横浜美術館 ヨコハマトリエンナーレ2017 バリアフリー情報

神奈川県横浜市の3年に一度の現代アート祭「ヨコハマトリエンナーレ2017」。主会場である横浜美術館のバリアフリー状況を紹介します。

・解りやすいアートが大集合

「ヨコハマトリエンナーレ2017」は、2017年8月4日から11月5日の開催です。

解りやすい現代アートが展示されました。現代アートに縁の薄い方も親しみやすい作品群です。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・手帳で駐車場は90分無料

車利用の車椅子利用者は専用駐車場の利用が便利です。横浜美術館の1Fは屋内駐車場。みなとみらいエリアの駐車場が満車が多くても、比較的空きの可能性が高い駐車場です。障害者用駐車区画は歩行者出口付近に5台分確保。美術館入館手続きの際に駐車券を提示すると90分無料減免措置を受けられます。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・美術館入口までは外通路を通る

1F屋内駐車場からエレベーターで2Fへ移動します。2Fの高さが美術館フロア。エレベーターから美術館入口までは外通路を通ります。シッカリとした屋根の下なので、普通の雨なら濡れませんが、外気にあたるので寒い日は用心してください。体力に不安のある重度障害の方は、屋内駐車場から外を通ることを想定した備えが必要です。移動する路面はフラット。車椅子の通行に大きな問題はありません。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・美術館内エレベーターは一基のみ

横浜美術館は2Fと3Fの2フロア構造。「ヨコハマトリエンナーレ2017」は2フロアを使用したフル展示です。

一般利用者は2Fで受付をして3Fへは階段利用。車椅子利用者はスタッフがエレベーターに誘導します。館内のエレベーターは一基のみ。帰りも同じ手順です。

障害者用トイレは2F・3Fの両フロアとも配置されています。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・階段部の展示は遠くから見る

ほぼ全ての展示作品を車椅子から鑑賞できます。例外は2Fと3Fをつなぐ2ヵ所の階段部の展示作品。階段の途中に展示された作品なので、車椅子では遠くからの鑑賞になります。

階段部以外は、通路幅に余裕があり車椅子からとても鑑賞しやすい展示です。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・多少騒いでも許される雰囲気

騒いでしまうタイプの障害のある人と美術館に行くと心配しますが、「ヨコハマトリエンナーレ2017」はその点はユルイ雰囲気です。ハチャメチャをしてはいけませんが、多少の興奮状態なら許される空気です。もちろん作品に触ってはいけません。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」トリエンナーレ=3年毎。次回は2020年です。

よこはま動物園ズーラシア 車椅子からみたバリアフリー情報

神奈川県横浜市の「ズーラシア」は、車椅子で利用出来る動物園です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2014年の取材で初稿を執筆し、2019年8月に加筆修正しました。

ズーラシアは施設全体傾斜地が少ない動物園

○施設の全体概要

アップダウンがある動物園が多い中、ズーラシアは施設全体傾斜地が少ない動物園です。見学路を車椅子で比較的楽に移動できます。

そして、車椅子目線からも見やすい動物の展示、触れる動物のレプリカの配置、動物名の点字紹介、点字ガイドシートの用意、補助犬の入園ができます。

すべてのトイレに障害者用が用意され、内4か所のトイレには大人が利用出来る大型のベッドが配置されています。

施設の全体概要

○障害者減免制度

入園料は障害者手帳の提示で本人と介助者2名まで無料に減免されます。チケットセンターで手帳を提示して無料入園券を発券していただく運用です。

園内バスも同様に本人と介助者2名まで無料で乗車できます。低床式のバスで、車椅子での利用は可能です。

駐車場料金の障害者減免はありません。

障害者減免制度

○アクセス方法

駅からは徒歩圏ではありません。バスの利用になります。

来園者用の駐車場は2,200台を収容。障害者用駐車区画は用意されています。正門駐車場が満車になると、北門駐車場が開放されます。

アクセス方法

○園内の歩き方

一周すると約3kmあります。「アジアの熱帯林」「オセアニアの草原」「アマゾンの密林」など展示エリアが9カ所あり、ほとんどのエリアに飲食ができる休憩所やショップ、レストランなどの施設があります。これらの施設はスペースに余裕があり車椅子で利用できます。

園内の歩き方

体力のある方は、ゆっくり園内を車椅子で周るのがお薦めです。入口から遠い地点で疲れたら、園内バスを利用することも出来ます。

園内の歩き方

○自然な行動を重視した動物展示

なるべく動物本来の動きや生活状況を観察できるように、考えられた展示になっています。そのため、柵の向こうに遮るものもなく動物がいる単純な展示に比べると、理解が難しい面がややあるかもしれません。

自然な行動を重視した動物展示

○多彩なオリジナル商品

園内のショップでは、ユニークな各種オリジナル商品が、車椅子ユーザーでも手が届きやすい高さを中心に陳列されています。

多彩なオリジナル商品

よこはま動物園ズーラシアは、とても車椅子で利用しやすい動物園です。

車椅子で行く横浜 MARK IS みなとみらい バリアフリー情報

神奈川県横浜市。「MARK IS みなとみらい」は、駅直結で地下駐車場あり、車椅子で利用出来る施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年10月の取材に基づいています。

○みなとみらい最新施設

「MARK IS みなとみらい」は2013年の開業。全館バリアフリーな商業施設です。

障害者用トイレは各階に用意。2Fから4Fまでは2か所用意されます。また女性用トイレにはベビーカー利用ができる個室があるため、障害者用トイレの混雑が緩和されます。

車椅子での館内利用に大きな問題はありません。

 

○空いているのは南エレベーター

エレベーターは2系統。B4から5Fをつなぐ中央エレベーターと、B4から4Fまでの南エレベーターがあります。混雑時、空いているのは南エレベーターです。4Fまでの利用なら南エレベーターの利用をお薦めします。

MARK IS みなとみらい○アクセスに問題なし

地階で駅に直結し、地下駐車場もあります。車椅子での「MARK IS みなとみらい」へのアクセスに問題はありません。

 

○桜木町方面からのアクセス

桜木町方面から徒歩でアクセスする場合、動く歩道でランドマーク3Fに向かいます。ランドマークで3Fから2Fへエレベーターで下ります。2Fからランドマークの外に出て「MARK IS みなとみらい」に向かうと段差を回避できます。

MARK IS みなとみらい

動く歩道を利用せずに一般道路からアクセスする場合は、「いちょう通り」側から向かうとスロープ路で「MARK IS みなとみらい」1Fエントランスに行くことができます。

 

○オービィ横浜は障害者減免あり

5Fの「オービィ横浜」は有料施設です。パスポートのみが対象になりますが、障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の料金が少し減免になります。

MARK IS みなとみらい

○ガスショールーム内もバリアフリー

4Fの「東京ガス横浜ショールーム」もバリアフリー。一部に靴を脱いで入る施設がありますが、ほぼすべてを車椅子で利用することができます。

MARK IS みなとみらい

○週末のランチは混む

最も混み合うのは、週末のランチタイムのレストランフロアです。車椅子では苦戦するほどの混雑になることも多いので、ピークをずらした利用をお薦めします。

「MARK IS みなとみらい」は新しい施設なので、全館バリアフリー。車椅子で利用できます。