木版画の詩人 鹿沼市立川上澄夫美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県鹿沼市にある「木版画の詩人」川上澄生の作品が展示される美術館です。明治洋館風の建物は、川上澄生の作品「日本越後國柏崎黒船館」を元に設計されました。川上澄夫の世界を再現した美術館です。

鹿沼市立川上澄夫美術館

アクセスは鹿沼駅から徒歩20分の案内。来館者用の無料駐車場があり身障者用駐車スペースが設けられています。

鹿沼市立川上澄夫美術館

駐車場から舗装路面を通り、美術館のエントランスに進みます。

鹿沼市立川上澄夫美術館

エントランスには段差迂回スロープが設置されています。

鹿沼市立川上澄夫美術館

鹿沼市立川上澄夫美術館は有料ですが観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

館内1Fのバリアフリートイレは奥に長い構造で、ウォシュレット付き便器と小型のユニバーサルバッドが備えられています。

鹿沼市立川上澄夫美術館

館内は2フロア構造でエレベーターあり。車椅子で上下階移動できます。

鹿沼市立川上澄夫美術館

メインの展示室は2Fです。展示室内はフラットな構造で、車椅子で観覧できます。川上澄夫美術館はコレクター長谷川勝三郎から寄贈された2,000点余の作品を所蔵しています。

隣接地にある「文化活動拠点交流館」もバリアフリーな施設で、鹿沼今宮神社のお祭りで繰り出される彫刻屋台が展示されています。無料で観覧できる施設です。

鹿沼市立川上澄夫美術館

鹿沼市立川上澄夫美術館は、専用設計されたデザイン建築のバリアフリーな美術館です。

(本稿は2024年3月に執筆しました)

鹿沼市は「まちの駅」をネットワーク化しています。その中心拠点「まちの駅新鹿沼宿」を別稿で掲載しているのでご参照ください。

一部開館した皇居東御苑 三の丸尚蔵館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

新しい皇居三の丸尚蔵館が2023年11月に一部開館しました。全館会館は2026年の予定です。現在のところ展示室は2室で、有料の企画展が開催されています。一般来場者は事前にチケットを購入する予約制ですが、身障者は予約不要で観覧料が介助者1名まで無料に減免されます。

エントランスは階段で段差迂回スロープが設置されています。

皇居三の丸尚蔵館

バリアフリートイレは入口の近くに一室用意されています。トイレの横を進むと受付があり障害者手帳を提示し入館手続きを行います。受付の先から細長い通路が続き途中にコインロッカーが設置されています。この通路の左側に展示室1と展示室2があります。入口から展示室まで、段差のないフラットな構造です。

展示室はワンフロアですが、三の丸尚蔵館は地下1階地上3階建ての構造。地下は機械室で、2つの展示室と8つの収蔵室がある構造です。現在、旧三の丸尚蔵館があった場所に新館を増設中で、完成後はカフェなどの機能を備えた休憩施設もできる予定です。

皇居三の丸尚蔵館

部分開館した皇居三の丸尚蔵館は車椅子で観覧できるバリアフリー施設です。

(本稿は2024年2月に執筆しました)

別稿で「皇居東御苑 車椅子散策ガイド バリアフリー情報」を掲載しています。ご参照ください。

霞ヶ浦のアトリエ 吉﨑美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

茨城県行方市の「霞ヶ浦を見下ろす小高い山に囲まれた森の中に」ある画家の吉﨑才兵衛氏と奥様のたか子氏ご夫妻が運営する私設の美術館です。アクセスは車が便利で、来館者用駐車場はエントランス前の坂の下にあります。車椅子利用者は坂の傾斜がきついので、車で坂を上がった地点にあるスペースに駐車してかまわないそうです。

吉﨑美術館

エントランスの階段には段差迂回スロープが設置されています。

吉﨑美術館

吉﨑美術館は入口で靴を脱いで上がります。車椅子は軽くタイヤを拭いて入館するので、出来れば雑巾等を持参することをお薦めします。入口で入館料を支払います。館内のトイレは一般トイレのみです。

美術館と併設のカフェフォンテーヌは1Fにあります。展示室は2室。両展示室はフラットでスペースに余裕があるので、車椅子で問題なく鑑賞できます。コンパクトな展示室ですが、上質なアートスペースです。吉﨑美術館では、記念展やコンサートなどが企画開催されます。

カフェフォンテーヌはあまりスペースに余裕がありませんが、フラットなスペースに可動式テーブル席が置かれたお店なので、席を選べれば車椅子で利用可能です。美味しいコーヒーやケーキをいただけるお洒落なカフェです。カフェフォンテーヌ内にも幾つものコレクションが展示されています。

吉﨑美術館のエントランス付近から、霞ヶ浦に落ちる夕陽が楽しめます。季節によってはダイヤモンド富士を観ることができるそうです。

吉﨑美術館

ご夫妻は吉﨑美術館のお庭で養蜂もされていて、ハチの巣箱が設置されています。未舗装路面なので車椅子でお庭内に入るのは無理のない範囲に限られますが、多種多様な花木があるお庭を眺めるのも吉﨑美術館の楽しみです。

吉﨑美術館は小さな私設美術館ですが、車椅子で観覧できる美術館です。

(本稿は2024年1月に執筆しました)

霞ヶ浦に面した歩崎公園内にある「かすみがうら市水族館」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。