間宮林蔵記念館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

林蔵の出生地である茨城県つくばみらい市にある施設です。復元移築された生家と平屋構造の記念館があります。

間宮林蔵記念館

アクセスは車が便利です。来館者用の広い無料駐車場があります。障害者用駐車区画の設定はありません。乗降しやすい場所に駐車してください。

間宮林蔵記念館

駐車場から記念館まで約50mです。舗装路を移動します。

間宮林蔵記念館

記念館の入口、手前側にあるのが生家です。間宮林蔵は1780年にこの家に生まれ、16歳頃までここで暮らしました。生家の周囲は砂利路面なので、車椅子では記念館のアプローチからの見学になります。

間宮林蔵記念館

記念館へのアプローチは、中央部がデコボコ解消されています。館の出入口のドアは手動ドアです。

間宮林蔵記念館

館内に入るとすぐに受付があります。間宮林蔵記念館の観覧料は、障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けてください。

館内に障害者用トイレがあります。個室は一般的なサイズでウォシュレット付きのトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

館内はワンフロアでフラット構造、展示スペースは余裕がある広さです。車椅子で問題なく観覧できます。

展示室の最初のコーナーは、間宮林蔵の人生と仕事を紹介する9分間の映像コンテンツです。ビジョンの前に可動椅子が置かれている部屋で、適当な場所から車椅子で鑑賞可能です。

次の展示室は、樺太の地図などメインの資料が展示されています。最後がギャラリーで、林蔵をめぐる人々をテーマに、伊能忠敬などを肖像画やパネルで紹介解説します。

間宮林蔵記念館

この地は当時「常陸国筑波郡上平柳村」。林蔵は理数系に強く、幼少の頃から神童と呼ばれていたそうです。そして将来を嘱望されて、16歳ごろに出仕し、役人の従者として20歳で初めて蝦夷地に渡りました。間宮海峡で知られる樺太調査を完成させたのは、43歳の時です。

間宮林蔵記念館

間宮林蔵記念館は、その偉業と幼少の頃からの林蔵を知ることができる施設です。車椅子で問題なく観覧できます。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

栃木県 道の駅那須与一の郷 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

栃木県大田原市の大型複合施設です。開業は2004年。施設は、休憩スペース付きの情報館、農産物直売館と加工・物産品館、レストラン、竹のギャラリー、多目的ホール、そして有料施設「与一伝承館」で構成されます。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

 

○駐車場は300台収容

アクセスは車が便利です。駐車場は8区画あり、合計で約300台を収容します。

障害者用駐車区画は総計で11台分を用意。最も施設棟に近い2つの駐車区画には各3台分のブルーラインスペースが用意されています。

道の駅那須与一の郷

道の駅那須与一の郷

○障害者用トイレの状況

24時間利用の独立トイレ棟があり、障害者用が用意されています。

他に与一伝承館に、インドアの障害者用トイレがあります。受付の外側なので、伝承館の見学をしなくても利用可能です。

 

○情報館と加工・物産品館のバリアフリー状況

この2つの施設は連結しています。

道の駅那須与一の郷

情報館はスペースに余裕がある施設で、大田原市の観光情報施設やジオラマなどがあります。休憩スペースにはフリーテーブルが置かれ、自由に飲食に利用できます。車椅子での利用に大きな問題はありません。

道の駅那須与一の郷

道の駅那須与一の郷

加工・物産品館への連結箇所のドアは、引き戸の手動ドアです。床面に段差はありません。加工・物産品館の売り場は、床面はフラットですが、通路幅はあまり余裕がありません。混雑すると車椅子での店内回遊に少し苦戦します。

店内にテイクアウトのアイス売り場があり人気です。ここはスペースに余裕があります。

 

○農産物直売館のバリアフリー状況

出入口が3ヵ所あり、その内2ヵ所は自動ドアです。

店舗内に段差はなく、売り場内通路幅は一般的なサイズです。極端に混雑していなければ、車椅子での買い物は可能です。

「とうがらし」が大田原の特産品の一つです。

道の駅那須与一の郷

○レストラン扇亭のバリアフリー状況

レストランはフラットでスペースに余裕があり、可動式のテーブル席があります。車椅子で食事ができます。

地粉を使った手打ちそばが一番人気のお店です。

 

○竹のギャラリーのバリアフリー状況

竹のギャラリーは無料施設です。一段高い構造で、外部のスロープ路から入るか、伝承館側から内部の傾斜路を上がり、ギャラリー内に向かいます。

人間国宝の作品など、竹細工名人の名品が展示されます。内部はフラットな構造なので、車椅子で鑑賞できます。展示品は定期的に変わります。

道の駅那須与一の郷

道の駅那須与一の郷

○那須与一伝承館のバリアフリー状況

伝承館は有料の施設ですが、入場料の障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して入館手続きを行います。

館内には展示室と「扇の的劇場」があります。

展示室には那須与一、あるいは源平合戦、そして那須一族などに関する資料が展示されます。与一の太刀は国の重要文化財に指定されています。

「扇の的劇場」は、琵琶法師や那須与一、義経などが登場する、ロボット人形劇が楽しめる施設です。車椅子用の特別なスペースはありませんが、フラットな観覧席にスペースの余裕があるので、車椅子での観覧は可能です。屋島合戦での那須与一の活躍を紹介するプログラムで上映時間は14分間。開館時間中、原則30分毎に上映されます。

道の駅那須与一の郷

○施設の屋根は扇型

馬上の与一像が出迎える施設です。建物が6棟並びますが、各棟の屋根は扇をイメージした造形です。

道の駅那須与一の郷

施設のコピーは「郷土の誉れ那須与一」です。道の駅那須与一の郷は、道の駅としては複合型の大型施設です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

廃校でアート鑑賞「もうひとつの美術館」車椅子バリアフリー情報

栃木県那珂川町の里山にある、明治大正時代に建築された小学校の校舎を活用した美術館です。そしてハンディキャップをもつ人の芸術活動をサポートする「認定特定非営利活動法人もうひとつの美術館」の活動拠点です。

古い建物なのでバリアフリーとは言えませんが、車椅子で利用できないことはありません。車椅子から見た現地の状況を紹介します。

もうひとつの美術館

○施設の概要

建物は旧小口小学校の2棟の校舎を活用しています。現在の美術館事務棟は明治時代の建築物。そして展示棟は大正時代の建築物です。小口小学校が閉校になった記録を確認すると2001年なので、21世紀まで学校として利用されていたことになります。

現在来館者用の駐車場になっているのは、学校の裏庭です。校庭であったとおもわれる前庭は、2棟に囲まれて、そのままの姿で残されています。

美術館としては、「みんながアーティスト、すべてはアート」をコンセプトにして、春夏秋の年間3本の企画展が開催されています。その他にイベント、ワークショップなども開催されます。

もうひとつの美術館

事務棟内には、カフェとミュージアムショップが営業しています。

 

○車椅子でのアクセス方法

里山にある美術館です。アクセスは車です。

駐車場はフラットな未舗装路面です。一般来館者の駐車場から美術館入口への経路は、事務棟の横を抜け、旧校庭側にまわります。この間の通路の路面は荒れていて、車椅子での移動は苦戦します。

もうひとつの美術館

駐車場側からの事務棟への通用口に、ラフな構造ですが簡易スロープが設置されています。駐車場からそのスロープまでの短い区間の路面は荒れていますが、無理をすれば車椅子で通行できます。そしてラフなスロープを上がることが出来れば、館内に入ることができます。

もうひとつの美術館

館内は土足禁止ではありません。車椅子のまま利用できます。館内に入れば、車椅子での移動は可能です。ただし障害者用トイレはありません。

 

○受付から展示棟のバリアフリー状況

通用口から歴史のある木造校舎のなかを車椅子で進むと、本来の入口近くにある受付に着きます。

もうひとつの美術館の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が半額に減免されます。受付に障害者手帳を提示して減免措置を受けてください。

観覧手続きを行い、大正時代の校舎である展示棟に移動します。大変古い板張りの渡り廊下ですが、車椅子で移動可能です。貸し出し用の車椅子もあります。

もうひとつの美術館

この渡り廊下から、校庭側に下りるラフなスロープが設置されています。少し無理をすれば、車椅子で旧校庭に降りることができます。

もうひとつの美術館

展示棟へは引き戸のサッシを開けて入ります。

もうひとつの美術館

棟内は昔の教室そのままです。それを活用して3つの展示室があります。

もうひとつの美術館

大正時代の校舎の廊下を通り、展示室を移動します。

もうひとつの美術館

教室の出入口など、小さなデコボコがある箇所もありますが、気を付けて移動すれば、全ての展示室を車椅子で問題なく観覧できます。

もうひとつの美術館

もうひとつの美術館

展示棟はエアコンが用意されています。

もうひとつの美術館

○カフェとミュージアムショップのバリアフリー状況

事務棟側のバリアフリー状況です。なお事務棟には冷房設備はありません。

ショップとカフェはスペースに余裕があります。床面はほぼフラットなので、車椅子での移動は問題ありません。テーブル席も稼働タイプがあるので車椅子での利用は可能です。

もうひとつの美術館

窓越しに旧校庭と現展示棟を臨むことができます。

もうひとつの美術館

建物への出入り箇所はバリアフリーとはいえませんが、そこを何とかクリアできれば、もうひとつの美術館は車椅子で観覧できます。

(本稿は2020年9月に執筆しました)