車椅子で行く水戸~茨城県立歴史館バリアフリー情報

1974年に開館した「茨城県立歴史館」は、博物館だけではなく、公文書館、古民家や明治の建築遺産の展示、公園と様々な機能があります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○障害者用駐車場の状況

アクセスは車が便利。大きな無料駐車場が用意されています。障害者用駐車区画の用意があるので、車椅子利用者も無料駐車場に進入して下さい。

そして無料駐車場は通り抜けて、歴史館建物の裏手へ進みます。そこに業務用の駐車場があります。障害者用駐車区画は、歴史館建物沿いの道に縦列駐車する形式で3台分が用意されています。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○駐車場から歴史館内へ

障害者用駐車区画から歴史館への車椅子の動線です。

歴史館建物の裏から、車椅子利用者は建物に入ることができます。段差解消スロープがあり、その先が通用口です。ドアを開けて建物へ入ると、守衛室の横を通ります。少し薄暗い通路をしばらく進むと手動ドアがあります。このドアを開けると歴史館1F総合案内横にでます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○博物館と公文書館

歴史館の建物内には2つの機能があります。

博物館としては、茨城県の歴史を解説する「常設展」、一橋徳川家から寄贈された美術工芸品などを展示する「一橋徳川家記念室」、そして年間4本程度開催される企画展「テーマ展」があります。博物館は有料展示です。

公文書館の利用は無料。30万点以上の古文書や公文書があり、閲覧できます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○障害者減免あり

博物館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。1F総合案内で入館手続きをおこないます。

館内のフロアはフラットなので、車椅子利用に大きな問題はありません。設備は古いトイレですが、障害者用トイレはあります。

 

○常設展示室は2F

博物館は1Fが企画展室と「一橋徳川家記念室」。2Fが常設展示室です。車椅子での上下階移動はエレベーターを利用します。

企画展が開催されていない時期は、構造上の問題から一般来場者はエレベーターが利用出来ないことがあります。車椅子利用者は、スタッフが付き添ってのエレベーター利用になります。2Fから1Fへ下りるときも同様です。スタッフに声をかけてエレベーターを利用してください。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○展示内容は真面目

常設展は江戸時代を中心に茨城の歴史の紹介。「一橋徳川家記念室」は徳川家から寄贈された6,000点の資料をテーマ別展示。常設展、記念室とも、極めて真面目な展示内容です。小さなお子様向けの展示はありません。内容的には小学校高学年以上の歴史好き向きです。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○公園と屋外展示物

この地には1970年まで水戸農業高校がありました。歴史館の敷地は広く、公園としての機能があり、歴史的建造物の展示があります。屋外の利用は無料です。

公園としては広い芝生エリアと野草園や池、茶室など。屋外展示物としては、明治14年築の校舎「旧水海道小学校本館」と、築300年の古民家「旧茂木家住宅」があり無料公開されています。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○歴史館から公園へ

歴史館から公園エリアへの車椅子での動線です。

歴史館正面玄関から外に出ると、段差解消スロープが両側に設置されています。歴史館建物側からみて、左手のスロープを利用すると、その先の歩道がゴツゴツ路面をフラットにしたバリアフリー改修路で、右手のスロープの先はゴツゴツ路面のままです。左側ルートで進むと、車椅子でバリアフリーに公園エリアに進むことができます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○校舎と旧家はバリア構造

「旧水海道小学校本館」と「旧茂木家住宅」は、内部は段差構造です。車椅子からは外観の見学になります。

 

 

複合施設「茨城県立歴史館」は、歴史館建物内はバリアフリーです。公園エリア通路も車椅子で通行可能。屋外展示物の内部は、段差構造で車椅子では利用できません。

車椅子で行く筑波研究学園都市~科学万博記念公園バリアフリー情報

1985年に開催された「つくば科学万博」会場跡地を活用した「科学万博記念公園」は、車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場は狭い

アクセスは車が便利です。50台程度を収容する無料駐車場がありますが、障害者用駐車区画はなく、舗装面は傷みがあり、園内への出入口は小さな段差があります。

休日の日中は満車の場合が多く、駐車場外に路上駐車が目立ちます。そのような状況では、車椅子で乗降する十分なスペースの確保に苦労する可能性が高い駐車場です。

 

○園内通路はバリアフリー

駐車場から園内に入れば、車椅子での散策に大きな問題はありません。障害者用トイレは、園内の公衆トイレに併設されています。

公園の名所「ぽっちゃん湖」は低地にあり階段ルートになりますが、迂回スロープルートが用意されています。

湖中央には車椅子で通行可能な小橋があり、そこから湖をみると大きな鯉が数多く生息。水鳥も棲んでいます。

やや長い迂回スロープになりますが、体力に問題がない車椅子利用者は「ぽっちゃん湖」まで進むことが出来ます。

 

○銀杏並木は直線歩道

中央部は自由に使える広い芝生広場で、その周囲は約300本の桜並木。テニスコートもあります。

駐車場の横の直線歩道は銀杏並木。この銀杏並木は200mほどある見事な並木です。もともとウォーキング・ジョギングコースとして設計されている直線歩道なのでバリアフリー。車椅子で快適に移動ができる銀杏並木です。

科学万博記念公園バリアフリー情報

○「科学の門」は万博閉幕後の作品

公園のシンボルは「科学の門」。高さ10mの四柱門の中央部に金属ボールが下げられ、4方面から見るとそれぞれ、アルキメデス、ガレリオ、ニュートン、エジソンの顔にみえるモニュメントです。車椅子での見学は可能です。

「科学の門」は万博の展示物ではなく、万博閉幕後にこの公園のために新設された門です。

 

○「ジャンボトロン」があった場所

ここは「つくば科学万博」の「Dブロック」。「緑と水のあふれる休憩場所」と位置付けられたエリアです。

ここにソニーの「ジャンボトロン」が設置されていました。25m×45mという、とんでもなく大きな画面をもつテレビ。科学万博のシンボルでした。現在テニスコートになっている地点が「ジャンボトロン」があった場所です。

 

 

アクセスは車が便利なのですが、駐車場のバリアフリーレベルは低い公園です。「科学万博記念公園」の園内は、車椅子で利用できます。

車椅子で行く箱根やすらぎの森 バリアフリー情報

「箱根やすらぎの森」は、芦ノ湖南岸に広がる自然公園です。また公園内には、有料施設「箱根町立森のふれあい館」があります。「箱根やすらぎの森」は車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○広い無料駐車場あり

「箱根やすらぎの森」は入園無料。44haの自然公園です。障害者用駐車区画の設定がある、広い無料駐車場があります。

公園の開放時間は17時まで。それを過ぎると駐車場から出られない、と掲示されています。また園内には照明設備がないので、冬場や濃霧の日の利用への注意があります。

箱根やすらぎの森 バリアフリー情報

○中心園路は激しいアップダウンあり

園内はまさに森。「中心園路」という散策路があり、一部区間が舗装されています。

舗装区間は駐車場から「展望所」まで。ただしこの区間はアップダウンが激しく、車椅子での散策は困難を伴います。

 

○展望所からの眺め

「展望所」は東屋のような構造で、芦ノ湖方面を眺望します。夏場は周囲の木々が生い茂り、ほとんど何も展望出来ません。冬場の葉が落ちた状態であれば、対岸の箱根神社などを眺望する展望場所です。

箱根やすらぎの森 バリアフリー情報

○森のふれあい館はバリアフリー

「箱根町立森のふれあい館」は2フロア構成。箱根の自然、動植物の生態などを展示解説する有料施設です。

障害者用トイレがあり、エレベーターがある施設で、車椅子での利用は可能です。入館料は障害者手帳の提示で、650円が600円に割引されます。

 

○森のふれあい館までは車移動可能

無料駐車場から先は、一般車両は通行止めです。ただし身体障害者は「箱根町立森のふれあい館」入口まで車両通行可、入口周辺に駐車可となっています。この区間も舗装路ですがアップダウンがあるので、車椅子利用者は森のふれあい館入口まで、車で移動することをお薦めします。

箱根やすらぎの森 バリアフリー情報

○有料入館者以外トイレ利用は禁止

「箱根町立森のふれあい館」の入口には、入館者以外は駐車場のトイレを利用してください、という掲示があります。

無料駐車場に公衆トイレがあり、障害者用が併設されています。また中心園路を進んだ先、急な上り坂にある公衆トイレにも、障害者用が併設されています。

 

○自然のままを楽しむ公園

森の中の散策路はオフロード。植栽は自然のまま。「箱根やすらぎの森」は、ワイルドな公園です。

 

 

「箱根やすらぎの森」は、アップダウンが激しいため、舗装路区間でも気軽に車椅子で散策できる森ではありません。「箱根町立森のふれあい館」は、車椅子で利用出来ます。