奥日光 イタリア・英国大使館別荘 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

奥日光の中禅寺湖畔にある「イタリア大使館別荘記念公園」と「英国大使館別荘記念公園」は、バリアフリー施設ではありませんが、車椅子で一部を見学することができます。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

イタリア・英国大使館別荘

〇両大使館の歴史

イタリア大使館別荘と英国大使館別荘は、直線距離では200ⅿ程度離れた場所にあります。中禅寺湖の先には男体山、そして遠景には白根山を眺望する立地の湖岸です。

イタリア大使館別荘は昭和3年に建てられ、平成9年まで歴代大使が使用しました。そして栃木県に寄贈され、復元整備して平成12年から一般公開されています。

英国大使館別荘は明治29年に外交官アーネスト・サトウの個人別荘として建てられ、平成20年まで英国大使館別荘として使用されました。そして栃木県に寄贈され、復元整備して平成28年から一般公開されています。

イタリア・英国大使館別荘

〇観覧料の障がい者減免制度

両大使館別荘の内覧は有料。料金が割引になる共通入館券があります。「イタリア大使館別荘記念公園」と「英国大使館別荘記念公園」の観覧料は障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。どちらかの受付で障害者手帳を提示し、両館の見学を希望すると、無料の共通入館券を発行していただけます。

イタリア・英国大使館別荘

〇交通手段とおもいやり駐車場の状況

アクセスは船か車。夏季は路線バスも運行されています。渡航する場合は、中禅寺湖遊覧船に乗り「大使館別荘記念公園桟橋」で下船。そこから徒歩5分の案内です。

車の場合、もっとも近い駐車場は「歌ヶ浜おもいやり駐車場」です。ここに駐車できれば、英国大使館別荘まで200ⅿ程度、イタリア大使館別荘まで500ⅿ程度の距離です。

イタリア・英国大使館別荘

「歌ヶ浜おもいやり駐車場」は、障がいなどにより外出に配慮が必要な人のための駐車場とされ、健常者は少し遠い「歌ヶ浜第二駐車場」の利用が求められています。しかしながら、監視する人はいませんし、システム的なガードもない、利用者の良心に任せた運用です。身障者用駐車スペースとしてはっきり区画されているのは4台分。他のスペースを利用してさらに3台から4台が駐車可能な小さな駐車場です。駐車できるかは運任せになります。遠い「歌ヶ浜第二駐車場」からも舗装歩道は整備されています。

イタリア・英国大使館別荘

〇駐車場からのアクセスルートの状況

「歌ヶ浜おもいやり駐車場」を起点にした、両大使館別荘までのアクセスルートの状況です。

おもいやり駐車場からスロープで大使館別荘に向かう歩道に下ります。

イタリア・英国大使館別荘

このスロープは傾斜角度が緩いバリアフリースロープです。

イタリア・英国大使館別荘

舗装された歩道は、路面の経年劣化が目立ちます。ところどころにデコボコがあるので、慎重に車椅子を進めてください。そして途中にアップダウンがあります。元気な介助者がいれば何とか通行できる傾斜路です。

イタリア・英国大使館別荘

駐車場から150ⅿほど進むと、イタリア大使館別荘と英国大使館別荘の岐路があります。右に進むとすぐに英国大使館別荘、左に進むと約400ⅿ先がイタリア大使館別荘です。

イタリア・英国大使館別荘

ここから英国大使館別荘までは緩い下り坂。車椅子で問題なく移動できます。

イタリア大使館別荘までは、荒れた路面のアップダウンがある舗装路が続きます。坂道が苦手な車椅子利用者は、英国大使館別荘だけの見学にするのも作戦です。

なお両大使館間を200ⅿで移動できるショートカットコースがありますが、このルートは砂利路面と段差箇所がある未舗装路で、車椅子では通行できません。車椅子ではどちらかの大使館別荘にいってから、もう一度この岐路地点に戻り、もう一つの大使館別荘に移動します。したがって、両大使館別荘を見学する場合、健常者は「歌ヶ浜おもいやり駐車場」から約1㎞の歩行距離ですが、車椅子では約1.5㎞の走行距離になります。

イタリア・英国大使館別荘

〇イタリア大使館別荘記念公園のバリアフリー状況

本邸、国際避暑地歴史館の副邸、公衆トイレ棟、広場、湖畔のウッドデッキなどがあります。

ウッドデッキは階段構造で、車椅子で湖畔に近づくことはできません。

イタリア・英国大使館別荘

公衆トイレ棟には、バリアフリートイレが1つ用意されています。猿の侵入を防ぐために、思いドアを開閉して利用するトイレです。

国際避暑地歴史館は出入口に段差があります。そこを乗り越えられれば、内部はほぼフラットな構造です。

イタリア・英国大使館別荘

そして問題は本邸です。入口まではやや急な段差回避スロープ路を通行します。

イタリア・英国大使館別荘

そして玄関が下の写真のような段差構造です。迂回スロープはありません。ここで靴を脱いで、スリッパに履き替えて内覧します。

イタリア・英国大使館別荘

この段差を何らかの方法で乗り越えることができれば、イタリア大使館別荘本邸の1Fは車椅子で見学できます。1Fには売店があり、その奥にバリアフリートイレが用意されています。

イタリア・英国大使館別荘

2Fへは階段のみ。車椅子では見学できません。寝室などが再現されています。

イタリア・英国大使館別荘

イタリア・英国大使館別荘

様々な杉の皮が使用された素敵な内装です。1Fは居間や食堂の様子が再現されています。

イタリア・英国大使館別荘

イタリア・英国大使館別荘

イタリア・英国大使館別荘

床板、建具、家具などは、ほとんどが復元して再利用されたものです。

イタリア・英国大使館別荘

広縁からは、中禅寺湖を正面からみます。

イタリア・英国大使館別荘

外壁面にある暖炉煙突は迫力があります。

イタリア・英国大使館別荘

〇英国大使館別荘記念公園のバリアフリー状況

下の写真が英国大使館別荘記念公園入口です。左側の道が、エントランスまでのバリアフリールート。右は砂利道で、テラス前の公園スペースにつながります。

イタリア・英国大使館別荘

下の写真の手前にある平屋内に受付があります。

イタリア・英国大使館別荘

出入口に段差はありません。英国大使館別荘も土足禁止で、靴を脱いでスリッパに履き替えて内覧しますが、段差箇所にスロープがあるので車椅子で問題なく入館できます。車椅子のタイヤを拭いて館内に入ります。

イタリア・英国大使館別荘

1Fに綺麗なバリアフリートイレがあります。スペースは一般的なサイズで設備はフル装備です。ユニバーサルベッドはありません。

イタリア・英国大使館別荘

イタリア・英国大使館別荘

1Fの展示テーマは「アーネスト・サトウとサトウが愛した奥日光の紹介」です。二つの展示室で資料が展示されています。

イタリア・英国大使館別荘

イタリア・英国大使館別荘

広縁から中禅寺湖の眺望を楽しめます。

イタリア・英国大使館別荘

英国大使館別荘も2Fへは階段のみです。車椅子では見学できません。

イタリア・英国大使館別荘

2Fの展示テーマは「サトウが活躍した時代の英国文化の紹介と体験」です。資料の展示と、紅茶やスコーンなどの英国文化が楽しめるティールームが営業しています。

イタリア・英国大使館別荘

2Fの広縁から、中禅寺湖の眺望が楽しめます。

イタリア・英国大使館別荘

車椅子でのアクセスは必ずしもバリアフリーではありません。またすべての内覧は車椅子ではできません。その点を割り引いても「イタリア大使館別荘記念公園」と「英国大使館別荘記念公園」は、訪れる価値のある魅力的な文化遺産です。

(本稿は2021年7月に執筆しました)

百畳敷の大藤が咲く玉敷公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

古社「玉敷神社」が鎮座する聖地にして、「旧河野邸」の敷地が公開されている、埼玉県加須市騎西にある、樹齢450年以上の大藤で有名な公園です。今回の取材日は、藤ではなくアジサイの季節。玉敷公園はアジサイの名所でもあります。車椅子から見た現地の状況を紹介します。

〇駐車場の状況

アクセスは車が便利です。来園者用の無料駐車場があり、20台程度を収容。身障者用駐車スペースは1台分あります。大藤の開花時期は、近隣に臨時駐車場が開設されます。今回取材時も満車でした。その場合2~3台程度なら、駐車場の入口で空き待ちができます。駐車場の出入口は151号線側と神社側の2か所ありますが、151号線側の入口で空きを待つのがローカルルールです。

百畳敷の大藤が咲く玉敷公園

玉敷神社の参拝者用駐車場は別にあります。公園駐車場の神社側出入口の先にあり、10台程度を収容します。近年整備された新しい駐車場です。

百畳敷の大藤が咲く玉敷公園

〇大藤周辺の状況

樹齢450年以上とされる大藤。百畳敷は大げさな表現ではなく、枝が伸びる竹の囲みはとても広い空間です。その周囲は未舗装路面。路面は固いので、デコボコ箇所を避けて進めば車椅子で近づけます。ただし開花時は大混雑するので、車椅子での大藤鑑賞はおそらく簡単ではないでしょう。

百畳敷の大藤が咲く玉敷公園

大藤の他にも、周囲には巨大な藤が何本もあります。そのなかには舗装路面を通り、花の下まで移動できる木があります。鑑賞しやすい場所から、近づきやすい藤を楽しむことは出来そうです。

百畳敷の大藤が咲く玉敷公園

一般的によくあるタイプの藤棚もあります。舗装路面から問題なく車椅子で鑑賞できるでしょう。

百畳敷の大藤が咲く玉敷公園

大藤の奥には大きな碑が建つ広場がありますが未舗装路面。路面が固いので、少し無理をすれば車椅子が動きました。

百畳敷の大藤が咲く玉敷公園

〇玉敷神社の状況

創建は8世紀とも、2世紀とも伝承される古社です。公園の駐車場から少し移動すると、参道の入口があります。

玉敷神社

その先に一の鳥居。参道は社殿の手前まで舗装道路が整備されています。

玉敷神社

社殿域に入る箇所が2段の段差があり、段差回避スロープはありません。

玉敷神社

車椅子で無理をして進むとすると、鳥居の下は避けて、両脇の砂利路面に迂回して横から社殿域に入ります。ただし砂利が深いので、車椅子通行は苦戦します。

玉敷神社

拝殿の賽銭箱の手前には段はありません。本殿は江戸時代の造営。拝殿は明治時代の造営です。

玉敷神社

神楽殿では国の重要無形文化財に指定されている「玉敷神社神楽」が祭礼の際に奉奏されます。

玉敷神社

境内には八坂神社などお末社がいくつも祀られています。

玉敷神社

〇旧河野邸の状況

國學院大學の学長を務めた、河野省三氏の邸宅跡地が一般公開されています。

旧河野邸

河野家は玉敷神社の神官の家柄。省三氏も玉敷神社の社司を務めながら教鞭をとっていました。家屋は現存せず、門やお庭が残されています。

旧河野邸

この門は通用口が開放されていますが、段差構造のため車椅子では通行できません。

旧河野邸

お庭には藤棚とアジサイが植栽されています。そして存在感のある巨大なしだれ桜が一本。舗装通路があるので、車椅子でお庭を一周できます。

旧河野邸

見どころの一つ、鳥居と祠。

旧河野邸

案内板に紹介されている「水琴窟」はこれです。

旧河野邸

藤、アジサイ、そして桜。玉敷公園はお花を楽しむ公園です。今どきのバリアフリー施設ではありませんが、無理のない範囲から車椅子でお花を楽しむことができます。

(本稿は2021年6月に執筆しました)

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園 車椅子散策ガイド バリアフリー情報

藤と紫陽花の町、埼玉県加須市騎西にある公園です。6月のアジサイの季節は、アナベルが咲き誇る田んぼの中の道を車椅子で散策することができます。

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園

アクセスは車が便利です。無料駐車所があり、騎西総合体育館のエントランス前に身障者用駐車スペースが2台分あります。体育館の周りにもアナベルが植栽され、アジサイ鑑賞が楽しめます。

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園

体育館の別称は「ふじアリーナ」。藤の花の名を冠した大きな施設で、公園内の隣接地には見事な藤棚があります。藤棚の付近まで、路面は舗装されています。

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園

体育館の裏側は池。川面テラスに移動できるスロープが設置されています。

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園

車椅子でのアジサイ見物にお薦めなのは「紫陽花の遊歩道」です。駐車場から坂道を下りてアクセスします。

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園

「紫陽花の遊歩道」は騎西城方向へ420ⅿ続く歩行者専用道路。水田の中にある真っすぐでフラットな舗装路です。

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園

公園から反対方向に伸びる車道の歩道は、560ⅿ続く「藤の散歩道」。パーゴラが藤で、歩道の脇にアナベルが植栽されています。

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園

道路を挟んで釣りができる「中央公園」があります。総合公園とは段差回避スロープがある地下通路で連絡しています。

藤と紫陽花の名所 騎西総合公園

車でアクセスすればバリアフリーに散策が楽しめる「紫陽花の遊歩道」。ただし日差しを遮るものがないので、晴天の日は暑さに気を付けてください。

(本稿は2021年6月に執筆しました)