車椅子で行く横浜三溪園 バリアフリー情報

~園内全域が砂利路面で小さな段差があります、障害者減免制度がある明治の庭園~

(2019年3月に取材しました)

○バリアフリーではありません

公開は明治39年から。三溪園は舗装路が全くない日本庭園です。園のHPで案内されている「車椅子で鑑賞可能な区域」内も、砂利が浅く車椅子が動き、かつ決定的な段差はない区域という意味です。現地の状況を詳しく紹介します。

三溪園

○駐車場は満車の可能性あり

アクセスは車が便利。専用有料駐車場があります。駐車料金の障害者減免はありません。

三溪園は人気施設。週末、特に梅や桜、紅葉の時期は駐車場が満車になります。数台程度なら空き待ちで並べますが、それを超えると三溪園前に向かう道の入口で一般車両の進入が禁止されます。

混雑が予想される日に駐車場を利用する場合は、ピーク時間をずらした利用をお薦めします。

駐車場には整備された障害者用駐車区画はありません。混雑時は誘導スタッフに車椅子利用と乗降方法を相談してください。その時点で最善の駐車場所に誘導していただけるはずです。

駐車場内にある公衆トイレには障害者用が1つ用意されています。

三溪園

○入園料は障害者減免あり

入園料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。入口で手帳を提示して入園する運用です。発券所に立ち寄る必要はありません。

三溪園

○園内用ワイドタイヤの車椅子あり

園入口で車椅子の貸し出しサービスがあります。用意されるのは砂利路面に強い太いタイヤの車椅子。サイズは大小2種類。自走機能はなく、キャリパーブレーキや安全ベルト、ヘッドレストなどの装備はないタイプです。

通常の細いタイヤの車椅子よりも、園内の移動が楽な車椅子です。障がいの状況によっては、入口で車椅子を乗り換えるのも作戦です。その場合、マイ車椅子は預かっていただけます。また貸し出し用の車椅子は駐車場まで利用することが出来、その場合は駐車場のスタッフに返却する運用です。

三溪園

○車椅子で移動が楽な範囲

砂利路面で小さなデコボコはありますが、それでも車椅子での移動が比較的楽な範囲は「正門」から「大池」の右側を通り「三溪記念館」周辺までです。

三溪園

三溪園

「三溪記念館」はバリアフリー施設です。入口は自動ドアで、館内はフラット構造、障害者用トイレがあります。展示室、お茶処は車椅子で利用可能です。

三溪園

○その気になれば移動可能な範囲

路面の砂利が深い箇所や傾斜路、数センチの段差が連続する箇所がありますが、車椅子で移動出来ないことはないのは「鶴翔閣」周辺、内苑の「臨春閣」周辺の「三溪記念館」寄り、「大池」の左側です。

三溪園

三溪園

三溪園

三溪園

特に「大池」の左側は、園の案内では「車椅子で鑑賞可能な区域」ですが、相当数の小さな段差箇所があるルートです。それを避けるなら、帰りも「大池」の右側を通ることをお薦めします。

三溪園

○段差がある箇所

「内苑」の奥は階段ルートです。「三重塔」に向かうルートも階段。「旧東慶寺仏殿」などがある「外苑」の奥へのルートは、園の案内では「車椅子で鑑賞可能な区域」ですが低い段差箇所が連続する難所があります。

三溪園

三溪園

三溪園

三溪園

○ボランティアガイドが活躍

三溪園では、無料でボランティアのフリーガイドを受けることができます。車椅子で無理なく移動できる範囲から三溪園の魅力を知るには、ボランティアガイドのお力を借りるのも良い方法です。

三溪園

 

三溪園は明治時代からの庭園です。基本的にバリアフリーではない庭園だと理解した上で、車椅子で利用してください。

車椅子で行く横浜 ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

日本大通りの「横浜情報文化センター」にある「ニュースパーク(日本新聞博物館)」と「放送ライブラリー」は、車椅子で利用出来るのか。両施設のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

 

○「横浜情報文化センター」のアクセスとバリアフリー概況

「横浜情報文化センター」は駅の真上にあり、両施設専用の駐車場はありません。近隣の市営駐車場は駐車料金の障害者減免があります。

「横浜情報文化センター」はバリアフリー構造。車椅子での利用に大きな問題はありません。

パブリックスペースの障害者用トイレは、1Fと2Fにあります。どちらも男女別トイレの入口付近にありますが、異性介護でも利用できる位置です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

 

「ニュースパーク(日本新聞博物館)」

○1Fには輪転機

ニュースパークは「横浜情報文化センター」の2Fと3Fに入ります。2Fへ上がる前に「横浜情報文化センター」1Fの「モニュメント輪転機」を見学してください。

静岡新聞社で実際に使われていたオフセット輪転機で、重さが78.7トンもあります。プロジェクションマッピングで印刷シーンを再現しています。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○エレベーターで2Fへ

ニュースパークの受付は2F。エレベーターで上がります。

有料の施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。受付で入館手続きを行ってください。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○2Fは企画展示室、他

受付を通ると正面にあるのは「ウェルカム展示」。日本各地の新聞が飾られています。

正面からみて右手が「イベントルーム」。ここで一言記事と顔写真の「マイ新聞」が製作できます。予約は不要です。

正面左手は「企画展示室」です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○常設展の3Fへ移動

常設展は3Fです。一般来場者はエスカレーターで3Fへ。車椅子利用者はスタッフ同行でエレベーターを利用して3Fへ向かいます。

利用するエレベーターは1Fから利用した自由に使えるエレベーターと同一ですが、3Fでニュースパーク常設展に入る箇所が柵で施錠されています。スタッフに開錠していただき、スロープで常設展へ向かいます。

スロープの手前に新聞閲覧室があり、全国の新聞を読むことができます。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○常設展はバリアフリー

2016年にリニューアルした展示は、とても良く出来たハイテク系です。新聞の歴史、技術、情報化社会の課題、そして横浜の歴史にも触れます。日本初の日刊新聞は「横浜毎日新聞」。創刊は1871年です。

いずれの展示も、車椅子での見学に大きな問題はありません。「新聞配達ゲーム」は、自転車にまたがり、ペダルをこぐ必要があります。

3Fから帰る際も、柵を開錠していただく必要があるのでスタッフと同行します。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

 

 

「放送ライブラリー」

○エレベーターで8Fへ

「放送ライブラリー」は、公益財団法人放送番組センターが運営する入場無料の施設。「横浜情報文化センター」の8Fと9Fに入ります。

放送ライブラリーの受付は8Fです。

8Fは過去の放送3万本を無料で視聴できる「視聴ホール」。視聴を希望する場合は総合受付で手続きをしてください。名作CMの視聴も可能です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○9Fの「展示ホール」へ

9Fは「展示ホール」。常設展示コーナーと企画展示コーナーがあります。

通常8Fと9Fはエスカレーターの利用です。エレベーターで9Fに降りても、その先のドアが施錠されていて利用できません。車椅子利用者は8Fでスタッフに9F利用を申告します。そうするとスタッフが先回りをして、ドアを開けて待っていてくれます。

9Fから帰るときも、同じようにスタッフに申告してください。ドアを開けていただけます。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○9Fの障害者用トイレは利用申告制

放送ライブラリー内の障害者用トイレは8Fと9Fにあります。9Fのトイレ利用は申告制です。手動ドアを通りトイレへ行くと、障害者用トイレには鍵がかかっています。先にスタッフに声をかけて利用する運用です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

○9F展示ホール内はバリアフリー

各種の展示がある9F「展示ホール」内は、基本的にバリアフリー。車椅子での利用に大きな問題はありません。

放送局それぞれに公開施設はありますが、局の枠を超えた施設はここだけ。楽しみ方は人それぞれです。

昔の番組を紹介する「プレイバックシアター」は、その時代を知る大人が楽しい展示。「きみはTVディレクター」など子供向きの展示企画もあります。「展示ホール」は様々な年代の人が楽しめる施設です。

ニュースパーク・放送ライブラリー バリアフリー情報

 

「ニュースパーク(日本新聞博物館)」と「放送ライブラリー」は、上下階移動にスタッフの手助けが必要ですが、車椅子で利用出来る施設です。

車椅子で行くトレッサ横浜バリアフリー情報

「トレッサ横浜」はトヨタが運営するSCで、施設内はバリアフリーです。施設の特徴と車椅子利用での注意点を紹介します。

 

○週末は渋滞と満車が問題

「トレッサ横浜」は、トヨタの関連施設があった土地に、2007年から2008年にかけて開業したショッピングセンター(SC)です。この年代の設計なので、バリアフリー面での基本的な問題はありません。

車ファーストのSCなので、週末は周辺道路が渋滞して時間がかかります。そして駐車場が満車になります。

トレッサ横浜バリアフリー情報

○雨天の臨時駐車場は注意

駐車場は無料で2,700台を収容します。施設に直結した立体駐車場で、ほぼ各階に障害者用駐車区画を用意。一部にはリモコンバー方式の区画もあります。屋上階以外は雨天でも濡れません。

週末は満車になると、隣接地にある450台収容の臨時駐車場が開きます。こちらは屋根無し駐車場です。

 

○「北館」と「南館」に分かれる

「トレッサ横浜」は環状2号線を挟んで「北館」と「南館」に分かれます。北館と南館は、2F間が屋根のある「リヨンブリッジ」で連結しています。したがって車椅子での移動は可能ですが、利用目的先が決まっている場合は、北館と南館どちらの駐車場に停めるかを、計画的に考えるとより便利に車椅子で利用できます。

トレッサ横浜バリアフリー情報

○石畳風の路面あり

車椅子利用上の、館内での唯一の注意点は「リヨン広場」からつながる北館2Fの中央通路です。リヨン旧市街の街並みが再現された、ゴツゴツした石畳風の路面になっています。

車椅子とベビーカーのために、一部がフラット路面になっているので、ルートを選んで車椅子で通行してください。

トレッサ横浜バリアフリー情報

○北館はリヨン

以下SCの商業的な特徴を紹介します。

横浜の姉妹都市はリヨン。という縁で北館には「リヨン広場」があり、リヨンの旧市街が再現されました。お台場の「ヴィーナスフォート」のようなイメージです。「ライオンの像」や「だまし絵」もあります。

トレッサ横浜バリアフリー情報トレッサ横浜バリアフリー情報

○北館には「オートモール」も

北館にはトヨタ系ディーラー6店舗が並ぶ「オートモール」があります。

1Fは整備工場街で6ディーラーの工場が並びます。

2Fは6ディーラーのショールームで、トヨタ車およびダイハツ車が展示されます。

似たコンセプトのショールームは、関東地方では「イオンレイクタウンmori」の1Fに「トヨタモール」があります。

トレッサ横浜バリアフリー情報

○南館は半円形

南館は施設が半円形で、メイン通路はカーブしています。1Fには「イベント広場」や「センターガーデン」があり、トヨタ系ディーラーなどがイベントを開催します。

他にショップ、グルメ、フード、サービスなどが入ります。南館は商業的には一般的なSCです。

トレッサ横浜バリアフリー情報

 

「トレッサ横浜」は、新しいSCなので車椅子利用上の大きな問題はありません。週末は渋滞と満車に注意しください。