宇都宮城址公園 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県宇都宮市の中心部にある、宇都宮城の一部を再現した公園です。高さ約10mの土塁、その上に土塀と櫓、周囲には堀があります。面積は約3.7haですべて無料公開されています。

宇都宮城址公園

アクセスは車が便利です。宇都宮市役所の東側にある無料の「城址公園駐車場」などを利用してください。城址公園駐車場には身障者用駐車スペースが設けられています。

宇都宮城址公園

駐車場から横断歩道を渡ると土塁があります。この土塁の下に展示室「宇都宮ものしり館」があります。

宇都宮城址公園

宇都宮ものしり館は入館無料の小さな展示室です。出入口は手動ドアですが、今回取材時は開放されていました。車椅子で観覧できる資料館です。

宇都宮城址公園

宇都宮ものしり館内にエレベーターを利用して、車椅子で土塁に上部に上がることができます。

宇都宮城址公園

土塁の上はバリアフリーな歩道が整備されています。櫓の入口まではスロープが設置されています。

宇都宮城址公園

櫓内は段差構造で靴を脱いで見学します。車椅子ではスロープで櫓の苙口に近づいて、内部をのぞきます。

宇都宮城址公園

櫓は「富士見櫓」と「清明台」です。現地に解説版が設置されています。

宇都宮城址公園

宇都宮ものしり館の反対側の土塁の下は、お祭りで使われる山車が展示されていました。ここも車椅子で見学できます。宇都宮城址公園の再現施設は、ほぼすべてを車椅子で見学できます。

宇都宮城址公園

宇都宮市の八幡山公園のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2023年1月に執筆しました)

栃木県立博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県宇都宮市にある栃木県立博物館は、1982年に開館した栃木県の歴史、文化、自然を展示解説する総合博物館です。設計は古い施設ですが、バリアフリー改修されて車椅子で観覧できます。

アクセスは車が便利です。博物館北駐車場に入り、車椅子マークの誘導案内に従い車を進めると、博物館エントランス前に3台分の身障者用駐車スペースがあります。

栃木県立博物館

身障者用駐車スペースからエントランスまで、路面は段差解消されています。

栃木県立博物館

館内に入るとすぐに受付があります。栃木県立博物館は観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

バリアフリートイレは1Fにあります。やや狭い個室でウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

栃木県立博物館

展示は日光国立公園の自然な姿が紹介されている「スロープ展示」から始まります。1Fから2Fまでのスロープで角度は緩やかではありません。車椅子で上がることができないことはありませんが、かなりの力が必要です。

栃木県立博物館

スロープの両側壁面に、徐々に標高が上がるイメージで自然の状態が展示されています。

栃木県立博物館

スロープ上りが難しい人は、スロープ展示の観覧はあきらめて、エレベーターで2F へ上がってください。

栃木県立博物館

2Fには2つの大きな展示室があります。展示室はスペースに余裕があるフラットな構造で、車椅子で問題なく観覧できます。ボリュームのある展示です。

栃木県立博物館

2Fの展示を観覧した後は、エレベーターで1Fに戻ります。そこに記念撮影スポットが用意されています。

栃木県立博物館

中禅寺湖畔にある「栃木県立日光自然博物館」のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2023年1月に執筆しました)

栃木市立美術館・栃木市立文学館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

蔵の街、栃木市の中心部に2022年に誕生した隣接する2つの施設です。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

お散歩が楽しい巴波川網手道の近くにあります。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

県庁堀に沿って逆に進めば蔵の街の中心、メインストリート「蔵の街大通り」にでる観光地にあります。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

2館共用の来館者用駐車場があります。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

身障者用駐車スペースは、市立美術館の前に2台分用意されています。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

新しい施設なので美術館、文学館ともに、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

栃木市立美術館は新築されたワンフロアの施設で、3つの展示室があるバリアフリー美術館です。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置、ユニバーサルベッドが備えられています。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

栃木市立文学館は、1921年(大正10年)に建設された木造2階建の塔屋付き洋風建築、2014年まで現役で活躍した旧栃木町役場をバリアフリー改修した施設です。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

2フロア構造でエレベーターとバリアフリートイレが設置されています。正面入口は段差構造ですが、バリアフリーな出入口が建物の横に設置されています。1Fは資料コーナーなどで、展示室は2Fです。車椅子で問題なく利用できます。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

栃木市立美術館と栃木市立文学館は、蔵の街栃木に誕生した新しい観光スポットです。

蔵の街栃木のバリアフリー観光情報を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年11月に執筆しました)