常滑 やきもの散歩道 車椅子散策ガイド バリアフリー情報

愛知県常滑市にある古い工場をめぐる歴史の回廊「やきもの散歩道」は、激しいアップダウンがある丘の上の小径です。一般的な車椅子利用者には標準的な「Aコース」の散策はお薦めできません。ご自身や介助者の体力の範囲で、無理のない散策をお楽しみください。観光情報で紹介されている主な見どころのバリアフリー状況を紹介します。

常滑 やきもの散歩道

○陶磁器会館

散策の拠点として紹介されている「常滑市陶磁器会館」は、2023年6月時点ではバリアフリーな施設ではありません。無料駐車場には身障者用駐車スペースが設けられていますが、そこから近いメインエントランスは階段構造で段差回避スロープはありません。車椅子では横にある通用門のような出入口を利用します。また館内のトイレにはバリアフリートイレはありません。

常滑 やきもの散歩道

○とこなめ招き猫通り

常滑駅方面からアクセスすると、とこなめ招き猫通りは緩やかな傾斜路を上がりながら散策できます。もっとも車椅子で観光しやすいスポットです。

常滑 やきもの散歩道

○とこにゃん

常滑のシンボルである巨大な招き猫「とこにゃん」は、急坂が上がった北山橋の横にあります。車椅子では辛い傾斜路です。

常滑 やきもの散歩道

○廻船問屋瀧田家周辺

観光案内では「やきもの散歩道」唯一のバリアフリートイレがある施設として紹介されています。2023年6月時点では、がけ崩れの影響で「でんでん坂」からのアクセスルートになっていました。この坂は車椅子では通行できない急坂です。

常滑 やきもの散歩道

○土管坂

もっともメジャーな観光スポットですが急坂です。車椅子での散策はお薦めできません。坂の下から見上げる観光をお薦めします。したがって坂の上にある土管坂休憩所の車椅子での利用は困難です。

常滑 やきもの散歩道

土管坂の登坂をあきらめれば、登窯広場方面へは車椅子でなんとか通行できる傾斜路を通り移動できます。

常滑 やきもの散歩道

○登窯広場・展示工房館

登窯広場はほぼフラットで水琴窟は車椅子で近付けます。

常滑 やきもの散歩道

展示工房館は2フロアで2Fへは階段のみです。また1Fの展示は一周回って鑑賞しますが、途中の通路が狭く車椅子では通行できません。車椅子では1Fを部分的に鑑賞する見学になります。

常滑 やきもの散歩道

登窯は車椅子で近付けます。ただし一周観察コースは段差路で、車椅子では通行できません

常滑 やきもの散歩道

○散歩道後半のバリアフリー状況

登窯広場から先が、推奨されている「Aコース」の後半になります。後半はいっそうアップダウンがきつくなります。喫茶「MEM.」の先は下りの急坂です。

常滑 やきもの散歩道

窯元「晴光」などがある付近が唯一フラットなエリアです。その先は上りの急坂で、「いちき橋」の先は下りの急坂です。

常滑 やきもの散歩道

常滑市の「やきもの散歩道」は車椅子向きではありません。体力の範囲で無理のない散策をお薦めします。

(本稿は2023年7月に執筆しました)

知多半島にある東京都障害者休養ホーム事業の対象宿泊施設「亀の井ホテル知多美浜」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

鬼怒川温泉 鬼怒楯岩大吊橋 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

栃木県日光市の鬼怒川温泉に架かる、全長140m、高さ37mの観光吊橋です。読み方は「きぬたていわ」で、鬼怒川温泉街の南部と名勝「楯岩」を結ぶ無料で利用できる歩道専用吊橋です。

普通車26台を収容する無料駐車場があります。身障者用駐車スペースの設定はありません。

鬼怒楯岩大吊橋

駐車場に隣接して公衆トイレがあります。

鬼怒楯岩大吊橋

バリアフリートイレはスペースに余裕がある個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置、ユニバーサルベッドが備えられています。

鬼怒楯岩大吊橋

駐車場から段差なくバリアフリーに利用できる吊橋です。フラットな構造ですが、揺れます。

鬼怒楯岩大吊橋

吊橋の中央部は少し広くなっている観光ポイントです。

鬼怒楯岩大吊橋

上流方面、下流方面どちらも、車椅子で渓谷の景観を楽しめます。

鬼怒楯岩大吊橋

鬼怒楯岩大吊橋を起点にして「楯岩遊歩道」が整備されています。対岸までは車椅子で渡ることが出来ますが、そこから先は段差路です。

鬼怒楯岩大吊橋

日光市の川治温泉にある「川治ふれあい公園」のバリアフリー状況を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2023年3月に執筆しました)

川治温泉 川治ふれあい公園 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

栃木県日光市の川治温泉に2009年に開園した公園です。アクセスは車が便利。身障者用駐車スペースが1台分設けられている無料駐車場があります。

川治ふれあい公園

休憩所兼売店の「かわじいふるさとの駅」がありますが、今回取材時は休業していました。

川治ふれあい公園

川治ふれあい公園の広場の奥に「かわじい」が佇んでいます。

川治ふれあい公園

広場に面してオープンな休憩コーナーと公衆トイレがあります。

川治ふれあい公園

このトイレのバリアフリートイレは清潔でした。スペースに余裕がある個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置、ユニバーサルベッドが備えられています。

川治ふれあい公園

川治ふれあい公園を起点にした川治温泉散策コースがあります。

川治ふれあい公園

傾斜路を通り川沿いに進めます。路面は一部経年劣化で荒れている箇所がありますが、車椅子通行できます。

川治ふれあい公園

通路沿いに足湯が2か所あります。最初は「むすびの湯」です。

川治ふれあい公園

2つ目は屋根付きの足湯です。

川治ふれあい公園

つかまり立ちができて、座位が保てる人なら、利用できないことはありません。

川治ふれあい公園

散策路を川沿いまで進むと、対岸にある源泉温泉や「薬師の湯」などを眺めることができます。車椅子で景観を楽しめる散策路です。

川治ふれあい公園

川治ふれあい公園には使えるバリアフリートイレがあります。鬼怒川周辺のドライブ途中に立ち寄れるバリアフリーな公園です。

近隣にある「五十里(いかり)ダム」の見晴台を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2023年3月に執筆しました)