車椅子で行く奥久慈~袋田の滝バリアフリー情報

日本三名瀑にも数えられる「袋田の滝」は、1979年に完成した「観曝トンネル」を利用して観光します。車椅子で観曝は出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場の選択

袋田の滝へのアクセスは車が便利です。

無料町営駐車場が2か所あります。滝までは1km以上の距離がありますが、一般車道を通るので車椅子で利用出来ないことはありません。

町営駐車場よりも滝の近くに、民間有料駐車場が複数あります。一回500円くらいからが相場。GWなど観光ピーク時は高くなります。

滝の近くに土産屋、飲食店などの駐車場が多々あります。お店を利用してくれたら無料、というのが相場。ただしGWなどピーク時は駐車料金を別途とることもあります。

無料、有料、土産屋が駐車場の選択肢です。もっとも滝に近い駐車場は、一般車両が通行できる最後の場所にある土産屋の駐車場です。

袋田の滝バリアフリー情報

○トンネル手前は急坂路

車椅子での難関は観曝トンネル入口手前の急坂路です。距離は短い坂ですが傾斜はとても急です。ここは車両通行禁止なので車椅子で上るしかありません。元気な介助者と、または二人以上での車椅子介助が望ましい急坂です。

この急坂箇所に公衆トイレがあり、障害者用トイレが併設されています。

袋田の滝バリアフリー情報

○トンネルは障害者減免有り

観曝トンネルは、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の利用料が無料に減免されます。トンネル手前の発券所で入場手続きを行います。

トンネル内は舗装路で緩やかな坂道ですが、車椅子での通行は可能です。

袋田の滝バリアフリー情報

○第一観曝台のバリアフリー状況

観曝トンネルは全長276mです。奥まで進むと「第一観曝台」があります。ここから袋田の滝を眼前に観ることができます。

第一観曝台は段差のないバリアフリー構造で、車椅子からの観曝は可能です。

袋田の滝バリアフリー情報

○第二観曝台へのエレベーターへ

第一観曝台から更に奥に30m進むと、2008年にオープンした「第二観曝台」へ上がるエレベーターがあります。ここまでの通路およびエレベーターは、車椅子で問題なく利用できます。

袋田の滝バリアフリー情報

○第二観曝台のバリアフリー状況

第二観曝台へのエレベーターで降りるのは第一デッキです。さらに階段で第二デッキ、第三デッキへと上る構造。車椅子で行けるのは第一デッキまでです。

袋田の滝バリアフリー情報

○第一デッキからの眺望

HPなどでも第一デッキからは滝がよく観えない、と案内されています。これは第一デッキと同じ高さにある草木が眺望の邪魔をするからです。

冬場は第一デッキ前の草木は枯れていて障害物が少なく、それなりの眺望が楽しめます。夏場でも第一デッキから全く滝が観えないわけではありません。

袋田の滝バリアフリー情報

○帰り道も観曝トンネルの利用

滝を観ての帰り道は、一般的にはトンネルの途中から「吊橋」へ抜け、滝川渓流散策コースで戻ります。このルートは途中で段差があり車椅子では通行出来ません。車椅子では、帰りも観曝トンネルを通行します。

 

 

車椅子で袋田の滝を観光した際に、奥久慈で立ち寄ることが出来るバリアフリー施設を2か所紹介します。

 

「道の駅奥久慈だいご」

1998年開業の初期型道の駅です。いまどきのバリアフリー設計ではありませんが、設備改良がおこなわれています。袋田の滝バリアフリー情報広い区画の障害者用駐車スペースは2台分で屋根無しタイプ。駐車場から施設へはロングスロープ対応。トイレ棟の他に、メイン棟の中にインドアトイレがあり、いずれも綺麗に改装されています。袋田の滝バリアフリー情報2フロア構造の道の駅で、エレベーターはあります。1Fが産直ショップとお土産コーナー、そして食事処。2Fは小型の日帰り温泉です。

 

 

 

 

「こんにゃく関所」

地元のこんにゃくメーカーの製造直売所です。店舗は2007年築ですが綺麗で、別棟トイレには障害者用があります。

袋田の滝バリアフリー情報店舗前が駐車場で、障害者用駐車区画は1台分。駐車場の後ろにスロープがあり車椅子で店舗を利用できます。

袋田の滝バリアフリー情報

店内の約半分は食堂。食堂は一般的なテーブル席なので、車椅子での利用は可能。1までの営業です。

袋田の滝バリアフリー情報

物販コーナーはこんにゃくを中心に多彩な商品が並びます。試食が充実。何種類もあるこんにゃくから、味や食感を確かめて好みの品を選ぶことができます。通路幅は余裕があり、車椅子でのお買い十分に可能です。

袋田の滝バリアフリー情報

隣接して豆腐やゆばの物販店「ゆば壱」がありますが、「ゆば壱」入口は一段の段差がありスロープはありません。

 

 

奥久慈の名瀑「袋田の滝」は、一か所の急坂を上れれば車椅子で観曝が可能です。奥久慈には、「袋田の滝」の他にも車椅子で利用出来る施設があります。

車椅子で行く軽井沢~雲場池バリアフリー情報

明治時代から別荘族がピクニックを楽しみ、冬に白鳥が飛来したのでスワンレイクと呼ばれていた軽井沢「雲場池」は、現在でもバリアフリーではありません。車椅子で可能な散策方法を、詳しく紹介します。

 

○入口付近は駐車禁止

軽井沢の紅葉の名所「雲場池」。南北に細長い池で、1周約600mの遊歩道が整備されています。車椅子で利用可能な入口は一か所だけです。

アクセスは車が便利ですが、池入口の近くには駐車場はなく、雲場池通りは駐車禁止です。駐車禁止除外指定を受けている障害者の方も、交通の迷惑になるので雲場池入口付近での路上駐車はできません。

軽井沢~雲場池バリアフリー情報

○駐車場からは舗装路で

雲場池入口まで、無料駐車場から500mほど、有料駐車場からでも200mはあります。やや距離がありますが、舗装された一般道を通るコースなので、車椅子で通行可能です。

タクシー利用の場合、雲場池入口付近は駐車できないので、タクシーに待っていてもらうことは出来ません。

軽井沢~雲場池バリアフリー情報

○周辺は見る価値のある別荘地

無料駐車場を利用した場合、距離のあるルートを歩きますが、周辺は見るだけで軽井沢を感じる別荘地。散策する価値のあるエリアです。

雲場池通りには、薪ストーブ専門店があります。池の景観だけではなく、エリア散策を楽しめます。

軽井沢~雲場池バリアフリー情報

○遊歩道は未舗装のデコボコ路

雲場池を周回する遊歩道は、車椅子向きではありません。デコボコがきつい未舗装路で、雨上がりは水溜りもできます。道は池を一周していますが、途中には車椅子では絶対に無理な難所もあります。車椅子では無理のない範囲で散策を楽しんでください。

 

○入口付近がベストビューポイント

遊歩道はそのような状況ですが、車椅子で訪れる価値はあります。「雲場池」と検索して出てくる写真のほとんどは、遊歩道への入口付近から池を撮影したもの。車椅子で動ける範囲で、雲場池のベストビューを楽しめます。無理な散策をせずに、車椅子で雲場池の景観を楽しむことが出来ます。

軽井沢~雲場池バリアフリー情報

○「御膳水」はホテル鹿島ノ森の敷地内

雲場池の水源である「御膳水」。観光ガイドなどに載っていますが、「御膳水」はホテル鹿島ノ森の敷地内にあります。車椅子では、雲場池の遊歩道からそのまま散策するのは無理なので、車で鹿島ノ森に行き「御膳水」の見学に挑戦してください。ホテルからでも「御膳水」へは未舗装路を通るので、無理のないところからの見学になります。

 

○2017年に浚渫工事を実施

近年落ち葉の堆積などで水質が悪化した雲場池ですが、2017年11月から2018年4月にかけて浚渫工事が行われました。2018年の観光シーズンから、リフレッシュされた雲場池となっています。

軽井沢~雲場池バリアフリー情報

 

周回する遊歩道は車椅子向きではありませんが、入口付近から「雲場池」の美しい風景を楽しむことが出来ます。近い駐車場はないので、車椅子でのアクセス方法には注意してください。

車椅子で行く軽井沢タリアセン バリアフリー情報

塩沢湖の周囲に広がる複合リゾート「軽井沢タリアセン」。軽井沢らしい素敵な景観、洒落た洋館・美術館などからなる施設です。

しかしながら園内通路はオフロードで坂道あり、一部の施設は土足厳禁で階段構造ありと、車椅子での利用は苦戦します。主な施設の状況を詳しく紹介します。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○アクセスと障害者減免

アクセスは車が便利です。駐車場は無料ですが、夏休みなどトップシーズンは有料で障害者減免はありません。

入園は有料で「ペンネ美術館」など別に入館料が必要な施設があります。料金は障害者手帳の提示で本人のみ半額に減免。また12月と1月は入園無料になり、別料金の施設の利用料も割引価格になります。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○中央ゲート付近はバリアフリー

ショップやレストランがある中央ゲート付近はバリアフリーです。障害者用トイレは「レストラン湖水」の中にあります。

このバリアフリーエリアからの眺めだけでも、軽井沢らしい素敵な景観を楽しむことができます。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

 

以下、車椅子では苦戦する主な施設を紹介します。

 

○「ことりがよぶ道」はデコボコ

中央ゲートほど近くから始まる「ことりがよぶ道」。素敵な名称の遊歩道ですが、車椅子では苦戦するデコボコルートです。「睡鳩荘」までの道のりは、車椅子ではかなり無理しての通行になります。ゆっくり慎重に車椅子を進めてください。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「睡鳩荘」は土禁でエレベーターなし

タリアセンの景観を引き締める素敵な洋館が「睡鳩荘」。昭和6年築のヴォーリス建築です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報ここは土足禁止でスリッパに履き替えての入館。1Fエントランス部はスロープ対応あり。車椅子を拭いて手動ドアを開けて入館します。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

館内1Fには、ヴォーリス建築風の障害者用トイレがあるので必見です。

2Fのバルコニーからの眺望は素晴らしいのですが、階段のみで車椅子では上れません。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「明治四十四年館」は急坂の上

「野の花美術館」と「レストランソネット」がある「明治四十四年館」は、明治44築の元軽井沢郵便局。ここへのアクセスは「睡鳩荘」横の「近道」からは階段路。「遊園地」経由のルートは急坂路。車椅子では近づくことが難しい場所です。

夏休みなどピーク時は隣接する「北口」がオープン。ただ「北口」から入ると、逆に車椅子で他のエリアに向かうのが困難です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「ペイネ美術館」は土禁、入口は段差あり

「ペイネ美術館」は軽井沢に最初に建てられた別荘を利用した施設。入口には段差があり、土足禁止です。館内の中二階へはスロープですが、車椅子には辛い急坂スロープ。館内1Fの通路も狭い。車椅子ではかなり苦労する美術館です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「イングリッシュローズガーデン」は段差路を回避

6月から9月の間バラが咲き続ける「イングリッシュローズガーデン」。散策路を進むと段差路に誘導されますが、周回路なので平路を進んで下さい。帰りも同じルートです。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

未舗装路もありますが、ここは車椅子でもなんとか通行できるデコボコレベルです。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

 

軽井沢タリアセンは、車椅子では苦戦する箇所が多いリゾート施設ですが、中央ゲート付近は無理なく車椅子で利用できます。