車椅子で行く水戸~茨城県立歴史館バリアフリー情報

1974年に開館した「茨城県立歴史館」は、博物館だけではなく、公文書館、古民家や明治の建築遺産の展示、公園と様々な機能があります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○障害者用駐車場の状況

アクセスは車が便利。大きな無料駐車場が用意されています。障害者用駐車区画の用意があるので、車椅子利用者も無料駐車場に進入して下さい。

そして無料駐車場は通り抜けて、歴史館建物の裏手へ進みます。そこに業務用の駐車場があります。障害者用駐車区画は、歴史館建物沿いの道に縦列駐車する形式で3台分が用意されています。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○駐車場から歴史館内へ

障害者用駐車区画から歴史館への車椅子の動線です。

歴史館建物の裏から、車椅子利用者は建物に入ることができます。段差解消スロープがあり、その先が通用口です。ドアを開けて建物へ入ると、守衛室の横を通ります。少し薄暗い通路をしばらく進むと手動ドアがあります。このドアを開けると歴史館1F総合案内横にでます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○博物館と公文書館

歴史館の建物内には2つの機能があります。

博物館としては、茨城県の歴史を解説する「常設展」、一橋徳川家から寄贈された美術工芸品などを展示する「一橋徳川家記念室」、そして年間4本程度開催される企画展「テーマ展」があります。博物館は有料展示です。

公文書館の利用は無料。30万点以上の古文書や公文書があり、閲覧できます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○障害者減免あり

博物館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。1F総合案内で入館手続きをおこないます。

館内のフロアはフラットなので、車椅子利用に大きな問題はありません。設備は古いトイレですが、障害者用トイレはあります。

 

○常設展示室は2F

博物館は1Fが企画展室と「一橋徳川家記念室」。2Fが常設展示室です。車椅子での上下階移動はエレベーターを利用します。

企画展が開催されていない時期は、構造上の問題から一般来場者はエレベーターが利用出来ないことがあります。車椅子利用者は、スタッフが付き添ってのエレベーター利用になります。2Fから1Fへ下りるときも同様です。スタッフに声をかけてエレベーターを利用してください。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○展示内容は真面目

常設展は江戸時代を中心に茨城の歴史の紹介。「一橋徳川家記念室」は徳川家から寄贈された6,000点の資料をテーマ別展示。常設展、記念室とも、極めて真面目な展示内容です。小さなお子様向けの展示はありません。内容的には小学校高学年以上の歴史好き向きです。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○公園と屋外展示物

この地には1970年まで水戸農業高校がありました。歴史館の敷地は広く、公園としての機能があり、歴史的建造物の展示があります。屋外の利用は無料です。

公園としては広い芝生エリアと野草園や池、茶室など。屋外展示物としては、明治14年築の校舎「旧水海道小学校本館」と、築300年の古民家「旧茂木家住宅」があり無料公開されています。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○歴史館から公園へ

歴史館から公園エリアへの車椅子での動線です。

歴史館正面玄関から外に出ると、段差解消スロープが両側に設置されています。歴史館建物側からみて、左手のスロープを利用すると、その先の歩道がゴツゴツ路面をフラットにしたバリアフリー改修路で、右手のスロープの先はゴツゴツ路面のままです。左側ルートで進むと、車椅子でバリアフリーに公園エリアに進むことができます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○校舎と旧家はバリア構造

「旧水海道小学校本館」と「旧茂木家住宅」は、内部は段差構造です。車椅子からは外観の見学になります。

 

 

複合施設「茨城県立歴史館」は、歴史館建物内はバリアフリーです。公園エリア通路も車椅子で通行可能。屋外展示物の内部は、段差構造で車椅子では利用できません。

車椅子で行く軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

「エルツおもちゃ博物館」と「軽井沢絵本の森美術館」そして「ピクチャレス・ガーデン」で構成される「ムーゼの森」は、車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○施設全体概要

「ムーゼの森」は、道を挟んで「エルツおもちゃ博物館」と「軽井沢絵本の森美術館」に区画が分かれます。「ピクチャレス・ガーデン」は「軽井沢絵本の森美術館」内の庭園の名称です。

アクセスは車が便利。無料駐車場は「エルツおもちゃ博物館」にあり、障害者用駐車区画の用意があります。

「エルツおもちゃ博物館」と「軽井沢絵本の森美術館」は、それぞれ入館料が必要な有料施設で、障害者手帳の提示で本人のみ入館料が半額に減免されます。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

 

「エルツおもちゃ博物館」

 

○親も楽しいバリアフリー博物館

エルツとはドイツの地名。エルツ地方の伝統的木工工芸おもちゃを中心に、欧州の知育玩具などを展示した博物館です。蒐集品の数が凄い。写真スポットがあり、玩具で遊べるコーナーがあります。子どもはもちろん親が楽しい。親子で楽しい博物館です。館内はバリアフリーで、障害者用トイレがあります。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○兵隊ではなく「工夫」

エルツ地方の伝統木工おもちゃ、といっても様々な仕様がありますが、代表的なおもちゃの一つが小さな人形。モデルは兵隊ではなく工夫。工夫のいわば正装の姿です。

エルツ地方で盛んだった鉱業。木工おもちゃ製作は、鉱山で働く工夫の副業だったそうです。現在でも数多くの工房で、伝統的工芸品が製作されているそうです。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○ミュージアムショップは無料エリア

有料エリアを出た先に「森の生活館」と「木のおもちゃの店」があります。このショップの品揃えが凄い。博物館を見ずとも、このショップの品を見れば、エルツ地方の伝統的木工おもちゃの全貌が解ります。ショップは入場無料。無料エリアの公衆トイレにも、障害者用が併設されています。

 

○カフェは車椅子可

別棟でカフェがあります。軽井沢の森の中にあるカフェ。テラス席があり、ペット同伴可。カレーやサンドイッチが自慢のメニュー。このカフェはスロープで段差回避が出来るので、車椅子での利用は可能です。

 

○雨の日、寒い日も利用可

駐車場からエントランスまでは屋根なしですが、障害者用駐車区画に車を停めれば、小雨程度なら雨天でも利用できる施設です。

「エルツおもちゃ博物館」は、近年流行のドイツクリスマスマーケットの世界です。冬場の軽井沢でどこに行こうか悩んだ時は、ここはお薦め。冬が似合う、軽井沢では希少な施設です。

 

 

「軽井沢絵本の森美術館」「ピクチャレス・ガーデン」

 

○車椅子ではやや苦戦

「軽井沢絵本の森美術館」と「ピクチャレス・ガーデン」へは、「エルツおもちゃ博物館」側の駐車場から、信号のない横断歩道を渡ります。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

「軽井沢絵本の森美術館」には障害者用トイレはありません。また、散策路の一部は薄い砂利路面で、建物は基本設計が段差ありです。決定的な段差があり、車椅子では絶対に利用できない箇所は少ないのですが、それほどバリアフリーな施設ではありません。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○第一展示館の2Fへは階段のみ

「軽井沢絵本の森美術館」の施設建物は全5棟。いずれもログハウス風の素敵な建物です。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

この中で車椅子では決定的に無理なのは第一展示館の2F。階段のみのアクセスです。ただし、1Fから見上げると行きたくなる雰囲気の2Fですが、上れなくともそれほど残念な2Fではありません。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○「絵本のお店」内は段差あり

絵本やグッズを販売しているミュージアムショップ「絵本のお店」内には売店と休憩施設があり、この間に段差があります。車椅子では外からまわって移動するルートになりますが、段差回避は可能です。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

○ピクチャレス・ガーデンは自然派

「ピクチャレス・ガーデン」は、お花のカーペットが広がるイメージではありません。軽井沢の自然条件で生育できる草木を配置した、見た目は地味なナチュラルガーデンです。使われている岩は、浅間山の溶岩。華やいだ色彩のガーデンではなく自然派です。

ガーデン内は傾斜があり、一部砂利路面がありますが、頑張ればほぼ全域を車椅子で散策できます。

軽井沢~ムーゼの森バリアフリー情報

 

「エルツおもちゃ博物館」は、バリアフリー施設です。「軽井沢絵本の森美術館」と「ピクチャレス・ガーデン」は、車椅子では苦戦する箇所があります。特に障害者用トイレがないので、注意してください。

車椅子で行く富山~ほたるいかミュージアム バリアフリー情報

富山県滑川市に、富山湾名産のホタルイカを紹介する専門ミュージアムがあります。「ほたるいかミュージアム」は、車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○施設全体は道の駅

富山湾岸に建つ「ほたるいかミュージアム」へのアクセスは、滑川駅から徒歩8分、車利用なら滑川ICから約10分。車椅子利用者は車の利用が便利です。

施設全体の名称は「道の駅ウェーブパークなめりかわ」。24時間利用出来る公衆トイレの用意があります。「ほたるいかミュージアム」の他に、温浴施設「タラソピア」、深層水の販売所「アクアポケット」があります。

道の駅認定を受けている施設です。基本構造はバリアフリーで、施設全域車椅子での利用に大きな問題はありません。

 

○ほたるいかミュージアムのバリアフリー概況

「ほたるいかミュージアム」は2フロア構造で、施設全般バリアフリー構造。障害者用トイレの用意もあり、車椅子での利用に大きな問題はありません。

入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が減免されます。現時点では、生きたホタルイカに会える3月下旬から5月下旬の2か月の入館料は800円で、障害者は100円引きの700円。この期間以外の入館料は600円で、障害者は50円引きの550円に減免されます。

富山~ほたるいかミュージアム バリアフリー情報

○ライブシアターは1F

受付は1F。入館手続きをして展示室内へ向かいます。1Fがメインの展示フロアで、ホタルイカの発光ショーが行われる「ライブシアター」などがあります。

館内はエレベーターとスロープがあり、車椅子での上下階移動は可能。2Fは「ミュージアムギャラリー」と「ミュージアムシアター」があります。

各コーナーはすべてフラット構造なので、車椅子で利用できます。

 

○生きたホタルイカに会える2か月間

ホタルイカの漁期、3月下旬から5月下旬の2か月間の状況です。ミュージアムスタッフが、毎朝漁師さんに同行して、生ホタルイカを捕獲します。

1F中央部に特設タッチプールがあり、生きたホタルイカが泳いでいます。そこには「生食禁止」という掲示があります。またホタルイカは、人間が怪我をするような力はありませんが、噛むことがあるので注意が必要です。

 

○発光ショーのバリアフリー状況

ホタルイカの発光ショーは1Fの「ライブシアター」で開催。正面にスクリーンがあり映像が流れます。スクリーンの下にプールがあり、ホタルイカが泳いでいます。車椅子で入場すると、フラットに移動できるスクリーン正面の最前列に案内されます。

先ずはホタルイカの映像を見て解説を聞き、ホタルイカの生態を学びます。健常な人は映像が終わると、階段を下りてホタルイカが泳ぐプールの横に移動しますが、車椅子の人は席と同じ高さの位置からの見学です。すべてスタッフが誘導してくれるので、指示に従って下さい。

発光ショーは場内を真っ暗にして、プールに張った網を皆で引き上げて、ホタルイカに刺激を与えて発光させます。ここでしか見ることができない淡い輝きです。健常者よりは高い位置からの見学になりますが、車椅子から発光を観察することができます。

 

○禁漁期のライブシアター

ホタルイカ禁漁期の10か月間は、LEDライトによるホタルイカの発光イメージショーと発光性プランクトン「竜宮ホタル」の発光ショーが行われます。

 

○カフェにはホタルイカの揚げ物あり

「ほたるいかミュージアム」と同じ建物内の無料ゾーンには、2Fにレストラン、1Fにカフェとお土産マーケットがあり、いずれも車椅子で利用できます。

カフェでは揚げたてのホタルイカスティックを販売。それを挟んだホタルイカバーガーもあります。

富山~ほたるいかミュージアム バリアフリー情報

○富山のホタルイカはすべてメス

発光ショーでの解説から。

ホタルイカは深海の生物。深海で生殖活動を終えると、オスは深海でそのまま死ぬ。メスは中間層まで浮上して産卵。その後、海面に浮かび死ぬ。

富山湾滑川のホタルイカ漁は、底引き網などは使わないで、産卵後に海面に上がってきた、死ぬ前のメスのホタルイカを海面で捕獲しているそうです。

したがって乱獲による生態系への影響など無縁。私たちが食べる富山湾のホタルイカはすべて、産卵後の死ぬ前のメスということです。

 

 

「ほたるいかミュージアム」は、周辺施設も含めて、車椅子で利用出来ます。「ライブシアター」の車椅子での見学は、スタッフの指示に従ってください。