山種美術館「色で読み解く日本画」展 車椅子観覧バリアフリー情報

東京都渋谷区広尾の山種美術館の特別展「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」を車椅子で観覧しました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

本展は2019年11月2日から12月22日までの開催です。

 

○8色で分類展示

青、赤以外に、緑、黄、黒、白、銀、金で分類された日本画が、51点展示されます。

東山、奥田の他に、川端龍子、平山郁夫、小林古径、山口蓬春、河合玉堂、奥村土牛、加山又造、横山大観、千住博・・・らの作品が並びます。

すべて山種美術館の所蔵作品です。

 

○美術館のバリアフリー状況

アクセスは恵比寿駅から徒歩10分の案内です。

身体障害者の利用に限り1台分の来館者用無料駐車スペースがあります。利用には事前予約が必要です。

入館料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

この制度は2020年3月14日から改訂され、本人と介助者1名の入館料は団体料金に減免されます。

館内の障害者用トイレは1Fのパブリックスペースにあります。

展示室があるB1へはエレベーターで移動します。展示室内はフラットで車椅子での移動に大きな問題はありません。

山種美術館の特別展「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」

○展示のバリアフリー状況

山種美術館の第一展示室内の観覧順は、動線としては行ったり来たりになります。会場が混雑している状況では、車椅子では観覧順に拘らずに、一方通行の動きで作品を鑑賞すると便利です。

展示は壁掛け展示で車椅子から問題なく鑑賞できます。

色を引き出す顔料の紹介など、一部の資料は中台ケース内に展示され、車椅子からの目線ではやや見え難い展示が一部あります。

第二展示室の展示は車椅子での鑑賞に問題はありません。

東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画

「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」は、東山と奥田の二人展ではなく、多数の日本画家の名画を車椅子で楽しめる特別展です。

韮崎大村美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

山梨県韮崎市の「韮崎大村美術館」は、ノーベル賞を受賞した大村智先生が蒐集したコレクションを展示する私設美術館として2007年に開館し、2008年に韮崎市に寄贈された施設です。

韮崎大村美術館は車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年1月の取材に基づいています。

 

○車椅子でのアクセス方法

アクセスは車です。場所は韮崎駅から車で5分程の高台の地。武田八幡宮の近くです。最短ルートで進むと、途中道路が狭くなり車のすれ違いができない区間があります。

現地は美術館、温泉、蕎麦屋からなる複合集積です。

韮崎大村美術館

高台の下部に大きな駐車場があり、大型観光バスなどはそこを利用します。

車椅子利用者は美術館の入口前の駐車場が便利です。7台分のスペースなので、満車確率は高いかもしれません。

障害者用駐車区画はありませんが、すべての区画が横幅に余裕があり、一般的なヒンジドアの車両なら、ドアを全開することができます。

奥行きは一般サイズの区画なので、後部から乗降する場合は注意が必要です。

美術館の入口前の駐車場に停められれば、傾斜路を通ることなくフラットに美術館入口に行くことが出来ます。

 

○エントランス周辺のバリアフリー状況

美術館入口には、教え子一同から贈られた、大村先生の胸像があります。記念撮影スポットで、皆さん先生の像と写真を撮っています。

入口はフラットでバリアフリー仕様です。

館内に入るとすぐに受付があります。

韮崎大村美術館は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。受付で無料入館券を発行していただけます。

 

○館内1Fのバリアフリー状況

美術館は2フロア構造です。

受付の奥右側にトイレがあり、障害者用トイレが一つあります。車椅子での実用に耐えるぎりぎりのスペースはあります。設備はフル装備でとても綺麗なトイレです。トイレは1Fだけで、2Fにはありません。

受付から先に小さなお土産コーナーがあり、その先が1F展示室です。

女性アーティストの作品を中心に、コレクションが展示されています。

展示室内はバリアフリー仕様で、車椅子での作品の鑑賞に問題はありません。

 

○館内2Fのバリアフリー状況

2Fへはエレベーターで上ります。

エレベーターは狭いホームエレベーターです。一般的な車椅子1台と、やや無理をして介助者1名が乗り込むのが限界です。

重度障害者用の大型車椅子は、エレベーターに入るかどうかは微妙です。リクライニングを起すことが出来れば、ギリギリ入るかもしれません。

2Fは鈴木信太郎氏の作品が並ぶ展示室と展望ギャラリーです。

飲み物の自販機があり、ギャラリーのフリースペースでお茶を楽しめます。

展望ギャラリーからの韮崎の眺望が素晴らしく、八ヶ岳はほぼその全貌が、富士山は5合目以上が臨めるのが印象的です。

この眺望が、大村先生がこの地を選んだ大きな理由ということです。

韮崎大村美術館

展示作品はとても個人コレクションとは思えないレベル。展望ギャラリーからの眺望は秀逸です。韮崎大村美術館は車椅子で利用できます。

東京都現代美術館「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展 バリアフリー情報

会期は2019年11月16日から2020年2月16日までです。東京都江東区の東京都現代美術館会場のバリアフリー状況を紹介します。

また同時開催される企画展「ダムタイプ アクション+リフレクション」展と「MOTアニュアル2019 仮の声、新しい影」展のバリアフリー状況も紹介します。

東京都現代美術館のバリアフリー概況

○東京都現代美術館のバリアフリー概況

アクセスは半蔵門線の清澄白河駅から徒歩9分の案内です。周辺はアップダウンが少ないエリアで、やや距離はありますが、どの駅からでも車椅子でアクセス可能です。

車利用の場合は来館者用の駐車場があります。障害者用駐車区画は、屋外駐車場と地下駐車場の両方に用意されています。駐車料金は障害者減免制度があり、無料に減免されます。総合受付で駐車券と障害者手帳を提示して減免手続きを行います。

展覧会の観覧料も障害者減免制度があり、障害者本人と介助者2名まで無料に減免されます。展示室入場口で手帳を提示する運用です。

館内はフラット構造でエレベーターがあります。障害者用トイレは複数あり、企画展示室、常設展示室内にもそれぞれ用意されています。

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

○「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展のバリアフリー概況

会場は企画展示室3Fです。企画展示室1F入口で入館手続きを行います。同時期に3フロアで3つの企画展が開催されているので、どの企画展を観覧するのかが分かる利用フロアの番号が記載された入館プレートが渡されます。それを車椅子にかけて観覧します。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展のバリアフリー概況

3F会場へは通常はエスカレーターで上ります。車椅子ではスタッフの誘導でエレベーターを利用します。2基あるエレベーターの1基だけが3Fへ行く設定になっています。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展のバリアフリー概況

エレベーターで3Fへ上ると、エスカレーターで上ってくる最初の展示コーナーの隣に出ます。3Fスタッフに誘導していただけるので、展覧会の最初の位置に進み観覧をはじめます。

展示は8つのパートに分かれています。ほとんどの展示は車椅子で鑑賞可能です。唯一「種」のコーナーに2点、車椅子では覗きこめない高さの展示がありますが、大きな問題はありません。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展のバリアフリー概況

映像でミナ ペルホネンの服を着ている人の日常を紹介する「風」のコーナーに配置されている椅子の座面は、ミナ ペルホネンのデザインです。

展示を観覧して退室する時は、同じエレベーターを利用します。

2Fに障害者用トイレと、受注生産される有料の目録販売コーナーがあります。利用したい場合は2Fでエレベーターをいったん下ります。

2Fから1Fへは、同じ1基のエレベーターだけが利用できます。1Fでは入口から退出します。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展のバリアフリー概況

○企画展のミュージアムショップ

企画展示室の前のパブリックスペースがミナ ペルホネン商品のショップで、観覧券がなくても利用できます。人気商品はお一人様3点までです。

フラットでスペースに余裕があるので、車椅子でのショップ利用は可能です。

ペルホネン商品のショップ

○「ダムタイプ アクション+リフレクション」展のバリアフリー概況

同時開催の同展は企画展示室1Fが会場です。企画展示室入口からその直進すると展示室に入ります。

「ダムタイプ アクション+リフレクション」展のバリアフリー概況

空間を贅沢に利用した展示です。フラットでスペースに余裕があるので、車椅子で鑑賞できます。

「ダムタイプ アクション+リフレクション」展のバリアフリー概況

コーナー間は仕切りカーテンがありますが、車椅子での移動に問題はありません。

暗い室内での光を利用した展示が多くありますが、強いフラッシュ光や点滅はないので、その種の刺激に弱い人も鑑賞可能です。

「ダムタイプ アクション+リフレクション」展のバリアフリー概況

○「MOTアニュアル2019 仮の声、新しい影」展のバリアフリー状況

同展は企画展示室B1が会場です。車椅子ではスタッフの誘導でエレベーターを利用します。

B1展示室の入口外に障害者用トイレがあります。

アーティスト単位の展示です。いずれもフラットでスペースに余裕があるので、車椅子で鑑賞できます。

とくに吹き抜け空間を利用した展示コーナーは、大きな空間をいかした展示になっています。

「MOTアニュアル2019 仮の声、新しい影」展のバリアフリー状況

東京都現代美術館「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」は、スペースに余裕があり、車椅子で鑑賞できます。同時開催の企画展2本も、車椅子で利用可能です。