障がいのある人を守る 災害派遣福祉チーム「DCAT」「DWAT」

東日本大震災では、地震や津波の一時的な被害を逃れたものの、その後の避難生活で体調を崩して亡くなられた方が、3,000名以上いたと推定されています。

その後国が主導して、各都道府県で社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、ホームヘルパー、看護師、保育士らで構成される「災害派遣福祉チーム」を編成し、平時から有事を想定した「ネットワーク会議」を開催し、災害が発生した場合は一時避難所で速やかな福祉支援活動を行う体制づくりが進められています。

災害派遣福祉チームは、「Disaster Care Assistance Team」の略称で「DCAT(ディーキャット)」または「 Disaster Welfare Assistance Team」の略称で「DWAT(ディーワット)」と呼ばれています。

2016年に発生した熊本地震では、各県から災害派遣福祉チームが現地に派遣され、避難所などでの支援を行いました。以後、各地で発生した災害に、チームが派遣されています。一般的に1チームは4~6名程度で構成され、一定期間で交代して活動を行います。

災害派遣福祉チームが現地で行う主な活動内容は以下です。

・福祉避難所等への誘導

・災害時要配慮者へのアセスメント

・日常生活上の支援

・相談支援

・一般避難所内の環境整備

・本部、都道府県との連絡調整、状況等の報告

・被災市区町村や避難所管理者との連携

・他職種との連携

・被災地域の社会福祉施設等との連携

・後続のチームへの引継ぎ

医療スタッフによる災害支援組織は「災害派遣医療チーム」で「Disaster Medical Assistance Team」その略称は「DMAT」です。「DMAT」は法的に整備された活動ですが、「DCAT」または「DWAT」は明確な法的根拠はありません。全国社会福祉協議会の調査によると、2020年8月時点で、31府県で災害派遣福祉チームが設置されているそうです。

地域の一時避難所に指定されていることが多いのが、公立の学校です。文部科学省の調査によると、2019年4月時点で、避難所に指定されている公立学校のバリアフリー状況は以下になります。

・スロープなどにより段差が解消されている校舎・・・・66.6%

・多目的トイレが設置された校舎・・・・・・・・・・・65.2%

・スロープなどにより段差が解消されている体育館・・・63.8%

・多目的トイレが設置された体育館・・・・・・・・・・37.3%

文部科学省では、2025年までに既存公立校のバリアフリー化を推進する方針で、実施計画を検討しています。

障がい者や高齢者、小児などの災害弱者支援のために、災害派遣福祉チームが組織され、避難施設のバリアフリー化が進められています。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

群馬県西南部の「道の駅」を車椅子で巡る お薦めバリアフリードライブルート

群馬県西南部には、バリアフリーなドライブ拠点「道の駅」が数多くあります。道の駅に立ち寄りながらのドライブなら、障がいのある家族とのお出かけも安心です。お薦めできるドライブルートと、そこにある「道の駅」の車椅子から見た特徴を紹介します。

・道の駅上州おにし(本庄児玉IC⇒17㎞)

個性的な道の駅です。施設の横に廃校になった小学校の校舎と、車椅子で内部見学ができる竪穴式住居跡の保存施設があります。道の駅のショップと食事処は2Fで、エレベーターで上がります。1Fは郷土民俗資料館になっています。障害者用トイレは1Fと2Fにそれぞれ用意されています。

・道の駅万場の里(上州おにし⇒20㎞)

リニューアルで神流川を眺めるバリアフリーテラスが誕生しました。新しい名物としてお豆腐に力を入れています。車椅子で利用しやすい施設に生まれ変わりました。トイレの設備も更新されています。ショップの通路は、以前よりも広くなり、スペースに余裕ができました。

・道の駅上野(万場の里⇒13㎞)

群馬県の道の駅登録第一号の施設ですが、全面的に建て直されて、新しい施設に生まれ変わりました。現在ではバリアフリー面で大きな問題がない最新施設です。ショップとレストランは車椅子で利用しやすい、スペースにゆとりがある設計です。24時間トイレ棟はインドアトイレ構造で、メイン棟内にも別の障害者用トイレがあります。

近くにある「上野スカイブリッジ」は、車椅子で観光できるバリアフリー吊橋です。

上野村は、日航機墜落事故があった御巣鷹山がある村です。近隣に車椅子で参拝できる事故犠牲者の追悼施設があります。

・道の駅オアシスなんもく(上野⇒19㎞)

南牧川沿いに建つ細長い構造の施設です。新しい道の駅で、ショップ、食事処ともに、車椅子で利用できるバリアフリー設計。車椅子で山の恵みを楽しめます。駐車場は地下部にもありますが、車椅子利用者は1F部の駐車スペースの利用が便利です。障害者用駐車区画が1台分用意されています。

・道の駅しもにた(オアシスなんもく⇒9㎞)

大規模リニューアルでバリアフリーになりました。もちろん「下仁田ねぎ」が自慢です。ショップとフードコートが連結して、車椅子で利用しやすい広いスペースが確保されました。駐車場も拡張され、障害者用駐車区画が増設されています。

・道の駅甘楽(しもにた⇒13㎞)

城下町「小幡」にあります。レストランは本格的なピザ窯があるイタリアン。ショップではイタリア直輸入ワインが大量に販売されています。障害者用駐車区画を利用すると、ショップの裏入口に近いのですが、やや通路が狭いので、車椅子では正面入口に回ったほうが、通行は楽かもしれません。

・ららん藤岡(甘楽⇒17㎞)

観覧車がある超大型施設です。飲食店は寿司、ラーメン、蕎麦、レストランなど6軒。ショップは農産物直売所と「肉の駅」があります。ハイウェイオアシスで、一般道と高速道路上り線から利用できます。広い敷地に複数の施設がありますが、全エリアを車椅子で利用できます。施設面積が広いので移動距離が長くなります。足が悪い人が歩き回るのは、少し辛い距離かもしれません。(藤岡IC直結)

 

以上のルートで約100㎞のドライブコースです。この区間の一般道は、信号が少なく、あまり渋滞することはありません。平均速度30㎞程度で移動時間を計算できます。

(本稿は2020年9月に執筆しました。)

沼田・水上 車椅子で行く群馬県北部のバリアフリードライブコース

群馬県の北部、大自然と遊べる「沼田」と「水上」には、車椅子で利用できる観光施設があります。障がいのある家族と一緒に楽しめる、バリアフリーなドライブコースを紹介します。

「沼田コース」

・川場田園プラザ(沼田IC⇒6㎞)

一日まるごと遊べる道の駅。食事、買い物、散策が楽しめる大型施設です。時間の余裕をもって、ゆっくり過ごしてください。

・花の駅片品(川場田園プラザ⇒16㎞)

日帰り温泉、レストラン、農産物直売所、庭園がある施設です。周囲の道は地元の人が育てるお花で飾られます。

・道の駅尾瀬たかしな(花の駅片品⇒9㎞)

2018年に開業した新しい施設です。展望テラスから尾瀬の山並みを眺めることができます。「湧水コーナー」があり、2本の蛇口から片品の名水が流れ出ています。

・道の駅白沢(尾瀬たかしな⇒20㎞)

日帰り温泉と直売所がある施設です。開業年次は古い施設ですが、産直ショップや休憩スペースの車椅子利用に大きな問題はありません。(18㎞⇒沼田IC)

沼田・水上 車椅子で行く群馬県北部のバリアフリードライブコース

「水上コース」

・月夜野はーべすと矢瀬親水公園(月夜野IC⇒7㎞)

直売所と大きな公園そして矢瀬遺跡のエリアがある施設です。「矢瀬親水公園」と「矢瀬遺跡」は、舗装された散策路を車椅子で移動することが出来ます。

・たくみの里(月夜野はーべすと⇒10㎞)

核施設は道の駅登録をしているバリアフリー施設です。広大な敷地に数多くの施設が点在し、一部の店舗は段差構造なので、バリアフリー店舗を選び利用して下さい。

「野仏巡り」は、幾つかの野仏が階段の上なので、車椅子ではすべてを巡るのは困難です。野仏を選び、お参りしてください。

・赤谷湖記念公園(たくみの里⇒4㎞)

猿ヶ京温泉の入口にあるダム湖です。ダム名は「相俣ダム」。公園の先にあるダム管理事務所付近から、堰止湖の全体を眺望することができます。

・谷川岳ロープウェイ(赤谷湖⇒25㎞)

ロープウェイは一般的な車椅子なら乗車可能です。駅構内はエレベーターとスロープを利用して車椅子で移動できます。ロープウェイへの乗降は、スタッフのサポートがあります。ロープウェイ内では、スペースの関係で車椅子は横向き乗車です。終点の天神平周辺は未舗装路面で、車椅子では無理のない範囲で眺望を楽しみます。

・みなかみ水紀行館(ロープウェイ駅⇒11㎞)

道の駅登録がある施設で、直売所と資料館などがあります。名称「諏訪峡」に隣接した施設で、短い急スロープを下れば、車椅子で渓谷を眺めることができます。(水上IC⇒3㎞)

沼田・水上 車椅子で行く群馬県北部のバリアフリードライブコース

「沼田コース」「水上コース」ともに、車椅子で大自然を楽しみ、美味しい空気を吸い、綺麗な水と親しめるコースです。

(本稿は2020年9月に執筆しました)