日光東照宮が学べる 日光だいや川公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

栃木県日光市、大谷川沿いに整備された「日光だいや川公園」は、オートキャンプ場、自然体験エリア、農業体験エリアなどがある広大な自然公園です。園内散策路は未舗装路が多く、車椅子での散策は無理のない範囲となりますが、農産物直売所「だいやの森旬菜館」と、日光東照宮の10分の一モデルが展示されている「だいや体験館」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。「だいやの森旬菜館」と「だいや体験館」を中心に「日光だいや川公園」のバリアフリー状況を紹介します。

「だいやの森旬菜館」は大駐車場に近いインフォメーションエリアにあります。大駐車場には数多くの身障者用駐車スペースが設けられています。

日光だいや川公園

大駐車場からインフォメーションエリアにかけて、フラットな舗装路面です。花時計の横を通り車椅子で農産物直売所へ移動できます。

日光だいや川公園

駐車場からみて右側の棟は「だいや亭無料休憩所」です。テクアウトコーナー、無料休憩スペース、バリアフリートイレがある施設です。

日光だいや川公園

左側の棟が農産物直売所「だいやの森旬菜館」です。段差のないバリアフリー設計の施設、車椅子で買い物ができます。

日光だいや川公園

出入口はフラットな自動ドア、店内にかけても段差のない構造です。「大谷川の清らかな水と、昼と夜の寒暖差のある気候で育つ」ので美味しい野菜ができるそうです。

日光だいや川公園

次に日光東照宮の10分の一モデルが展示されている「だいや体験館」を紹介します。インフォメーションエリアからは距離があるので、車で「西駐車場」へ移動することをお薦めします。西駐車場にも身障者用駐車スペースが設けられています。

日光だいや川公園

「だいや体験館」は「文化・創作体験エリア」にあります。周辺は車椅子で散策できる路が整備されています。

日光だいや川公園

西駐車場から「だいや体験館」まで、フラットな路面で移動できます。

日光だいや川公園

だいや体験館のエントランスは段差構造で、左側に段差回避スロープが設けられています。

日光だいや川公園

だいや体験館は土足禁止の施設です。今回取材時に体験館スタッフに車椅子での利用方法を尋ねたところ「路面が乾いていて、車椅子のタイヤの汚れもないので、そのまま入ってください」ということでした。できれば雑巾等を持参し、タイヤを拭いて入館することをお薦めします。

日光だいや川公園

無料公開されている常設展示室に日光東照宮の10分の一モデルがあります。展示室内はバリアフリー仕様、車椅子で見学できます。

日光だいや川公園

見事な精度で再現されたミニモデル。約100年前に制作された逸品です。今回取材時はスタッフが個別に解説をして下さいました。東照宮の理解が深まる展示です。ここから東照宮まで車で10分。事前学習に立ち寄ることが推奨されています。

日光だいや川公園

全体を俯瞰できる展望コーナーがあります。スロープを上がるので車椅子で利用可。それぞれの建物の配置にも意味があります。

日光だいや川公園

だいや体験館のバリアフリートイレはスペースに余裕がある個室で暖房設備付、ウォシュレット付き便器、ユニバーサルバッドが備えられています。

日光だいや川公園

日光だいや川公園内の「だいやの森旬菜館」と「だいや体験館」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

(本稿は2023年9月に執筆しました)

バリアフリーコースがある「霧降高原キスゲ平園地」の詳しいバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

白河 小峰城歴史館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

福島県白河市の中心部、JR白河駅の近くに復元された小峰城があります。小峰城の本丸周辺は段差路で、車椅子での見学は限られた範囲になりますが、平成31年に誕生したガイダンス施設「小峰城歴史館」はバリアフリー施設です。

小峰城歴史館

駅の近くですが「城山公園」として整備されていて、100台程度を収容する無料駐車場があり、身障者用駐車スペースが複数個所に設けられています。

小峰城歴史館

本丸周辺以外は車椅子で公園の散策ができます。公園は桜の名所です。

小峰城歴史館

園内に入ると芝生広場の先に石垣や本丸が見えます。

小峰城歴史館

車椅子で移動可能な散策路が整備されています。

小峰城歴史館

本丸への見学路の入口はバリアフリー改修が行われています。

小峰城歴史館

石垣の近くまで車椅子で移動できます。

小峰城歴史館

段差路の横がスロープ化されている箇所もあります。

小峰城歴史館

石垣の内側へのルートは段差路です。車椅子での小峰城見学は石垣の手前までです。

小峰城歴史館

本丸の近くにある「二ノ丸茶屋」はバリアフリーなお店です。

小峰城歴史館

店内に綺麗なバリアフリートイレがあります。一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

小峰城歴史館

小峰城歴史館に移動します。エントランス周辺は段差解消されていて、出入口はフラットな自動ドアです。

小峰城歴史館

小峰城歴史館は有料施設ですが、観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

小峰城歴史館

小峰城歴史館はワンフロア構造で展示室は3室。いずれもバリアフリー仕様。車椅子で問題なく観覧できます。

小峰城歴史館

ジオラマなどの展示物は車椅子からの目線で観覧できます。

小峰城歴史館

中庭にも展示物があり、室内から見学できます。

小峰城歴史館

館内のバリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

小峰城歴史館

小峰城歴史館は車椅子で観覧できるバリアフリー施設です。

(本稿は2023年8月に執筆しました)

白河の総鎮守「鹿嶋神社」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

白河 南湖公園 車椅子散策ガイド バリアフリー情報

福島県白河市の南湖公園は、白河藩主であった松平定信により1801年に築造された、日本最古の公園といわれています。「士民共楽」という理念のもと、身分の差に関係なく誰もが楽しめるように一般開放されました。湖水面積は17.7ヘクタール、周囲は約2キロメートル。園内に点在する17の景勝地「南湖十七景」などを散策する公園です。しかしながらバリアフリーではありません。「共楽亭」「翠楽苑」「南湖神社」「松風亭羅月庵」などの名所は、車椅子での観光は困難です。

白河市の南湖公園

アクセスは車が便利。メインの駐車場「南湖公園東広場」から車椅子で散策できる湖畔の範囲を紹介します。駐車場は未舗装路面です。なるべくスロープ路に近い場所に駐車してください。

白河市の南湖公園

駐車場から南湖の湖畔にあがるスロープ路があります。角度があるスロープで上がるには力が必要です。下りは車椅子後ろ向きをお薦めします。

白河市の南湖公園

スロープを登りきると「北の湖畔コース」方面が車椅子で通行できる路面です。

白河市の南湖公園

荒れた路面箇所もありますが、路面をみながら慎重に進めば車椅子で移動できます。

白河市の南湖公園

湖畔をしばらく進むと南湖公園の石碑がある広場に出ます。この区間が車椅子で散策できる湖畔コースです。

白河市の南湖公園

広場の横に蔵造りの甘味処があります。

白河市の南湖公園

店舗エントランスに段差はありません。店内もフラットなお店です。

白河市の南湖公園

白河市の南湖公園は、車椅子で散策できる範囲は限られる観光名所です。

(本稿は2023年8月に執筆しました)

白河市の農産物直売所「り菜あん」を別稿で掲載しています。ご参照ください。