東京の博物館 くにたち郷土文化館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

郷土の歴史民俗を紹介する常設展示室などがある、東京都国立市の複合文化施設です。アクセスは矢川駅から徒歩10分の案内。来館者用駐車場は6台分で、内1台分が身障者用駐車スペースです。エントランス周辺は段差解消スロープが設置されています。エントランス前の広場は「武蔵野庭園」。自由に利用できる公園スペースで、イベントが開催されることもあるそうです。

くにたち郷土文化館

1Fエントランスから始まるガラス張りの屋内スペースは「エントランスホール」。くにたち郷土文化館の象徴です。

くにたち郷土文化館

エントランスホールの横に、以前はメインエントランスであったと思われる出入口があります。ここも段差解消されています。

くにたち郷土文化館

くにたち郷土文化館は、展示室の他にホールや講堂、研修室などがあります。無料公開されている常設展示室と企画展が開催される特別展示室はB1にあります。1Fから業務用エレベーターを利用してフロア移動をします。

くにたち郷土文化館

常設展示室および特別展示室は、車椅子で観覧できるフラットな構造です。常設展示室には車椅子から見難い展示はとくにありません。国立市域の通史が紹介されています。

くにたち郷土文化館

B1フロアのロビーは地下フロアですがガラス張りの窓がある開放的な設計です。

くにたち郷土文化館

窓からは掘り下げて造営された「歴史庭園」を眺めることができます。

くにたち郷土文化館

トイレはB1にあります。バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、シンプルな設備のトイレです。

くにたち郷土文化館

くにたち郷土文化館の展示室は、車椅子で鑑賞できます。

(2024年2月に執筆しました)

 JR中央線国立駅前の「赤い三角屋根の旧国立駅舎」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

市ヶ谷の杜 本と活字館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京都新宿区にある大日本印刷株式会社(DNP)が運営する、活版印刷と本づくりをテーマとした文化施設です。JR市ヶ谷駅からは徒歩15分の案内。周囲はアップダウンがある地形なので、車椅子利用者は車でのアクセスが便利です。身障者の利用に限り、施設前のローターリー内に車を停めることができます。

市ヶ谷の杜 本と活字館

DNP市谷工場の象徴として「時計台」の愛称で親しまれてきた建物を、大正15年竣工当時の姿に復元し「市谷の杜 本と活字館」として2020年に誕生した施設です。段差箇所にはスロープがあるなど、バリアフリー対応されています。

市ヶ谷の杜 本と活字館

本と活字館は入館無料。B1から2Fの3フロア構造でエレベーターが設置されています。1Fはかつての印刷工場の風景を一部再現した「印刷所」で、ゲーム感覚で活版印刷の作業を体験できるハイテクマシンがあり、往時の印刷の方法を学ぶことができます。

市ヶ谷の杜 本と活字館

1Fと2Fをつなぐ階段は大正ロマンを感じる素敵な造形です。

市ヶ谷の杜 本と活字館

2Fは印刷と本づくりを実際に体験できる「制作室」と、企画展示室があります。両フロアとも車椅子で観覧できるバリアフリー仕様です。

市ヶ谷の杜 本と活字館

B1は休憩スペースとトイレがあります。大きな窓から中庭が見えます。

市ヶ谷の杜 本と活字館

バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

市ヶ谷の杜 本と活字館

「市谷の杜 本と活字館」は車椅子で観覧できるバリアフリー施設です。

(本稿は2023年11月に執筆しました)

近隣にある独立行政法人国際協力機構の無料公開施設「JICA地球ひろば」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

伊勢国 斎宮歴史博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

三重県明和町にある伊勢神宮に仕えた「斎王(いつきのひめみこ)」を紹介する博物館です。斎王とは天皇に代わって伊勢神宮に仕えるため、天皇の代替りごとに都から伊勢に派遣された皇族女性のこと。平安時代がその歴史の中心ですが、史実に残る最初の斎王は天武天皇の娘の大来皇女で、制度が廃絶する後醍醐天皇の時代までの約660年間に、60人余りの斎王の名が残されています。

斎王制度の概要は平安時代に編纂された法令集「延喜式」により知ることができ、また「伊勢物語」の第六十九段「狩の使」では、斎宮を舞台に斎王恬子内親王と在原業平のはかない恋が描かれています。

残された資料に加え、明和町での斎宮寮発掘調査により、斎王の歴史が研究されています。斎宮歴史博物館は、その研究成果を知ることができるバリアフリーな施設です。

アクセスは駅前に「いつきのみや歴史体験館」がある近鉄斎宮駅から徒歩15分の案内。200台を収容する無料駐車場があります。身障者用駐車スペースは一般駐車場とは別に、博物館エントランス前に2台分設けられています。現地に誘導サインがあるので、それに従って車を進めてください。

斎宮歴史博物館

斎宮歴史博物館はワンフロアの施設です。エントランス周辺から館内にかけて、段差のないバリアフリーな構造です。

斎宮歴史博物館

出入口はフラットな自動ドアです。斎宮歴史博物館の観覧料は障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

斎宮歴史博物館

館内はバリアフリーで、車椅子で問題なく観覧できます。常設展示室が2室と映像展示室があります。映像展示室も車椅子で鑑賞できる仕様です。

斎宮歴史博物館

謎に包まれた斎宮の史実を、分かりやすく丁寧に展示解説しています。小学校の高学年から大人まで学べる博物館です。

斎宮歴史博物館

来館者は歴史ファンが多いようです。皆さん熱心に展示を観覧していました。

斎宮歴史博物館

バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

斎宮歴史博物館

エントランスの横に可動式のテーブル席がある休憩コーナーがあり、自由に利用できます。斎宮歴史博物館は車椅子で利用できるバリアフリーな施設です。

斎宮歴史博物館

(本稿は2023年6月に執筆しました)

伊勢市にある江戸時代の奉行所を再現した「山田奉行所記念館」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。