名車の博物館 WAKUI MUSEUM 車椅子バリアフリー情報

埼玉県加須市のワク井ミュージアムは、ロールスロイス・ベントレーの往年の名車が鑑賞できる博物館です。入館は無料。原則として土曜日と日曜日の開館です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

ワク井ミュージアム

○アクセスは車

場所は加須ICに近く、アクセスは車が便利です。来館者用の駐車場はありません。ワク井ミュージアム前の道路に、路上駐車します。見る限り駐車禁止ではない道路で、道交法に従って駐車すれば、駐禁にはならないと思われます。出入口の近く、消火栓の近くなど、道交法で駐禁になる場所を外して駐車してください。

ワク井ミュージアム前の道路は、車椅子で通行可能な舗装路です。車道と歩道は段差解消され、極端な段差はなく、ほぼフラットなルートで移動できます。

ワク井ミュージアム

○受付で記帳

ワク井ミュージアムのエントランス周辺も、大きな段差やデコボコはなく、車椅子で移動できます。敷地内はほぼフラットな舗装路面です。

ワク井ミュージアム

大きなガレージの中に受付があります。ここで簡単な記帳をします。希望すればミュージアムのパンフレットをいただけます。

ワク井ミュージアム

来館者用のオープンなトイレはありません。近隣施設で休憩してから来館されることをお薦めします。

ワク井ミュージアム

○展示のバリアフリー状況

ガレージ内および屋外に、数々の往年の名車が展示されています。スペースに余裕があり、路面はフラットで、通路幅は充分に広い。車椅子で問題なく展示車を鑑賞できます。

ワク井ミュージアム

ワク井ミュージアム

吉田茂のロールスロイス、白洲次郎のベントレーなど、そうそうたる名車がバリアフリーに楽しめます。

ワク井ミュージアム

ワク井ミュージアム

○丁寧で親切な対応

入館無料のミュージアムですが、スタッフはとても丁寧に応対していただけます。今回取材時は、多くの展示車の解説をしていただけました。専門家の解説を聴くと、理解が深まり、より楽しめます。

ワク井ミュージアム

○資料館は段差あり

ワク井ミュージアムには、白洲次郎氏に関する資料館があります。ここは入口に2ヵ所の段差があり、かつ土足禁止でスリッパに履き替えて見学します。

ワク井ミュージアム

今回は車椅子をみて「そのまま上がって見学してください」、段差を乗り越える「お手伝いをしましょうか」と配慮をしていただきました。こちらからお願いする前に、館内のテーブルや椅子を端に移動して、車椅子のためのスペースを造っていただきました。スタッフの丁寧で親切な対応に感謝申し上げます。

ワク井ミュージアム

○展示車はすべて現役カー

ワク井ミュージアムに展示されている車の多くは、別にオーナーがいる現役の車です。中にはレストア中の車もありますが、ほとんどの車は動きます。ナンバー付きの車両もあります。

ワク井ミュージアム

ワク井ミュージアムは、「20世紀の名車とその輝きを維持していくオーナーが、世界から集う場所」です。

ワク井ミュージアムには、日本中から、あるいは世界各国から、ファンが来館されるそうです。

ワク井ミュージアム

ロールスロイス・ベントレーの名車にそれほど興味がない人でも、実車をみると楽しめるのではないでしょうか。ワク井ミュージアムは車椅子で見学ができる博物館です。

(本稿は2021年2月に執筆しました)

日本オリンピックミュージアム 車椅子からみたバリアフリー情報

東京都新宿区、新国立競技場の隣接地に、2019年に開業したミュージアムです。新しい施設なのでバリアフリー。車椅子で大きな問題なく利用できます。現地の状況を紹介します。

日本オリンピックミュージアム

○車椅子でのアクセス

最寄りは外苑前駅で徒歩5分の案内です。ミュージアムの周辺は強いアップダウンはないので、車椅子での移動は可能です。

国立競技場駅や千駄ヶ谷駅からは、徒歩10分強になりますが、フラットで整備された広い歩道が多いので、距離が気にならない人は問題なく移動できます。

来館者用の駐車場はありません。車の場合は近隣の有料駐車場か、パーキングメーターの利用になります。

日本オリンピックミュージアム

○ミュージアムの概要

エントランス周辺の前庭が「モニュメントエリア」。五輪マークなどがある記念撮影スポットです。

館内1Fは「ウエルカムエリア」。大型ビジョン、ライブラリー、企画コーナー、カフェ、そして受付があります。1Fは無料ゾーンです。

日本オリンピックミュージアム

障害者用トイレは1Fにあります。余裕のあるスペースの綺麗なトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

日本オリンピックミュージアム

日本オリンピックミュージアム

2Fが有料エリアの「エキシビションエリア」。観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。1F受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けてください。

日本オリンピックミュージアム

○モニュメントエリアの状況

整備された前庭です。車椅子で問題なく散策できます。

前回の東京オリンピックの聖火台は、縮尺3/4。

日本オリンピックミュージアム

長野大会の聖火台は、縮尺1/2と案内されています。

日本オリンピックミュージアム

クーベルタン像は、とても小柄な人の体格ですが、実物大なのか縮尺なのか、情報がありません。

日本オリンピックミュージアム

前庭からスロープを上がり、エントランスに向かいます。

日本オリンピックミュージアム

○エキシビションエリアの状況

1Fで受付をすませて、2Fへ上がります。車椅子ではエレベーターに誘導していただけます。スタッフの指示に従ってください。大型の車椅子で利用できるサイズのエレベーターです。

日本オリンピックミュージアム

日本オリンピックミュージアム

2Fからガラス越しにみる新国立競技場です。

日本オリンピックミュージアム

2Fの展示はすべて車椅子で観覧できます。車椅子から見難い気になる展示はありませんでした。

日本オリンピックミュージアム

その場で垂直ジャンプをしてオリンピック選手の記録と比較できるマシンなど、幾つか参加型の展示物があります。これらは車椅子仕様ではありません。

日本オリンピックミュージアム

ビジョンやスクリーンを使用する映像系の展示があります。こちらは車椅子で鑑賞可能です。

日本オリンピックミュージアム

2019年のミュージアムなので、いまどきのハイテク展示が満載です。それらを通じて、世界の歴史と日本の歴史、スポーツと政治、戦争と平和、アスリートの超人的な能力など、様々な視点でオリンピックを考えることができるミュージアムです。

日本オリンピックミュージアム

○テイクアウトカフェは出口にある

一般的な見学ルートは、前庭の見学、1F受付で入館手続き、2Fの観覧、1Fに戻って見学、そして退館します。

やや分かり難いのですが、カフェコーナーは出口の手前にあります。テイクアウト専門店です。前庭「モニュメントエリア」内には、聖火台の縮尺展示がある付近に、自由に利用できるベンチが配置されています。

日本オリンピックミュージアム

障害者用を含めて駐車場、および車寄せや乗降場所はありません。車椅子での雨天の利用はたいへんです。駅または近隣駐車場から車椅子でアクセスできれば、日本オリンピックミュージアム内はバリアフリー設計です。

(本稿は2021年1月に執筆しました)

江戸東京博物館「古代エジプト展」車椅子観覧バリアフリー情報

東京都墨田区、江戸東京博物館の企画展です。会期は2020年11月21日から2021年4月4日まで。会場は江戸博1F特別展示室です。会場内は車椅子で観覧しやすい展示構成になっています。現地の状況を紹介します。

江戸東京博物館「古代エジプト展」

○江戸博へのアクセス

JRと都営地下鉄の両国駅に近く、両駅から車椅子で問題なくアクセスできます。

来館者用の駐車場があり、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。

江戸東京博物館「古代エジプト展」

障害者用駐車スペースが用意されています。駐車場スタッフの誘導に従ってください。

江戸東京博物館「古代エジプト展」

○観覧料の障害者減免制度

「古代エジプト展」は観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者2名まで無料に減免されます。会場入口で障害者手帳を提示して入場する運用です。

 

○余裕ある観覧スペース

特別展示室内をいくつもの部屋に区分けして、展示が構成されています。いずれの展示コーナーも、観覧スペースに余裕があり、車椅子で移動しやすい配置です。映像コーナーも混雑回避が出来ています。主に密対策としての配慮でしょうが、車椅子で快適に観覧できる効果があります。

江戸東京博物館「古代エジプト展」

江戸東京博物館「古代エジプト展」

江戸東京博物館「古代エジプト展」

○車椅子目線への配慮

ミイラなど、大型の展示物はもちろん問題なく観覧できます。

江戸東京博物館「古代エジプト展」

江戸東京博物館「古代エジプト展」

江戸東京博物館「古代エジプト展」

ショーケース内に展示される資料は、高さは車椅子目線とほぼ同じで、真横から観覧する感じです。

そして解説版は資料の下の位置に、傾斜をつけて配置されています。この展示方法なら、車椅子で解説を読むことができます。

江戸東京博物館「古代エジプト展」

江戸東京博物館「古代エジプト展」

「古代エジプト展」の展示資料およびその解説版は、車椅子で問題なく観覧できました。その内容と共に、展示方法が素晴らしい企画展です。