坂城町 鉄の展示館・坂木宿 ふるさと歴史館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

長野県坂城町は刀匠の町。人間国宝の刀匠、故宮入行平氏は坂城町名誉町民第一号です。また戦国時代から製鉄がおこなわれてきた町で「人間国宝 故宮入行平刀匠の功績を顕彰するとともに、町の工業発展に大きく寄与した鉄の素材、加工技術の変遷など鉄に思いを馳せて」鉄の展示館が誕生しました。

坂城町 鉄の展示館

アクセスは坂城駅から徒歩3分の案内。展示館の前に来館者用無料駐車場が用意されています。身障者用駐車スペースの設定はありませんが、乗降しやすい場所に駐車すれば問題ありません。駐車場の奥に独立したお土産ショップが営業しています。

坂城町 鉄の展示館

駐車場からエントランスにかけてフラットな舗装路を通り移動できます。鉄の展示館は有料施設ですが入館料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

坂城町 鉄の展示館

鉄の展示館の館内はバリアフリー仕様です。バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、シンプルな設備のトイレです。

坂城町 鉄の展示館

2フロア構造の施設で、エレベーターがあり車椅子で上下階移動できます。

坂城町 鉄の展示館

いずれの展示室もフラットな構造。車椅子で観覧できます。宮入行平刀匠の作品、歴史的な名刀、坂城町の産業などが紹介されています。

坂城町 鉄の展示館

坂城町は北国街道の坂木宿。鉄の展示館の近くに「坂木宿 ふるさと歴史館」があります。昭和4年に建造された木造3階建て建築物を活用した施設です。

坂城町 鉄の展示館

ふるさと歴史館は車椅子では観覧できません。段差のない箇所から建物に近づくのが精一杯です。

坂城町 鉄の展示館

ふるさと歴史館の内部は段差構造で車椅子での観覧は不可能です。中世信濃の村上氏や坂木宿の歴史が展示解説されています。

坂城町 鉄の展示館

坂城町の「鉄の展示館」は車椅子で観覧できるバリアフリー施設です。

(本稿は2024年4月に執筆しました)

長野県長野市にある「真田宝物館」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

鹿沼 屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県鹿沼市の「鹿沼秋まつり」で繰り出される「彫刻屋台」が3台展示されている施設です。有料の施設ですが入館料の障がい者減免制度があり、本人と介助者が無料に減免されます。今宮神社のお祭りでは34ある氏子町の彫刻屋台が繰り出されます。

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室

アクセスは鹿沼駅から徒歩20分の案内。来館者用の無料駐車場が用意されています。身障者用駐車スペースの設定は特にありませんが、乗降しやすい場所を利用すれば車椅子利用に大きな問題はありません。

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室

彫刻屋台展示室内に入り、最初に映像コンテンツを鑑賞します。車椅子用の席の設定はありませんが、フリースペースから車椅子で映像を鑑賞できます。

3台の屋台が展示されるスペースと、鹿沼秋まつりを紹介するスペースがあります。2つのスペースは高低差がありますが、段差解消スロープを利用して車椅子で移動できます。車椅子から屋台に施された見事な彫刻を鑑賞できます。

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室

彫刻屋台を上から鑑賞できる箇所へのルートは階段のみです。車椅子では利用できません。

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室

屋台のまち中央公園は、他に大正時代に造営された庭園「掬翠園」と観光物産館があります。掬翠園は庭園と茶室などがある日本庭園です。

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室

庭園内は車椅子で通行できないデコボコ路です。車椅子での掬翠園散策はできません。

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室

観光物産館はややスペースが狭い施設ですが、車椅子で利用できないことはありません。トイレは観光物産館内にあります。

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室

バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、独特な形状の便器が設置されたシンプルな設備のトイレです。

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室

屋台のまち中央公園彫刻屋台展示室は、車椅子で観覧できる施設です。

(本稿は2024年3月に執筆しました)

鹿沼市内にある「鹿沼市立川上澄夫美術館」の詳しいバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

木版画の詩人 鹿沼市立川上澄夫美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県鹿沼市にある「木版画の詩人」川上澄生の作品が展示される美術館です。明治洋館風の建物は、川上澄生の作品「日本越後國柏崎黒船館」を元に設計されました。川上澄夫の世界を再現した美術館です。

鹿沼市立川上澄夫美術館

アクセスは鹿沼駅から徒歩20分の案内。来館者用の無料駐車場があり身障者用駐車スペースが設けられています。

鹿沼市立川上澄夫美術館

駐車場から舗装路面を通り、美術館のエントランスに進みます。

鹿沼市立川上澄夫美術館

エントランスには段差迂回スロープが設置されています。

鹿沼市立川上澄夫美術館

鹿沼市立川上澄夫美術館は有料ですが観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

館内1Fのバリアフリートイレは奥に長い構造で、ウォシュレット付き便器と小型のユニバーサルバッドが備えられています。

鹿沼市立川上澄夫美術館

館内は2フロア構造でエレベーターあり。車椅子で上下階移動できます。

鹿沼市立川上澄夫美術館

メインの展示室は2Fです。展示室内はフラットな構造で、車椅子で観覧できます。川上澄夫美術館はコレクター長谷川勝三郎から寄贈された2,000点余の作品を所蔵しています。

隣接地にある「文化活動拠点交流館」もバリアフリーな施設で、鹿沼今宮神社のお祭りで繰り出される彫刻屋台が展示されています。無料で観覧できる施設です。

鹿沼市立川上澄夫美術館

鹿沼市立川上澄夫美術館は、専用設計されたデザイン建築のバリアフリーな美術館です。

(本稿は2024年3月に執筆しました)

鹿沼市は「まちの駅」をネットワーク化しています。その中心拠点「まちの駅新鹿沼宿」を別稿で掲載しているのでご参照ください。