横浜市立金沢動物園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

神奈川県横浜市の金沢自然公園は、激しいアップダウンがある地形です。中核施設の金沢動物園を中心に、車椅子からみたバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年10月の取材に基づいています。

金沢動物園

○公園の全貌と車椅子での利用可能範囲

「金沢市民の森」や「横浜自然観察の森」などがある自然エリアの一角にある、約60万㎡の広大な敷地の公園が「金沢自然公園」です。金沢自然公園を拠点に、周囲の森まで続く複数のハイキングコースがありますが、これらは未舗装で段差があり車椅子では無理なコースです。

金沢自然公園

金沢自然公園は無料の「植物区エリア」と有料の「動物園エリア」に分かれます。

植物区エリアの半分以上は急斜面で、そこに大型遊具があるコーナーやバーベキュー場、梅林など様々な施設があります。このエリアは舗装された散策路が整備されていますが、急坂なので車椅子向きではありません。どこまで行けるかは、その人や介助者の体力次第です。

動物園エリア内は、すべて舗装された見学通路が整備されています。入口付近はフラットですが、その先はアップダウンがあります。一部傾斜が急な箇所があり、そこをクリア出来ないと園内の周回路を廻ることはできません。

したがって一般的な車椅子利用者の場合、「植物区エリア」の平坦な一部分と、「動物園エリア」を無理のない範囲で利用するのが標準的コースになります。

金沢自然公園

○アクセスと駐車場の状況

徒歩圏内に駅はありません。アクセスは車が便利です。

有料駐車場が2か所用意されています。駐車料金は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で無料に減免されます。

高速道路である「横浜横須賀道路」から直結する「高速側駐車場」と、一般道路から利用する「正面口駐車場」があり、車椅子での利用方法が大きく異なります。

「高速側車場」は上り線からの入庫、下り線への出庫しかできません。障害者減免を受けるには、入庫時に駐車料金支払い機の横にある緊急電話をかけて指示に従ってください。カメラ付きインターフォンではありません。後続の車が続いて電話連絡で時間がかかるのが迷惑な場合は、いったん前金制度に従って料金を支払い、動物園入口の発券所で返金を受けることも出来ます。駐車場には10台分程度の障害者用駐車区画があります。駐車場から公園入口までは、極端な傾斜路を通らずに移動できます。

高速側車場

「正面口駐車場」にはスタッフが常駐しています。駐車料金支払い機の手前で、スタッフに障害者手帳と車椅子利用を申告します。障害者用駐車区画は一般駐車場とは別に坂の上にあります。車両通行止めの柵をあけていただき、公園スタッフのバイクの誘導に従って坂道を上ります。公園入口とほぼフラットな高さの場所に、障害者駐車区画が3台分用意されています。

正面口駐車場

駐車場から公園入口

一般利用者は正面口駐車場から公園入口まで、無料で利用できる「コアラバス」で上ることができます。現在のところ「コアラバス」は車椅子乗車が出来ない仕様です。

「コアラバス」が運行される正面口駐車場から公園入口までの坂道は、細い舗装路で車のすれ違いが出来ません。そのため来園して坂を上るときは、公園スタッフが運転するバイクの誘導を受けます。帰るときは、坂上のバス停から出発した「コアラバス」の後ろについて坂を下ります。

 

○障害者用トイレの状況

園内の各所に障害者用トイレが用意されています。現時点で10カ所あります。障害者用トイレがないトイレは、動物園エリア内の「アメリカ休憩所」の階段の下にあるトイレだけです。

今回取材時の状況では、トイレによって設備更新の状況がバラバラで、ウォシュレットなど付加設備のあるトイレもあれば、老朽化が目立つトイレもありました。

チャック出来た限り、大型のユニバーサルベッドのあるトイレは未発見です。

障害者用トイレの状況

○植物区エリアのバリアフリー状況

駐車場から公園入口に向かうと、最初にあるトイレ休憩施設が「にこにこプラザ」です。駐車場からここまでのルートおよび「にこにこプラザ」周辺はほぼフラットで、車椅子で問題なく利用できます。

にこにこプラザ

そのままフラットな舗装通路を進むとカフェやショップが入る「ののはな館」があります。ドアは手動ですが館内はフラットで、車椅子で利用できます。館内に障害者用トイレがあります。

ののはな館

「ののはな館」から動物園エリアに向かう通路は、多少のアップダウンはありますが車椅子で通行可能です。

動物園エリアに向かう通路

「こども広場」や「梅林」、「うきうき林」などがあるゾーンは、車椅子では辛い急坂を下ります。

動物園エリアに向かう通路

○動物園エリアのバリアフリー状況

横浜市立金沢動物園は有料の施設ですが障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者2名まで入園料が無料に減免されます。入口の発券所で障害者手帳を提示して無料入園券を発券していただく運用です。

動物園エリアのバリアフリー状況

入口から「なかよしトンネル」を通ります。トンネル内はフラットで、車椅子で通行できます。

なかよしトンネル

なかよしトンネル

トンネルの先「わくわく広場」の周辺や「アフリカ区」は、ほぼフラットです。車椅子で問題なく利用できます。

わくわく広場

わくわく広場

アフリカ区

「オセアニア区」に行くには坂道を上ります。元気な介助者がいれば何とかなる坂道です。

オセアニア区

オセアニア区

オセアニア区

「オセアニア区」内のカンガルー舎に近づく見学ルートは、カンガルーの移動を防止するための2枚の手動ドアを開閉して出入りします。見学路はフラットな舗装路です。

「オセアニア区」内のカンガルー舎

「オセアニア区」内のカンガルー舎

コアラ舎内はフラット構造です。車椅子で問題なく見学できます。

コアラ舎内はフラット構造

コアラ舎内はフラット構造

「ユーラシア区」と「アメリカ区」は、車椅子ではつらい急坂があります。急坂が始まる箇所の路面にサインがあるので、体力の範囲で無理なく利用して下さい。

「ユーラシア区」と「アメリカ区」

「ユーラシア区」と「アメリカ区」

「ユーラシア区」と「アメリカ区」

金沢自然公園は整備されていますが、車椅子では辛いアップダウンがあります。車で来園して、急坂を避けた無理のない移動範囲だけでも、車椅子で自然や動物を楽しむことが出来ます。

横浜 野島公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

神奈川県横浜市金沢区の野島公園は、横浜市で唯一の自然海岸線が残る公園で、旧伊藤博文金沢別邸は無料開放されています。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年10月の取材に基づいています。

横浜市で唯一の自然海岸線が残る公園

○アクセスの状況

対岸には八景島シーパラダイスがある、海沿いの公園です。入園は無料、横浜市が管理しています。

シーサイドライン「野島公園」駅から徒歩5分の案内です。

駐車場は第一と第二の2か所があり、駐車料金の障害者減免制度があります。公園管理事務所に行き手続きをすると駐車料金が無料に減免されます。管理事務所の営業時間外、あるいは事務所にスタッフが不在な場合は、駐車場精算機横の電話をかけて管理センターの指示に従ってください。現時点ではカメラはないので、電話の声による指示になります。

野島公園

○公園散策路のバリアフリー状況

駐車場を起点にする海岸沿いの散策路はほぼフラットな舗装路で、車椅子で通行できます。

公園散策路のバリアフリー状況

自然海岸線が残る「野島海岸」へは舗装されたスロープがあり、浜の手前までは車椅子で行くことができます。海岸は砂浜です。

公園散策路のバリアフリー状況

公園中央部の高台は展望台です。そこに上るルートは急坂で、車椅子では苦戦します。

高台部の下部には、戦時中に戦闘機を隠す目的で掘られた「掩体壕」が現存し、海岸沿いの散策路から車椅子で見学できます。

公園散策路のバリアフリー状況

「掩体壕」の先へ進むと有料予約制のバーベキュー場があります。車椅子での利用は可能な構造の施設です。

公園散策路のバリアフリー状況

○障害者用トイレの状況

公園内3カ所の公衆トイレに障害者用トイレが用意されています。

障害者用トイレの状況

今回取材時の状況では、設備はユニバーサルベッドがあり、清掃は行き届いていました。しかしトイレットペーパーはありません。破損や盗難の被害が多く撤去した、と掲示されています。

障害者用トイレの状況

○旧伊藤博文金沢別邸のバリアフリー状況

園内にある施設で、明治の建築物を2009年に再建した施設です。その当時まで残っていた箇所は改修して復元、無くなっていた箇所は新築して復元されました。入場は無料です。

旧伊藤博文金沢別邸のバリアフリー状況

庭園部と建物内が公開されています。庭園部の散策路はフラットな舗装路で、車椅子での利用は可能です。

旧伊藤博文金沢別邸のバリアフリー状況

旧伊藤博文金沢別邸のバリアフリー状況

旧伊藤博文金沢別邸のバリアフリー状況

建物内は靴を脱いで階段の玄関を上がります。館内にも段差箇所があります。

館内の新築復元部に、障害者用トイレがあります。

旧伊藤博文金沢別邸のバリアフリー状況

野島公園はアップダウンがある箇所や未舗装の箇所を避けて、フラットな舗装路を選べば車椅子で散策できます。旧伊藤博文金沢別邸は、庭園部は車椅子で散策できます。

吉田茂邸は車椅子可 大磯城山公園 バリアフリー情報

神奈川県大磯町の「神奈川県立大磯城山公園」は、「旧吉田茂邸地区」と「旧三井別邸地区」があり、また「大磯町郷土資料館」があります。

車椅子での利用は簡単ではありません。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。
なお本稿は2017年6月の取材に基づいています。

 

○大磯城山公園のバリアフリー概況

海沿いの「旧吉田茂邸地区」は、再建された旧吉田茂邸の周囲は車椅子で利用できます。ただし「七賢堂」や「心字池」方面は、車椅子では無理なルートです。

山側の「旧三井別邸地区」第一駐車場からのバリアフリールートは、物凄い急坂の連続で、一般的な車椅子利用者の登坂は困難です。

「旧三井別邸地区」の高台に建つ「大磯町郷土資料館」は、第二駐車場からのアクセスルートが悪路です。それを通過出来れば館内はフラットです。

各エリア、施設の状況を紹介します。

 

「旧吉田茂邸地区」

○駐車場とその周辺の状況

大型バスが駐車可能な駐車場があります。障害者用駐車区画は、バススペースの隣に1台分あります。

駐車場からスロープルートが整備され、やや傾斜はありますが車椅子での通行は可能です。

そのまま「バラ園」の横を通り、敷地内へ進みます。

入口近くの「管理休憩棟」に、障害者用トイレがあります。

駐車場は週末有料になりますが障害者減免制度があります。「管理休憩棟」で障害者手帳と駐車券を提出すると駐車料金が無料に減免されます。

園内に新しく整備された歩道はバリアフリー仕様ですが、「兜門」周辺の路面は石畳でデコボがあります。ただし慎重に進めば車椅子でも通行できないことはありません。

「兜門」周辺の路面

○「旧吉田茂邸」のバリアフリー状況

2009年に原因不明の火災で焼失し、2017年4月に再建された「旧吉田茂邸」内の見学は有料です。障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。

「旧吉田茂邸」の正面入口は階段です。裏に回ると車椅子で利用できる入口があります。

旧吉田茂邸

「管理休憩棟」から「菜園広場」方面へ、園内通路を進みます。その先が迂回スロープになり、「旧吉田茂邸」の裏側に続きます。

そこにバリアフリー出入口があり「車椅子の方はお知らせください」と掲示があるインターフォンがあります。この後はスタッフの誘導に従ってください。

旧吉田茂邸

館内にはエレベーターがあります。

旧吉田茂邸

○庭園内のバリアフリー状況

庭園の入園は無料。車椅子で散策できる範囲は庭園の約半分です。

「菜園広場」の先を真っすぐに進むと、西湘バイパスの隣、相模湾岸沿いに出ます。

旧吉田茂邸

ここに一か所、5mほどの短い急坂があります。車椅子では力が必用な坂です。そしてその先の「吉田茂銅像」までが車椅子での利用可能範囲です。

「七賢堂」や「心字池」方面へは、段差があり車椅子では行けません。

「七賢堂」や「心字池」方面

「旧三井別邸地区」

○超難関のバリアフリーコース

1990年に全面開園した、大磯の高台を利用した入園無料の公園です。

その名の通り、明治期から三井家の別荘として整備された場所です。

正式なパンフレットに「バリアフリーで回れるコース」が記されていますが、決定的な段差が無い急坂で、現実的には車椅子での登坂は無理です。

 

○第一駐車場から管理事務所まで

来園者は「第一駐車場」を利用します。平日は無料ですが、土日祝は有料です。障害者減免制度があり、障害者手帳と駐車券を管理事務所に提示すると、駐車料金が無料に減免されます。

第一駐車場からバリアフリールートを探しても、急坂しか見えませんが、その坂がバリアフリールートの始まりです。

急坂に加え、路面は舗装路ながらデコボコがあります。また定間隔で溝があり車椅子の進行を妨げます。ただし溝は右端か左端がセメントで埋められ、幅70㎝ほどは溝による段差が解消されています。

駐車場から管理事務所まで距離は50m程度ですが、ここまでたどり着けない車椅子利用者も多いと思われる急坂です。

旧三井別邸

○展望台まで続く急坂ルート

管理事務所の横が「南門」。ここからが「旧三井別邸」の内部です。

ここから最奥部にある「ひかりの広場」に向かい、スイッチバックして「北蔵ギャラリー」の横を通過し、最高地点「展望台」を目指します。

この間のルートは、急坂で路面には軽度のゴツゴツがあり、そして5mおきに溝が連続します。

展望台付近にある公衆トイレには、障害者用トイレがあります。

展望台からは雄大な相模湾と真鶴半島、条件がよければ伊豆半島、伊豆諸島までを眺望します。三井家はこの地を接待所として活用していました。

展望台まで続く急坂ルート

帰りも同じ道を戻ります。

 

○北門横の障害者駐車区画

「旧三井別邸」には、東西南北四つの門があります。

ここまでご紹介したのはメインルートである「南門」ルートです。

車椅子利用の場合「西門」または「北門」から入ると、範囲は狭く「不動池」の周辺だけですが、段差なく且つアップダウンなく、車椅子で散策ができます。

その場合は「北門」横に1台分だけ無料で利用できる障害者用駐車区画があります。

 

「大磯町郷土資料館」

○資料館の概要

入館無料の町営資料館です。

2016年に展示内容をリニューアル。明治以後、別荘地として発展した大磯の紹介が加わりました。

一般的な町の郷土資料館と同じく、出土した土器などの展示から始まります。

近現代の大磯の紹介コーナーでは、大磯海水浴場が医師松本順の呼びかけで、明治18年に開設されたことや、その当時を写した絵が展示されています。

また著名人30人の大磯別荘マップの展示があります。

 

○アクセスの状況

利用する駐車場は「県立大磯城山公園第二駐車場」です。分かり難く狭い道を進みます。無料駐車場で、1台分障害者用駐車区画があります。

駐車場から資料館までの区間は、ほとんどが荒れた未舗装路面で、車椅子では慎重に進む必用があります。

むしろ荒れた未舗装路通路よりも「ふれあい広場」という芝生広場の中を通行したほうが楽かもしれません。当日の路面の状況で判断してください。

このあたりは三井家別荘の茶室の跡地です。

大磯町郷土資料館

○館内のバリアフリー状況

「大磯町郷土資料館」は1988年の開館です。

建物はクラシックですが、館内はワンフロアのフラット構造で車椅子での見学に大きな問題はりません。

館内に障害者用トイレがあります。今回取材時の状況では、設備はかなり古いものでした。

資料館の正面には三井家別荘の「欄間」が展示されます。

また吉田茂はもちろん、伊藤博文、松本順、島崎藤村、大隈重信・・・、と大磯別荘族が紹介されています。

大磯町郷土資料館

再建された旧吉田茂邸とその周囲はバリアフリーです。大磯城山公園は、車椅子での利用が難しい箇所がある公園です。