車椅子で行く三浦半島~葉山しおさい公園バリアフリー情報

葉山御用邸付属邸跡地に開設された「葉山しおさい公園」は、車椅子で利用出来るのか。現地現場のバリアフリー状況を、詳しく紹介します。

 

○無料駐車場あり

葉山しおさい公園は、葉山御用邸から北側に100mほどの場所にあります。車椅子利用者は、車でのアクセスが便利です。20台収容の駐車場があります。公園入口は車両通行が出来ない雰囲気ですが、一般車両が進入できます。

 

○障害者減免あり

葉山しおさい公園は有料の公園ですが、入園料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。公園内にある「葉山しおさい博物館」は、公園入園料に込みで無料入館できます。

 

○入園手続きは窓口で

車で公園に入場すると、すぐ左手に公園の入園料金を支払う窓口があります。可能であれば、車を駐車する前に入園手続きをおこなってください。その後、奥の駐車スペースへ車を進め停めてください。

 

○公園のバリアフリー状況

公園は日本庭園仕様です。全体的に未舗装で、砂利歩道も多々あります。デコボコが激しいところ、段差のところ、急坂のところがあるため、普通の車椅子ユーザーは、公園内の広範な移動は困難です。無理のない範囲を行けるところまでの利用になります。

葉山しおさい公園バリアフリー情報

○庭園の景観は見事

車椅子での散策は困難ですが、皇室の伝統を誇る見事な日本庭園です。葉山一色海岸に面しているので眺望もよく風光明媚。デコボコ路を通行出来るなら、一色海岸沿いまで車椅子でなんとか行けます。

 

○博物館はバリアフリー

駐車場から葉山しおさい博物館入口までは砂利道。車椅子での移動には少々気合が必要です。旧付属邸の御車寄せを移築した玄関から博物館内へ入ります。

博物館は1FとB1の2フロア構造で、エレベーターあり、1Fに障害者用トイレありと、

館内はバリアフリーです。1Fには車椅子で利用出来る、屋内から日本庭園を眺める休憩コーナーがあります。

葉山しおさい公園バリアフリー情報

○博物館の展示内容

博物館は、昭和天皇による海洋生物ご研究成果の展示が中心です。

近年、昭和天皇の真実の御姿が伝わる資料が公開されていますが、この博物館の展示をみても、昭和天皇のお人柄や研究の専門性の高さが解ります。

葉山しおさい公園バリアフリー情報

○ここは昭和天皇皇位継承の地

この地で大正天皇が崩御され、昭和天皇は皇位を継承されました。日本庭園内の建物は、すべて御用邸時代に造られたものです。

時間を気にしながら見る施設ではありません。例えば、午後のひとときをゆっくりと過ごす、葉山しおさい公園は、そんな時間がふさわしい場所です。

 

葉山しおさい公園は、大正天皇時代からの庭園なので、バリアフリーには限界はあります。

葉山しおさい博物館内は、車椅子で見学出来ます。