天皇陵 武蔵陵墓地 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

大正天皇と皇后、昭和天皇と皇后の陵墓は、東京都八王子市にあり、自由に参拝ができます。武蔵陵墓地内は砂利路面ですが、完全ではありませんが車椅子参拝のために舗装路面が用意されています。車椅子で参拝できる範囲と場所など、現地のバリアフリー状況を紹介します。

天皇陵 武蔵陵墓地

〇車椅子でのアクセス方法

高尾駅から最短ルートで1.5kmと案内されています。多摩御陵入口から、正規の参道を通行するルートだと、御陵の入口地点まで2km以上ある遠回りルートになります。そして陵墓まで、入口から御陵内を往復で1km以上を移動します。

御陵入口に参拝者用の無料駐車場が用意されています。障害者用駐車区画の設定はありませんが、舗装路面の広い駐車場で滅多に混雑することはないので、車椅子で乗降しやすい場所に駐車できます。

天皇陵 武蔵陵墓地

長距離移動が苦手な車椅子利用者は、マイカーまたはタクシーでの参拝をお薦めします。

 

〇バリアフリールートの概要

現地の「陵墓参拝のご案内」板の地図に、「玉砂利道」と「舗装路」が色分けされて示されています。

天皇陵 武蔵陵墓地

「舗装路」には全面舗装路と、道端の1.5ⅿだけが舗装されている部分舗装路があります。

「玉砂利道」の多くは、車椅子は動かないほどの深い砂利ではありません。力強く車椅子を押す、あるいは前輪を浮かす、または後ろ向きで慎重に移動するなどの方法により、快適ではありませんが短距離なら一般的な車椅子で移動できないことはない砂利道です。写真は表参道入口の路面状況です。

天皇陵 武蔵陵墓地

可能な限り「舗装路」を通行して、御陵入口から近い順に参拝すると、「武蔵野陵」の香淳皇后陵墓、昭和天皇陵墓、そして「多摩陵」の貞明皇后陵墓、大正天皇陵墓の順になります。このルート順でバリアフリー状況を紹介します。

 

〇駐車場から香淳皇后陵墓まで

駐車場内にトイレ棟があり、バリアフリートイレが用意されています。武蔵陵墓地内のトイレは、ここだけです。

天皇陵 武蔵陵墓地

駐車場から北参道に移動します。ここまでは全面舗装路面です。

天皇陵 武蔵陵墓地

木立に覆われる北参道も全面舗装路です。問題なく車椅子で移動できます。

天皇陵 武蔵陵墓地

新参道に入ります。ここは道端だけの部分舗装路です。北参道から舗装路面の上だけを通行して新参道に移動できます。

天皇陵 武蔵陵墓地

新参道の右側の舗装部を通り、香淳皇后陵墓である「武蔵野東陵」のエリアに行くことができます。武蔵野東陵内の部分舗装路は、正面からみて手前と右側の2辺に整備されています。奥と左側の2辺は砂利路面だけです。したがって車椅子で舗装路面を外れずに参拝するスポットは、手前の舗装路の中央付近、鳥居の正面です。

天皇陵 武蔵陵墓地

〇昭和天皇陵墓の状況

武蔵野東陵から昭和天皇陵墓である「武蔵野陵」に移動します。ここで短距離ですが、砂利路面の移動が必須になります。武蔵野陵内の部分舗装路は、左右と手前の3辺に整備されていますが、手前の参道中央部には舗装路面がありません。砂利路面の通行距離が最短になるルートは、武蔵野東陵手前の舗装路の中央付近から、部分舗装路を通り新参道に戻り、そこで新参道の中央部の玉砂利道を横断して、新参道の反対左側の部分舗装路に移動します。そして部分舗装路を通り武蔵野陵の手前左側に向かいます。武蔵野陵は、真正面の位置には部分舗装路がありません。斜めから参拝することになります。

天皇陵 武蔵陵墓地

〇貞明皇后陵墓まで

武蔵野陵の手前左側から、貞明皇后陵墓である「多摩東陵」に移動します。新参道の部分舗装路を通り、西参道に向かいます。西参道は全面舗装路です。

天皇陵 武蔵陵墓地

西参道の先が「多摩東陵」です。多摩東陵内のエリアは、左右と手前の3辺に部分舗装路があります。車椅子で舗装路面を外れずに参拝するベストスポットは、手前の舗装路の中央付近、鳥居の正面です。

天皇陵 武蔵陵墓地

〇大正天皇陵墓の状況

多摩東陵から大正天皇陵墓である「多摩陵」へ移動します。多摩陵内のエリアで部分舗装路があるのは正面からみて右辺だけです。右の部分舗装路を進むと、4段の第一段差を回避するスロープがあり、舗装路面だけを通行してスロープに移動できます。スロープは折り返し式で、傾斜角度は緩く、問題なく車椅子で通行できます。

天皇陵 武蔵陵墓地

スロープを出ると4段の上の高さに出ますが、スロープの先は砂利路面です。

天皇陵 武蔵陵墓地

多摩陵の正面までは、まだ20ⅿ程度の距離があります。ここの砂利路面も、快適ではありませんが、少し無理をすれば車椅子で移動することはできます。

天皇陵 武蔵陵墓地

多摩陵の正面まで移動できれば、第二段差の手前、以下のような参拝スポットに到着します。

天皇陵 武蔵陵墓地

〇多摩陵から駐車場まで

これで四陵墓の参拝が終わりました。極力舗装路面を通行する帰りのルートは、西参道から新参道、そして北参道です。行きと同じく、玉砂利道を横断する箇所は新参道の一か所です。全移動距離は1km強。豊かな緑の中を通行します。今回取材時は、多くの場所で野鳥のさえずりが楽しめました。

天皇陵 武蔵陵墓地

大正昭和の天皇皇后陵がある武蔵陵墓地。通常は三密とは無念な、静かで落ち着いた空間です。完全ではありませんが舗装路が整備されているので、車椅子での参拝は可能です。

(本稿は2021年4月に執筆しました)

相模原 藤野芸術の家 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

神奈川県相模原市、相模湖から近い山中に建つ施設です。芸術棟、宿泊棟、レストラン、野外スペースがあり、工房でアート体験が出来ます。バリアフリー仕様ですが、傾斜地にあるので、施設内には段差があります。車椅子で利用する際に、知っていると役立つ現地の状況を紹介します。

〇アクセスは車が便利

アップダウンがある山中にあり、徒歩圏に駅はなく、バスの運行本数は少ないので、アクセスは車が便利です。相模湖ICからは、渋滞がなければ10分ほどの距離です。

観光地である相模湖に近い場所ですが、藤野芸術の家に近づくと、一部狭い山岳道路を通行します。逆方向の津久井湖方面からアクセスすると、本格的に狭い山岳道路の区間を通行します。気を付けて運転してアクセスしてください。

 

〇駐車場の状況

約70台を収容する舗装された無料駐車場があり、障害者用駐車区画は屋根なしで2台分用意されています。

藤野芸術の家

そこからほぼフラットな舗装区間を通行して芸術棟のエントランスに向かうことができます。出入口は自動ドアです。

野外スペースを利用する場合は、そこにある駐車場の利用が便利です。

藤野芸術の家

芸術棟を正面からみて、右側の道が野外スペース駐車場に通じる車道です。

藤野芸術の家

〇芸術棟のバリアフリー状況

半円形の自動ドアです。車椅子で問題なく通過できます。

藤野芸術の家

中に入ると広いロビー空間があります。右手が受付及び事務所スペースです。

藤野芸術の家

シンボルツリーなのか、吹き抜けの天井までとどきそうな巨木が迎えてくれます。

藤野芸術の家

事務所の横に、車椅子で利用できるバリアフリー施設であることが、掲示されています。

藤野芸術の家

エントランスがあるのは、芸術棟の最上階3Fです。奥に進む通路は音のプロムナードで、人感センサーで通行人を認識すると、様々な音が鳴ります。

藤野芸術の家

3Fの奥には音楽スタジオなどがあり、また演奏ができるイベントスペースもあります。障がい者施設のレクリエーションにも、利用されています。

藤野芸術の家

芸術棟には1基エレベーターがあります。車椅子ではこれを利用して、2Fのクリエーションホール、1Fの工房にアクセスします。どちらも構造的には車椅子で利用できます。体験プログラム及びイベントなどに車椅子で参加できるかは、その人の障がいの状況や企画次第です。個別に確認して利用してください。

藤野芸術の家

1Fから野外ステージへのルートは、未舗装段差路で車椅子では移動できません。

バリアフリートイレは3Fと1Fにあります。写真は3Fのトイレ。今回取材時の状況では、懐かしい形状の便器が備えられていました。ウォシュレットはありません。ユニバーサルベッドもありません。

藤野芸術の家

〇宿泊棟の概要

障がい者施設の宿泊にも利用される施設です。和室と洋室あわせて17室あり、最大で100名宿泊可能です。3Fから5Fまでの3フロア構造で、バリアフリートイレは3Fに用意されています。利用者の障がいの状況次第ですが、手頃な価格で施設の外泊イベントに利用できる可能性がある宿泊施設です。

藤野芸術の家

〇レストランの状況

駐車場がある高さはレストランの2Fで、食事をするスペースはその下の1Fです。

一般ルートは、駐車場から屋外階段路を下りて、レストランのエントランスに向かいます。階段の下がレストランのエントランスです。

藤野芸術の家

車椅子の場合、芸術棟または宿泊棟のエレベーターを利用して、1Fに下ります。芸術棟からのアクセスルートは、手動ドアを通過して外に出ます。このドアは狭く、ドアの下には小さな段差があるので、車椅子での通過はやや苦戦します。

レストラン内の席は可動式のテーブル席が中心です。車椅子での利用が可能です。

 

傾斜地に建つ施設なので、初めての車椅子での利用では、上下階の移動方法がポイントです。またレストランのアクセスルートも、わかり難いかもしれません。藤野芸術の家は、基本的にはバリアフリー施設です。スタッフに移動ルートを確認して利用してください。

(本稿は2021年4月に執筆しました)

ブランチ横浜南部市場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

神奈川県横浜市金沢区にある、昔ながらの市場のイメージ「横浜南部市場食の専門店街」と、今どきの雰囲気の商業施設「ブランチ横浜」が一体になった人気施設です。

年末などは周辺道路が大渋滞するほどの混雑になりました。通常の週末も朝一番で駐車場が満車になるほど混雑します。車椅子で利用できるバリアフリーな商業施設ですが、混雑している状況での利用を想定して、車椅子からみた注意点などを紹介します。

ブランチ横浜南部市場

〇駅からのアクセスと駐車場のバリアフリー状況

シーサイドライン「南部市場駅」が、施設の目の前にあります。駅からはエレベーターがあるバリアフリールートが整備されています。

来場者用の駐車場は、P1からP3まで、3か所に分かれています。P1は横浜南部市場棟に近いエリアで屋外屋根なしの駐車場。今回取材時は、障害者用駐車区画は発見できませんでした。

P2はブランチ横浜の前の屋外駐車場。もっとも施設寄りの場所に障害者用駐車区画が2~3台分用意されています。P2からは、車道を横断して施設に向かいます。

P3はブランチ横浜棟の2Fと屋上を利用した駐車場です。障害者用駐車区画は、2Fの屋外部に1台分、屋内部に2台分あります。屋外の1台分からは、折り返しスロープでエレベーターホールに移動します。屋内部の2台分からは、そのままフラットに横移動してエレベーターホールに行くことができます。エレベーターは2基あります。

したがって一般的に最も車椅子で利用しやすい駐車場は、P3の2F屋内の障害者用駐車区画だと思われます。

ブランチ横浜南部市場

〇渋滞時の車でのアクセス方法

ブランチ横浜南部市場への車での進入交差点は、国道357号線の「南部市場前」と「第1機動隊入口」の2か所です。両交差点とも右折進入は可能です。

そしてP1からP3の駐車場は、混雑時は左折入庫、左折出庫がルールです。

「南部市場前」から進入すると、最初にP1、次にP3の入庫入口があります。出庫時は左折して「第1機動隊入口」から国道に出ます。

「第1機動隊入口」から進入すると、P2駐車場の利用になります。出庫すると「南部市場前」から国道に出ます。

混雑時に渋滞するのは、主に「南部市場前」交差点です。特に左折で進入する交通量が多く、首都高速の杉田出口付近から国道357号線が渋滞することが珍しくありません。この大渋滞を回避したい場合は、八景島方面から国道357号線で第1機動隊入口交差点に行き、右折で進入します。この場合駐車場はP2の利用になります。

P1またはP3を利用したい場合は、八景島方面から国道357号線で南部市場前から右折で進入します。この右折からの進入は、第1機動隊入口交差点からの進入よりも、渋滞により時間がかかることが多いようです。

駐車場の収容台数は合計で775台と案内されています。満車でも適当に回転するので、待ち時間はかかりますが、通常の週末なら駐車できないことはありません。

ブランチ横浜南部市場

〇バリアフリートイレの状況

集客力のある人気施設にしては、トイレの数は多くはありません。施設全体でトイレは4か所。バリアフリートイレはそのうちの2か所に各1つ用意されています。ユニバーサルベッドはありません。

ブランチ横浜南部市場

バリアフリートイレは、マーケット広場に近い屋内型トイレと、横浜南部市場の駐車場側の外から利用するトイレにあります。海辺広場に近い新しいトイレには、バリアフリートイレはありません。

あくまで混雑時の状況ですが、マーケット広場に近い屋内型トイレは混みます。赤ちゃん休憩室は別に1室ありますが、狭い空間に列ができていました。また一般トイレが混雑しているためか、健常者のバリアフリートイレ利用を見かけました。

ブランチ横浜南部市場

横浜南部市場の駐車場側の外から利用するトイレは、設備は古いトイレですが、トイレ自体は混雑していません。ちなみにトイレの横にあるエレベーターは、横浜南部市場の3Fに上がるエレベーターです。3Fには歯科と床屋があります。

ブランチ横浜南部市場

〇マーケット内の混雑ポイント

スーパーマーケット「エイビイ南部市場店」は人気です。混雑時は入店規制がかかり、マーケット広場方面に待機の列はできます。そしてエイビイのカートを利用したまま、ブランチ横浜南部市場を買い物する人が多数います。そのためカートによって車椅子の移動がブロックされるシーンや、カート利用者でエレベーターに行列ができる場面が多々ありました。そういう特性のある商業施設だと覚悟して、車椅子で利用してください。

施設内の通路で、最も混雑していたのは、八百屋「みなみ」と干物「山安」に挟まれた一帯でした。この付近からマーケット広場に近い屋内型トイレ入口までが、車椅子での通行に苦戦するレベルの混雑状況でした。コロナ対策の観点からも、混雑時は迂回することをお薦めします。もっとも屋外型施設なので風通しはよい環境です。

ブランチ横浜南部市場

横浜南部市場食の専門店街内も、混雑時はなかなかの人通りになる箇所があります。ここも屋根はありますが、同じく風通しはよい環境です。

ブランチ横浜南部市場

〇店舗のバリアフリー概況

スーパーマーケットや家電量販店、百均などは、スペースにゆとりのある大型店舗です。

それ以外の中小物販店舗の多くは路面店で、販売台がオープンな構造のお店が多く、ほとんどのお店は車椅子で買い物が可能です。

ブランチ横浜南部市場

飲食店は、フラットな構造で可動式のテーブル席があるお店が多く、ほとんどのお店は車椅子で利用できそうです。お弁当などテイクアウト商品を販売しているお店が多々あるので、休憩コーナーのフリーテーブルで飲食を楽しんでいる人が大勢いました。感染防止には気を付けたいところです。

ブランチ横浜南部市場

〇広場のバリアフリー概況

施設の中央部にあるマーケット広場は、フラットな舗装路面のスペースです。今回取材時はキャンピングカーのイベントが開催されていました。

ブランチ横浜南部市場

海辺広場は、芝生広場とその周囲に散策路があるスペースです。

ブランチ横浜南部市場

散策路は舗装路面なので車椅子で移動可能です。ただしそこから見る海の眺望は、それほどワイドではありません。

ブランチ横浜南部市場

海辺広場に隣接して、ベンチが設置された舗装路面のオープンスペースがあります。芝生広場内に植栽されているのはシンボルツリーのシマサルスベリ、オープンスペースの樹木は、ヒトツバタゴの並木です。

ブランチ横浜南部市場

〇ブランチ横浜南部市場の歴史

1973年に開業した横浜南部市場は、中央卸売市場としては2003年に廃止されました。そして事業者が横浜市と20年間の定期借地契約を結び「食のライブマーケット~地域と人が食でつながる交流拠点~」をコンセプトに、新しい施設として2019年に開業したのがブランチ横浜南部市場です。

ブランチ横浜南部市場

新しい施設なので、ブランチ横浜南部市場はバリアフリー仕様です。ただし週末などは混雑するので、状況に応じて上手にご利用ください。

(本稿は2021年4月に執筆しました)