小山市立博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県小山市の市立博物館です。常設展は無料、企画展は有料の場合があります。有料企画展の観覧料の障害者減免制度については、企画毎に確認してください。

アクセスは間々田駅から徒歩8分の案内です。ただしこのルートは途中にアップダウンがあります。

来館者用無料駐車場が用意されています。一般来館者用の駐車場は、建物の正面にありますが、ここからだと途中に段差があるルートを通ります。車椅子利用者は、職員用駐車場を利用します。

小山市立博物館 車椅子観覧ガイド

身障者用駐車スペースの設定はありませんが、そこからは段差回避スロープが設置されています。現地に車椅子マークの案内標識が立っているので、見逃さないようにして職員用駐車場へ車を進めてください。

小山市立博物館 車椅子観覧ガイド

小山市立博物館 車椅子観覧ガイド

駐車場からの段差回避スロープを下りると、博物館のエントランス前に出ます。

この付近に段差はありません。博物館出入口は自動ドア、車椅子で問題なく入館できます。

小山市立博物館 車椅子観覧ガイド

博物館は1Fと2Fの構造です。1Fは事務室や収蔵庫、体験学習室と視聴覚室などがあります。

小山市立博物館 車椅子観覧ガイドバリアフリートイレは1Fに1つ用意されています。今回取材時の状況は、便器設備が更新されてフル装備の綺麗なトイレでした。ユニバーサルベッドはありません。

小山市立博物館 車椅子観覧ガイド

展示室は2Fです。常設展示室と企画展示室があります。2Fへは通常は階段を利用。車椅子利用者は、スタッフの案内で業務用のエレベーターを利用します。スタッフの誘導の従ってください。2Fから1Fへ下りる際には、2Fのインターフォンで連絡します。

小山市立博物館 車椅子観覧ガイド

展示室内は撮影禁止です。常設展示のテーマは「小山の文化のあゆみ」。原始古代から近代までの歴史と文化を紹介します。分かりやすい、車椅子から見やすい展示です。

博物館2Fの中心部から、大きな窓越しに日光連山方面を見渡すことができます。東照宮建立の際には、小山まで水運を利用して建材が運ばれ、ここから陸路で日光に運ばれました。当時の小山藩主は家康の側近、本多正純。小山は徳川幕府にとって、重要な国でした。

小山市立博物館 車椅子観覧ガイド

開館は1983年。施設全体としては老朽化している印象ですが、小山市立博物館は、駐車場、トイレ、展示室など、必要な設備は車椅子で利用できます。

(本稿は2021年5月に執筆しました)

印刷博物館企画展「和書ルネッサンス」車椅子観覧ガイド

東京都文京区小石川にある印刷博物館の企画展です。サブタイトルは「江戸・明治初期の本にみる伝統と革新」。様々な古典文学の本が展示解説されます。会期は2021年4月17日から7月18日まで。常設展の約半分のスペースを使用しています。車椅子からみた「和書ルネッサンス」展の状況を紹介します。

 

〇博物館のバリアフリー概況

飯田橋駅、江戸川橋駅、後楽園駅、春日駅が徒歩圏内。どの駅からも、極端なアップダウンがないルートで移動できます。また有料の地下駐車場もあります。

会場は地階です。一般来場者はエスカレーターの利用、エレベーターはスタッフの操作で利用します。車椅子利用者は1Fの博物館スタッフにエレベーター利用を申告し、誘導を受けてください。

 

〇障害者減免制度

印刷博物館の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名まで無料に減免されます。会場入口受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けます。

現在はコロナ対策で入場は事前予約制です。ホームページから予約システムにアクセスし、30分単位の入場時間枠を予約します。障がい者も予約が必要です。

 

〇会場内のバリアフリー状況

印刷博物館内はバリアフリー仕様。地階の入口近くにバリアフリートイレが用意されています。展示室内はフラットでスペースに余裕があり、車椅子での観覧に大きな問題はありません。VRシアターも車椅子専用席はありませんが、最前列の前のスペースなどから車椅子観覧は可能です。

印刷の歴史概略などをイメージするアプローチ展示から、常設展示室に移動します。常設展前半の展示は、世界と日本の印刷の歴史を紹介します。このパートはいつも通りです。

その先が企画展「和書ルネッサンス」のコーナーで、大きく3つのパートで構成されます。展示方法は壁掛け展示とケース内展示。ケース内の資料は、車椅子での目の高さから、少し下の高さです。一般的な車椅子利用者の目線なら、ほとんどのケース内資料は観覧可能です。

解説はパネルによる文字解説が多く、一部にデジタル展示が採用されています。タッチペンを利用して観覧するデジタル展示物は、車椅子からでは入力画面がやや高い位置にあります。人によって、少し操作が難しいかもしれません。

 

〇企画展の見どころ

江戸・明治初期の本が展示の中心なので、企画展示室に入る前の常設展で、この時代の日本の本の歴史を復習してから、和書ルネッサンス展を観覧すると理解が深まります。

第一部の主役は源氏物語。絵として表現された印刷物をみると、この文学作品が江戸時代にどのようにして親しまれていたかがわかります。現代の日本人よりも、江戸市民は深く源氏物語を理解していたようです。

第二部はユーモア本。古典文学や昔話などを、面白おかしく脚色した作品が並びます。当時、本が貴重な娯楽であったことが理解でき、そのユーモアのセンスに触れることができます。また当時の本の字の細かさに驚きます。

第三部は近代作家誕生の歴史。初めて日本にロビンソン・クルーソーを紹介した本から、「新小説」「ホトトギス」など時代を切り開いた本が展示されます。明治維新以後、言文一致が進んだ歴史の流れを、現物の本で感じることができます。

 

印刷博物館「和書ルネッサンス」は、ほぼすべての展示を車椅子から観覧できる、バリアフリーな企画展です。

名車の博物館 WAKUI MUSEUM 車椅子バリアフリー情報

埼玉県加須市のワク井ミュージアムは、ロールスロイス・ベントレーの往年の名車が鑑賞できる博物館です。入館は無料。原則として土曜日と日曜日の開館です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

ワク井ミュージアム

○アクセスは車

場所は加須ICに近く、アクセスは車が便利です。来館者用の駐車場はありません。ワク井ミュージアム前の道路に、路上駐車します。見る限り駐車禁止ではない道路で、道交法に従って駐車すれば、駐禁にはならないと思われます。出入口の近く、消火栓の近くなど、道交法で駐禁になる場所を外して駐車してください。

ワク井ミュージアム前の道路は、車椅子で通行可能な舗装路です。車道と歩道は段差解消され、極端な段差はなく、ほぼフラットなルートで移動できます。

ワク井ミュージアム

○受付で記帳

ワク井ミュージアムのエントランス周辺も、大きな段差やデコボコはなく、車椅子で移動できます。敷地内はほぼフラットな舗装路面です。

ワク井ミュージアム

大きなガレージの中に受付があります。ここで簡単な記帳をします。希望すればミュージアムのパンフレットをいただけます。

ワク井ミュージアム

来館者用のオープンなトイレはありません。近隣施設で休憩してから来館されることをお薦めします。

ワク井ミュージアム

○展示のバリアフリー状況

ガレージ内および屋外に、数々の往年の名車が展示されています。スペースに余裕があり、路面はフラットで、通路幅は充分に広い。車椅子で問題なく展示車を鑑賞できます。

ワク井ミュージアム

ワク井ミュージアム

吉田茂のロールスロイス、白洲次郎のベントレーなど、そうそうたる名車がバリアフリーに楽しめます。

ワク井ミュージアム

ワク井ミュージアム

○丁寧で親切な対応

入館無料のミュージアムですが、スタッフはとても丁寧に応対していただけます。今回取材時は、多くの展示車の解説をしていただけました。専門家の解説を聴くと、理解が深まり、より楽しめます。

ワク井ミュージアム

○資料館は段差あり

ワク井ミュージアムには、白洲次郎氏に関する資料館があります。ここは入口に2ヵ所の段差があり、かつ土足禁止でスリッパに履き替えて見学します。

ワク井ミュージアム

今回は車椅子をみて「そのまま上がって見学してください」、段差を乗り越える「お手伝いをしましょうか」と配慮をしていただきました。こちらからお願いする前に、館内のテーブルや椅子を端に移動して、車椅子のためのスペースを造っていただきました。スタッフの丁寧で親切な対応に感謝申し上げます。

ワク井ミュージアム

○展示車はすべて現役カー

ワク井ミュージアムに展示されている車の多くは、別にオーナーがいる現役の車です。中にはレストア中の車もありますが、ほとんどの車は動きます。ナンバー付きの車両もあります。

ワク井ミュージアム

ワク井ミュージアムは、「20世紀の名車とその輝きを維持していくオーナーが、世界から集う場所」です。

ワク井ミュージアムには、日本中から、あるいは世界各国から、ファンが来館されるそうです。

ワク井ミュージアム

ロールスロイス・ベントレーの名車にそれほど興味がない人でも、実車をみると楽しめるのではないでしょうか。ワク井ミュージアムは車椅子で見学ができる博物館です。

(本稿は2021年2月に執筆しました)