県立近代美術館葉山「ポーランド・ポスター展」バリアフリー情報

神奈川県立近代美術館葉山の「ポーランド・ポスター展」は、車椅子で快適に鑑賞できる企画展です。会期は2019年4月6日から6月23日まで。現地のバリアフリー状況を紹介します。

 

県立近代美術館葉山

○企画展の概要

1950年代から1970年代にかけて、ポーランドで製作されたポスター176点が展覧される企画展です。

当時のポーランドは共産党一党独裁体制でしたが、逆に商業主義にとらわれないグラフィックデザインが創造され、世界に大きな影響を与えました。

神奈川県立近代美術館では、ポーランド政府から寄贈された290点の作品を所蔵しています。

企画展の概要

○駐車場から館内へ

アクセスは車が便利です。来館者用の専用有料駐車場があり、障害者用駐車区画が2台分用意されます。

駐車場からスロープを上りエントランスへ。館内全般フラット構造で車椅子での移動に大きな問題はありません。

駐車場から館内へ

○入館手続き

「ポーランド・ポスター展」は障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。また企画展の観覧者は駐車場料金が1時間減免されます。

館内に入ると受付があります。駐車料金の減免申請は受付で行ないます。

企画展の観覧料減免措置は、展示室入口で手帳を提示して行います。

駐車場から館内へ

○車椅子からみやすい展示

展示室に入ります。最初はコレクション展「彫刻のある風景」。広い展示室に28点の作品が展示されます。車椅子での鑑賞に問題はありません。

次の部屋からが「ポーランド・ポスター展」です。とても広い、ゆとりのある空間にポスター作品が壁面展示されます。デザイナーの紹介解説も壁面に掲示。作品、解説とも、車椅子からとてもみやすい展示です。

駐車場から館内へ

○トイレは男女別内

県立近代美術館葉山はバリアフリー美術館ですが、異性介護の方はトイレには注意して下さい。本館内の障害者用トイレは、男女別トイレ内にあります。

駐車場から館内へ

県立近代美術館葉山「ポーランド・ポスター展」は、車椅子で鑑賞しやすい企画展です。

車椅子で行く三浦半島~葉山公園バリアフリー情報

昭和32年に開園した「神奈川県立葉山公園」は、車椅子で利用出来るのか。現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2017年12月の取材に基づいています。

○専用駐車場あり

葉山公園は、葉山の御用邸に隣接した立地。車椅子利用者は車でのアクセスが便利です。

公園専用の駐車場があり、障害者用駐車区画の用意があります。土日祝日と夏場は有料になりますが、各種障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。

 

○公園へのアクセス路は狭い

葉山公園駐車場へは国道134から横道に入ります。この横道が狭い。曲がって対向車が来るとどうにもなりません。慎重に、かつ大胆に、駐車場を目指します。

葉山公園バリアフリー情報

○駐車場から高台へと向かう

それほど広い公園ではありません。

駐車場から歩道を進むと、子供用の遊具がある広場があります。更に進むと、歩道は上り坂になり、海が見える芝生広場にでます。歩道は舗装路で上り坂も緩やかなので、車椅子での移動は可能です。

葉山公園バリアフリー情報

○障害者用トイレあり

公衆トイレは駐車場の近くにあり、障害者用トイレも併設されています。

公園の公衆トイレですが、最低限の品質は確保。通常の利用に問題はありませんが、トイレットペーパーが切れている可能性もあるので、ご準備ください。

葉山公園バリアフリー情報

○クロマツ林と眼下の砂浜

芝生広場では、バトミントンなどの軽いスポーツ系の遊びは違和感なく出来ます。

相模湾を眺めながら、歩道を芝生広場の先に進みます。

パーゴラのある広場、休憩所などがあり、その周囲はクロマツ林。眼下の海岸は「大浜海岸」。夏場は海水浴場になります。公園から海岸に降りる道は段差があります。

葉山公園バリアフリー情報

○葉山の眺望を楽しむ

ところどころにベンチなどの休憩設備があり、ゆっくりと海を眺められます。海岸沿いはハマナス園で、開花の季節は綺麗に咲き乱れます。

海の先には富士山。ザ湘南、これぞ葉山、といった風景を車椅子で楽しめます。西向きの海岸なので、特に夕陽が美しい。天気に恵まれれば、海に落ちる夕陽が見られます。

葉山公園バリアフリー情報

○御用邸馬場の名残がある

この地は御用邸の馬場でした。葉山御用邸側には「馬場橋」の跡、長者ヶ崎側には「御物見台」の跡があります。「大浜海岸」へ下りる階段も、御用邸時代に造られたものということです。

葉山公園バリアフリー情報

○トンビに注意

公園にはレストランや売店などはありません。

お弁当、お菓子などを葉山公園でいただく場合、トンビが食べ物を狙うので注意してください。羽を広げると1m近くになるトンビが襲ってきます。こちらが上空を見上げて警戒していると、攻撃をしてきませんので油断なく。

 

 

神奈川県立葉山公園は、車椅子で葉山の景観を楽しむことが出来る公園です。

車椅子で行く三浦半島~葉山しおさい公園バリアフリー情報

葉山御用邸付属邸跡地に開設された「葉山しおさい公園」は、車椅子で利用出来るのか。現地現場のバリアフリー状況を、詳しく紹介します。

なお本稿は2017年12月の取材に基づいています。

○無料駐車場あり

葉山しおさい公園は、葉山御用邸から北側に100mほどの場所にあります。車椅子利用者は、車でのアクセスが便利です。20台収容の駐車場があります。公園入口は車両通行が出来ない雰囲気ですが、一般車両が進入できます。

 

○障害者減免あり

葉山しおさい公園は有料の公園ですが、入園料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。公園内にある「葉山しおさい博物館」は、公園入園料に込みで無料入館できます。

 

○入園手続きは窓口で

車で公園に入場すると、すぐ左手に公園の入園料金を支払う窓口があります。可能であれば、車を駐車する前に入園手続きをおこなってください。その後、奥の駐車スペースへ車を進め停めてください。

 

○公園のバリアフリー状況

公園は日本庭園仕様です。全体的に未舗装で、砂利歩道も多々あります。デコボコが激しいところ、段差のところ、急坂のところがあるため、普通の車椅子ユーザーは、公園内の広範な移動は困難です。無理のない範囲を行けるところまでの利用になります。

葉山しおさい公園バリアフリー情報

○庭園の景観は見事

車椅子での散策は困難ですが、皇室の伝統を誇る見事な日本庭園です。葉山一色海岸に面しているので眺望もよく風光明媚。デコボコ路を通行出来るなら、一色海岸沿いまで車椅子でなんとか行けます。

 

○博物館はバリアフリー

駐車場から葉山しおさい博物館入口までは砂利道。車椅子での移動には少々気合が必要です。旧付属邸の御車寄せを移築した玄関から博物館内へ入ります。

博物館は1FとB1の2フロア構造で、エレベーターあり、1Fに障害者用トイレありと、

館内はバリアフリーです。1Fには車椅子で利用出来る、屋内から日本庭園を眺める休憩コーナーがあります。

葉山しおさい公園バリアフリー情報

○博物館の展示内容

博物館は、昭和天皇による海洋生物ご研究成果の展示が中心です。

近年、昭和天皇の真実の御姿が伝わる資料が公開されていますが、この博物館の展示をみても、昭和天皇のお人柄や研究の専門性の高さが解ります。

葉山しおさい公園バリアフリー情報

○ここは昭和天皇皇位継承の地

この地で大正天皇が崩御され、昭和天皇は皇位を継承されました。日本庭園内の建物は、すべて御用邸時代に造られたものです。

時間を気にしながら見る施設ではありません。例えば、午後のひとときをゆっくりと過ごす、葉山しおさい公園は、そんな時間がふさわしい場所です。

 

葉山しおさい公園は、大正天皇時代からの庭園なので、バリアフリーには限界はあります。

葉山しおさい博物館内は、車椅子で見学出来ます。