栃木蔵の街 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

栃木市は江戸時代宿場町で、当時の繁栄を今に伝える「蔵の街」です。観光スポットは必ずしもバリアフリーではありません。車椅子で楽しめる観光コース情報を紹介します。

なお本稿は2017年1月の取材に基づいています。

 

○蔵の街の歴史と概要

観光地としては「蔵の街大通り」沿道と、「重要伝統的建物群保存地区」に分かれます。いずれも江戸時代に発達した「例幣使街道」の一部です。

「例幣使街道」とは、朝廷からの日光東照宮への勅使「例幣使」が通った街道のこと。北関東には幾つも、当時の繁栄を今に伝える「例幣使街道」スポットがあります。

栃木もその一つで、蔵が建つほど人と物資が集まった街です。海運を支えたのは栃木をながれる「巴波川(うずまがわ)」。この川の流れも観光ポイントの一つです。

蔵の街の歴史と概要

○アクセス方法と駐車場の状況

栃木駅から徒歩でアクセスできますが、蔵の町の中心エリアまでは1km以上あります。

駐車場は複数あるので車の利用が便利です。

観光駐車場として有料の「蔵の街第一駐車場」があります。 障害者用駐車区画が2台分あり、「とちぎ山車会館」や「とちぎ蔵の街美術館」を利用すると、駐車料金が無料に減免されます。

車椅子利用者にお薦めなのは、市役所新庁舎裏の無料駐車場です。1Fに東武百貨店が入店している庁舎で、障害者用駐車区画があります。また施設内には綺麗な障害者用トイレがあります。

栃木蔵の街

○蔵の街大通り沿道の主な観光施設のバリアフリー状況

「まちの駅コエド市場」はバリアフリー施設です。店舗内には障害者用トイレが用意されています。フリー飲食ゾーンは車椅子で利用できます。

まちの駅コエド市場

「とちぎ蔵の街観光館」は車椅子で利用できます。

「とちぎ山車会館」は、2フロア構成ですがエレベーターがあり、車椅子で利用できます。障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

とちぎ山車会館

ただしメイン展示の山車の前の観客席には、車椅子用のスペースはありません。ベンチシート横のスペースから、車椅子で山車紹介ショーを観覧します。

とちぎ山車会館

隣接する「とちぎ蔵の街美術館」は、障害者手帳の提示で入館料は無料になりますが、一部段差のある施設です。

とちぎ蔵の街美術館

「山本有三ふるさと記念館」は、障害者手帳の提示で入館料は無料になりますが、段差構造の施設で、車椅子では見学出来ません。

山本有三ふるさと記念館

「山本有三ふるさと記念館」のスタッフの話によると、記念館の建物は山本有三の生家ではなく、生家もきっとこんな家だったろう、という古い家なのだそうです。古い家をそのまま保存しているので、バリアフリーではなくてすみません、というお話でした。

山本有三ふるさと記念館

○重要伝統的建物群保存地区のバリアフリー状況

「重要伝統的建物群保存地区」は、古い街道筋をブラブラとお散歩を楽しむエリアです。路面状況は良好なので、車椅子でのお散歩は可能です。

重要伝統的建物群保存地区

「重要伝統的建物群保存地区」で立ち入ることが出来る観光施設は「岡田記念館」だけです。550年以上続く旧家の屋敷で、バリアフリーではありません。車椅子では行けるとこまでです。

「蔵の街大通り」も含めて、古い蔵や家をそのまま利用した商店、飲食店が数軒あります。車椅子で店中に入ることが出来るお店も幾つかありますが、古い蔵や家ですから、基本はバリアフリー構造ではありません。車椅子では無理のない範囲での利用になります。

重要伝統的建物群保存地区

「栃木蔵の街」の車椅子観光お薦めコースです。

車でアクセスして市役所新庁舎裏の駐車場に停め、庁舎でトイレを借りる。

「重要伝統的建物群保存地区」と「蔵の街大通り」沿道を無理のない範囲で散策し「とちぎ山車会館」に立ち寄る。

最後に市役所新庁舎内の東武百貨店で、お土産を見る。

このコースなら、車椅子で無理なく観光できます。

岩下の新生姜ミュージアム 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

栃木県栃木市の「新生姜ミュージアム」は車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年1月の取材に基づいています。

 

○ミュージアムの概要

「岩下の新生姜」の世界を表現した展示、アトラクションを核にした施設です。

入館は無料、駐車場も無料です。

他にカフェ、ショップ、そして新生姜づくりの体験施設があります。

テーマ色は新生姜のピンク。館内外は新生姜色で彩られています。

また館内では、岩下の新生姜のコマーシャルソングが、3カ所で鳴りっぱなしです。それぞれバージョンが異なり、一つの場所でも数種類のバージョンが流れます。

「新生姜ミュージアム」は、オンリーワンの企業ミュージアムです。

 

○駐車場の状況

栃木駅から徒歩12分の案内です。アクセスは車が便利です。

ミュージアム入口前の第一駐車場は、障害者優先駐車場で8台分のスペースがあります。内1台分は障害者用駐車区画で、それ以外の7台分は一般駐車区画と同等の駐車スペースです。施設の両脇に第二・第三駐車場、道を挟んで第四駐車場があります。

距離よりも乗降スペースを重視したい車椅子利用者は、第一駐車場1台分の障害者用駐車区画が満車の場合は、第二・第三駐車場を狙うのも作戦です。

 

○エントランス周辺のバリアフリー状況

エントランスは階段で、ややきつい傾斜の迂回スロープがあります。

出入口はバリアフリーで車椅子での出入りに問題はありません。

エントランスにあるのは、中に入って記念撮影ができる「巨大新生姜パッケージ」。

出入口の幅が十分ではなく重度障害者の大型車椅子では、車椅子ではやや出入りに苦戦します。

また中に入ったとしても、背もたれを立てた状態にしないと、パッケージの中に顔が出ません。

一般的な車椅子で、座位がしっかり取れる方なら、中に入って記念撮影ができます。

巨大新生姜パッケージ

○主なアトラクションのバリアフリー状況

「巨大新生姜パッケージ」以外にも、数多くのアトラクションがあります。

「世界一大きな新生姜ヘッド」は、その気があれば車椅子でも潜り込める構造です。

「新生姜の部屋」には、車椅子で入室可能。

「ジンジャー神社」は車椅子で参拝可能です。

 

○障害者トイレの状況

障害者トイレは「ジンジャー神社」の奥にあります。関係者以外立入禁止のロープを外して奥に進みます。

今回取材時、照明が消えていましたが、わかりやすい位置にスイッチがあるので、トイレの利用に問題はありませんでした。

スペースに余裕がある、綺麗な障害者トイレです。

 

○カフェとショップのバリアフリー状況

食事&喫茶コーナーは「カフェ・ニュージンジャー」。

スペース全体はフラット構造で、カフェ中央部は可動式のテーブルと椅子なので、車椅子での利用は可能です。

このカフェコーナーに入る動線は通路が狭く、椅子やベンチに座っている人にどいていただきながらの通行になりました。

今回はカフェで「新生姜ソフト」をいただきました。新生姜の味がします。

またカフェでは、新生姜が皿に盛られて食べ放題になっています。

 

隣接する売店「ミュージアムショップ」は、あまりスペースに余裕はありません。少し混み合うだけで、売店の奥のスペースは車椅子での移動に苦戦します。

 

○ミュージアムの歴史

新生姜発売20周年を記念して、2007年に入館料300円の有料美術館「岩下記念館」が誕生しました。

それが2015年に改装されて「岩下の新生姜ミュージアム」に変りました。

 

新生姜ミュージアムは、車椅子で利用できるオンリーワンの企業ミュージアムです。

 

日光田母沢御用邸記念公園 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

栃木県日光市の「母沢御用邸」は、車椅子で見学ができる国の重要文化財です。現地のバリアフリー情報を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年9月の取材に基づいています。

日光田母沢御用邸記念公園

○御用邸公園の概要

明治32年に、当時は皇太子であった大正天皇の御静養のために造営された御用邸です。以来昭和22年まで、三代にわたる天皇・皇太子がご利用されました。

建物のもっとも古い箇所は、紀州徳川家江戸中屋敷のものです。数度にわたる増改築が行われ、総部屋数は106室あります。

御用邸のお部屋とお庭の大部分が一般公開されています。そのほとんどが車椅子で見学可能です。

御用邸公園の概要

○アクセス方法

日光駅からは約3kmの距離。東照宮からは約1kmの距離になります。

公園の道を渡った場所に来園者用の有料駐車場があります。公園への通路に近い場所に障害者用駐車区画が用意されています。

来園者用の有料駐車場があります

来園者用の有料駐車場があります

駐車場の公衆トイレには、障害者用トイレがあります。

来園者用の有料駐車場があります

駐車料金の障害者減免制度はありません。また御用邸の利用による減免サービスもありません。

駐車場から横断歩道を渡り公園へ向かいます。取材時の状況では、歩道と車道の段差解消部がラフで、車椅子では慎重に移動する必要がありました。

来園者用の有料駐車場があります

来園者用の有料駐車場があります

○公園入口から御用邸玄関までのバリアフリー状況

公園入口の門扉を通ります。

その先、御用邸の玄関までは砂利路面です。車椅子利用のために、前庭の周辺部が舗装されています。車椅子では前庭の端を廻るように通行してください。

御用邸玄関までのバリアフリー状況

御用邸内への一般の入口は、靴を脱いで階段を上がります。その横に車椅子用のスロープ入口が用意されています。前庭の舗装路を進むとそのままスロープにつながります。

御用邸玄関までのバリアフリー状況

スロープを上ると車椅子利用者用の玄関になります。屋内は土足禁止です。ここで車椅子のタイヤを雑巾で拭きます。雑巾は御用邸に用意があります。介助者も同じ入口から入館可能です。介助者用の靴箱が用意されています。

御用邸玄関までのバリアフリー状況

○入園料の障害者減免制度

日光田母沢御用邸記念公園は有料の施設です。受付は御用邸の屋内にあります。

障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入園料が無料に減免されます。御用邸内の受付で手帳を提示して入園手続きを行います。

日光田母沢御用邸記念公園は有料の施設

○御用邸屋内のバリアフリー状況

屋内の見学は、ほぼすべての見学コースを車椅子で利用できます。コース上に段差はほとんどありません。

御用邸屋内のバリアフリー状況

御用邸屋内のバリアフリー状況

2Fが一般公開されています。ここへは階段のみです。車椅子で見学が出来ないのは、2F部だけです。

御用邸屋内のバリアフリー状況

屋内の2か所のトイレに、それぞれ障害者用トイレが用意されています。一般的なスペースのトイレで設備は綺麗です。2つのトイレ内に大型のベッドはありません。

障害者用トイレ

障害者用トイレ

赤ちゃん用のオムツ替えと授乳スペースは、別の部屋が用意されています。

赤ちゃん用のオムツ替えと授乳スペースは、

屋内見学コースの最後に、ショップがあります。出入口は手動の引き戸ですが段差は無く、車椅子で利用できます。

屋内見学コース

○屋外庭園のバリアフリー状況

御用邸屋内見学の次は、屋外の庭園部の見学になります。

庭園の見学コースもフラットな舗装路が用意され、車椅子で移動できます。

屋外庭園のバリアフリー状況

庭園の周回コースの途中に段差箇所があります。この先は車椅子では通行できない案内板があるので、ショートカットコースに進みます。それでも庭園のほぼ全てを車椅子から鑑賞することが出来ます。

屋外庭園のバリアフリー状況

庭園周回路の最後に近い箇所は、やや傾斜があり路面が荒れています。途中から庭園見学コースの入口へ逆走すると、それを避けられます。

屋外庭園のバリアフリー状況

○屋外の休憩所

庭園見学コースを出ます。

行きとは反対側の、前庭の右端の舗装路を進むと下り坂になります。そのまま舗装路を進むと屋外の休憩所と売店があります。

このルートの段差箇所には、段差回避スロープが用意されています。

屋外の休憩所

休憩所のトイレには障害者用トイレが用意されています。

売店を過ぎて緩い上がり坂を進むと、御用邸公園の出入口に戻ります。

、御用邸公園の出入口

日光田母沢御用邸記念公園は、御用邸の屋内、屋外の庭園、どちらも車椅子でほとんどの見学コースを利用できます。障害者用トイレは屋内に2つ、屋外に2つ、計4つ用意されています。