小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県小山市にある美術館です。豪商「小川家」の現存する5棟を利用した施設で、江戸時代から明治時代にかけての、思川乙女河岸の繁栄を今に伝える文化財です。市により整備されて、美術館としては2009年に開館。旧米蔵をリノベーションした美術展示室で、様々な企画展が開催されます。ちなみに名称の「車屋」は小川家の屋号です。

古い建物を活用した施設なので、今どきのバリアフリー施設ではありません。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

 

〇駐車場の状況

間々田駅から徒歩5分の案内です。車利用の場合は、来館者用無料駐車場を利用します。

旧小川家の敷地の横が舗装された駐車場です。身障者用駐車スペースは1台分用意されています。駐車場から車道と歩道を通り、車屋美術館入口までは50ⅿ程度の距離です。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

〇美術館エントランス周辺の状況

歩道から美術館エントランスにかけて段差はありません。敷地内に入ると、右側に受付窓口があります。小山市立車屋美術館の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けます。

 

〇美術展示室のバリアフリー状況

旧米蔵をリノベーションした美術展示室へは、手前の階段を上がります。段差回避スロープは反対側。車椅子では奥まで進み、Uターンして入口に高さに上がります。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

美術展示室内は土足禁止です。入口で靴を脱いでスリッパに履き替えます。今回取材時は、美術館スタッフが車椅子のタイヤを雑巾で拭いていただき、車椅子で館内に入ることが出来ました。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

美術展示室の出入口は自動ドアで、大きな段差はありません。展示室内はフラットな構造で、車椅子で問題なく観覧できます。

美術展示室は連続した5つの空間に仕切られています。今回取材時の企画展では、4つの展示スペースが利用されていました。

 

〇バリアフリートイレの状況

受付窓口がある管理棟内にバリアフリートイレがあります。スペースに余裕がある綺麗なトイレで、ウォシュレット付きです。ユニバーサルベッドはありません。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

〇旧肥料蔵の状況

美術展示室出入口の正面は「旧肥料蔵」で、中に小川家に関する解説パネル展示があります。この蔵の出入口は大きな段差があり、車椅子で中に入ることはできません。段差の手前から覗き込む見学になります。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

〇小川家主屋の状況

エントランスの左側に建つ近代和風住宅が小川家の主屋で、一部を除き公開されています。

ここも敷地内への出入口に段差があり、また主屋内も段差構造です。車椅子のままでの見学は困難。外観だけの見学になります。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

旧小川家の内覧は車椅子では困難ですが、小山市立車屋美術室は土足禁止ですが車椅子で観覧可能です。そして施設内に綺麗なバリアフリートイレが用意されています。

(本稿は2021年5月に執筆しました)

うらわ美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

埼玉県さいたま市浦和区、JR浦和駅から徒歩7分の場所にある美術館です。浦和センチュリーシティビルの3F、ロイヤルパインズホテル浦和と同じ建物内にあります。

うらわ美術館は2000年に開館した中規模な都市型美術館。「地域ゆかりの作家」と「本をめぐるアート」がコレクションの柱です。また近年は、それにこだわらない企画展も開催されています。

美術館内、浦和センチュリーシティビル1Fロビーなど、すべて写真撮影は禁止です。そのため写真による現地の情報提供ができません。

浦和センチュリーシティビルの周囲には、極端な傾斜の坂道はありません。駅から車椅子での移動は可能です。

車利用の場合は、浦和センチュリーシティビル地下駐車場の利用が便利。身障者用駐車スペースが用意されています。美術館の利用による駐車料金サービスはありませんが、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で半額に減免されます。出庫前に、事前精算機のインターホンで管理事務所に連絡します。スタッフがその場に来て、事前精算機に減免操作をしていただけます。

ビル内には1系統2基のエレベーターがあります。

3Fの美術館フロアにバリアフリートイレが1つあります。スペースは余裕があるトイレで、今回取材時の状況では、ウォシュレットなどはないシンプルな設備のトイレでした。ユニバーサルベッドはありません。

うらわ美術館 車椅子利用ガイド

美術館は4室のギャラリーがあります。常設展はなく、企画展が随時開催され、企画展がない期間、展示室は貸出されます。

3Fフロア内に段差はありません。ギャラリー内も車椅子で移動できるバリアフリー仕様です。

うらわ美術館の観覧料は障害者減免制度があり、有料展覧会は通常、本人と介助者1名が半額に減免されます。受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けます。

今回取材時の有料展覧会は、BからDまでの3つのギャラリーを使用して開催されていました。3室利用するとそれなりのスペースになり、ゆっくり鑑賞すると1時間以上かかる展示ボリュームです。ギャラリーAでは、別の無料展覧会が開催されていました。1室だけだと、広い空間ではありません。

うらわ美術館は電車でも車でも、車椅子でアクセス可能です。ビル内はバリアフリー仕様、美術館は車椅子で観覧できます。

(本稿は2021年5月に執筆しました)

県立近代美術館葉山「空間の中のフォルム」車椅子観覧ガイド

神奈川県葉山町の県立近代美術館葉山、開館70周年記念の企画展です。サブタイトルは「アルベルト・ジャコメッティから桑山忠明まで」。会期は2021年4月24日から9月5日まで。開館以来積極的に蒐集してきた、現代彫刻や立体作品を中心にしたコレクション80点以上が出品されています。

近代美術館葉山は、現時点では入館事前予約制です。90分単位で入館時間をネット予約してください。

施設はバリアフリー仕様です。駐車場には身障者用駐車スペースが2台分用意。そこからスロープを上がりエントランスに向かいます。バリアフリートイレは本館内にありますが、男女別トイレ内にそれぞれあるので、異性介護では利用できません。別棟ミュージアムショップの奥にあるバリアフリートイレは、個室トイレです。

展覧会の観覧料は、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。駐車料金には障害者減免制度はありません。

多くの作品が、床に置かれて展示されています。展示室に入室する際に「作品に車椅子が触れないようにご注意ください」と声をかけられました。過去におもわぬアクシデントがあったのかもしれません。

県立近代美術館葉山には、展示室が合計4室あります。最初の1室は「若林 奮 新収蔵作品」展です。約60点の作品が展示されています。

第2室から4室までが「空間の中のフォルム」展です。イサム・ノグチの「広島原爆慰霊碑のためのマケット」などの展示から始まります。

展示されるのは大型の彫刻や立体作品が多いので、車椅子からの問題なく鑑賞できます。ただしジャコメッティの「裸婦小立像」は、文字通り小さい作品です。それでも車椅子から鑑賞できる展示スタイルです。

展示室内のスペースは余裕があり、車椅子で楽に移動できます。段差は全くありません。県立近代美術館葉山ならではのコレクションがバリアフリーに楽しめる企画展です。