王子 お札と切手の博物館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都北区、王子駅の近くにある入館無料の博物館です。2Fへは階段のみで、車椅子では1Fだけの見学になる国立印刷局の施設です。現地の状況と歴史を紹介します。

なお本稿は2015年10月の取材に基づいています。

 

お札と切手の博物館は古い建物で段差構造です。

改修により出入口にはスロープが設置され、車椅子利用者用の自動ドア開閉スイッチがあり、1Fには障害者用トイレが設置されています。

以上のバリアフリー化を進めていますが、2Fへは階段のみのアクセス。車椅子では1Fだけの見学になります。

 

1Fは、主にお札や切手の製造工程について各種の資料を展示。1億円分の重さを持ち上げる、計測器でご自身の身長や体重を金額に換算する体験コーナー、お札の偽造防止技術についてのコーナー、実体顕微鏡でマイクロ文字を探すなど、8種類の偽造防止技術体験装置などがあります。このフロアは車椅子で見学できます。

 

車椅子では上がれない2Fは、歴代の日本のお札・切手のほか、世界のめずらしいお札、王子が発祥の地である近代製紙産業の歴史などの資料を展示。パスポート・官報・諸証券を紹介するコーナーなどがあります。

 

「お札と切手の博物館」は、国立印刷局の施設。受付にいるスタッフは、国立印刷局所属のベテランスタッフ。元気いっぱいに挨拶をして、積極的に展示物の説明を来館者にしています。

車椅子をみると「申し訳ありません、1Fだけになりますが、ごゆっくりご覧ください」と声をかけてくれました。

 

王子は紙の町です。

国立印刷局は、明治4年の1871年に創設された「大蔵省 紙幣司」が源流。1873年に渋沢栄一が王子に「抄紙会社」を設立。そして1875年には「大蔵省 抄紙局」が王子に設置され、同年に「抄紙会社」が「東京府下王子村」に工場を完成。1876年に「大蔵省 抄紙局」が操業開始となり、王子での紙幣の生産が始まりました。

 

渋沢栄一が王子に設立した「抄紙会社」の社名が「王子製紙」に変更されたのは1893年です。飛鳥山に「紙の博物館」があるのも、この流れからです。

 

現在でも国立印刷局の工場が周辺にあります。

飛鳥山公園より、やや西ヶ原方面の地にあるのが「東京工場」。そして「お札と切手の博物館」の近くにあるのが「王子工場」。この2つの工場は、工場見学を受け付けていません。

国立印刷局の工場で、工場見学が可能なのは「小田原工場」と「彦根工場」の2つです。

2003年には国立印刷局は「独立行政法人」に改組されました。

 

国立印刷局の博物館は、1971年に「百周年」を記念して、当時あった市ヶ谷の工場に設けられたのが始まりです。

そして2011年に現在の王子に移転しました。

 

入館無料の博物館です。お札と切手の博物館は、車椅子利用者は1Fだけの見学になります。

舞鶴 赤れんが博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

京都府舞鶴市の「赤れんが博物館」は、世界のレンガを集めたテーマ博物館で、明治時代の倉庫ですが車椅子で見学できます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年9月の取材に基づいています。

 

海軍の町舞鶴に数多く残る、旧海軍が建てた赤レンガ倉庫の一号館。有料博物館として一般公開されています。

明治36年に魚雷の倉庫として建てられた倉庫ですが、スロープ対応、エレベーター設置、障害者用トイレがあり、車椅子で見学ができる博物館です。

 

博物館として1993年に開館。2008年に国指定重要文化財に指定。2016年には、舞鶴の旧鎮守府全体が日本遺産に認定され、この博物館がある赤レンガ倉庫の一号館は、主要構成文化財の一つとなっています。

舞鶴 赤れんが博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

駐車場は無料。障害者用駐車場は、やや解り難いのですが、博物館敷地入口に設置されています。

駐車場から博物館の建物までは、最短でも30mほど距離があり、屋根はありません。

 

建物の入口付近は階段ですが、段差回避スロープがあります。

建物に入るとすぐに受付があります。

入館料の障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で、本人は半額、介助者1名が無料に減免されます。

 

博物館は2フロア構成。エレベーターは1基、障害者用トイレは1Fにあります。

障害者用トイレはやや狭く、介助者と一緒に利用すると苦戦するスペースです。

展示スペースは1F、2Fともフラット。車椅子での展示の見学に大きな問題はありません。

舞鶴 赤れんが博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

さて展示内容です。

1Fの最初のコーナーは「古代のれんが」。エジプトやメソポタミアの日干レンガなどが展示されています。

次のコーナーは「世界のれんが」。古代ローマのレンガ、古代中国のレンガなどを展示。これらのレンガは、開館担当スタッフが、エジプトやローマ現地に直接交渉して、この博物館のために譲っていただいたレンガです。

なんでそんなことが出来たのか、と思ってしまいますが、交渉を担当したスタッフによると、レンガ獲得交渉は案外簡単だったという話。壊れてころがっているレンガを譲り受けるだけなので、ハードルは低かったそうです。

1F展示の目玉は「ホフマン窯コーナー」。かつてレンガ製造の主流であったホフマン窯内部を再現し、レンガの製作方法などを紹介しています。

1Fには事務所やトイレなどもあるので、展示スペースは1F全体の半分ほどのスペースです。

 

2Fはフロア全体が展示場。展示スペースは1Fの倍の面積があります。

「日本のれんが」、「舞鶴市とれんが」「耐火れんが」「歴史を証言するれんが」と展示が流れます。

「歴史を証言するれんが」コーナーには、広島の原爆ドームのレンガ、アウシュビッツ強制収容所のレンガなどが展示。これらのレンガも、開館担当スタッフが現地で交渉して譲り受けたということです。

 

明治の遺産である赤レンガ倉庫が、レンガの博物館になりました。「赤れんが博物館」は車椅子で鑑賞できる施設です。

車の博物館 日野オートプラザ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都八王子市にある、トラックとバスの歴史がわかるミュージアム「日野オートプラザ」は、車椅子で見学ができる施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年11月の取材に基づいています。

 

○施設の概要

大正9年のエンジン、昭和5年のバスなどが展示される、日野自動車の歴史資料館です。「日野自動車21世紀センター」内に設けられた、入場無料の施設です。

日野自動車の前身の会社が誕生したのは明治43年。トラックを独自開発したのは大正6年。この大正6年のトラックのレプリカが、エントランスに展示されています。まさに「トラックとバスの歴史がわかるミュージアム」です。

古い車やエンジンに興味のある人にはたまらない、趣味性、指向性の高い、ミュージアムです。

シミュレーターなどの体験型施設はありませんが、一部の展示車両は乗車可能で、小さな子供が乗って遊んでいます。

 

○車椅子でのアクセス方法

電車利用の場合は、めじろ台駅からタクシーで10分という案内です。

無料駐車場があり、一番手前施設よりに障害者用駐車区画があります。

場所は宅地開発が続く八王子丘陵の山の上。高級住宅地の中に突然現れるセンターです。

日曜日は閉館。土曜日は第二と第四が開館。平日と祝日は開館しています。

 

○エントランス周辺のバリアフリー状況

駐車場から施設へ向かいます。30mほどですが移動区間には屋根がありません。

最初の展示は「屋外展示」。屋外展示場自体は庇の下なので、雨天でも安心です。

屋外展示されているのは、ダカールラリー参戦車「日野レンジャー」。日野自動車はトラック界のラリーの王様。ダカールラリーには、1991年以来連続出場連続完走、2016年で7連覇達成中です。

屋外には昭和34年製のトラック、昭和49年製の消防車なども展示されています。

スロープを上り館内へ入ります。

 

○2F展示のバリアフリー状況

2フロア構成でエレベーターがあります。

2Fに綺麗な障害者用トイレが用意されています。

見学ルートの途中に手動ドアを通る箇所もありますが、施設全般車椅子での見学は可能です。

展示順は2Fから。エントランスホールのエレベーターで2Fへ向かいます。

2Fにはカフェがあり、車椅子での利用は可能です。

最初の展示は働く車の「ミニカータワー」や「ミニカージオラマ」。トミカのミニカー展示です。

続いて「日野自動車の歴史」、「映像コーナー」、「企画展示コーナー」と、真面目なコーナーが並びます。

いずれの展示も車椅子で見学できます。

車の博物館 日野オートプラザ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○1Fへの車椅子での移動ルート

この先は、2フロア吹き抜け構造のメイン展示フロアの上部になり、健常者は「スロープギャラリー」を下りながら1Fへ下ります。

この「スロープギャラリー」は、それほど急なスロープではありませんが、車椅子での利用は危険と案内されています。車椅子では、エレベーターに戻って、1Fへ下りてください。

1Fに戻り、エントランスとは反対側の、研修センター側の手動ドアを開けて、建物横の通路を進みます。

ここへの入口も手動ドアで、少し段差があります。車椅子では慎重に進んで下さい。これで1Fの展示コーナーに入ることが出来ます。

 

○1F展示のバリアフリー状況

メイン展示フロア内には、日野自動車が乗用車を生産していたころの「日野ルノー4CV」、「コンテッサ」、オート三輪車「ハスラー」などが展示。昭和41年にトヨタ自動車と提携して乗用車部門から撤退したので、昭和30年代以前の車たちです。

昭和41年製のボンネットバスの展示もあります。そして昭和30年代から現在までの、エンジンの展示。

別棟の「黎明期のエンジン」コーナーには、最も古いもので大正9年製の航空機エンジンの展示があります。

1Fの展示もすべて車椅子で見学できます。

 

日野オートプラザは、展示内容に興味がある人にとっては、とても面白い博物館です。開館日を確認して利用して下さい。