横須賀美術館「酒井駒子展」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

神奈川県横須賀市、観音崎にある横須賀美術館で開催されている企画展です。「みみをすますように 酒井駒子展」の会期は、2021年7月10日から9月5日の予定。その後は、東京立川の「PLAY!MUSEUM」に再度巡回し、12月から鹿児島の長島美術館に巡回します。

横須賀美術館はバリアフリー施設。車椅子での利用に大きな問題はありません。「酒井駒子展」の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して、無料観覧券を発行していただきます。駐車場を利用している場合は、駐車料金の障害者減免制度もあります。

横須賀美術館「酒井駒子展」

国内外、子供から大人まで、幅広い層から高い評価を受けている酒井駒子氏の初の本格的な個展。今回取材時は、小さい子供がいるファミリーの観覧が目立ちました。ミュージアムショップで販売されているポストカードなどの酒井駒子氏関連商品は、子供にも人気です。

展示室内は撮影禁止のため、写真による紹介は出来ませんが、会場の展示はフランス人建築家が担当した杉材で作られた、特製の額やケースが使用されています。「森の中を散策するような展示空間」。ユニークな展示手法です。

展示室のスペースは余裕があり、車椅子で「森の中を散策」することができます。

展示されるのは約250点の絵本や書籍の原画。杉材特製ケースの上面に作品が展示されるものもありますが、ほとんどは車椅子目線でも鑑賞できる低い高さ。子供の目線が意識されています。

最終展示室のテーマは「くらやみ」。展示室内に小さな部屋を設けて、その中に「よるくま」などの原画が展示されています。この小部屋の出入口は段差構造で、木製の細い簡易スロープが2本設置されていますが、乗り降り箇所に段差もあり、車椅子で乗り越えるのは怖い構造です。簡易型ベビーカーなら、利用できると思います。

横須賀美術館「酒井駒子展」

横須賀美術館には無料で利用できる図書室があります。図書室でも酒井駒子氏の本が展示され、自由に閲覧できます。

「酒井駒子展」は、「くらやみ」の鑑賞だけは車椅子で苦戦しますが、幅広い層にお薦めできる企画展です。

自動車博物館 いすゞプラザ 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

いすゞ自動車が2017年に創立80周年記念事業として開館した、神奈川県藤沢市にある企業ミュージアムです。入館無料。今回取材時はコロナ対策で全日完全予約制でした。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

〇アクセスと駐車場の状況

湘南台駅から無料送迎バスが運行されています。所要時間は約10分の案内です。現在のところ、低床式ではない大型観光バス「ガーラ」で運行されていることが多いようです。車椅子で利用したい場合は、事前に利用の可否を確認してください。

約100台を収容する来館者用無料駐車場があります。身障者用駐車スペースは、エントランス前の特等スペースに1台分用意されています。この他に「サクラカフェ」の入口前にも1台分あります。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

〇屋外車両展示の状況

別棟の1Fが「サクラカフェ」。その前庭が「プラザガーデン」です。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

ガーデンの手前に1台の車両展示。大型トラックのギガダンプです。入館前にここから車両見学が始まります。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

〇エントランス周辺の状況

いすゞプラザは素晴らしくバリアフリーな施設です。エントランス周辺に段差は全くありません。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

出入口は幅広い自動ドア。問題なく車椅子で利用できます。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

中に入ると広々とした「プラザホール」があり、右側に受付があります。左側の「PIAZZA」には往年の名車「ピアッツァ」のプロトタイプモデルが展示されています。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

〇施設の概要

いすゞプラザは3フロアの建物。1Fが「プラザホール」、「PIAZZA」、オリジナル商品が並ぶ「ショップ」、そして展示室があります。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

バリアフリートイレは1Fにあります。広いスペースがある綺麗なトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

館内エレベーターは2基あります。かごのサイズは大きく、大型の車椅子でも問題なく収容します。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

2Fは展示室と展望バルコニー。中央部は1Fからの吹き抜けで解放感のある構造です。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

3Fは会議室と応接室。一般利用はできません。

 

〇1F展示の状況

日本最大級のジオラマは1Fにあります。今回取材時はコロナ対策で毎回16名までの受付。早い者勝ちの並んだ順。車椅子で見学可能です。

1Fの広い展示スペースは「運ぶを支えるいすゞ」。大型車両を中心にした車両展示です。黎明期のトラック、最新のトラックやバス、自衛隊の車両、それらに搭載される巨大なエンジンなどが展示されています。余裕があるスペースに展示されているので、車椅子で問題なく見学できます。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

〇2F展示の状況

2Fは大きく2つのコーナーがあります。1つは「いすゞの車づくり」。トラックが出来るまでの解説展示の他に、プレス体験マシン、塗装体験マシンなど参加体験型の展示機器がある面白いコーナーです。多くの体験マシンは車椅子で操作できます。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

もう一つのコーナーは「いすゞの歴史」。歴代の名車やディーゼルエンジンなどの技術の歴史が展示解説される、企業ミュージアムとして正統派のコーナー。ここは大人向きの企画です。

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

いすゞプラザ 車椅子見学ガイド

設備は新しくて綺麗、展示は内容が濃いミュージアムです。車好きの人はもちろん、小学生から楽しめる体験型企画展示もあります。いすゞプラザは車椅子で快適に見学ができるバリアフリー施設です。開館日を確認して利用してください。

(本稿は2021年7月に執筆しました)

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」車椅子観覧情報

神奈川県茅ヶ崎市の美術館の企画展です。会期は2021年7月17日から9月5日まで。世界的に活躍するデザイナーの藤原氏。国内美術館では初の個展です。観覧料は障害者減免制度があり、本人と必要な人数の介助者が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して無料観覧券を発行していただきます。

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

茅ヶ崎市美術館は車椅子で観覧できる施設です。エントランスまでの一般的なアプローチは長い坂道を通行しますが、それが苦手な車椅子利用者はB1の出入口を利用できます。詳しくは別稿「茅ヶ崎市美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報」をご参照ください。

自然を原点とし、先端技術を駆使した創作を続ける藤原氏。本展では様々なデザインが紹介されます。

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

展示室は1FとB1に分かれます。1Fでは烏帽子岩のカラーハンティング、それを用いたアロハシャツ、江ノ電に塗装された湘南の色、ドローンを利用したパターン作品などが展示解説されます。

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

B1ではモンゴルやニューヨークで、掃除機で集めたゴミを利用した創作が展示されます。ゴミを収集する行為のインスタレーション、セーターに生まれ変わったゴミ、これらから「100年先の未来を考える」としています。B1の別室では藤原市のインタビューが放映されています。「自然は人の中にしか存在しない」と藤原氏は語ります。

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

1FとB1のフリースペースでは、藤原氏のこれまでの作品を紹介するコーナーがあります。1Fではタブレットが走り、B1では十字にセットされたショーケースが展示されています。創作活動が多岐にわたる藤原氏の仕事を改めて知ることができる企画展です。

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」

茅ヶ崎市美術館「人の中にしかない自然 藤原大」は、すべての展示を車椅子で観覧できます。