車椅子で行く三浦半島~荒崎公園バリアフリー情報

荒崎公園バリアフリー情報

三浦半島の西岸、相模湾沿いの荒崎海岸一帯は、「荒崎公園」として整備され、限界はありますが車椅子で荒々しい磯の景観を見ることができます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場は障害者減免あり

アクセスは車が便利です。国道134号線の荒崎入口から海沿いの道に入るのが一般的なルートで、その突き当りに荒崎公園の駐車場があります。

駐車場は、オフシーズンの平日は無料ですが、週末や夏休みシーズンは有料になります。障害者減免制度があるので、駐車場入口のスタッフに障害者手帳を提示してください。駐車料金が無料に減免されます。

荒崎公園バリアフリー情報

○遊歩道は車椅子通行可

駐車場には障害者用駐車区画の用意があります。磯の方面に行く遊歩道は、駐車場右手奥から始まるので、その近くに駐車すると便利です。

荒崎公園バリアフリー情報

駐車場の近くに公衆トイレがありますが、障害者用トイレはありません。

荒崎公園バリアフリー情報

公園内メインの遊歩道は、アップダウンはありますが、一般的な車椅子利用者なら通行可能な舗装路です。

荒崎公園バリアフリー情報

○丘へのルートは車椅子に不向き

荒崎公園内には「夕日の丘」「ピクニックの丘」「潮風の丘」が整備されています。それぞれ美しい眺望や自然が楽しめますが、丘へのルートは傾斜が強く、未舗装路もあり、車椅子には不向きです。

荒崎公園バリアフリー情報

 

荒崎公園バリアフリー情報

○遊歩道から入江を眺める

メインの遊歩道を進むと、「どんどんびき」という細長い入江が右手に見えてきます。波が打ち寄せて、どんどん引いていく様子が語源ということ。

荒崎公園バリアフリー情報

その手前の入り江は、健脚の方なら磯遊びが楽しめます。車椅子利用者は、無理のない範囲で、入江の鑑賞を楽しみます。

荒崎公園バリアフリー情報

○広場は通過する

その先には「憩いの広場」があり、ベンチやテーブルが設置されています。広場はデコボコが激しい未舗装路面なので、車椅子での移動は快適ではありません。そのまま横を通過して、磯を目指すことをお薦めします。

荒崎公園バリアフリー情報

 

○車椅子で海岸線へ

更に進むと、相模湾に突き出た荒崎、つまり海岸線にでます。さすがに荒崎。静かな相模湾ですが、凪の時でもそれなりの波が打ち付けます。時化の時は更に迫力があります。あまりに激しい時化の時は、危険なので近づかないようにしてください。

荒崎公園バリアフリー情報

○奇岩や洞窟を観る

海の方を眺めると、迫力のある打ち寄せる波の姿ですが、陸の方に目を向けると、長い年月、波に打たれた奇岩や洞窟などをみることができます。迫力のある光景を車椅子から観ることができる、希少なスポットです。

 

荒崎公園バリアフリー情報

○トレッキングルートは続く

この遊歩道の先は、海岸線を貫くトレッキングルートとして人気ですが、車椅子ではここまでです。遊歩道の終点、柵の内側から荒崎の景観を楽しみます。

 

荒崎公園は、遊歩道のアップダウンをクリアできれば、車椅子から荒磯の光景を観ることが出来る公園です。