富士山世界文化遺産 忍野八海 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

山梨県忍野村にある神秘の湧水「忍野八海」周辺は、バリアフリー化が進み車椅子である程度観光ができるようになりました。しかし限界はあります。車椅子から見た現地の状況を紹介します。

忍野八海

忍野八海へのアクセスは車です。周辺には数多くの有料駐車場が営業しています。忍野八海周辺はアップダウンが少ないエリアで、舗装道路が整備されています。車椅子で利用できない、あるいは忍野八海に移動できない駐車場は見かけません。主な目的地に近い駐車場を利用することをお薦めします。アクセスしやすい大型駐車場は「ますの家大駐車場」「ひのでや駐車場」「大林駐車場」などです。

観光客が多い観光の中心地は「忍野八海池本」が営業している「中池」周辺です。ただし「中池」は忍野八海の一つではありません。

忍野八海

「中池」周辺に近い駐車場は「池本駐車場」などです。この付近は、お土産屋さんやテイクアウトショップが並ぶ舗装路を車椅子で散策できます。

バリアフリートイレは複数個所に整備されています。「中池」の近くにある公衆トイレは比較的新しくて綺麗なトイレで、バリアフリートイレがあります。

忍野八海

一般的なサイズの個室でウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。ただし壁面に手すりは無く、便器横の跳ね上げ式手すりだけです。

忍野八海

この他に駐車場内の公衆トイレなど全部で6か所のトイレにバリアフリートイレがあります。

忍野八海

それでは忍野八海それぞれのバリアフリー状況を「霊場」順に紹介します。

「一番霊場 出口池」

出口池だけ離れた場所にあります。他の7つの池からは約1㎞離れているので、例えば「中池」周辺に近い駐車場を利用して、そこから車椅子で出口池までアクセスすると、往復で約2㎞を歩きます。駐車料金はかかりますが出口池の横に有料駐車場があるので、出口池を見るなら車で移動することをお薦めします。ただし駐車場は未舗装路面です。

忍野八海

出口池は忍野八海の中で最も大きな池です。周囲は未舗装路、段差路、デコボコ路で、車椅子では無理のない位置からの観光になります。

忍野八海

出口池の周囲にある稲荷神社や湧水地点は、急な段差路や悪路を通るので健脚な人向きの散策コースです。

忍野八海

「二番霊場 お釜池」

お釜池は池の淵まで10数段の階段路を通ります。車椅子では近づけません。段の上から見える限りの観光になります。

忍野八海

池の周囲は雰囲気があります。無理のない範囲で、車椅子でお釜池の近くまで立ち寄る価値はあります。

忍野八海

「三番霊場 底抜池」

読み方は「そこなしいけ」です。この池は有料の「榛(はん)の木資料館」内にあるので、入館料を払わないと見学できません。

榛の木資料館は一般的にイメージするバリアフリーな資料館ではなく、忍野八海の一つではない「鯉の池」、展望台、古民家などがある車椅子での利用が難しい施設です。資料館内にバリアフリートイレはありません。

忍野八海

榛の木資料館受付棟の屋上が展望台です。展望台は階段のみで車椅子では利用できません。屋上からは忍野八海の観光ポスターなどに使われる、鯉の池、古民家、そして富士山が見える眺望を楽しめます。

忍野八海

鯉の池の周囲の散策路は未舗装路面です。車椅子では無理のない範囲の散策に限られます。

忍野八海

受付棟から資料館及び底抜池方面へ舗装通路が整備されています。古民家と富士山を眺めながら、車椅子で資料館方面へ移動できます。

忍野八海

最初にあるのは水車小屋です。車椅子で舗装通路から見学できます。

忍野八海

水車小屋への水流の起点は人口の滝です。滝も車椅子で通路から見学できます。

忍野八海

その奥に2棟の大きな古民家が並びます。いずれも段差構造なので車椅子では通路からの見学になります。

忍野八海

奥の大きな古民家が榛の木資料館です。段差構造、階段構造なので車椅子では内部見学はできません。

忍野八海

3Fに蚕部屋がある大きな古民家です。健脚の人は3Fまで見学できます。

忍野八海

資料館内では様々な資料や道具などが展示されています。

忍野八海

榛の木資料館の奥に底抜池があります。周囲は未舗装のデコボコ路面なので、車椅子では無理のない位置からの見学になります。

忍野八海

無理のない位置からでも、ある程度は見ごたえのある景観が楽しめます。通常の見学コースはこの先の段差路を通り鯉の池方面へ抜けます。車椅子では来た道を引き返す観光になります。

忍野八海

「四番霊場 銚子池」

銚子池は舗装路から短い未舗装路に入ります。池の周囲は未舗装路面です。今回は路面がぬかるんだ状態で車椅子での見学が困難でしたが、決定的な段差はないので路面状況がよければ、少々無理をすれば車椅子で池の淵まで行くことができます。

忍野八海

「五番霊場 湧池」

観光中心地の近くにある最も車椅子で見学しやすい池です。周囲の舗装路から車椅子で湧池に近づけます。

忍野八海

ただし池の淵は段差がある未舗装路です。それでも舗装路から池の中まで車椅子で見学できます。

忍野八海

「六番霊場 濁池」

濁池も観光中心地の近くにある、車椅子から見学しやすい池です。池の両側に舗装通路があります。

忍野八海

池の淵は未舗装路面ですが、舗装通路から池の中まで車椅子で見学できます。

忍野八海

「七番霊場 鏡池」

鏡池は観光中心地から少しずれた位置にあり、舗装路面から見学できます。ただし池の淵は未舗装のデコボコな路面なので、富士山が水面に映るベストポジションに車椅子で行けるかは、その人次第です。

忍野八海

「八番霊場 菖蒲池」

隣接して住宅と公園がある立地で、池の周囲は未舗装の悪路です。

忍野八海

舗装路面からだと菖蒲池まで少し距離があり、池の水面下は十分には見えません。無理をして車椅子で池に近づくのは辛い悪路に囲まれています。

忍野八海

忍野八海の車椅子観光は、あまり八海にこだわらずに、「中池」周辺の舗装路面を散策する観光をお薦めします。

忍野八海

「忍野村の四季の杜おしの公園」の「岡田紅陽写真美術館」と「小池邦夫絵手紙美術館」を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2022年12月に執筆しました)

三保の松原「みほしるべ」車椅子観光ガイド バリアフリー情報

静岡市の三保の松原は、世界文化遺産富士山の構成資産として登録される名勝です。2019年に三保の松原の玄関施設「みほしるべ」が開館しました。「みほしるべ」を拠点にした、三保の松原の車椅子観光の状況を紹介します。

三保の松原「みほしるべ」

施設の正式名称は「静岡市三保の松原文化創造センターみほしるべ」です。アクセスは車が便利で、身障者用駐車スペースが設けられた無料駐車場があります。

三保の松原「みほしるべ」

三保の松原の観光コースは2つあります。一つは御穂神社へとつづく全長約500ⅿの松並木の歩道「神の道」の散策です。「みほしるべ」を拠点にして、神の道は車椅子で散策できます。御穂神社の参拝をして神の道を往復すると1㎞強の行程です。

三保の松原「みほしるべ」

もう一つの観光コースは「羽衣の松」などを巡る海岸エリアの散策です。このルートは傾斜路を上がり、未舗装通路を通り、海岸付近は砂浜を通行します。一般的な車椅子では散策が困難なコースです。

「みほしるべ」に「砂浜対応車いす」があり、無料で借りることができます。事前予約が推奨されていて、原則として介助者が2名必要です。車椅子の移乗ができる方は、ぜひご利用ください。「みほしるべ」1F受付に利用を申し込みます。

三保の松原「みほしるべ」

砂浜対応車いすは、1F「通り土間」に2台用意されています。ちなみに「通り土間」は飲食可のエリアです。

三保の松原「みほしるべ」

後部に収容されている金属製の牽引バーを前に倒し、介助者1名がリヤカーを引く要領で、もう1名が後ろから押して、砂浜対応車いすを動かします。自走機能はありません。ディスクブレーキ、駐車ブレーキ付きで、リクライニング機能があります。小柄な車椅子利用者と元気な介助者であれば、介助者1名でも利用できそうです。

三保の松原「みほしるべ」

もちろん館内用の普通の車椅子の貸し出しもあります。

三保の松原「みほしるべ」

砂浜対応車いすに乗り換えて、「みほしるべ」から三保の松原海岸エリアへ向かう舗装傾斜路を上がります。

三保の松原「みほしるべ」

一般的な車椅子では通行が辛い角度の傾斜路です。

三保の松原「みほしるべ」

坂を上がると巨大な松並木のエリアに出ます。ここから先は未舗装通路で、一方通行指定の散策路になります。

三保の松原「みほしるべ」

砂浜対応車いすを利用できれば、樹齢300年と推定される三代目の羽衣の松を観ることができます。

その先、海岸へは砂交じりの未舗装下り坂を進みます。牽引バーは下り坂ではストッパーになります。

三保の松原「みほしるべ」

海岸に建つ「羽車神社」付近にくると、路面は砂浜になりますが、砂浜対応車いすなら通行可能です。砂浜から富士山、海、松原の風景が楽しめます。無理のない範囲を砂浜対応車いすで散策してください。

三保の松原「みほしるべ」

次に「みほしるべ」館内の状況を紹介します。「みほしるべ」はバリアフリー施設です。バリアフリートイレは1Fと2Fにあります。1Fのトイレは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

三保の松原「みほしるべ」

2Fのトイレはやや狭い個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

三保の松原「みほしるべ」

1Fに三保の松原を紹介する無料展示室があります。映像シアターでのガイダンス、羽衣伝説や富士山信仰の展示解説、三保の松原に関連する芸術や文化が紹介されています。展示室はバリアフリーで、車椅子で問題なく観覧できます。

三保の松原「みほしるべ」

2Fにテラスがあり、バリアフリーに景観を楽しめます。エレベーターで2Fへ上がります。かごのサイズは大きなエレベーターです。

三保の松原「みほしるべ」

テラスへの出入口は横開きの手動ドアです。段差はありません。

三保の松原「みほしるべ」

好天の日は富士山が見えます。

三保の松原「みほしるべ」

テラスから日本平の眺めも楽しめます。介助者がいない人、車椅子の移乗が出来ない人でも、「みほしるべ」の館内で三保の松原の自然と文化に触れることができます。三保の松原の玄関施設「みほしるべ」は、車椅子で利用できる観光施設です。

三保の松原「みほしるべ」

「静岡県富士山世界遺産センター」の詳しいバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年10月に執筆しました)

天空カートで行く天然空感 富士見高原リゾート ユニバーサルフィールド観光情報

長野県富士見町の八ヶ岳富士見高原リゾートは、スキー場、ゴルフ場、日帰り温泉、宿泊施設などがある総合リゾートです。標高約1,400ⅿにハイキングコースや展望台が整備されたユニバーサルフィールド「創造の森」があり、ゴルフカートを改修した「天空カート」に乗り雲上の「天然空感」へ上がることができます。

天空カートは車椅子のままでは乗車できないので移乗が必要です。創造の森内の散策路は未舗装なので、オフロード型の車椅子に乗り換えて自然路を歩きます。

富士見高原リゾートのユニバーサルフィールドを楽しめるかは、その人の障がいとサポートの状況によります。足が悪い家族、障がいのある人とのお出かけの参考に、現地の状況を紹介します。

富士見高原リゾート

車椅子利用者のユニバーサルフィールド観光拠点は、日帰り温泉がある宿泊施設「ホテル八峯苑 鹿の湯」です。車椅子での利用について、事前に相談の連絡を入れることをお薦めします。周辺に広い駐車場があり、そこから段差なくホテル八峯苑のエントランスへ移動できます。

富士見高原リゾート

ホテル八峯苑はバリアフリー施設で、今後さらに客室のバリアフリー改修を進める計画があるそうです。1Fにはスペースに余裕があるバリアフリートイレがあります。ここで休憩をしてから、天空カート乗り場に移動することができます。

富士見高原リゾート

富士見高原リゾートは「バリアがあってもこれを楽しみながら解決できる環境づくりを目指し」様々なツールを導入しています。下の写真は左から悪路用電動車椅子「パラモーション」、お風呂用車椅子、小型電動カートです。悪路用電動車椅子「パラモーション」は別稿で詳しく紹介しているのでご参照ください。

富士見高原リゾート

ホテル八峯苑エントランスからら天空カート乗り場までは坂道を上がります。今回は事前に相談したところ、自分の車椅子に装着する「JINRIKI(ジンリキ)」を貸していただきました。介助者が人力車のイメージで車椅子をけん引する道具です。天空カート乗り場までの坂道を楽に移動できました。

富士見高原リゾート

天空カート乗り場とほぼ同じ高さの位置に、車椅子利用者用の駐車場が用意されているので、車でそこまで移動することもできます。障がい者用駐車場の利用は事前予約制です。

天空カートは有料のサービスです。天空カート乗り場で料金を支払います。車椅子利用者にとって、カートに移乗出来るかが大きなポイントです。カートは4人乗りで前後の席が利用できます。家族等の介助でカート内の床面の高さまで足を上げて乗り込め、シートで座位を確保できる人なら天空カートを利用できます。自分の車椅子は天空カート乗り場で預かっていただけます。

富士見高原リゾート

天空カートの補足情報です。カートのシートでは座位の確保が難しい人は、準備をしてシートの背もたれの角度を倒す対応ができるそうです。ただし対応には限界があるので、事前に富士見高原リゾートに相談してください。

カートの後部に大きなフックがあり、自分の車椅子を積むことができます。ただし電動など重い車椅子、サイズの大きな車椅子は積めません。また落下など積載に関するトラブル、創造の森内での自分の車椅子の破損などは、すべて利用者の自己責任になります。富士見高原リゾートは、無料で用意している創造の森用の「JINRIKI」付車椅子の使用を推奨しています。

天空カートは自動運転なので操作の必要はありませんがハンドルが前席左側についています。また前席のシートのほうが後席よりも若干低い位置です。下肢が不自由で上肢が動かせる人は前席の方が乗りやすく、且つ左側席でハンドルを握り座位を安定させることができます。

富士見高原リゾート

天空カートで乗り場より200ⅿ高い創造の森に移動します。急坂路の舗装路に埋め込まれた電磁誘導線に沿って、天空カートは時速3㎞で進みます。上り下りともに約25分の小旅行です。

富士見高原リゾート

周囲の景観を楽しみながら、ゆっくりとしたスピードでカートは進みます。美しい白樺の林があります。

富士見高原リゾート

カートから様々な植物や奇岩を楽しめます。天空カートは2012年に誕生しました。スピードは時速何キロがよいのか、何度も実証実験を行い、現在の時速3㎞に定まったそうです。確かにこれ以上のスピードだと、障がいのある人にとっては怖いかもしれません。ゆっくりと進む感覚が好きな方に利用していただきたい乗り物です。

富士見高原リゾート

天空カートで創造の森に到着します。創造の森の散策路の多くは足への負担が少ないウッドチップが撒かれた水はけのよい自然路で、アップダウンがあります。

富士見高原リゾート

創造の森で用意されている「JINRIKI」付オフロード用車椅子を貸していただきました。介助者が前後について車椅子を動かします。

富士見高原リゾート

天空カート乗降場の近くに、ドリンクスタンドが併設された車椅子で利用できるウッドデッキの展望台があります。

富士見高原リゾート

その下にも山肌から突き出したウッドデッキの展望台があります。ここへも段差を回避して車椅子で移動できます。

富士見高原リゾート

展望台からは富士山、南アルプス、北アルプス、そして諏訪湖など大パノラマを楽しめます。眼下の低地部は断層フォッサマグナです。

富士見高原リゾート

300ⅿほどの散策路を移動できる人は、もう一つの展望台まで車椅子で散策ができます。創造の森は「彫刻公園」で大自然の中に50体の彫刻を展示する屋外美術館でもあります。アートを鑑賞しながら自然路を車椅子で散策します。

富士見高原リゾート

美しい高原植物やお花、蝶やトンボ、野鳥のさえずりが楽しめます。

富士見高原リゾート

休憩ができるフリーテーブル席が置かれた広場が整備されています。車椅子で横から利用できる、動かせるテーブル席です。

富士見高原リゾート

「JINRIKI」付オフロード用車椅子で、自然に抱かれた展望台に行くことができます。一般的なバリアフリー観光では体験できない、大自然を体で感じる車椅子ハイキングが家族や仲間と楽しめます。

富士見高原リゾート

創造の森の散策を楽しみ、天空カートに移乗して下に降り、自分の車椅子に乗り換えます。ホテル八峯苑のレストランはランチ営業をしています。最後にレストランのバリアフリー状況を紹介します。

富士見高原リゾート

ホテル八峯苑の出入口はフラットな構造の自動ドアです。

富士見高原リゾート

レストランは1F日帰り温泉施設入口の近くにあります。ここまで段差なくエントランスから車椅子で移動できます。

富士見高原リゾート

店内はフラットでスペースに余裕があり、可動式のテーブル席が配置されています。

富士見高原リゾート

段差箇所にはスロープが設置されています。

富士見高原リゾート

大きな窓がある開放的なレストランです。

富士見高原リゾート

窓からは高原の美しい池の眺めが楽しめます。

富士見高原リゾート

富士見高原リゾートのユニバーサルフィールドは、四季折々の自然が楽しめる雲上の天然空感です。介助があれば天空カートやオフロード用車椅子への移乗ができる人、そして家族や仲間と自然の中での体験を楽しみたい人にお薦めします。

八ヶ岳高原にある「平山郁夫シルクロード美術館」の詳しいバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年9月に執筆しました)