日光田母沢御用邸記念公園 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

栃木県日光市の「母沢御用邸」は、車椅子で見学ができる国の重要文化財です。現地のバリアフリー情報を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年9月の取材に基づいています。

日光田母沢御用邸記念公園

○御用邸公園の概要

明治32年に、当時は皇太子であった大正天皇の御静養のために造営された御用邸です。以来昭和22年まで、三代にわたる天皇・皇太子がご利用されました。

建物のもっとも古い箇所は、紀州徳川家江戸中屋敷のものです。数度にわたる増改築が行われ、総部屋数は106室あります。

御用邸のお部屋とお庭の大部分が一般公開されています。そのほとんどが車椅子で見学可能です。

御用邸公園の概要

○アクセス方法

日光駅からは約3kmの距離。東照宮からは約1kmの距離になります。

公園の道を渡った場所に来園者用の有料駐車場があります。公園への通路に近い場所に障害者用駐車区画が用意されています。

来園者用の有料駐車場があります

来園者用の有料駐車場があります

駐車場の公衆トイレには、障害者用トイレがあります。

来園者用の有料駐車場があります

駐車料金の障害者減免制度はありません。また御用邸の利用による減免サービスもありません。

駐車場から横断歩道を渡り公園へ向かいます。取材時の状況では、歩道と車道の段差解消部がラフで、車椅子では慎重に移動する必要がありました。

来園者用の有料駐車場があります

来園者用の有料駐車場があります

○公園入口から御用邸玄関までのバリアフリー状況

公園入口の門扉を通ります。

その先、御用邸の玄関までは砂利路面です。車椅子利用のために、前庭の周辺部が舗装されています。車椅子では前庭の端を廻るように通行してください。

御用邸玄関までのバリアフリー状況

御用邸内への一般の入口は、靴を脱いで階段を上がります。その横に車椅子用のスロープ入口が用意されています。前庭の舗装路を進むとそのままスロープにつながります。

御用邸玄関までのバリアフリー状況

スロープを上ると車椅子利用者用の玄関になります。屋内は土足禁止です。ここで車椅子のタイヤを雑巾で拭きます。雑巾は御用邸に用意があります。介助者も同じ入口から入館可能です。介助者用の靴箱が用意されています。

御用邸玄関までのバリアフリー状況

○入園料の障害者減免制度

日光田母沢御用邸記念公園は有料の施設です。受付は御用邸の屋内にあります。

障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入園料が無料に減免されます。御用邸内の受付で手帳を提示して入園手続きを行います。

日光田母沢御用邸記念公園は有料の施設

○御用邸屋内のバリアフリー状況

屋内の見学は、ほぼすべての見学コースを車椅子で利用できます。コース上に段差はほとんどありません。

御用邸屋内のバリアフリー状況

御用邸屋内のバリアフリー状況

2Fが一般公開されています。ここへは階段のみです。車椅子で見学が出来ないのは、2F部だけです。

御用邸屋内のバリアフリー状況

屋内の2か所のトイレに、それぞれ障害者用トイレが用意されています。一般的なスペースのトイレで設備は綺麗です。2つのトイレ内に大型のベッドはありません。

障害者用トイレ

障害者用トイレ

赤ちゃん用のオムツ替えと授乳スペースは、別の部屋が用意されています。

赤ちゃん用のオムツ替えと授乳スペースは、

屋内見学コースの最後に、ショップがあります。出入口は手動の引き戸ですが段差は無く、車椅子で利用できます。

屋内見学コース

○屋外庭園のバリアフリー状況

御用邸屋内見学の次は、屋外の庭園部の見学になります。

庭園の見学コースもフラットな舗装路が用意され、車椅子で移動できます。

屋外庭園のバリアフリー状況

庭園の周回コースの途中に段差箇所があります。この先は車椅子では通行できない案内板があるので、ショートカットコースに進みます。それでも庭園のほぼ全てを車椅子から鑑賞することが出来ます。

屋外庭園のバリアフリー状況

庭園周回路の最後に近い箇所は、やや傾斜があり路面が荒れています。途中から庭園見学コースの入口へ逆走すると、それを避けられます。

屋外庭園のバリアフリー状況

○屋外の休憩所

庭園見学コースを出ます。

行きとは反対側の、前庭の右端の舗装路を進むと下り坂になります。そのまま舗装路を進むと屋外の休憩所と売店があります。

このルートの段差箇所には、段差回避スロープが用意されています。

屋外の休憩所

休憩所のトイレには障害者用トイレが用意されています。

売店を過ぎて緩い上がり坂を進むと、御用邸公園の出入口に戻ります。

、御用邸公園の出入口

日光田母沢御用邸記念公園は、御用邸の屋内、屋外の庭園、どちらも車椅子でほとんどの見学コースを利用できます。障害者用トイレは屋内に2つ、屋外に2つ、計4つ用意されています。

日光駅周辺の車椅子観光 バリアフリー情報

栃木県日光市の「日光駅」は、JRと東武鉄道の2つの駅舎があり、その周辺は土産屋などで賑わっています。

車椅子からみた日光駅周辺のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○JR日光駅のバリアフリー状況

大正元年に完成した洋館が駅舎です。

改札口から続く1Fフロアはフラット構造で、車椅子で問題なく利用できます。

エントランスの天井には「鳴龍」が描かれ、真下から車椅子で手を打つことができます。

JR日光駅のバリアフリー状況

2Fが有名な「ホワイトルーム」。昔の一等旅客専用特別待合室で、当時のシャンデリアが保存され点灯しています。無料で観覧できる大正時代の特別室です。

JR日光駅のバリアフリー状況

JR日光駅のバリアフリー状況

JR日光駅のバリアフリー状況

ただし2Fへは階段のみで、エレベーターはありません。車椅子では少し離れた場所から、駅舎全体の景観と2F室内に輝くシャンデリアを眺めることになります。

JR日光駅のバリアフリー状況

JR日光駅のバリアフリー状況

1F「みどりの窓口」は、日光の観光情報コーナーにもなっています。武者兜や小杉放菴の作品の展示があります。

JR日光駅のバリアフリー状況

JR日光駅のバリアフリー状況

JR日光駅のバリアフリー状況

駅舎の横にトイレ棟があり、綺麗な障害者用トイレが1つ用意されています。

JR日光駅のバリアフリー状況

JR日光駅舎内には大きな物販店はありません。

 

○東武日光駅と駅前のバリアフリー状況

各ホームから改札までスロープルートが確保されています。

障害者用トイレは改札外のパブリックスペースに1つ用意されています。

駅舎は大きな三角屋根が特徴です。

東武日光駅と駅前のバリアフリー状況

東武日光駅前は土産屋などが並ぶ商業ゾーンです。路面からそのまま利用出来る店舗が多く、車椅子で利用できる店が何軒もあります。

揚げまんじゅうなど、その場でいただくテイクアウト店もあります。

東武日光駅と駅前のバリアフリー状況

東武日光駅と駅前のバリアフリー状況

東武日光駅と駅前のバリアフリー状況

○車で駅前にアクセスした場合の駐車場

駅の周辺には民間有料駐車場が複数あります。今回の取材で調査した限りでは、障害者用駐車区画がある駐車場は発見できませんでした。

JR日光駅に近い「市営JR日光駅前駐車場」は、30分以内の駐車は無料です。市営駐車場は駐車料金の障害者減免制度はありません。

 

○日光街道はバリアフリー改修中

東照宮方面に向かう日光街道、国道119号線は、現在バリアフリー改修工事が進んでいます。今回取材した時点では、商店が並ぶ日光駅付近から神橋までの区間の約半分は、歩道が広がりかつフラットに整備され、車椅子で通行しやすいバリアフリー歩道になっています。

 

日光駅周辺は、車椅子での日光観光コースにお薦め出来ます。日光街道のバリアフリー化が進めば、もっと利用しやすくなるはずです。

日光観光バリアフリー情報 小杉放菴記念日光美術館 車椅子利用ガイド

栃木県日光市山内、東照宮の隣に建つ「小杉放菴記念日光美術館」は、車椅子で利用出来る施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年9月の取材に基づいています。

美術館のバリアフリー状況

○アクセス方法

神橋に近く、東照宮に隣接した地に建つ美術館です。環境に配慮した設計で「日光市立美術館」として建設されました。

日光駅からは徒歩25分の案内です。車椅子利用者は車の利用が便利です。

障害者用も含めて、来館者専用駐車場はありません。隣接する市営有料駐車場「日光神橋駐車場」の利用が便利です。

「日光神橋駐車場」には、最も美術館入口に近い場所に、障害者用駐車区画が2台分用意されます。

日光神橋駐車場

日光神橋駐車場

駐車料金の障害者減免制度はありませんが、美術館の利用による減免サービスがあります。

一日料金の前払い式駐車場です。入場時に有人窓口で現金で駐車料金を支払い、領収書を受領します。

美術館の受付で入館手続きとともに駐車料金の領収書を提示します。すると領収書に美術館のスタンプが押印されます。

出庫時に押印のある領収書を駐車場の有人窓口に提示すると、駐車料金が現金で還付されます。

美術館の利用で料金減免が認められる駐車時間は、通常期は2時間以内、観光トップシーズンは1時間以内です。その時間を超過すると駐車料金の還付はありません。

 

○美術館エントランス周辺のバリアフリー状況

高低差のある土地に建つ美術館です。日光神橋駐車場の障害者用駐車区画からは、舗装されたフラットな通路を通り、美術館エントランスに向かいます。

美術館エントランス周辺のバリアフリー状況

エントランス正面は階段路です。車椅子では左側にある迂回スロープを利用します。

美術館エントランス周辺のバリアフリー状況

美術館エントランス周辺のバリアフリー状況

美術館エントランス周辺のバリアフリー状況

美術館入口はフラットな床面の自動ドアです。館内エントランスホールは、フラットな広々とした空間です。車椅子での利用に大きな問題はありません。

エントランスは美術館の2Fになります。

美術館エントランス周辺のバリアフリー状況

○障害者用トイレは1F

展示室内にトイレはありません。

トイレは無料で利用出来るパブリックスペースの1Fにあります。

2Fエントランスホールにエレベーターが1基あり、1Fへ下りることが出来ます。

エントランスホールにエレベーターが1基

障害者用トイレは一般的な広さで、今回取材した時点では、設備は更新されて綺麗です。トイレ内に大型ベッドはありません。

1Fにはトイレの他に喫茶室があります。フラットな床面に稼働式のテーブルと椅子席なので、喫茶室は車椅子で利用できます。

障害者用トイレは1F

○美術館のバリアフリー状況

小杉放菴記念日光美術館は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。2F受付で減免措置を受けて下さい。

受付の横から、眺めの良い通路を通り展示室へ向かいます。

美術館のバリアフリー状況

美術館のバリアフリー状況

美術館のバリアフリー状況

眺めの良い通路を通り展示室へ向かいます

展示室は小杉放菴の常設展示室と、企画展示室があります。

展示室内はフラットでスペースに余裕はあり、車椅子での移動に問題はありません。

今回取材時は「平木コレクション 木版画で旅するにっぽんの風景」展が開催中でした。すべての展示が問題なく車椅子から鑑賞出来る企画展です。

平木コレクション 木版画で旅するにっぽんの風景

○エントランスホールの状況

スペースにゆとりのあるエントランスホールでは、日光山内生れの小杉放菴に関わるガイドビデオがリピート放映されています。適当な場所から車椅子で鑑賞することは可能です。

受付の周囲はミュージアムショップで、日光ゆかりの商品などが販売されています。

またホールの奥に赤い毛氈が敷かれたステージがあり、音響設備が用意されています。

エントランスホールの状況

エントランスホールの状況

○屋外展示物あり

美術館の屋外通路には、小杉放菴に関わる展示物があります。車椅子で移動できる散策路から鑑賞出来る展示物もあります。

小杉放菴に関わる展示物

○東照宮観光の待ち合わせにも使える

車椅子あるいは足の悪い人と健脚な人がグループで日光観光をする場合、日光美術館を上手に利用する方法が考えられます。

東照宮は深い砂利路面と階段が多い宮です。車椅子ごと担ぎ上げるボランティアを利用することも出来ます。ただ無理はしたくない人も多いはず。

健脚の人は日光三山の観光、足が悪い人はバリアフリーな日光美術館の観光と分かれて行動して、美術館の喫茶室などパブリックスペースを待ち合わせ場所にする。このような日光観光は、無理のない現実的なバリアフリープランの一つです。

小杉放菴記念日光美術館

小杉放菴記念日光美術館は車椅子で利用できます。日光神橋駐車場の障害者用駐車区画を利用すれば、バリアフリールートでアクセスできます。