌が解ります。ショップは入場無料。無料エリアの公衆トイレにも、障害者用が併設されています。

 

○カフェは車椅子可

別棟でカフェがあります。軽井沢の森の中にあるカフェ。テラス席があり、ペット同伴可。カレーやサンドイッチが自慢のメニュー。このカフェはスロープで段差回避が出来るので、車椅子での利用は可能です。

 

○雨の日、寒い日も利用可

駐車場からエントランスまでは屋根なしですが、障害者用駐車区画に車を停めれば、小雨程度なら雨天でも利用できる施設です。

「エルツおもちゃ博物館」は、近年流行のドイツクリスマスマーケットの世界です。冬場の軽井沢でどこに行こうか悩んだ時は、ここはお薦め。冬が似合う、軽井沢では希少な施設です。

 

 

「軽井沢絵本の森美術館」「ピクチャレス・ガーデン」

 

○車椅子ではやや苦戦

「軽井沢絵本の森美術館」と「ピクチャレス・ガーデン」へは、「エルツおもちゃ博物館」側の駐車場から、信号のない横断歩道を渡ります。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

「軽井沢絵本の森美術館」には障害者用トイレはありません。また、散策路の一部は薄い砂利路面で、建物は基本設計が段差ありです。決定的な段差があり、車椅子では絶対に利用できない箇所は少ないのですが、それほどバリアフリーな施設ではありません。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○第一展示館の2Fへは階段のみ

「軽井沢絵本の森美術館」の施設建物は全5棟。いずれもログハウス風の素敵な建物です。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

この中で車椅子では決定的に無理なのは第一展示館の2F。階段のみのアクセスです。ただし、1Fから見上げると行きたくなる雰囲気の2Fですが、上れなくともそれほど残念な2Fではありません。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○「絵本のお店」内は段差あり

絵本やグッズを販売しているミュージアムショップ「絵本のお店」内には売店と休憩施設があり、この間に段差があります。車椅子では外からまわって移動するルートになりますが、段差回避は可能です。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○ピクチャレス・ガーデンは自然派

「ピクチャレス・ガーデン」は、お花のカーペットが広がるイメージではありません。軽井沢の自然条件で生育できる草木を配置した、見た目は地味なナチュラルガーデンです。使われている岩は、浅間山の溶岩。華やいだ色彩のガーデンではなく自然派です。

ガーデン内は傾斜があり、一部砂利路面がありますが、頑張ればほぼ全域を車椅子で散策できます。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

 

「エルツおもちゃ博物館」は、バリアフリー施設です。「軽井沢絵本の森美術館」と「ピクチャレス・ガーデン」は、車椅子では苦戦する箇所があります。特に障害者用トイレがないので、注意してください。