栃木県 道の駅やいた 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

車椅子で行く 道の駅やいた バリアフリー情報

栃木県矢板市の「道の駅やいた」は、木材を使用した屋根付き駐車場が4台分ある、エコロジーな道の駅です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年2月の取材に基づいています。

○立派な身障者用駐車区画

2011年に開業した「道の駅やいた」は、贅沢な身障者用駐車区画が用意されています。大きくて立派な木材を使用した屋根付きの駐車区画が、2台分2か所で計4台分。はっきりとは分かりませんが、地元名産の「たかはら材」などが使用されているのでないでしょうか。

独立トイレ棟の前にある2台分駐車スペースは、トイレ棟まで屋根続きなので、雨の日でも全く濡れずに車椅子でトイレを利用できます。

施設棟よりの2台分スペースは、施設まで屋根続きではありません。

道の駅やいた

○トイレは2か所

トイレは独立棟と施設棟内の2か所。どちらにもバリアフリートイレが1つ用意されています。

道の駅やいた

○施設棟は1段高い

施設棟は一棟方式で、産直ショップと食事処が入ります。構造は一段高い高所式で、車椅子ではスロープを利用します。

道の駅やいた

○産直ショップはワイド通路

産直ショップは「旬鮮やいた」。店内はフラットで通路幅は余裕があるので、車椅子で利用しやすいショップです。新鮮野菜やリンゴが名産です。

道の駅やいた

○食事処もフラット構造

食事処は「農村レストランつつじ亭」。地元のおふくろの味を提供します。店内はフラットで可動式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。

道の駅やいた

○エコモデルハウスあり

※エコモデルハウスは2021年3月末で休館になりました。以下は開館時の状況です。

施設敷地内にエコハウスがあります。地元産の「たかはら材」などを使用した木造住宅で、環境を活かし、自然で再生可能なエネルギーを利用します。内部見学ができますが、入口に段差があり内部は土足禁止です。

エコモデルハウスがある道の駅は、全国でここだけという案内です。

道の駅やいた「道の駅やいた」はコンパクトな車椅子で利用しやすい施設です。そして身障者用駐車区画の屋根は、とても立派な建造物です。