横浜美術館 ヨコハマトリエンナーレ2017 バリアフリー情報

神奈川県横浜市の3年に一度の現代アート祭「ヨコハマトリエンナーレ2017」。主会場である横浜美術館のバリアフリー状況を紹介します。

・解りやすいアートが大集合

「ヨコハマトリエンナーレ2017」は、2017年8月4日から11月5日の開催です。

解りやすい現代アートが展示されました。現代アートに縁の薄い方も親しみやすい作品群です。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・手帳で駐車場は90分無料

車利用の車椅子利用者は専用駐車場の利用が便利です。横浜美術館の1Fは屋内駐車場。みなとみらいエリアの駐車場が満車が多くても、比較的空きの可能性が高い駐車場です。障害者用駐車区画は歩行者出口付近に5台分確保。美術館入館手続きの際に駐車券を提示すると90分無料減免措置を受けられます。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・美術館入口までは外通路を通る

1F屋内駐車場からエレベーターで2Fへ移動します。2Fの高さが美術館フロア。エレベーターから美術館入口までは外通路を通ります。シッカリとした屋根の下なので、普通の雨なら濡れませんが、外気にあたるので寒い日は用心してください。体力に不安のある重度障害の方は、屋内駐車場から外を通ることを想定した備えが必要です。移動する路面はフラット。車椅子の通行に大きな問題はありません。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・美術館内エレベーターは一基のみ

横浜美術館は2Fと3Fの2フロア構造。「ヨコハマトリエンナーレ2017」は2フロアを使用したフル展示です。

一般利用者は2Fで受付をして3Fへは階段利用。車椅子利用者はスタッフがエレベーターに誘導します。館内のエレベーターは一基のみ。帰りも同じ手順です。

障害者用トイレは2F・3Fの両フロアとも配置されています。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・階段部の展示は遠くから見る

ほぼ全ての展示作品を車椅子から鑑賞できます。例外は2Fと3Fをつなぐ2ヵ所の階段部の展示作品。階段の途中に展示された作品なので、車椅子では遠くからの鑑賞になります。

階段部以外は、通路幅に余裕があり車椅子からとても鑑賞しやすい展示です。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・多少騒いでも許される雰囲気

騒いでしまうタイプの障害のある人と美術館に行くと心配しますが、「ヨコハマトリエンナーレ2017」はその点はユルイ雰囲気です。ハチャメチャをしてはいけませんが、多少の興奮状態なら許される空気です。もちろん作品に触ってはいけません。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」トリエンナーレ=3年毎。次回は2020年です。

市原史跡上総国分尼寺跡展示館 バリアフリー情報

千葉県市原市の「市原史跡上総国分尼寺跡」には、車椅子で見学ができる復元された回廊とガイダンス施設があります。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

・復元された中門、金堂、回廊

奈良時代に日本各地に建立された国分寺。上総国国分尼寺の史跡に、往時の様を再現した復元施設とガイダンス施設があり、いずれも入場入館無料です。

スロープがあり車椅子での見学は可能です。

独立棟タイプの公衆トイレがあり、障害者用トイレが用意されています。

史跡上総国分尼寺跡・展示館立派な復元施設で「中門」「金堂」それを結ぶ「回廊」があります。

 

・市原は古代の中心地

大規模な復元施設です。現地の解説版を要約すると「市原が上総国の政治文化の中心であったことを示す」ために復元したと書かれています。

史跡上総国分尼寺跡・展示館1993年に中門と展示館、1997年に金堂と回廊が公開されました。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

・ギリギリのバリアフリー

1990年代の施設ですから、今どきのバリアフリー水準ではありません。

展示館脇に無料駐車場があり、障害者用駐車区画が1台分あります。

そこから段差回避のスロープを上り施設へ向かいます。

展示館の出入口は段差はありません。

復元施設へはほぼフラットは舗装歩道を進みます。

回廊にあがる車椅子ルートの案内があるので左折し、スロープで回廊に上ります。このスロープが木製で路面に隙間があります。車椅子での最大の難関はこの復元回廊へのスロープです。隙間に車椅子のタイヤを落とさないように気をつけてください。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

・車椅子で復元回廊を巡る

回廊に上れば車椅子にとって大きな障害物はありません。

回廊内のスペースに下りるのは段差路。したがって車椅子では回廊を巡りながら、中門、金堂を中心に見学するコースになります。

資料に基づき、忠実に往時の様を復元しているそうです。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

・展示館はビデオ解説が中心

復元施設の見学の前に、展示館で勉強するのが市原市のお薦めコースです。

展示館は小規模な施設。メインはビデオ解説です。展示館に入りスタッフに視聴を希望すると上映していただけます。上映後にジオラマ等を用いたスタッフの解説を聞くこともできます。最長30分コースという案内です。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

・未完の復元施設

現地には、復元施設の完成予定図のようなものが掲示されています。「往時をすべて復元するとこういうイメージになる」ということです。用地は十分に確保されています。未完の復元施設なのかもしれません。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

「市原史跡上総国分尼寺跡」は、一般的な知名度は高くありませんが、とても立派な復元施設です。展示館でしっかり勉強するなら、見学トータルで1時間は必要です。時間に余裕を持って利用してください。

千葉の道の駅 あずの里いちはら バリアフリー情報

千葉県市原市の道の駅「あずの里いちはら」は、構造的には段差がある施設です。現地のバリアフリー状況と車椅子で利用する際のポイントを紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

・バリアフリーレベルは1世代前

2002年に誕生した道の駅です。産直ショップと軽食コーナーなどが入るメイン棟。独立型のトイレ棟。そして別館「ふるさとハウス」で構成された施設です。

駐車場からメイン棟やトイレ棟へは、段差構造をスロープ対応。メイン棟内の通路幅や飲食スペースはやや狭い設計。トイレのレベルは並み。

全体として2000年レベルのバリアフリーで、現在の水準ではB級のバリアフリー。それでも一般的な車椅子利用者なら何とかなる施設です。

道の駅あずの里いちはら

・別館2Fは階段のみ

車椅子で利用できない決定的なバリアポイントは2つ。

道の駅の裏側から隣接する「農業センター」方面へのルートは山登り型の階段。

そして別館「ふるさとハウス」の2Fへは階段のみ。車椅子では利用を諦めてください。

道の駅あずの里いちはら

・障害者用駐車区画は2か所

障害者用駐車区画は施設正面左側のトイレ棟前の位置に2台分。

もう一か所、施設正面右側の別館「ふるさとハウス」寄りにも2台分あります。

障害者用駐車区画が2か所あることは、バリアフリー面で評価できます。

道の駅あずの里いちはら

・飲食店の時間帯メニューが面白い

今回取材したのは休日15時頃のおやつタイム。軽食コーナーでは「14時から16時までの限定メニュー」を展開。おやつタイムを狙った企画です。見ていると結構な人気です。

道の駅あずの里いちはら

・「ふるさとハウス」1Fはイートインのパン屋

別館「ふるさとハウス」の1Fは、イートインコーナーがある焼き立てパン屋さん。店内はやや狭く、車椅子での利用はあまり快適ではありませんが、一般的な車椅子ならギリギリなんとか利用できます。軽食コーナーよりも、ライトなおやつを楽しめます。

道の駅あずの里いちはら

施設のキャッチコピーは「四季を感じる都会と田舎の出会いの場」。まさにその通りな道の駅です。「あずの里いちはら」は、段差構造ですが車椅子で利用できます。