東京国立近代美術館「横山大観展」車椅子バリアフリー情報

東京都千代田区の東京国立近代美術館で、2018年4月13日から5月27日の開催「横山大観展」に車椅子で出かけました。混雑していましたが入場制限はなく、車椅子からでも一部の作品を除き鑑賞が可能でした。

東京国立近代美術館 横山大観展

○会場はバリアフリー

東京国立近代美術館は車椅子での利用に大きな問題はありません。

身体障害のある人は、前庭への駐車を許可していただけます。今回訪問時は混雑が予想されるため、健常者が運転する車両は、裏の駐車場へ誘導されていました。

「横山大観展」は障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。

会場は1Fに第一会場と第二会場。2Fに第三会場。3つの会場に区分けされて開催される大規模な企画展です。いずれの会場も床面はフラットなので、車椅子での利用は可能です。

東京国立近代美術館 横山大観展

○上から見るショーケースあり

ほとんどの作品は壁面に展示され、車椅子からでも鑑賞可能です。一部の小作品は、上から除くタイプのショーケースの中に展示されます。

このタイプの展示は車椅子では苦戦します。特に混雑しているとショーケースに人垣が出来るので、車椅子からの鑑賞はよりハードルがあがります。今回はこの種の展示ケースの作品の鑑賞は、諦めました。

東京国立近代美術館 横山大観展

○重文「生々流転」の車椅子鑑賞は難しい

第二会場の展示は重要文化財指定の「生々流転」。全長40mの日本一長い画巻の展示です。この展示が斜め上から覗く40mの長いケースの中。健常者は列をつくり、横に移動しながら鑑賞します。

このタイプの展示は車椅子からの鑑賞は厳しい。列の後ろ側から、隙間から覗いて鑑賞しました。できれば壁面の高所に展示していただきたい長い画巻です。

 

○お土産コーナーの通路は狭い

2Fの第三会場へはエレベーターで。この会場は展示品は少数で実質はお土産コーナーです。お土産コーナーの通路幅は狭く、混雑しているので車椅子では素通りするもの大変。ましてやお土産品をゆっくりみるのは至難。お土産に興味の薄い車椅子利用者は、第三会場内には立寄らないのも選択肢です。

 

○大観はデッサンが下手だった

会場内の解説で面白かったことを一つご紹介。人体のバランスが悪い人物画の解説が「この作品はデッサンが下手な大観をよく現している・・・」とありました。写実的な描写は実は苦手な画家だそうです。

東京会場の次は京都会場に巡回します。100点近い大観の回顧展。車椅子利用者は、定石通りに空き日を狙ってお出かけください。

国立新美術館 「こいのぼりなう」車椅子バリアフリー情報

国立新美術館で2018年4月11日から5月28日の開催。300匹超のコイノボリが室内を泳ぐ「こいのぼりなう」。

この企画は2008年にワシントンDCで、2014年にはパリで開催されたということです。

会場は美術館で最も大きい展示室。天井高は8mあります。

国立新美術館 こいのぼりなう

○入場無料、バリアフリー

主催は国立新美術館。協賛企業は2社。入場無料の企画展です。

展示室内は天井から吊り下げられたコイノボリが約300匹。その下には自由に使用できるクッションが多数置かれ、寝そべるようにしてコイノボリを見上げることができます。

国立新美術館はバリアフリー施設です。展示会場内はフラット構造。車椅子から降りることが出来る人なら、クッションに移ってコイノボリを鑑賞することも出来ます。

国立新美術館 こいのぼりなう

○どちらかといえば「吹き流し」かも

作品は、日本の布の魅力をデザインしたコイノボリ。顔も頭もありません。一匹単位で見れば、コイノボリ、というよりも、デザイン的には「吹き流し」に近いかもしれません。ただ不思議と全体を俯瞰すると、コイノボリに見えます。

国立新美術館 こいのぼりなう

「こいのぼりなう」。車椅子で楽める企画です。

国立新美術館 こいのぼりなう

国立新美術館は車椅子で安心して利用できる施設です。

皇居東御苑 三の丸尚蔵館  「明治の御慶事」 バリアフリー情報

車椅子で行く皇居東御苑内の宮内庁三の丸尚蔵館。第80回展は「明治の御慶事」。2018年4月28日から8月5日までの開催で、期間中に2度の展示替えがあります。

現地のバリアフリー状況を紹介します。

○近代皇室誕生の歴史展

明治150年を記念した企画展です。サブコピーは「皇室の近代事始めとその歩み」。近代皇室の基盤が整備された明治時代を、皇室の慶事から紹介する企画展です。

三の丸尚蔵館 明治の御慶事

○伝統と革新の調和

欧米列強に対抗するために、急いで近代化を図った明治時代。宮廷の伝統と西欧化の融合が、時代と共に進む様が興味深い展示会です。

明治天皇即位は京都御所。この時代はほぼ純和風。

東京遷都後、明治宮殿が竣工したのは明治21年。

展示作品をみると、この頃には近代化、西欧化が進んだことが改めて分かります。

三の丸尚蔵館 明治の御慶事

○何が御慶事か

明治の御慶事とは具体的には何か。本展では明治天皇即位、明治宮殿竣工、憲法発布式、明治天皇大婚25周年、皇太子ご成婚などが取り上げられます。

式典を描いた絵画、贈られた、あるいは飾られた装飾品や絵画、そして写真など。希少な明治天皇の肖像写真も展示されています。

三の丸尚蔵館 明治の御慶事

○三の丸尚蔵館はバリアフリー

三の丸尚蔵館は大手門から近く、車椅子での利用が可能な施設です。入館無料。障害者用トイレは、三の丸尚蔵館横の公衆トイレに併設されています。入口はスロープ対応で館内はフラットです。

車椅子での鑑賞に問題があるとすれば混雑です。皇居東御苑は海外からの観光客に大人気のスポット。したがって平日だからといって、空いているとは限りません。また閉園日があるので、開園カレンダーを確認してお出かけしてください。

○小さなドレスと靴

前期だけの展示予定ですが、大婚25年の式典で着用されたドレスと靴の展示がありました。とても小さい。明治時代の日本人の体格が想像できます。

列強に追いつけ追い越せ。天皇を中心に近代国家の整備を急いだ明治時代の様子や、美術作品を観る企画展です。展示替え期間は休館日があります。カレンダーを確認してご利用ください。