川崎市岡本太郎美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

神奈川県川崎市の生田緑地内にある美術館です。生田緑地は山を利用した自然公園で、園内は激しいアップダウンがあります。そして岡本太郎美術館も傾斜地に建ちます。車椅子で観覧する際の最大の問題は、美術館までのルート、園内の急坂対策です。現地の状況を紹介します。

川崎市岡本太郎美術館

○通常のアクセスルート

向ヶ丘遊園駅からは、アップダウンがあるルートを通り、徒歩17分の案内です。車椅子利用者がアクセスするなら、マイカーまたはタクシーの利用をお薦めします。

生田緑地には、東口と西口の2ヵ所の入口があり、それぞれ来園者用の駐車場が用意されています。

岡本太郎美術館への一般的なアクセスは、近いので西口の利用が薦められています。西口駐車場は障害者用駐車スペースが2台分あります。また生田緑地の駐車場は、駐車料金の障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で無料に減免されます。西口駐車場なら「西口サテライト」、東口駐車場なら「東口ビジターセンター」で、駐車券と障害者手帳を提示すると、駐車券に減免処理をしていただけます。

川崎市岡本太郎美術館

しかしながら、西口からの岡本太郎美術館へのアクセスルートは、最短路は階段路で、段差を迂回して「かわさき宙と緑科学館」方面へ向かうルートは長い急坂路です。ベビーカーが苦戦する傾斜です。介助者も含めて、よほど体力がある人でない限り、車椅子での往復は困難な坂道です。ただし段差はなく、滑り止め用の路面の小さなデコボコは、路面の半分は埋められて解消されています。西口からの別ルート「生田緑地ゴルフ場クラブハウス」内からのルートも、同じく長い急坂路です。

東口からのルートも傾斜路ですが、西口からのルートに比べれば、まだ楽です。悪さ比べになりますが、車椅子利用者は東口からのアクセスをお薦めします。

川崎市岡本太郎美術館

○駐車場の混雑状況とマイカー特別乗り入れ

生田緑地は人気の公園で、駅からの距離があるためか、好天の週末などは駐車場が大混雑します。午前中の早い時間から満車になることも珍しくありません。ただし東口、西口駐車場とも、ある程度までは路上待機が可能です。ピーク時間帯は30分待ち以上を覚悟する駐車場です。

川崎市岡本太郎美術館

園内のアップダウンが激しいために、身体障がい者が岡本太郎美術館を利用する場合は、事前連絡制で園内への車両の乗り入れが許可されます。ただし駐車は認められません。美術館で降車したら、車両はすぐに園外へ出なければなりません。

したがって、車椅子利用者が自分で運転する車両は利用できません。また同行者が運転して、一緒に美術館を観覧する場合は、運転者が戻るまで待つ必要があります。往復に時間がかかることに加え、駐車場が大混雑している場合、その待ち時間が加算されます。

川崎市岡本太郎美術館

○美術館エントランス周辺のバリアフリー状況

美術館は1999年開館ですが、バリアフリー仕様です。通常ルートである生田緑地の「奥の池」方面からアクセスすると、美術館のB1につきます。美術館のエントランス1Fまで通常は階段で上がります。正面左側にエレベーターが1基あり、B1から2Fを結びます。車椅子ではこの外エレベーターで1Fへ上がり、美術館入口に向かいます。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

美術館のエントランスは段差なく、出入口は自動ドアです。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

館内に入ると円形のエントランスホールがあり、天井のドームから光が差し込んでいます。

川崎市岡本太郎美術館

○障害者減免制度とバリアフリートイレ

岡本太郎美術館の観覧券は通常は自動販売機で購入します。観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。エントランスホールの受付に障害者手帳を提示して、無料鑑賞券を発券していただきます。

バリアフリートイレはエントランスホールの横に1つあります。小型のユニバーサルベッドが用意されています。

川崎市岡本太郎美術館

○展示室内のバリアフリー状況

常設展示室、企画展示室とも1Fにある構造で、エレベーターを利用せずに観覧できます。展示室内は一部段差箇所がありますが、そこを迂回してすべて観覧できます。また大型作品が多く、車椅子から見難い気になる展示品はありません。全体的に車椅子での観覧に大きな問題はありません。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

岡本太郎氏は1996年没。生前からの活躍を知っているのは、概ね40代以上の人でしょうが、今回取材時は、10代20代の来館者が大勢見受けられました。太郎氏の制作風景のビデオを若い人が熱心に視聴しています。

川崎市岡本太郎美術館

○母の塔周辺のバリアフリー状況

展示室を出るとミュージアムショップがあります。フラットな店舗なので車椅子で利用できます。その先には記念撮影コーナーがあります。

川崎市岡本太郎美術館

出入口から退館します。前出の外エレベーターで2Fへ上がると「母の塔」の高さに出ます。

川崎市岡本太郎美術館

広場スペースを抜けた先の「母の塔」へは数段の下り階段がありますが、横に段差回避スロープが用意されています。

川崎市岡本太郎美術館

その先に芝生広場があります。「生田緑地ゴルフ場クラブハウス」内からの急坂路を進むルートでは、この広場に出ます。

川崎市岡本太郎美術館

○かわさき宙と緑科学館のバリアフリー状況

他に生田緑地内にある車椅子で利用できる施設は「かわさき宙と緑科学館」です。1Fにバリアフリートイレがあります。

川崎市岡本太郎美術館

1Fには無料展示室があり、川崎や生田緑地の自然を紹介しています。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

またプラネタリウムがあり、観覧料は障害者減免制度があります。

川崎市岡本太郎美術館

エレベーターで上がる3Fには「アストロテラス」があり、生田緑地を眺めることができます。

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館への車椅子でのアクセスは、マイカーまたはタクシーで東口に行き、そこから生田緑地に入り、傾斜路を上がりエントランスに向かうルートをお薦めします。

(本稿は2021年2月に執筆しました)

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」バリアフリー情報

東京都世田谷区の砧公園内に、2020年に誕生したインクルーシブな遊具がある児童公園です。車椅子を利用する障がいのある子供を連れて利用する際に、知っていると役立つ情報を紹介します。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

○アクセス方法と駐車場の状況

用賀駅から徒歩20分の案内です。身体障がいのある子供を連れて行くなら、車の利用が便利です。

有料駐車場が用意されています。障害者用駐車区画は屋根なしで4台分、公園側に用意されています。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

駐車料金は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で無料に減免されます。砧公園の駐車場では、昼間の利用の際は、出庫時の混雑緩和のために、管理事務所で事前に減免手続きを行うことが推奨されています。駐車場脇の管理事務所で、駐車券と障害者手帳を提示すると、無料処理された駐車券に交換していただけます。

問題は混雑です。駅から距離があるためか、車での来園者が多く、好天の週末などは午前中の早い時間に満車になることが多いようです。路上待ちは原則禁止です。

そうなると車椅子の子供を連れての来園は、とても苦労します。隣接する世田谷美術館には、2台分の障害者専用駐車場があり、事前予約制で無料利用できますが、あくまで美術館来館者用です。

車で混雑ピーク時に来園する場合は、お子様の障がいの状況に応じて、利用できそうな近隣の有料駐車場を、事前に探しておくことをお薦めします。

 

○バリアフリートイレの状況

「みんなの広場」は公園駐車場の近くにあります。駐車場内の公衆トイレにバリアフリートイレが1つ用意されています。このトイレが「みんなの広場」に一番近いバリアフリートイレです。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

屋内トイレなら、世田谷美術館内のバリアフリートイレが利用できます。展覧会を観覧しなくても、トイレの利用は可能です。トイレは各階にありますが、最も近いのは1Fミュージアムショップ奥のトイレです。ただしユニバーサルベッドは用意されていません。

 

○みんなの広場の利用時間

インクルーシブな遊具がある「みんなの広場」は、昼間のみ利用できます。4月から8月は9時から17時まで。9月から3月は9時から16時までです。

広場の周りはフェンスで囲まれ、出入口には手動門があります。この門を開けて、車椅子で広場内に入ります。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

○広場内のバリアフリー状況

移動ルートや遊具の下の路面は、弾力性のある素材が利用されています。もちろん車椅子で問題なく移動できます。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

芝生面もありますが、大きなデコボコはありません。その気になれば、車椅子で通行できます。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

園内の各所にベンチなどがあり、荷物置き場など、来園者ファミリーの陣地として利用されています。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

○遊具の状況

どの遊具で遊べるかはその子の障がいの状況次第です。「ぐるぐるマウンテン」は、他の誰かが押して回さないと動きませんが、回転が怖くなければ利用できます。下肢に障がいがあっても、上肢や知的には大きな問題の無い子供なら、「迷路」「楽器遊具」「おはなしフラワー」などで遊べます。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

「みらい号」はロングスロープで、車椅子で上部に上がることができます。ただし上部からの滑り台は、車椅子では危険な角度があります。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

「大型ぶらんこ」内に1つある、円盤状のブランコは、座位確保が難しいレベルの重度障がいがある子供でも、ユラユラと遊べるかもしれません。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

○取材時の混雑状況

今回の取材は日曜日の午前中でした。「みんなの広場」は大賑わいです。ブランコは10人以上の子供が、順番を待っていました。遊んでいる大多数の子供は、障がいのない元気な子なので、園内を走り回っています。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

幼児に特化した広場なので、来園者はほぼ全員が親子連れです。混雑していても、大人が一緒なので、秩序良く遊んでいます。大人の目が行き届いているので、車椅子の子供が一緒に遊んでも、ハプニングは起きにくいのではないかと思われます。

都立砧公園 インクルーシブ「みんなの広場」

「みんなの広場」は、元気な幼児が走り回っている公園です。その中で車椅子での子供も、一緒に遊べる遊具があります。

(本稿は2021年2月に執筆しました)

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」バリアフリー情報

東京都港区六本木の国立新美術館で開催される企画展です。会期は2021年1月30日から3月7日まで。今回で23回目の展示会です。会場は2E企画展示室。展示室内にも障害者用トイレがあります。

国立新美術館はバリアフリー施設です。館内の車椅子利用に大きな問題はありません。

アクセスも良好です。乃木坂駅とは直結。六本木駅、東京ミッドタウン方面からの歩道は、バリアフリーに整備されています。また身体障害者専用駐車場があります。

「DOMANI・明日展2021」の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。会場受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けます。現在のところ、入場は事前予約制ではありません。

「DOMANI・明日展2021」の会場内は、フラットでスペースの余裕があり、車椅子で問題なく観覧できます。

2021は、10人9組のアーティストの作品展です。最初のコーナーは「イントロダクション」。文化庁および「DOMANI・明日展」のこれまでの歩み。震災やコロナ禍での関わり。今回の企画へのアーティストの想いなどが紹介されます。

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

「イントロダクション」の次から、9つのアーティスト別コーナーが連続します。広いスペース、高い天井を活かした展示。絵画、写真、造形、映像など、多彩な作品が続きます。

複数の映像作品がありますが、いずれも大きな音響や極端な点滅映像はありません。そのような刺激に弱い障がいのある人でも安心して観覧できます。

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

国立新美術館「DOMANI・明日展2021」

今回のサブタイトルは「スペースが生まれる」。震災から10年、コロナ禍の中での1年。新しいスペースが生まれ、次代への扉を開く願いが込められているそうです。

文化庁の支援で海外研修したアーティストは、事業が始まった1967年以来の総人数で1,400人を超えています。