中禅寺湖畔 栃木県立日光自然博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

奥日光の自然と歴史を学ぶ博物館です。中禅寺湖に近い場所にあり、国道120号に面した県営華厳の滝第一駐車場に隣接しています。この付近は伝統あるお土産屋さんなどが建ち並ぶ観光エリアです。

栃木県立日光自然博物館

県営華厳の滝第一駐車場は定額料金ですが後払い方式です。駐車料金の障がい者減免制度はありません。

栃木県立日光自然博物館

自然博物館に近い場所に身障者用駐車スペースが設けられています。

栃木県立日光自然博物館

前後左右スペースに余裕がある駐車区画です。

栃木県立日光自然博物館

県営華厳の滝第一駐車場から自然博物館へ向かうルートの途中に、歩道の段差が解消されている箇所があります。そこにはポールが立っていますが、ポールの間隔は広く、普通サイズの車椅子は通過できました。

栃木県立日光自然博物館

自然博物館のエントランスは階段です。段差迂回スロープが右奥に設置されています。

栃木県立日光自然博物館

傾斜角度は緩いスロープです。

栃木県立日光自然博物館

しかしスロープの乗り口付近が経年劣化で痛んでいます。車椅子がつまづく段差があるので、慎重に移動してください。

栃木県立日光自然博物館

スロープを上がればエントラン周辺はフラットな構造です。自動ドアを通り館内に入ります。

栃木県立日光自然博物館

1Fのエントランス付近は無料エリアです。ミュージアムショップや自然情報コーナー、手前には「奥日光インフォメーションセンター」があります。

栃木県立日光自然博物館

バリアフリートイレは1Fの無料エリアにあります。スペースに余裕がある個室で、シンプルな設備の便器とオストメイト装置、暖房器具が備えられています。

栃木県立日光自然博物館

栃木県立日光自然博物館は観覧料の障がい者減免制度があり、本人と障害等級によっては介助者1名が無料に減免されます。受付で減免措置を受けてください。有料観覧者は自動販売機でチケットを購入します。

栃木県立日光自然博物館

自然博物館の展示室は2フロア構造です。1Fはギャラリーと「四季彩ホール」があります。

栃木県立日光自然博物館

四季彩ホールは幅20ⅿ、高さ4ⅿの大画面があり、4Kハイビジョンで奥日光の四季の自然を紹介する15分間のプログラムが放映されます。視聴エリアは階段構造で、車椅子では最上段のベンチの前から鑑賞します。

栃木県立日光自然博物館

30分毎に「大人向け」と「子ども向け」のプログラムが交代で放映されます。映像は共通で音声が大人版と子供版で異なるプログラムです。

栃木県立日光自然博物館

2Fへの通常ルートは階段です。

栃木県立日光自然博物館

エレベーターが1基あり車椅子で上下階移動できます。普通サイズの車椅子と介助者2~3名が同乗できる大きさのエレベーターです。

栃木県立日光自然博物館

2Fに端末で情報を検索する「自然ものしりコーナー」があります。車椅子で利用できる仕様です。

栃木県立日光自然博物館

そして大きな「自然系展示室」があります。展示室内は段差の無い構造で、車椅子で問題なく観覧できます。

栃木県立日光自然博物館

奥日光の自然を紹介する様々な展示があります。子供向けの展示中心というよりは、ハイテクを駆使した大人が楽しめる展示が多い印象です。

栃木県立日光自然博物館

もう一つ、奈良時代の勝道上人開山などを紹介する「人文系展示室」があり、奥日光1300年の歴史を学べます。随所に子供向けの企画展示がありますが、大人が十分に楽しめる展示です。

栃木県立日光自然博物館

栃木県立日光自然博物館は、建物は経年劣化している箇所がありますが、展示内容は更新されています。大人も子供も楽しめるバリアフリーな施設です。

中禅寺湖畔の観光施設「英国大使館別荘記念公園」と「イタリア大使館別荘記念公園」の詳しいバリアフリー情報を別稿で掲載してします。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年9月に執筆しました)

奥日光三本松園地 戦場ヶ原展望台 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

奥日光の観光スポット、三本松園地と戦場ヶ原展望台のバリアフリー状況を紹介します。国道120号線沿い、標高1,395ⅿの地点です。

奥日光三本松園地

ここは第二次大戦後、満州開拓団の引き上げ地になり開拓された「戦場ヶ原開拓農地」です。三本松園地とは、かつて3本の松があったことに由来します。現在では広い舗装駐車場が整備されています。

奥日光三本松園地

身障者用駐車スペースは2か所に各2台分設けられています。一つは戦場ヶ原展望台に近い駐車場の入口付近です。

奥日光三本松園地

もう一つはトイレ棟の前にあり、駐車区画の後ろから段差回避箇所を通りトイレに行けます。

奥日光三本松園地

トイレ棟にはバリアフリートイレがあります。スペースに余裕がある個室で、設備はシンプルなトイレです。ここは厳寒の地。暖房機が備えられていますが、冬季は水が凍結するのでトイレは閉鎖されます。

奥日光三本松園地

お土産屋さんは車椅子で利用できます。

奥日光三本松園地

「三本松茶屋」は明治4年の開業で145年の歴史があります。

奥日光三本松園地

お土産屋さんで食事もできます。

奥日光三本松園地

1店舗は食事処が2Fです。

奥日光三本松園地

お土産屋さんの裏側に三本松園地が広がります。固定式のテーブル席などが置かれているエリアがありますが、未舗装路面で車椅子での散策は苦戦します。

奥日光三本松園地

その先には男体山を背景にする広場があります。車椅子での散策はかなり苦労する路面です。

奥日光三本松園地

次に戦場ヶ原展望台の状況を紹介します。三本松園地から道路を横断し、未舗装路面を2ⅿ横断します。ここは車椅子が動く路面です。その先は舗装路面になります。

戦場ヶ原展望台

展望台には2か所の階段で上り下りします。スロープはありません。車椅子では戦場ヶ原を眺めることはできません。

戦場ヶ原展望台

階段を上がることが出来れば、ウッドデッキから戦場ヶ原を見渡すことができます。

戦場ヶ原展望台

ウッドデッキから木道が伸びています。

戦場ヶ原展望台

奥日光の観光スポット、奥日光三本松園地と戦場ヶ原展望台は、車椅子で観光できる範囲は限られますが、標高約1,400ⅿの四季の自然を体感できる観光施設です。

奥日光の湯ノ湖には、車椅子で散策ができるバリアフリー木道が整備されています。別稿で掲載していますので、ぜひご覧ください。

(本稿は2022年9月に執筆しました)

名水の郷日光おかき工房 車椅子買物ガイド バリアフリー情報

栃木県日光市にあるバリアフリーな観光ショップです。日本一おいしい日光の名水で作られた、おかき、おせんべい、あられの工場直売所で、無料ドリンクコーナーがあります。

アクセスは車が便利。大型バス50台、普通車250台を収容する大きな駐車場があり、身障者用駐車スペースは、エントランスの正面側に2台分と、

名水の郷日光おかき工房

そしてエントランスの横側にも1台分用意されています。

名水の郷日光おかき工房

駐車場内はほぼフラットな舗装路面です。

名水の郷日光おかき工房

エントランスは段差構造ですが、正面右側にスロープが設置されています。

名水の郷日光おかき工房

スロープの傾斜は緩やかで車椅子で問題なく移動できます。

名水の郷日光おかき工房

エントランスは段差のない幅広い自動ドア。車椅子で入店できます。

名水の郷日光おかき工房

店内に貸し出し用の車椅子が用意されています。

名水の郷日光おかき工房

工場見学は2Fへあがりますが、店舗はワンフロア構造で、店内に段差はありません。店内の通路幅は十分に広く、レジ周りのスペースも余裕があります。車椅子で美味しいお土産を買うことができます。

そして店内にバリアフリートイレが用意されています。

名水の郷日光おかき工房

日光土産の定番ショップ、名水の郷日光おかき工房は車椅子で買い物ができるバリアフリーショップです。

日光土産が並ぶ「道の駅日光」を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2021年11月に執筆しました)