三井記念美術館「高麗茶碗」展 車椅子で観覧 バリアフリー情報

東京都中央区日本橋、三井記念美術館の企画展「茶の湯の名碗 高麗茶碗」に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

会期は2019年9月14日から12月1日です。

 

○アクセス方法

日本橋三井タワーは、三越前駅から地下で直結します。またコレド室町テラスの開業後は、JR新日本橋駅からも地下で直結しました。

コレド室町の地下駐車場、コレド室町テラスの地下駐車場からも地下で直結します。

日本橋三井タワー1Fアトリウムにある美術館の入口は階段です。車椅子では横にある昇降機の利用になります。インターフォンで管理センターに連絡をして、スタッフに操作していただく運用です。

そこから先はバリアフリーです。専用エレベーターで7Fの美術館に直行します。

三井記念美術館

○障害者減免制度

三井記念美術館の企画展は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。

美術館入口で障害者手帳を提示する運用です。

三井記念美術館

○展示のバリアフリー状況

館内の床面はフラットで車椅子での移動に問題はありません。

障害者用トイレは有料展示室内にはなく、パブリックゾーンに1つ用意されています。大型のユニバーサルベッドはありません。

7つの展示室に計125碗が展示されています。第六展示室以外は、すべてが茶碗の展示です。

ほとんどの展示品は、車椅子からの目線と同じ高さの位置に展示されています。したがって車椅子からは、ほぼ真横からの鑑賞になります。茶碗の中を鑑賞したい方は、安全には注意して、座面を高くするクッションなどを利用すると良いかと思われます。

一部の展示品は、車椅子目線で斜め上から鑑賞出来る高さにあります。

展示のバリアフリー状況

○高麗茶碗の分類

侘茶の茶碗として室町時代の末期から江戸時代にかけて流行した高麗茶碗。当初は16世紀の朝鮮で焼かれた茶碗が見立てられて使われていました。

17世紀以後になると、日本人の好みに合わせて焼かれた日本向けの茶碗が登場します。

「高麗茶碗」展では、大きくこの2つの分類に基づいて、高麗茶碗が展示されています。

高麗茶碗

三井記念美術館「高麗茶碗」展は、車椅子で十分に楽しめる企画展です。何らかの方法で座面を高く出来る車椅子利用者は、少しでも高い位置から鑑賞すると茶碗の内側までみることができます。

すみだ北斎美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都墨田区の「すみだ北斎美術館」は、2016年に開館した車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年1月の取材で初稿を執筆し、2019年10月に加筆修正しています。

 

○施設の全体概要

墨田区生まれの葛飾北斎をテーマにした美術館です。

建物は4フロア構造で、3Fと4Fが展示室です。その内4Fの半分のスペースが常設展示室で、4Fの残り半分と3Fが企画展示室になります。

構造的に2Fはなく、1Fが美術館受付やミューアムショップ、図書室、講座室です。

B1はロッカーとトイレのフロア。1FとB1は無料で利用出来るパブリックスペースです。

施設の全体概要

○アクセスの状況

両国駅からは徒歩5分の案内です。ルートにはアップダウンはありません。

来館者用の駐車場はありませんが、建物の横に障害者用駐車区画が1台分あります。予約制ではなく、空いていれば使用できる運用です。

 

○障害者減免制度

常設展の観覧料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

企画展の観覧料は企画展により変わります。障害者減免制度がありますが、多くの場合は、本人と介助者1名が半額程度に割引されます。

 

○施設のバリアフリー状況

館内の各フロアはフラット構造です。エレベーターは2基あります。

障害者用トイレは1Fのパブリックスペースに1つ用意されています。

1Fで独立した構造の「図書室」は、フラット構造ですがスペースの余裕はありあせん。通路は車椅子での利用がギリギリのサイズです。

講座室も室内にスペースの余裕はありません。

3Fと4Fの展示室は車椅子での利用は可能です。

展示作品を紹介するパネルタッチは、車椅子で足が入るタイプです。また外国人観光客向けに多言語対応しています。

施設のバリアフリー状況

○4Fの展望ラウンジ

最上階の4Fには「展望ラウンジ」があります。エレベーターホールに数本ベンチが置かれ、狭い窓からスカイツリーが見えます。

 

○墨田区の地域振興施設

平成元年に墨田区で企画された美術館です。紆余曲折があり開館まで15年超かかりました。

墨田区の投資額は直接経費だけで20億円、周辺経費を含めると30億円を超えます。

 

すみだ北斎美術館は、狭いスペースを利用した施設です。混雑すると車椅子では苦戦するので、ピークをずらして利用することをお薦めします。

千葉県立美術館 車椅子からみたバリアフリー情報

千葉県千葉市の千葉港に建つ「千葉県立美術館」は、平屋構造で段差が無い車椅子で利用しやすい施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年10月の取材に基づいています。

千葉県立美術館

○美術館の概要

1974年に開館した美術館です。2013年から耐震補強などの改修工事を行い、2015年にリニューアルオープンしました。

約1万坪の広い敷地に、全8室の展示室が配置されています。

「千葉県立美術館」の所蔵作品は、千葉県出身の画家の作品など、千葉にゆかりのある作品がほとんどです。

「ミュージアムショップ」には、千葉に関わる商品が並びます。

 

○アクセスの状況

千葉都市モノレールの千葉みなと駅から徒歩10分の案内です。

78台収容の無料駐車場があり、障害者用駐車区画が2台分用意されています。

障害者用駐車区画は建物入口に一番近い場所にあります。車椅子マークの付いたパイロンが置かれ、さらには駐車場の誘導スタッフがいるので、健常者は停めにくい区画です。

ただし一般駐車区画を、ほぼそのまま障害者用に転用しているので、駐車スペースは広くありません。

 

○館内のバリアフリー状況

観覧料金はその企画展によって変わりますが、障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

エントランスから館内に入ると、すぐに受付があります。その右奥がミュージアムショップです。

エントランスから直線的に通路が伸びて、左右に展示室が並びます。

館内はフラットな構造でスペースは余裕があります。

障害者用トイレは建物奥のレストランの近くにあります。ちょっとした空間を改装して、障害者用トイレを設置しています。トイレの中はスペースの余裕があり、設備は更新されています。

 

○屋外展示の状況

千葉県立美術館の敷地内には、触って鑑賞できる「野外彫刻」が多数展示されています。駐車場の周辺、展示棟のまわり、アトリエ等の裏側などに、20体以上あります。「野外彫刻」が展示されているのは無料エリアです。

 

敷地内には他に、講堂とアトリエ3室などがある「県民アトリエ棟」、「管理棟」があります。

 

千葉県立美術館は、古い施設ながら館内に段差はありません。1万坪の余裕あるスペースに建つバリアフリー美術館です。