江戸城天守復元模型 皇居東御苑車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

2020年9月29日から、皇居東御苑内で「江戸城天守復元模型」の常設展示が始まりました。車椅子での観覧方法を紹介します。

江戸城天守復元模型 皇居東御苑車

○展示場所

江戸城天守復元模型が展示されるのは、皇居東御苑の本丸地区「本丸休憩所」に隣接して建てられた「本丸休憩所増築棟」です。観覧は無料。原則、皇居東御苑の開園日は見学できます。

江戸城天守復元模型 皇居東御苑車

○車椅子でのアクセス方法

皇居東御苑の本丸地区に行く、もっともアップダウンが少ないルートは、「北桔橋門」からのアクセスです。「天守台」の横を通り、「本丸休憩所増築棟」を目指します。ただし園外から北桔橋門までのアクセスはあまり便利ではなく、かつ「代官町通り」の坂道を通行します。

皇居東御苑

「大手門」からは、「大番所」の先から、傾斜のきつい坂道を上がります。

皇居東御苑

「平川門」からは、「梅林坂」の上り坂が車椅子の難所です。

皇居東御苑

○観覧方法

現時点では、コロナ対策で混雑時の入場制限と、検温が行われています。本丸休憩所増築棟の入口から、入場者の動線が区画されています。入場待ち列ができている場合は、前の人の間隔を十分にとり、その列に並びます。フラットな舗装路面なので、車椅子で列に並ぶことはできます。路上看板に待ち時間の目安が掲示されています。

江戸城天守復元模型 皇居東御苑車

途中で検温をします。そのままスタッフの誘導に従ってください。増築棟内の観覧者は、10名程度を上限にしています。退出者がでると、その人数分が棟内に誘導されます。入口で手指の消毒をしてください。

皇居東御苑

○棟内のバリアフリー状況

江戸城天守復元模型を四角く一周して観覧します。段差はなく、見学通路の幅は余裕があるので、問題なく車椅子で観覧できます。

江戸城天守復元模型 皇居東御苑車

四角の見学ルートの各辺上に、江戸城天守に関する解説が平面的に掲示されています。高さが低いので、車椅子からでも解説を読むことができます。

皇居東御苑

○復元模型の概要

江戸城の中心であった本丸には,慶長期、元和期、寛永期と3度にわたり天守が築かれました。その中から、資料が多く残り、確かな時代考証ができる寛永期の天守を、宮内庁が約2年をかけて復元しました。模型のスケールは30分の1で、高さは約2mです。

江戸城天守復元模型 皇居東御苑車

2020年3月から公開される予定でしたが、コロナ禍で延期されて9月の公開になりました。

江戸城天守復元模型 皇居東御苑車

皇居東御苑内の本丸地区へのアクセスにやや苦戦しますが、本丸休憩所増築棟まで行くことが出来れば、江戸城天守復元模型は車椅子で観覧できます。

(本稿は2020年10月に執筆しました)

東京池袋にインクルーシブ公園「としまキッズパーク」が開園

東京都豊島区は、2020年9月26日に「としまキッズパーク」を開園すると発表しました。豊島区によると「障害のある子もない子も一緒に遊べるインクルーシブ公園の第一歩として開園」します。

具体的には「車いすの子どもも座って遊べる砂場」、「誰でも横転の心配のない安全なブランコ」、「日差しを遮る屋根が付いたキッズハウス」などが整備されるということ。「中央にはミニSLが走る小さな子どもたちの夢の公園」と発表しています。(※写真は豊島区のHPより転載しています)

場所は池袋駅から東に約1㎞、造幣局東京支局跡地です。

コロナ対策として、当面の間は豊島区ホームページからの予約制で、午前10時から午後4時まで、利用時間は1時間の完全入替制で公開されます。

(生きるちから舎ニュース 2020年9月25日付)

渋谷区立宮下公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

3フロア商業施設の屋上に2020年誕生した新「宮下公園」は、渋谷区立の無料公園。フラットな舗装通路と芝生広場や運動施設があり、車椅子で通行できるバリアフリー公園です。公園に直結して有料駐車場が営業しています。

渋谷区立宮下公園

渋谷区立宮下公園

屋上公園につながるエレベーターは3系統あります。階段やエスカレーターがメイン動線なので、想定よりも利用者は少ない印象でした。

渋谷区立宮下公園

渋谷区立宮下公園

渋谷区立宮下公園

公園は中央部で道をまたぐ構造です。そしてアーチ状の構造物に植物を植栽して、緑の屋根ができる計画です。ただしキャノピー植栽による緑の天蓋が現れるには、まだ時間がかかりそうです。

渋谷区立宮下公園

渋谷区立宮下公園

渋谷区立宮下公園

公園内にあるカフェは、空いていれば車椅子で利用できます。

芝生広場と通路の境には大きな段差はないので、その気になれば車椅子で芝生広場内に入ることができます。

渋谷区立宮下公園

ビーチバレーができるサンドコート、ボルダリングウォール、スケート場などで、将来イベントが開催されれば、その周囲はフラットな通路なので、車椅子からの観戦は可能です。

渋谷区立宮下公園

新「宮下公園」は、エレベーターで屋上に上がり、車椅子で利用できる区立公園です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)