波乗り道路をドライブ 九十九里有料道路 バリアフリー情報

千葉県の九十九里海岸を走るドライブルート「九十九里有料道路」。この道は防潮堤でもあり、東日本大震災後、津波対策のため一部区間をかさ上げする工事により通行止めでしたが、2017年12月24日全線開通しました。

本稿は、開通直後の2017年12月の取材に基づいています。

 

2m高くなった波乗り道路

最大で2mのかさ上げが行われた波乗り道路。確かに、車窓から見える景観が変わりました。

九十九里有料道路

・かさ上げ区間は約半分

すべての区間がかさ上げされたのではありません。全長17.2km内の8.9kmが対象。波乗り道路の北側約半分がかさ上げされました。住所でいえば、九十九里町から白子町まで。白子以南、長生村、一宮町の区間は対象外です。

総事業費は80億円ということ。道路の管轄は「千葉県道路公社」。千葉県による公共投資です。

九十九里有料道路

・休憩所もリニューアル

道路の路面は出来たてでフラット。快適なドライブが楽しめます。道路のみならず「一宮休憩所」もリニューアル。構造は変わっていませんが、綺麗になりました。この休憩所には障害者トイレがあります。

 

・料金は手帳で半額

九十九里有料道路の利用料金は普通車420円。「千葉県道路公社」のHPには明確な案内はありませんが、障害者手帳の提示で半額の210円に減免されます。

今回の工事を機に、料金徴収が機械式やETCに変わったかと思いましたが、あい変わらず料金所に人がいる対応でした。また従前と同じく手帳を見せるだけで減免されたので、障害者登録車両でなくとも、障害者が乗車していれば料金が減免されるルールのようです。

シーサイドドライブロード、波乗り道路の再開です。2m上からの景観を楽しめます。

赤城山麓の植物園 ぐんまフラワーパーク バリアフリー情報

群馬県前橋市の「ぐんまフラワーパーク」は、車椅子で利用出来る植物園です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2014年の取材で初稿を執筆し、2019年8月に加筆修正しました。

 

○緩やかな斜面に広がる花の公園

赤城山の麓にある有料の公園です。施設全域が赤城山に向って上る緩やかな斜面ですが、ほぼ全域を車椅子で利用することが出来ます。

温室もあるので通年遊べるフラワーパークです。施設は中央部のメインエリア、そして庭園エリア、ガーデンエリア、キッズエリアに分かれます。

 

○障害者減免制度

駐車場は無料です。入園料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

園内を走る「チュウチュウトレイン」は、車椅子乗車が2台まで可能です。乗車料金の障害者減免制度はありません。

 

○メインエリアは花壇とタワー

入園ゲートから正面に広がるメインエリアは舗装路面です。大きな花壇や高さ18mの展望タワーなどがあります。エリア内はすべて車椅子で利用できます。

 

○温室は5つのテーマ

大温室はフィリピンエリア、インドネシアエリア、イベントエリアなど5つのテーマ区域に分かれます。温室内はすべて車椅子で利用できます。

 

○ハートフルガーデン

ハートフルガーデンは、身体障がいのある人でも園芸を楽しむことができる施設です。舗装路面を車椅子で入り、高い位置に園芸作業台が設置されています。

 

○ロックガーデン周辺も車椅子可

庭園エリア、ガーデンエリアも、散策路は車椅子で移動可能です。ロックガーデンも車椅子から鑑賞できます。

 

○レストランも車椅子可

レストラン、売店、土産物コーナー、花屋コーナーなども、すべてフラットでスペースに余裕があり、車椅子で利用可能です。

 

「ぐんまフラワーパーク」は、車椅子でとても利用しやすいバリアフリー植物園です。

ダイヤモンド富士を仰ぐ 山中湖花の都公園 バリアフリー情報

山梨県山中湖村の「花の都公園」は、重度の障がいのある人でもダイヤモンド富士を仰ぐことができる施設です。冬の利用方法を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年12月の取材に基づいています。

山中湖花の都公園

○公園の全体概要

山中湖に近い標高1.000mの地にある30万㎡の公園です。無料の花畑エリアと有料のエリアがあります。有料エリアには屋外施設と屋内施設があります。

有料エリアは季節により料金が変動します。夏が最も高い入園料で、春と秋は少し安くなります。そして冬は有料エリアも無料開放されます。

入園料は障害者減免制度があります。障害者手帳の提示で、本人の入園料が4割引に減免されます。

障害者駐車区画のある、有料駐車場が用意されています。駐車料金の障害者減免制度はありません。

公園の全体概要

○無料の花畑エリアのバリアフリー状況

有料エリアを挟むように、無料の花畑エリアは大きく2つのブロックに分かれます。

春から秋まで、季節のお花が栽培され、自由に鑑賞できます。散策路は未舗装路もあります。車椅子では舗装区間から無理のない範囲で花畑を楽しみます。

障害者用トイレは、売店の近くと食事処の近くにある2つの公衆トイレに用意されています。

無料の花畑エリアのバリアフリー状況

○有料エリアのバリアフリー状況

駐車場からフラットな「花の都大橋」を渡り、有料エリアに向かいます。

屋外エリアは「清流の里」。水車や滝などがシンボルの施設です。車椅子で散策路を移動することは出来ます。

有料エリアのバリアフリー状況

屋内施設は「フローラルドーム ふらら」。植物園、科学館、喫茶コーナーなどがある施設で、エレベータがあり、館内全域を車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。

障害者用トイレは、「清流の里」のトイレと、「フローラルドーム ふらら」内のトイレに用意されています。

有料エリアのバリアフリー状況

○ダイヤモンド富士の鑑賞方法

「花の都公園」からダイヤモンド富士がみえるのは、12月から1月にかけての夕方です。晴天の確立が高い季節なので、出現率は50%をはるかに超える年が多いようです。その日のダイヤモンド富士出現予想時刻は、公園のHPなどで前年の実績を参照し、検討をつけます。

ダイヤモンド富士の鑑賞方法

「花の都公園」は、上手に利用すれば、避寒出来るバリアフリー環境が揃っています。

車でアクセスした場合、有料駐車場の障害者用駐車区画に停めます。そこから「花の都大橋」を渡り、屋内施設「フローラルドーム ふらら」に向かいます。この間は100mほど屋外を通行します。寒いので防寒対策に注意してください。

ダイヤモンド富士の鑑賞方法

この季節は「フローラルドーム ふらら」は入館無料です。1Fの喫茶は営業しています。

「フローラルドーム ふらら」の壁面は大きなガラス面です。温かい屋内1Fのフリーテーブルがあるスペースからでも、ガラス越しにダイヤモンド富士をみることができます。

ダイヤモンド富士の鑑賞方法

屋外ではバリアフリーな「花の都大橋」が鑑賞ポイントの一つになります。ダイヤモンド富士の出現時間は5分程度です。その間寒気に耐えられる人は「花の都大橋」からの鑑賞がお薦めです。温かい屋内でスタンバイをして、ダイヤモンド富士の出現の直前に外に出て下さい。

その日の鑑賞ベストポイントは、他の来場者の立ち位置で見当がつきます。大きなカメラを構えている人の近くにいれば、間違いありません。

ダイヤモンド富士の鑑賞方法

山中湖花の都公園は、屋内施設「フローラルドーム ふらら」を中心にバリアフリーな施設です。そして重度の障がいのある人でも、ダイヤモンド富士を仰ぐことができる可能性がある施設です。