車椅子で行く三浦半島~横須賀美術館バリアフリー情報

横須賀美術館バリアフリー情報

観音崎公園エリアに2007年に開館した「横須賀美術館」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場のバリアフリー状況

アクセスは車が便利です。地下駐車場があり、障害者用駐車区画を用意。雨の日でも濡れずに利用できる美術館です。

障害者手帳の提示で、駐車料金は時間無制限で無料に減免されます。美術館受付で手続きを行ってください。

横須賀美術館バリアフリー情報

○館内のバリアフリー状況

館内には全3系統のエレベーターがあり、車椅子でスムーズに上下階移動ができます。

横須賀美術館バリアフリー情報

障害者トイレは複数あり、設備はとても綺麗。

美術館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

全館にわたってスペースに余裕がある設計で、車椅子で快適に利用できます。

横須賀美術館バリアフリー情報

○美術館の存在自体がアート

ここを訪れたら、最初に美術館の外観を多方面から鑑賞されることをお薦めします。建築物としてのアートが楽しめます。

横須賀美術館バリアフリー情報

そして次には美術館からみる東京湾の風景を楽しむ。1F正面から。そして「恋人の聖地」に認定されている屋上から。

展示室に向かう前に、上質な空間を車椅子で楽しむことができます。

横須賀美術館バリアフリー情報

○所蔵作品を楽しむ

展示室は地階。とても広々した展示空間です。ところにより吹き抜け構造で外光が入ります。

横須賀美術館バリアフリー情報

もちろん快適なフラット構造で車椅子からゆっくり作品を鑑賞できます。その時の企画にもよりますが、車椅子で困るほどの混雑になることは滅多にありません。

主な作品の解説書が各所に置かれ、自由に持ち帰ることができます。

横須賀美術館バリアフリー情報

○「谷内六郎館」を巡る

次に、常設の「谷内六郎館」を車椅子で巡ります。作品のみならず、窓から見る東京湾の眺望が素晴らしい。

週刊新潮の表紙を飾った氏の作品は、一定以上の年齢の人にとっては、昭和の追憶でもあります。

横須賀美術館バリアフリー情報

「谷内六郎館」は2棟に分かれます。この間の10mだけは屋根無しの屋外。「横須賀美術館」で雨天に濡れるのはここだけです。

 

○美術書を読む

無料で美術系の資料を閲覧できる図書室があります。ここがまた素敵な空間です。渡り廊下のような通路を通りバリアフリーに図書室へ。面倒な手続きなしに、静かな空間で好きな資料を自由に閲覧できます。

横須賀美術館バリアフリー情報

図書室の奥には車椅子が入るサイズの大きな個室トイレがあります。このトイレの前の窓からみる東京湾が素敵な景色。トイレの前は絶景ポイントです。

横須賀美術館バリアフリー情報

○託児サービスなども

事前予約制の無料託児サービスがあります。

館内ガイドツアーも充実。

そしてレストランは、オーションビューでお洒落なお店です。

横須賀美術館バリアフリー情報

「横須賀美術館」は、美術館の存在自体がアート。観音崎公園エリアに建つ極上のバリアフリー施設。車椅子での利用をお薦めできます。