栃木県の道の駅 全25か所の魅力をまとめて紹介

森林と清流、豊かな自然に恵まれた栃木県は、考古の時代から続く歴史と文化、そして美味しい特産品の宝庫。その魅力に出会える道の駅25か所をまとめて紹介します。施設の詳細やアクセスはHPなどで確認してください。なお駅名をクリックすると、各施設のバリアフリー情報を紹介するページにリンクします。

 

道の駅那須与一の郷

源平合戦の英雄「那須与一」は大田原市の誇り。那須氏は、戦国領主、江戸大名、そして旗本として明治維新までこの地を統治。道の駅の入口には弓を弾く与一像、建物の屋根は扇型、レストランは扇亭、与一伝承館では屋島の合戦での活躍、那須氏の歴史と宝物を学べます。隣接して那須神社が鎮座。歴史上の英雄がテーマの道の駅です。

道の駅那須与一の郷

道の駅しもつけ

2011年開業。道の駅の固定観念を超えた、高品質で高規格な企画型道の駅です。目指したのは地元の農産物や名産品が並ぶデパ地下、あるいはプレミアムスーパー。そして毎日がお祭りのようなイベント性。開業から10年経過した現在でも、色あせない輝きがある道の駅です。敷地内には独立棟でスタバが出店しています。

道の駅しもつけ

道の駅東山道伊王野

シンボルは東日本最大の2連水車。大きい水車が12m、小さい水車は5.6mあり、直径2ⅿの巨大石臼で蕎麦の地粉を挽いています。この手打ち蕎麦をいただけるのは「水車館」。「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」のお蕎麦が提供されます。古代那須王国が繁栄し、義経が街道を駆けた、伝説や民話のふるさと。田舎の原風景と出会える道の駅です。

道の駅東山道伊王野

道の駅にのみや

二宮尊徳が行政手腕を発揮した旧二宮町は、現在ではイチゴの生産日本一の真岡市。イチゴがテーマの道の駅です。街灯、施設棟壁面などはイチゴデザイン。いちご情報館、いちごふれあい館があり、食堂では「いちごカレー」を提供。「とちおとめ」に加えて「とちひめ」「スカイベリー」、夏は「なつおとめ」。とことんイチゴを楽しむ道の駅です。

道の駅にのみや

道の駅きつれがわ

日本三大美肌の湯「喜連川温泉」の本館と、商業棟の新館がある道の駅です。施設コンセプトは「大正ロマン、大正モダン」。新館内は「大正」をテーマに演出され、外壁にはプロジェクションマッピングが投影されます。「さくら市」なので、「さくらブランド」として地元の名産品を販売。ユニークなマーケティングを展開している道の駅です。

道の駅きつれがわ

道の駅日光・日光街道ニコニコ本陣

農産物よりも、日光ブランドの名産品の販売が中心の「ニコニコマルシェ」と、「ニコニコ広場」「ニコニコホール」など地域コミュニティ施設がある道の駅です。ユニークな施設は「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」。3Dメガネを着用して観覧する「夢劇場」は演歌ファン必見。カラオケコーナー「歌道場」で、のど自慢ができます。

道の駅日光

道の駅サシバの里いちかい

「サシバ」とは春から夏にかけて日本にくる、タカの仲間の渡り鳥。市貝町は世界有数の繁殖地で、サシバに関する解説展示がある道の駅です。道の駅のキャラクターは「サシバのサッちゃん」「イッちゃん」「カイちゃん」です。「サシバが舞う里山のめぐみを食卓に」がショップコンセプト。絶滅危惧種を守る使命がある道の駅です。

道の駅サシバの里いちかい

道の駅もてぎ

地元愛にあふれ、SLが横を走る道の駅です。ファンクラブは「すきだっぺクラブ」。茂木産のたい肥で育つ「美土里野菜」。茂木産コシヒカリのバウムクーヘンや、もち米の「わっぱ飯」。茂木産のそば粉の手打ち蕎麦。特産の柚子の加工品。「ゆず塩ラーメン」は茂木の「ゆず酢」をかけていただきます。茂木ブランドを追求する道の駅です。

道の駅もてぎ

道の駅どまんなかたぬま

宗谷岬と佐多岬から等距離、すなわち日本列島の中心にある道の駅です。さらに、スイーツ、パン、中華料理、和洋食店など、日本中の味覚や技が「どまんなか」に集まるとしています。直売所は地元の新鮮野菜や総菜などが豊富に並び、屋台が多数出店。他に足湯、ミニSL、遊具広場、イベントホールなど。猛烈な集客力を誇る道の駅です。

道の駅どまんなかたぬま

道の駅明治の森・黒磯

明治21年に建てられた明治の洋館、国指定重要文化財「旧青木家那須別邸」が保存公開されている道の駅です。正面まで長く続く杉並木のアプローチは趣があります。パン工房とレストランが入る棟も、明治の洋館風外観デザイン。周囲の保存林内は散策路が整備されています。商業施設というよりも、文化施設としての印象が残る道の駅です。

道の駅明治の森・黒磯

道の駅那須高原友愛の森

那須高原へのメインルートにある道の駅です。屋外に巨大アートが点在。森をバックにした「石舞台」は、イベント会場として使用されることがあります。工芸館は地元工芸師による作品の展示、即売コーナーがある、那須の伝統文化に触れる施設。大きな樽のような建物は観光交流センター。「那須の観光芸術の中心地」と自認する道の駅です。

道の駅那須高原友愛の森

道の駅たかねざわ 元気あっぷむら

日帰り天然温泉、米国製トレーラーハウスに泊まるグランピング、コテージ、レストラン3店、テイクアウト店、直売所、情報館、森の散策路などがある複合型道の駅です。駐車場は5か所。どの施設をどんな順番で利用するのかを、計画して訪れたい施設です。グランピングは、池のほとりでバーベキューが楽しめます。

道の駅たかねざわ

道の駅ばとう

旧馬頭町にある道の駅で、新鮮野菜とジビエ料理が人気です。地元の八溝山系で獲れた野生イノシシ肉のブランドは「八溝ししまる」。レストランでは「八溝ししまる薬膳カレー」「ししまるそば」「いのしし丼」などのメニューが提供されます。川魚では「ほんもろこ」が特産で唐揚げが人気。馬刺し、もつ煮も旨い。山と川の地物自慢な道の駅です。

道の駅ばとう

道の駅ましこ

焼き物の町として人気の益子にある道の駅です。ショップ&レストランに加え、益子の魅力の発信拠点「益子の作家棚」では100点以上の作品を紹介。「ましこのコンシェルジュ」では、移住相談のワンストップ窓口として、不動産斡旋、就労・起業支援、奨励金の紹介などを行います。空き家物件情報が掲示されている道の駅です。

道の駅ましこ

道の駅やいた

矢板市は林業と木材産業が盛んなエリア。地元ブランドは「たかはら材」。木材が贅沢に使用された道の駅です。特に、2か所に各2台分ある身障者用駐車スペースに設置されている屋根は凄い。太い支柱と梁に大きな屋根がかけられている木造建築です。おそらく日本一、あるいは世界一贅沢な、身障者用駐車スペースの屋根です。ぜひご覧ください。

道の駅やいた

道の駅湯西川

平家落人伝説がある湯西川温泉は、道の駅から10㎞以上、川の上流にあります。道の駅湯西川は、野岩鉄道会津鬼怒川線「湯西川温泉駅」に直結した施設で、湯西川温泉に行くバスターミナルがある、湯西川温泉の玄関口です。しかしながら天然日帰り温泉施設があり、水陸両用バスによるダックツアーの発着場所。目的地にもなる道の駅です。

道の駅湯西川

道の駅思川

小山市にある道の駅で、テーマは「小山ブランドの創生と発信」。「おやま和牛」、豚肉「おとん」、お米「うまかん米」、ミネラルウォーター「思の水」、「にらねっこ」、「思川ごぼう」、またハトムギ美容液「OYAMAの雫」などを創生して販売しています。レストランではこれらの食材を使用したメニューを提供。商業棟の名称は「小山物語館」です。

道の駅思川

道の駅那須野ヶ原博物館

2004年に道の駅登録をした施設ですが、博物館と24時間トイレ棟しかありません。直売所、売店、食事処、屋台などが全くない、とても珍しい道の駅です。唯一あるのは、博物館内のミュージアムショップで、館内にもカフェなどはありません。博物館は、那須野ヶ原の歴史と自然、民俗を紹介する歴史民俗博物館です。

道の駅那須野ヶ原博物館

道の駅みぶ

壬生町の魅力を前面に打ち出したマーケティングが光る道の駅です。農産物直売所は「農家の直売所みぶのやおやさん」。食事処はおふくろの味が自慢の「みぶのおばちゃんち」。そしてフルーツパーラーは地元の老舗洋菓子店による「Mib-TOWN(ミッブタウン)」です。物産館には「みぶブランド」として認定された特産品が並んでいます。

道の駅みぶ

道の駅みかも

キャッチコピーは「木のゆくもりのおもてなし」。曲線を描く大きな木造屋根がシンボルです。ショップ&レストランの内装はウッディ。無料休憩所「みかも亭」も木造建築です。山の恵みを中心に、地物の美味しいものに出会えます。漢字表記では「三毳」。みかも山を眺めながら、山のおもてなしを楽しめる道の駅です。

道の駅みかも

道の駅にしかた

栃木市西方町にある道の駅です。地元の美味しいものにこだわった正統派の施設で、農産物直売所、交流物産館、農村レストランがあります。積極的にSNSによる情報発信を行っている道の駅で、ほぼ毎日新ネタが投稿されています。リアルとバーチャルでマスコットキャラクター「キララ」ちゃんが活躍。Webが本格的に活用されている道の駅です。

道の駅にしかた

道の駅湧水の郷しおや

高原山​の麓、名水として名高い尚仁沢湧水がある塩谷町の道の駅です。町の自慢は綺麗な空気と水で育った美味しい農産物。ハウス栽培が盛んなので、一年中新鮮野菜と出会えます。蕎麦処では、地元産のそば粉を石臼で挽き、尚仁沢の名水とで打つ、挽きたて打ちたての手打ち蕎麦を提供。売り切れ御免の逸品です。

道の駅湧水の郷しおや

道の駅はが

県内でも有数の農業エリア、芳賀町の道の駅です。町の中央部が水田地帯で、減農薬、減化学肥料などによる特別栽培米を生産。東西の台地では特産の梨、イチゴ・トマト・きゅうりなどの施設野菜や畜産などが盛んです。直売所、レストラン、売店で、芳賀町の美味しいものに出会える道の駅です。

道の駅はが

道の駅うつのみや・ろまんちっく村

総面積は東京ドーム10個分相当。大規模な複合型施設です。10haの整備林や広大な芝生広場などがあり、温泉、スパ、宿泊棟がある「ビィラ・デ・アグリ」、多目的ドーム、そして直売所と複数のグルメ店があります。キャッチコピーは「46haの滞在型ファームパーク」。ここを目的地として一日が完結する規模の道の駅です。

道の駅うつのみや

道の駅湯の香しおばら

商業施設としての名称は「アグリパル塩原」。農産物直売所は仕入れ品は扱わない「地場産宣言」をしています。「農村レストラン関の里」は、農産物直売所に入荷する新鮮野菜を使用したメニューを提供。「あぐりのかふぇ」は、地元の米や直売所に並ぶ新鮮な野菜や果物を使用したスイーツやジェラートを提供。地物へのこだわりが凄い道の駅です。

道の駅湯の香しおばら

栃木県の道の駅25か所は、それぞれユニークな個性と魅力があります。

(本稿は2021年8月に執筆しました)

栃木県 道の駅うつのみや・ろまんちっく村 車椅子バリアフリー情報

栃木県宇都宮市にある超大型道の駅です。総面積は東京ドーム10個分相当の46ha。「里のエリア」は、体験農場「ろまんちっくふぁーむ」、広大な芝生広場「にぎわい広場」、広場に隣接して「にぎわい広場ドックラン」などがあるエリア。「森のエリア」は、10haの整備林「みのりの森」、丹頂鶴を飼育する施設「つるの家」、子供向け遊具公園「ポケットパーク」などがあるエリア。そして「集落のエリア」に、ショップ&レストラン、温泉施設、スパ施設、宿泊施設、多目的ドームなどがあります。キャッチコピーは「46haの滞在型ファームパーク」。車椅子で利用できる「集落のエリア」を中心に、現地のバリアフリー状況を紹介します。

〇駐車場のバリアフリー状況

広い施設なので、駐車場は複数か所あります。もっとも数多くの身障者用駐車スペースが並ぶのは、第1駐車場のメインゲート前です。

道の駅うつのみや・ろまんちっく村

第1駐車場と集落のエリアの施設棟間は高低差があります。メインルートは階段ですが、その横に段差回避スロープ路が設置されています。メインゲートの先がショップ&レストランのエリアで、アップダウンがないフラットな構造です。

道の駅うつのみや・ろまんちっく村

温泉、スパ、宿泊棟がある「ビィラ・デ・アグリ」の駐車場にも、身障者用駐車スペースが用意されています。

道の駅うつのみや・ろまんちっく村

〇バリアフリートイレの状況

集落のエリア内の主な施設と、トイレ棟の内に、バリアフリートイレが用意されています。直売所、多目的ドーム内にもバリアフリートイレがあります。

道の駅うつのみや・ろまんちっく村

〇直売所のバリアフリー状況

メインショップは「ろまんちっく村市場 情報センター あおぞら館」。大型店で店内の通路は車椅子で移動できる幅が確保されています。地元の生産者、あるいは「里のエリア」で生産された新鮮野菜、加工品、花卉、県内の物産品などが豊富に並びます。観光情報コーナーが併設されています。

 

〇レストランのバリアフリー状況

メインダイニングは「村の食堂・畑の台所 麦の楽園」。屋内席、テラス席とも可動式のテーブル席があるので、車椅子で利用できるお店です。「地元食材を豊富に使った季節ごとの里山料理や和洋各種のこだわりメニューを気軽に食べられる」と案内されています。

他に「フードコートとちのは」があり、蕎麦処とラーメン餃子処、アイス&総菜デリが営業しています。

「ビィラ・デ・アグリ」内のレストランは「お食事処ゆず庵」。可動式のテーブル席がある車椅子で食事ができるお店です。「里山料理からダイナミックな創作和食まで、旬の食材をふんだんに使った料理が自慢」と案内されています。

 

〇集落のエリア内の移動ルートの状況

ショップ&レストランのエリアから、中央部は階段で両脇はスロープ構造の「カスケード」を通行して、車道をまたいで「噴水広場」へ、そして「多目的ドーム」へと車椅子で移動できます。「多目的ドーム」は車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

「噴水広場」から「ビィラ・デ・アグリ」へは、やや傾斜がきついスロープを通行して車椅子で移動できます。

基本的に段差がある施設ですが、決定的な段差は回避できるルートが整備されている施設です。

道の駅登録は2012年ですが、それ以前から開業している施設で、現在も施設の拡張が計画されています。「道の駅うつのみや・ろまんちっく村」は、車椅子で利用できる「集落のエリア」だけでも、十分に広い大型施設です。

(本稿は2021年8月に執筆しました)

栃木県 道の駅にのみや 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

イチゴ生産日本一を誇る栃木県真岡市の、旧二宮町にある道の駅。開業は1997年で、栃木県で2番目に誕生した道の駅です。二宮町が真岡市と合併したのは2009年。10年以上の期間、二宮町の道の駅として営業してきました。

そして2020年3月に商業棟が建て直され、リニューアルオープンしました。以前とは全く違うお店に変わっています。

道の駅にのみや

道の駅のコンセプトは「イチゴ」。リニューアル前から「いちご展示温室」、「いちごふれあい館」、「いちご情報館」があります。

道の駅にのみや

ただし今回取材時は、コロナ対策で休館中。内部の状況は確認できませんでした。

道の駅にのみや

新商業棟の壁面にも、イチゴがデザインされています。

道の駅にのみや

駐車場は普通車約50台を収容。身障者用駐車スペースはリニューアル前と同じ場所に2台分あります。下の写真の屋根は、急速充電スペースのもの。身障者用駐車スペースは屋根なしです。

道の駅にのみや

今回取材時、トイレ棟は改装工事中でした。まもなく、新しいバリアフリートイレが誕生することと思われます。もちろん、工事中ですが旧来のバリアフリートイレは使用できます。

道の駅にのみや

新商業棟はバリアフリー設計。出入口は2か所で自動ドア。店内の通路幅は余裕があります。

道の駅にのみや

農産物・いちご販売コーナー、お土産コーナー、パン工房、スイーツ工房、ジェラート販売コーナー、食堂があります。

道の駅にのみや

食堂は「おもてなし広場」。店内で購入した商品ならここで飲食できます。食堂の名物は「いちごカレー」です。

道の駅にのみや

おもてなし広場内は、フラットでスペースに余裕があり、可動式のテーブル席が配置されています。

道の駅にのみや

真岡市の旧二宮町は、かつて二宮尊徳が活躍した地で、町には「二宮尊徳資料館」があります。

二宮尊徳は、役人としてこの地に36歳から52歳までの26年間を過ごしたということ。「勤労」「分度」「推譲」の「報徳の教え」は、この地で実践された行政手法ということです。

二宮尊徳といえば小田原の人。この地はかつて小田原藩の飛び地「下野国桜町領」。この飛び地のエリア経済再生のために、二宮尊徳は小田原から役人として赴任し活躍しました。

道の駅にのみや

新商業棟の開業で、「道の駅にのみや」はバリアフリーレベルが向上しました。トイレ棟の改修により、さらにバリアフリーな施設になりそうです。

(本稿は2021年8月に執筆しました)