日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖バリアフリー木道 車椅子利用ガイド

奥日光の奥、湯元温泉にある「日光湯元ビジターセンター」は、2019年に改装されて、「くつろぎのスペース」ができました。湯ノ湖畔には車椅子で散策ができるバリアフリー木道があります。車椅子からみた日光湯元ビジターセンターと湯ノ湖バリアフリー木道の状況を紹介します。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

〇湯ノ湖と湯元の環境と歴史

湯ノ湖は標高1,478ⅿにある湖で、噴火した三岳の溶岩による堰止湖です。湖の周囲は3㎞。手つかずの自然が残る神秘的な雰囲気の湖です。夏は避暑地で冬季は厳寒の地。冬の湯ノ湖は凍結し、周辺は雪と氷に覆われます。

湯ノ湖

湯元温泉は湯ノ湖北岸にある温泉街で、788年に日光山輪王寺を建立した勝道上人が発見し、以来湯治場として親しまれてきました。現在大小23軒の温泉宿が営業しています。温泉神社や無料の足湯などがある温泉街は、硫黄の匂いが漂います。

湯ノ湖

〇アクセスと駐車場の状況

日光駅からの「湯元温泉」行きの路線バスがあります。所要時間は90分と案内されています。

日光湯元ビジターセンターには来館者用駐車場はありませんが、周辺に無料駐車場が5か所あります。ビジターセンター前にある駐車場は広く、身障者用駐車スペースが6台分並んで設置されています。日光湯元ビジターセンターと湯ノ湖バリアフリー木道を利用するなら、ビジターセンター前駐車場の利用が便利です。道路を横断すると、ビジターセンターの入口があります。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

〇日光湯元ビジターセンターのバリアフリー状況

環境省日光国立公園管理事務所で、ビジターセンター棟、無料休憩所棟、トイレ棟、芝生ひろばで構成されます。バリアフリートイレはトイレ棟内に用意されています。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

日光湯元ビジターセンターの入口へは、段差回避スロープを上がります。このスロープは改修されていません。乗り上げる箇所に段差があるので、車椅子は気を付けて走行してください。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

出入口は手動ドアが2枚あります。車椅子利用者だけでは開閉しにくいので、介助者がいると助かる構造のドアです。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

改装により館内のバリアフリーレベルは向上しました。展示コーナーはスペースに余裕が出来て、車椅子で問題なく観覧できます。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

下の写真が改装で生まれた「くつろぎスペース」。屋内がレクチャールームで、内装は日光杉。受付で販売しているコーヒーをいただくことができます。また無料で情報の検索や閲覧ができるタブレットが配備されています。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

そして「ひだまりデッキ」。「芝生ひろば」とハルニレの大木を眺めながら、大自然の澄んだ空気を味わえます。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

ビジターセンターの「くつろぎスペース」は車椅子で利用できます。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

〇湯ノ湖バリアフリー木道の散策

次に湖畔のバリアフリー木道を紹介します。

ビジターセンターから湯ノ湖「園地」方面へ舗装歩道を通り移動します。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

湯ノ湖は湖畔を一周する「湯ノ湖周回線歩道」が整備されています。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

その一部、約200ⅿがバリアフリー木道です。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

湖畔の森の中を車椅子で快適に散策できます。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

終点は展望デッキ。素晴らしい景観を楽しめます。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

バリアフリー木道以外にも、湯ノ湖畔は車椅子への配慮があります。下の写真は凹凸のある舗装面の一部をフラット化している箇所です。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

湖畔のお店には段差回避スロープが設置されています。

日光湯元ビジターセンター・湯ノ湖

豊かな自然がそのまま残る奥日光。その中で日光湯元ビジターセンターと湯ノ湖バリアフリー木道は、車椅子で利用できるお薦めのバリアフリースポットです。

(本稿は2021年7月に執筆しました)

旧軽井沢銀座通り 車椅子からみた主な施設のバリアフリー状況

軽井沢の中心地、旧軽銀座は江戸時代に中山道の宿場町として繁栄し、明治時代には外国人の避暑地として、そして別荘族や観光客に愛される商店街として発展してきました。歴史ある観光地なだけに、必ずしもすべての施設やお店がバリアフリー仕様ではありません。主な観光施設や人気ショップのバリアフリー状況を紹介します。

旧軽井沢銀座通り

〇町営旧軽井沢駐車場と「赤バス」のバリアフリー状況

アクセスの状況です。旧軽周辺には数多くの有料駐車場があります。その中で、身障者用駐車スペースがしっかりと用意されているのは「町営旧軽井沢駐車場」です。

旧軽井沢銀座通り

入口の近くに2台分、幅広い区画の身障者用駐車スペースが用意されています。駐車場入口にスタッフがいる場合は、車椅子利用を申告すると誘導していただけます。

旧軽井沢銀座通り

そこが満車の場合は、出口の手前に4台分用意されています。こちらの区画は、スペースはあまり広くはありません。

旧軽井沢銀座通り

身障者用駐車スペースに駐車できれば、駐車場から外まで坂道を通らずに移動できます。ただしこの間の路面は必ずしもフラットではなく、経年劣化によって荒れている箇所、デコボコになっている箇所があります。車椅子を慎重に移動させてください。

旧軽銀座を通り、軽井沢の観光名所を巡る通称「赤バス」は、設備面では車椅子利用への特別な配慮がないレトロ車両です。ご自身あるいはご家族の障がいの状況に応じて、利用の可否を判断してください。

旧軽井沢銀座通り

〇旧軽ロータリー周辺のバリアフリー状況

旧軽井沢銀座通りの入口にある旧軽ロータリー周辺には数多くのお店があります。

旧軽井沢銀座通り

有名店「レストラン酢重正之」は、1F席なら車椅子で利用可能です。出入口は段差解消されています。

旧軽井沢銀座通り

「三面馬頭観世音菩薩」は、荒れた未舗装路面の中にいらっしゃるので、車椅子で近づくことはできません。無理のないところから拝顔します。

旧軽井沢銀座通り

シンボルの電話ボックスも、未舗装段差路にあります。車椅子で中に入るのは困難。手前の舗装路からの記念撮影は可能です。

旧軽井沢銀座通り

〇旧軽井沢銀座通りの路面のバリアフリー状況

旧軽井沢銀座通りに入ります。この通りの路面はレンガ敷風ですが、車椅子にはほとんど衝撃はきません。舗装路面と同じ感覚で通行できます。通りの両脇にある側溝のふたには、部分的に小さな段差がある箇所もあります。

旧軽井沢銀座通り

建ち並ぶ商店のバリアフリー状況はそれぞれです。段差解消しているお店もありますが、出入口に段差があり、車椅子では入店できないお店も少なくありません。

旧軽井沢銀座通り

〇軽井沢観光会館のバリアフリー状況

旧軽井沢銀座通りの中心部にある観光会館は、24時間利用可能なバリアフリートイレがあります。有料トイレですが、開館時間内は障がいのある人は無料で利用できます。スタッフに申告してください。

旧軽井沢銀座通り

銀座通りに面した会館の正面入口は段差があります。

旧軽井沢銀座通り

段差回避ルートはテニスコート通り面したトイレへの入口です。

旧軽井沢銀座通り

館内1Fには軽井沢を紹介する展示があります。車椅子で見学可能です。

旧軽井沢銀座通り

旧軽井沢銀座通り

2Fにも展示があります。エレベーターはなく2Fへは昇降椅子を利用します。

旧軽井沢銀座通り

1Fに飲食ができる休憩室が用意されています。フラットなお部屋なので車椅子で利用可能。商店街で買ったものをいただくことができる穴場休憩室です。

旧軽井沢銀座通り

〇チャーチストリートのバリアフリー状況

旧軽井沢銀座通りで一番の大規模商業施設のバリアフリー状況です。

旧軽井沢銀座通り

1Fは段差のないバリアフリー構造。車椅子で問題なく利用できます。

旧軽井沢銀座通り

数多くのお店が入る2フロア構造の大規模施設です。

旧軽井沢銀座通り

ほとんどのお店は車椅子で入店可能です。

旧軽井沢銀座通り

中央広場も車椅子で利用可能。

旧軽井沢銀座通り

広場の横は水車が回っています。

旧軽井沢銀座通り

2Fへの一般ルートは階段路。

旧軽井沢銀座通り

エレベーターもあります。

旧軽井沢銀座通り

1Fに有料のバリアフリートイレが用意されています。

旧軽井沢銀座通り

〇聖パウロカトリック教会のバリアフリー状況

旧軽井沢銀座通りからチャーチストリートの1Fを突き抜けると、聖パウロカトリック教会があります。

旧軽井沢銀座通り

旧軽井沢銀座通り

今回取材時はコロナ対策で開堂は中止されていました。外観だけでも数多くの見どころがあります。

旧軽井沢銀座通り

協会の周囲は段差のない舗装路面です。車椅子での礼拝は可能です。

旧軽井沢銀座通り

旧軽井沢銀座通り

〇浅野屋とデリカテッセンのバリアフリー状況

最後に旧軽井沢銀座通りを代表する、超人気店のバリアフリー状況を紹介します。

パンの「ブランジェ浅野屋」の出入口は段差解消されています。出入口のドアは手動。店内通路は余裕があるとは言えませんが、混雑していなければ車椅子で買い物ができます。店内のレストラン・カフェコーナーも、フラットで可動式テーブル席なので、車椅子で利用可能です。

旧軽井沢銀座通り

美味しいハムやソーセージが大人気の「軽井沢デリカテッセン」。2か所ある出入口は、全く段差のない構造です。店内は広くはありませんがフラットな構造で、販売台の商品に車椅子から手が届きます。ケース内の商品は、販売スタッフに声をかけて購入するので、車椅子で買い物ができます。

旧軽井沢銀座通り

新しい建物が少ないので、出入口に段差がある店、エレベーターがない2階席中心の店などが少なくありません。特に、旧軽井沢銀座通りで、車椅子で食事をする場合は、事前にお店のバリアフリー状況を個別に確認しておくことをお薦めします。

(本稿は2021年6月に執筆しました)

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道 車椅子散策ガイド

日本を代表するリゾート地の一つ、栃木県那須町の那須高原。20万本のヤマツツジ群落がある「那須八幡つつじ園地」では、老朽化したバリアフリー木道の整備工事が進んでいます。ここは大自然の中を車椅子で散策できる観光スポット。2021年6月時点で「なす高原自然の家」の駐車場から「中央展望台」までの区間が整備されました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

〇那須高原八幡自然研究路の概要

本稿で紹介するバリアフリー木道は、那須高原に整備されているハイキングコース、トレッキングコースのごく一部です。フルコースは全長3㎞前後で、健脚の人で走破に3時間程度かかる本格的なルート。自然路なので車椅子での走破は困難です。

車椅子で走破できるもう一つのルートは、「つつじ吊り橋」です。身障者用駐車スペースがある「つつじ吊り橋駐車場」から、吊り橋まで車椅子で散策できます。このルートも自然に触れ合う素敵なバリアフリーコースです。吊り橋からは「那須八幡のつつじ園地」の遠景を楽しめます。吊り橋の先は自然路になるので、車椅子通行は吊り橋までです。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

本稿で紹介する「なす高原自然の家」からのバリアフリー木道ルートは、「那須八幡のつつじ園地」内を走破するルートで、「中央展望台」は「那須八幡のつつじ園地」の中にあります。展望台の先は自然路になるので、車椅子通行は困難です。

「つつじ吊り橋」と「中央展望台」は、バリアフリー歩道ではつながっていません。したがって車椅子では、それぞれの駐車場から、それぞれのバリアフリー歩道の最終地点までの散策になります。

自然路を歩ける健脚の人なら、「つつじ吊り橋」と「中央展望台」を巡る「那須八幡のつつじ園地」一周コースは、30分程度で走破できます。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

〇駐車場からバリアフリー木道への入口

「なす高原自然の家」の駐車場は分かりやすい場所にあります。「なす高原自然の家」は利用者しか中に入れませんが、駐車場の横にある公衆トイレにバリアフリートイレが用意されています。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

駐車場からのバリアフリー木道への入口は、目立つサインがありません。迷うとすると、ここです。公衆トイレの前に身障者用駐車スペースがありますが、トイレ付近からではありません。また「つつじ吊り橋」へというサインがある箇所は、自然段差路への入口です。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

バリアフリー木道への入口は、駐車場から「なす高原自然の家」をみて、その左奥にあります。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

〇バリアフリー木道の路面状況

2020年8月から、傷んだ木道の再整備工事が始まりました。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

駐車場からしばらくの間は、古い状態の木道が残されています。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

この再整備されていない区間の木道の路面は、板のつなぎ目などに小さな段差があります。慎重に車椅子を進めてください。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

まもなく、再整備された木道の区間に入ります。ここから先は快適なフラット路面です。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

舗装路面のようなフラットな木道です。多少の傾斜がある区間もありますが、問題なく車椅子で大自然の中の散策が楽しめます。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

中央展望台の横、下の写真箇所がバリアフリー木道の終点です。この先は整備された、未舗装砂利路面の段差路です。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

〇中央展望台の状況

中央展望台は階段で上がる展望台です。車椅子では上がることができません。展望台の下からは、ヤマツツジ群落に囲まれているので、遠方を眺望することはできません。車椅子で見晴らしの良い景色を楽しむなら、「つつじ吊り橋」ルートがお薦めです。中央展望台ルートは、森の中の散策が魅力のコースです。ちなみに中央展望台の上からは、以下の写真の景観が楽しめます。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

〇ツツジと紅葉、野鳥と昆虫、エゾハルゼミの大合唱

中央展望台ルートの森の中の散策。その魅力の一端をご紹介します。

初夏のツツジ、秋の紅葉は有名です。ただしピーク時は、有名なだけに混雑することは覚悟してください。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

ツツジと紅葉のピークを外せば、那須高原八幡つつじ園地は空いています。ミズナラなどが生きる豊かな森に、高山植物が咲き、野鳥が飛び、虫たちの天国が広がります。出会ったことはありませんが、動物も生息しているはずです。5月から7月ごろにかけては、エゾハルゼミの大群が木立で鳴きます。知識がないとセミの声とは思えないほどの喧騒。ここでしか出会えない、自然の大合唱です。

駐車場からバリアフリー木道に入ってすぐの地点には、清らかな水と草木のコントラストが美しい小さな池が佇んでいます。

那須高原八幡つつじ園地 バリアフリー木道

那須高原八幡つつじ園地のバリアフリー木道は、短い区間ではありますが、車椅子で大自然の中に飛び込める、貴重な観光スポットです。

(本稿は2021年6月に執筆しました)