小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県小山市にある美術館です。豪商「小川家」の現存する5棟を利用した施設で、江戸時代から明治時代にかけての、思川乙女河岸の繁栄を今に伝える文化財です。市により整備されて、美術館としては2009年に開館。旧米蔵をリノベーションした美術展示室で、様々な企画展が開催されます。ちなみに名称の「車屋」は小川家の屋号です。

古い建物を活用した施設なので、今どきのバリアフリー施設ではありません。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

 

〇駐車場の状況

間々田駅から徒歩5分の案内です。車利用の場合は、来館者用無料駐車場を利用します。

旧小川家の敷地の横が舗装された駐車場です。身障者用駐車スペースは1台分用意されています。駐車場から車道と歩道を通り、車屋美術館入口までは50ⅿ程度の距離です。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

〇美術館エントランス周辺の状況

歩道から美術館エントランスにかけて段差はありません。敷地内に入ると、右側に受付窓口があります。小山市立車屋美術館の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けます。

 

〇美術展示室のバリアフリー状況

旧米蔵をリノベーションした美術展示室へは、手前の階段を上がります。段差回避スロープは反対側。車椅子では奥まで進み、Uターンして入口に高さに上がります。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

美術展示室内は土足禁止です。入口で靴を脱いでスリッパに履き替えます。今回取材時は、美術館スタッフが車椅子のタイヤを雑巾で拭いていただき、車椅子で館内に入ることが出来ました。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

美術展示室の出入口は自動ドアで、大きな段差はありません。展示室内はフラットな構造で、車椅子で問題なく観覧できます。

美術展示室は連続した5つの空間に仕切られています。今回取材時の企画展では、4つの展示スペースが利用されていました。

 

〇バリアフリートイレの状況

受付窓口がある管理棟内にバリアフリートイレがあります。スペースに余裕がある綺麗なトイレで、ウォシュレット付きです。ユニバーサルベッドはありません。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

〇旧肥料蔵の状況

美術展示室出入口の正面は「旧肥料蔵」で、中に小川家に関する解説パネル展示があります。この蔵の出入口は大きな段差があり、車椅子で中に入ることはできません。段差の手前から覗き込む見学になります。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

〇小川家主屋の状況

エントランスの左側に建つ近代和風住宅が小川家の主屋で、一部を除き公開されています。

ここも敷地内への出入口に段差があり、また主屋内も段差構造です。車椅子のままでの見学は困難。外観だけの見学になります。

小山市立車屋美術館 車椅子観覧ガイド 

旧小川家の内覧は車椅子では困難ですが、小山市立車屋美術室は土足禁止ですが車椅子で観覧可能です。そして施設内に綺麗なバリアフリートイレが用意されています。

(本稿は2021年5月に執筆しました)

うらわ美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

埼玉県さいたま市浦和区、JR浦和駅から徒歩7分の場所にある美術館です。浦和センチュリーシティビルの3F、ロイヤルパインズホテル浦和と同じ建物内にあります。

うらわ美術館は2000年に開館した中規模な都市型美術館。「地域ゆかりの作家」と「本をめぐるアート」がコレクションの柱です。また近年は、それにこだわらない企画展も開催されています。

美術館内、浦和センチュリーシティビル1Fロビーなど、すべて写真撮影は禁止です。そのため写真による現地の情報提供ができません。

浦和センチュリーシティビルの周囲には、極端な傾斜の坂道はありません。駅から車椅子での移動は可能です。

車利用の場合は、浦和センチュリーシティビル地下駐車場の利用が便利。身障者用駐車スペースが用意されています。美術館の利用による駐車料金サービスはありませんが、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で半額に減免されます。出庫前に、事前精算機のインターホンで管理事務所に連絡します。スタッフがその場に来て、事前精算機に減免操作をしていただけます。

ビル内には1系統2基のエレベーターがあります。

3Fの美術館フロアにバリアフリートイレが1つあります。スペースは余裕があるトイレで、今回取材時の状況では、ウォシュレットなどはないシンプルな設備のトイレでした。ユニバーサルベッドはありません。

うらわ美術館 車椅子利用ガイド

美術館は4室のギャラリーがあります。常設展はなく、企画展が随時開催され、企画展がない期間、展示室は貸出されます。

3Fフロア内に段差はありません。ギャラリー内も車椅子で移動できるバリアフリー仕様です。

うらわ美術館の観覧料は障害者減免制度があり、有料展覧会は通常、本人と介助者1名が半額に減免されます。受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けます。

今回取材時の有料展覧会は、BからDまでの3つのギャラリーを使用して開催されていました。3室利用するとそれなりのスペースになり、ゆっくり鑑賞すると1時間以上かかる展示ボリュームです。ギャラリーAでは、別の無料展覧会が開催されていました。1室だけだと、広い空間ではありません。

うらわ美術館は電車でも車でも、車椅子でアクセス可能です。ビル内はバリアフリー仕様、美術館は車椅子で観覧できます。

(本稿は2021年5月に執筆しました)

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

茨城県石岡市の一部有料エリアがある公園です。アップダウンのある丘を活用した施設で、坂道と未舗装路面がある構造。しかし最低限のバリアフリー対応があるので、車椅子で利用できる範囲は狭くはありません。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

〇駐車場から長屋門にかけて

アクセスは車が便利です。来園者用の駐車場が用意されています。通常は無料、さくらまつり期間中は有料になります。

風土記の丘の正面入口には、江戸時代の長屋門が移築されています。身障者用駐車スペースはその前に2台分。ブルーペイントなどはなく、一般駐車区画3台分を2台で使用する設定です。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

長屋門の下はスロープ化された舗装路面です。駐車場から園内へ車椅子で問題なく移動できます。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

〇お食事処周辺のバリアフリー状況

長屋門の先に、蕎麦自慢のお食事処「曲屋」があります。2021年3月にリニューアルオープンしました。このお店は出入口が段差で、席の7割は座敷席、テーブル席は多くはありません。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

そして長屋門を抜けるとすぐに、未舗装路面になります。小石が転がっていますが、路面は固いので、多少の衝撃を我慢できる人なら、車椅子で移動できます。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

〇バリアフリートイレの状況

風土記の丘のメインエリアに行くには「曲屋」の先へと進みます。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

少し行くとトイレ棟があり、ここにバリアフリートイレが用意されています。外観の印象よりも綺麗なトイレで、ウォシュレット付きの便器とユニバーサルベッドがあります。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

もう一つ、有料エリア内にもバリアフリートイレがありますが、スペースが狭く、介護者と車椅子が一緒には入らないトイレです。スペースが必要な人は、このトイレ棟のバリアフリートイレの利用をお薦めします。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

〇金龍橋までの段差回避ルート

トイレ棟の先には階段路があります。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

車椅子向け段差迂回ルートのサインが立てられています。正面からみて左側の方向に進みます。ここの路面は石畳風のデコボコです。車椅子に強い衝撃がくるので、ゆっくりと移動してください。傾斜路に入ると路面の状況は多少よくなります。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

迂回路を下りおえると、その先は金山池に架かる金龍橋を渡ります。橋の路面は木製で緩やかなアップダウンがありますが、問題なく車椅子で渡ることが出来ます。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

〇時の門から会津民家にかけて

金龍橋を渡った先が風土記の丘のメインエリアです。通路は未舗装路面ですが、端が車椅子用に舗装されています。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

左手にあるのは「時の門」。3つの門の下の路面はデコボコで、車椅子では近づけません。車椅子ではメイン通路から眺めてください。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

その先の通路も、部分的にバリアフリー改修が施されています。ルートを選びながら車椅子で進んでください。通路は徐々に上り坂になります。極端な急坂ではないので、ある程度の坂道なら通行できる人は移動可能です。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

坂の途中に「会津民家」があり、その入口に車椅子マークが掲示されています。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

しかし会津民家の周囲はガタゴトした未舗装路面で、民家内は段差構造です。車椅子では無理のない範囲での見学になります。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

〇有料エリアのバリアフリー状況

坂の上に「古代家屋復元エリア」と「鹿の子史跡公園」があります。古代家屋復元エリアには、様々な時代の、それぞれの用途の家屋が復元されています。ここが有料エリアです。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

有料エリアの入園料は障害者減免制度があり、本人の入園料が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けます。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

有料エリアの入口からは、やや強い傾斜の舗装坂道を上がります。古代家屋復元エリアにでると、ほぼフラットな地形になりますが未舗装路面です。固い路面なので、車椅子で移動できないことはありませんが、ルートを選びます。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

段差やデコボコが激しいエリアもあり、車椅子ですべてに近づいて見学することは困難を伴います。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

鹿の子史跡公園へは、その途中に傾斜の強いデコボコゾーンがあったので、今回取材では車椅子での移動をあきらめました。ちょっと手を加えれば改修可能なので、次の機会では車椅子で移動できるようになっているかもしれません。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

〇獅子頭展望台周辺の状況

有料エリアから、もう少し坂を上がると、獅子頭展望台がある「ふれあい広場」の高さに出ます。自由広場で大型遊具がある、家族連れが遊ぶ芝生広場です。

広場の周囲の通路は荒れた未舗装路面です。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

広場の周囲はちょっとした段差があり、段差解消された広場内に入る箇所はとくにありません。広場内に入るとするなら、段差の低い箇所を見つけて、強引に車椅子で乗り越えるしかありません。獅子頭展望台の横に駐車場がありますが、石がゴロゴロしている未舗装路面です。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

広場の先にある獅子頭展望台までは階段構造で、段差回避ルートはありません。展望台の中も階段です。

常陸風土記の丘 車椅子利用ガイド

常陸風土記の丘は未舗装路面と坂道を車椅子で必ず通行します。それを前提にした計画を立てて利用してください。

(本稿は2021年5月に執筆しました)