自然溢れる鎮守の森 大田原神社 車椅子参拝ガイド

栃木県大田原の総鎮守です。創建は600年から700年頃で、現在の境内は明治時代に整備されたと伝えられます。

小高い山の頂上付近に鎮座するので、一般参道は階段です。境内の高さに駐車場があるので、車でアクセスすれば車椅子で本殿前まで進むことができます。現地の状況を紹介します。

 

○終点まで車で上がる

境内に向かう車道は急坂です。上り曲がり進むと、未整備ですが駐車場と思われる空間があります。境内の高さは更に上です。車椅子利用者は道の終点まで上がってください。社務所の裏側に駐車できるスペースがあります。神社スタッフ用の駐車スペースと推定されますが、今回参拝時は利用できました。

この最上部の駐車スペースは、小石がゴロゴロしている未舗装路面です。ここから参道までの移動区間は、車椅子での移動がぎりぎりで可能な悪路です。

大田原神社 車椅子参拝ガイド

○参道は舗装路面

悪路を通過できれば、本殿までまっすぐな舗装参道があります。車椅子での移動に問題はありません。

大田原神社 車椅子参拝ガイド

参道の入口に「手水盥」があります。デコボコがあるので、車椅子での利用はギリギリです。

大田原神社 車椅子参拝ガイド

参道の途中左側には、太子像と碑が建立されています。

大田原神社 車椅子参拝ガイド

○本殿エリアは段差の上

参道の先に2段の段差があり、その上に本殿があります。無理をしないなら、車椅子では段の手前からの参拝になります。

大田原神社 車椅子参拝ガイド

○お末社エリアの状況

本殿を正面からみて、右側がお末社エリアです。お稲荷様、その他複数のお末社が祀られています。この一帯の路面はワイルドな未舗装です。車椅子でのお末社参拝は、かなり苦戦します。

大田原神社 車椅子参拝ガイド

大田原神社 車椅子参拝ガイド

○境内は自然空間

境内全体が自然空間です。人工的な感じを受けるのは、本殿に向かう舗装参道くらいで、山中に社や祠が点在する印象です。明治時代に整備された鎮守の森の雰囲気を味わえる、森と信仰が交差する境内です。

 

車でアクセスすれば、大田原神社の境内に車椅子で近づくことは可能です。参拝するには、最低でも10mほど車椅子で悪路を走破する必要があります。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

本殿と楼門は重文 大田原那須神社 車椅子からみた境内の状況

栃木県大田原市の古社です。創建は仁徳天皇の時代と伝えられます。中世に建てられた本殿と楼門は国の重要文化財に指定されています。

しかし境内はバリアフリーではなく、車椅子での本殿参拝は困難です。多少無理をすれば楼門は車椅子で見学ができます。現地の状況を紹介します。

道の駅那須与一の郷

○道の駅からアクセス

アクセスは車が便利です。駐車場は隣接する「道の駅那須与一の郷」を利用することが、栃木県神社庁が推奨しています。この道の駅には総計11台分の障害者用駐車区画が用意されています。

道の駅那須与一の郷

道の駅の駐車場を起点にすると、施設の裏側、一般道路を渡った先が那須神社の境内になります。

 

○社務所横からショートカット

境内は全域が未舗装で、場所によっては凹凸がひどく、砂利が深い箇所があります。

二の鳥居から境内に入ると、一の鳥居まで荒れた未舗装の参道を通行しなくてはなりません。

大田原那須神社

車椅子では、一般道路を進み社務所の横から境内に入ると、未舗装悪路を最短距離で通過して、一の鳥居と楼門の間に行くことができます。

大田原那須神社

○段差の手前から楼門を仰ぐ

手水舎は決定的な段差はありませんが、デコボコがきつくて車椅子での利用は苦戦します。

大田原那須神社

楼門の手前、石塔の横に最初の段差があります。この段差の手前から重文の楼門を仰ぐことができます。

大田原那須神社

介助者の手を借りて、無理をすれば最初の段差は越えられるかもしれません。その先にある太鼓橋は車椅子での通行は危険です。無理をしたとしても、太鼓橋の手前から楼門を見上げる、門の間から本殿を見るのが、車椅子参拝の限界です。

 

○本殿の状況

太鼓橋の先は、楼門の下、拝殿の手前まで、決定的な段差はありません。

拝殿の賽銭箱は、2段の上にあります。

大田原那須神社

本殿側からもる楼門も見事な装飾です。

大田原那須神社

○おくのほそ道風景地名勝

この地の豪族那須氏が信仰し、那須与一が奉納した太刀が伝えられています。その後、黒羽城主の大関氏の氏神として崇められました。

国指定名勝「おくのほそ道風景地」に指定されています。

大田原那須神社

歴史ある大田原那須神社は、車椅子での本殿参拝は困難ですが、少し無理をすれば、境内に立ち入り、「おくのほそ道風景」を楽しむことができます。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

栃木県 道の駅那須与一の郷 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

栃木県大田原市の大型複合施設です。開業は2004年。施設は、休憩スペース付きの情報館、農産物直売館と加工・物産品館、レストラン、竹のギャラリー、多目的ホール、そして有料施設「与一伝承館」で構成されます。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

 

○駐車場は300台収容

アクセスは車が便利です。駐車場は8区画あり、合計で約300台を収容します。

障害者用駐車区画は総計で11台分を用意。最も施設棟に近い2つの駐車区画には各3台分のブルーラインスペースが用意されています。

道の駅那須与一の郷

道の駅那須与一の郷

○障害者用トイレの状況

24時間利用の独立トイレ棟があり、障害者用が用意されています。

他に与一伝承館に、インドアの障害者用トイレがあります。受付の外側なので、伝承館の見学をしなくても利用可能です。

 

○情報館と加工・物産品館のバリアフリー状況

この2つの施設は連結しています。

道の駅那須与一の郷

情報館はスペースに余裕がある施設で、大田原市の観光情報施設やジオラマなどがあります。休憩スペースにはフリーテーブルが置かれ、自由に飲食に利用できます。車椅子での利用に大きな問題はありません。

道の駅那須与一の郷

道の駅那須与一の郷

加工・物産品館への連結箇所のドアは、引き戸の手動ドアです。床面に段差はありません。加工・物産品館の売り場は、床面はフラットですが、通路幅はあまり余裕がありません。混雑すると車椅子での店内回遊に少し苦戦します。

店内にテイクアウトのアイス売り場があり人気です。ここはスペースに余裕があります。

 

○農産物直売館のバリアフリー状況

出入口が3ヵ所あり、その内2ヵ所は自動ドアです。

店舗内に段差はなく、売り場内通路幅は一般的なサイズです。極端に混雑していなければ、車椅子での買い物は可能です。

「とうがらし」が大田原の特産品の一つです。

道の駅那須与一の郷

○レストラン扇亭のバリアフリー状況

レストランはフラットでスペースに余裕があり、可動式のテーブル席があります。車椅子で食事ができます。

地粉を使った手打ちそばが一番人気のお店です。

 

○竹のギャラリーのバリアフリー状況

竹のギャラリーは無料施設です。一段高い構造で、外部のスロープ路から入るか、伝承館側から内部の傾斜路を上がり、ギャラリー内に向かいます。

人間国宝の作品など、竹細工名人の名品が展示されます。内部はフラットな構造なので、車椅子で鑑賞できます。展示品は定期的に変わります。

道の駅那須与一の郷

道の駅那須与一の郷

○那須与一伝承館のバリアフリー状況

伝承館は有料の施設ですが、入場料の障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して入館手続きを行います。

館内には展示室と「扇の的劇場」があります。

展示室には那須与一、あるいは源平合戦、そして那須一族などに関する資料が展示されます。与一の太刀は国の重要文化財に指定されています。

「扇の的劇場」は、琵琶法師や那須与一、義経などが登場する、ロボット人形劇が楽しめる施設です。車椅子用の特別なスペースはありませんが、フラットな観覧席にスペースの余裕があるので、車椅子での観覧は可能です。屋島合戦での那須与一の活躍を紹介するプログラムで上映時間は14分間。開館時間中、原則30分毎に上映されます。

道の駅那須与一の郷

○施設の屋根は扇型

馬上の与一像が出迎える施設です。建物が6棟並びますが、各棟の屋根は扇をイメージした造形です。

道の駅那須与一の郷

施設のコピーは「郷土の誉れ那須与一」です。道の駅那須与一の郷は、道の駅としては複合型の大型施設です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)