横須賀美術館「長沢明展」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

神奈川県横須賀市「横須賀美術館」の「長沢明展 オワリノナイフーケイ」を車椅子で観覧しました。コレクション展「土屋仁応(よしまさ)」特集と「谷内六郎館」とあわせて、会場のバリアフリー状況を紹介します。

「長沢明展」は2020年2月8日から4月12日までの開催。土屋仁応特集展示は、4月5日までです。

横須賀美術館「長沢明展」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○横須賀美術館のバリアフリー状況

アクセスは車が便利です。地下屋内駐車場があり障害者用駐車区画が用意されています。駐車料金の障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で無料に減免されます。

また観覧料も減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

駐車料金、観覧料とも、受付で手帳を提示して減免措置を受けます。

館内はバリアフリー仕様です。床面はフラットで、上下階には4系統あるエレベーターで移動できます。

障害者用トイレは3箇所に計5つ用意されています。

横須賀美術館「長沢明展」

○長沢明展のバリアフリー状況

横須賀美術館は1Fが企画展示室、B1がコレクション展の展示室です。

「長沢明展 オワリノナイフーケイ」は、1Fのすべての展示室、1から3までを使用しています。

展示室に入る前に、ロビーに大作「マウンテンⅡ」が展示されています。

展示室1では、新作の「メメントの森」の展示。壁面いっぱい貼られた和紙に描かれた作品です。広い空間の中から、車椅子で自由に作品を鑑賞できます。

横須賀美術館「長沢明展」

横須賀美術館「長沢明展」

展示室2では、ブルーバードやトラなどの大型絵画の展示が中心。長沢明氏の中心的な作品群を鑑賞できます。

横須賀美術館「長沢明展」

展示室3には、本を積み上げた巨大作品を中心に、BOOKなどの作品を展示。すべての作品は車椅子から鑑賞できます。

横須賀美術館「長沢明展」

長沢氏にとって作品の創作とは、フーケイを作り続ける感覚ということです。

横須賀美術館「長沢明展」

○コレクション展のバリアフリー状況

展示室3を退室してエレベーターBで地階に移動します。

地階には展示室4から展示室8まであり、更に吹き抜け構造のギャラリーがあります。

「土屋仁応」特集は展示室8で開催されています。室内には計8体の作品が並び、ゆとりあるスペースから車椅子で鑑賞できます。

土屋氏が創る神秘的な動物像は、見る者の想像力を掻き立てます。

「土屋仁応」特集

○谷内六郎館のバリアフリー状況

別棟の谷内六郎館も、バリアフリー仕様で車椅子での観覧に大きな問題はありません。

今般、館内の写真撮影が解禁されました。三脚、ストロボの仕様は禁止です。

谷内六郎館

谷内六郎館

谷内六郎館

横須賀美術館はバリアフリー施設、「長沢明展」は車椅子で鑑賞しやすい展示会です。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

2019年10月にリニューアルオープンした「神奈川県立美術館鎌倉別館」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。現地の状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2020年2月の取材に基づいています。

 

○神奈川県立美術館と鎌倉別館の歴史

神奈川県立美術館は、日本最初の公立近代美術館として、1951年に鎌倉の鶴岡八幡宮の境内に開館。1966年には隣接して新館と学芸員棟が増築されました。

本稿で紹介する「別館」は、1984年に現在の地に開館しました。

2003年には「葉山館」が開館。この時点の神奈川県立美術館は「鎌倉館」「鎌倉別館」「葉山館」の3館体制になりました。

2007年に、鎌倉館新館が耐震性の問題で公開を停止。そして2016年に鎌倉館は閉館となりました。

2019年に鎌倉別館がリニューアルオープン。現在神奈川県立美術館は「葉山館」と「鎌倉別館」の2館体制です。

 

○鎌倉別館への車椅子でのアクセス方法

鶴岡八幡宮境内の北側、鎌倉駅と北鎌倉駅の中間付近に建つ美術館です。

鎌倉駅からは約1kmの距離。極端なアップダウンはないルートですが、鶴岡八幡宮の鳥居の先は、交通量の多い歩道のない道を進みます。

美術館には1台分障害者用駐車場が用意されています。利用は早い者勝ちの予約制です。美術館に電話で申し込みます。原則として利用は90分単位です。

美術館駐車場入口は扉が閉じられています。現地に着いたらインターフォンか、電話で到着を連絡します。スタッフが扉を開けて誘導していただけます。

美術館のエントランスは階段があり、段差回避スロープが用意されています。車椅子の場合、障害者用駐車場を利用したとしても、いったん扉の外に出直して、スロープを上ります。バリアフリールートは迂回路になるので、雨天の場合は30m以上屋根無しの区間を通ることになります。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

○館内のバリアフリー状況

エントランス周辺はフラットな構造で車椅子での移動に問題はありません。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

館内への出入口の横に、チケット販売窓口があります。鎌倉別館の観覧料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。展示室入口で障害者手帳を提示する運用なので、チケット販売窓口に立ち寄る必要はありません。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

館内に入ると正面右側に総合受付、その先を左に進むと2Fへ上るエレベーターがあります。

1Fと2Fの構造で、各フロア内は車椅子で移動できるバリアフリー仕様です。

2Fの展示室内はスペースに余裕のあるフラットな空間です。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

今回取材時は20歳で夭逝した天才画家「関根正二展」が開催中でした。全ての展示品を車椅子から鑑賞できます。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

○障害者用トイレの状況

1Fと2Fそれぞれに障害者用トイレがあります。2Fはウォシュレット無しのやや古い設備のトイレです。

1Fのトイレは新しく綺麗です。ユニバーサルベッドがあります。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

○カフェのバリアフリー状況

1Fのトイレの先に、カフェ「ピナコテカ」があります。出入口は手動ドア。店内は明るくフラットな構造で、可動式のテーブル席が用意されています。ドアを通過できれば、車椅子での利用は可能です。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド バリアフリー

大きなガラス窓から、お庭と屋外彫刻が楽しめます。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド  鶴岡八幡宮の賑わいを抜けた先の、鎌倉の閑静な住宅街にある美術館です。神奈川県立美術館鎌倉別館は、リニューアルでバリアフリーになりました。

 

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京都品川区天王洲アイルにある「建築倉庫ミュージアム」は、建築模型の保管庫と企画展示室が2室ある、倉庫を改造した施設です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2020年2月の取材に基づいています。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド 

○車椅子でのアクセス方法

天王洲アイル駅から徒歩5分の案内です。この間のルートは車椅子での移動に大きな問題はありません。

来館者用の駐車場は障害者用も含めてありません。ミュージアム前の駐車スペースは、契約車両の駐車場のようです。

車でアクセスした場合は、天王洲公園駐車場の利用が便利です。民間有料駐車場ですが、1台分障害者用駐車区画があります。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○エントランス周辺のバリアフリー状況

倉庫を改造した施設なので、エントランス周辺は段差がある構造ですが、スロープ化するなどバリアフリー対策が施されています。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

建築倉庫ミュージアムの出入口は、手動ドアを2枚通過します。ドアは開けた状態で固定できるので、介助者がいれば問題なく通過できます。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○観覧料の障害者減免制度

2枚の手動ドアを抜けると、正面に受付があります。

建築倉庫ミュージアムは障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。受付に障害者手帳を提示して、減免措置を受けます。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○トイレの状況

受付の先に、コインロッカー室とトイレがあります。トイレは一般の個室トイレで、障害者用はありません。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○建築模型の見学要領

本物の建築模型が保管される「模型保管庫」の見学は予約制です。見学できるのは企画展観覧者で、入場時に受付で予約をします。

原則1時間毎に30分コースで見学会が開催され、1回の見学者数は15名までです。

今回取材時は、模型保管庫の見学には参加しませんでした。ミュージアムのスタッフに確認したところ「車椅子で見学できます」ということです。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド 

○企画展示室のバリアフリー状況

1Fに2室ある企画展示室はフラットな構造。車椅子で問題なく利用できます。今回取材時に開催されていた2企画は、どちらも車椅子で観覧できました。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド 

なお、今回取材した時点の状況では、貸出用車椅子の用意はありません。

建築倉庫ミュージアム 車椅子観覧ガイド 

建築倉庫ミュージアムは個性的な施設です。1Fに障害者用トイレはありませんが、車椅子での見学、観覧は可能です。