車椅子で行く三浦半島~横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

三浦半島の中央部、丘陵の住宅街にある横須賀市立「横須賀しょうぶ園」は、車椅子で花菖蒲鑑賞ができます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○14万株の花菖蒲

「横須賀しょうぶ園」の開園は1988年。園内2か所の「しょうぶ苑」の周囲はバリアフリーで、オフロードや段差がありません。14万株の花菖蒲が車椅子で楽しめます

ただし「ふじ苑」や「展望台」など、園内には段差のある箇所もあります。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○障害者減免あり

7月から3月は入園無料です。

4月から6月は、駐車場利用と入園が有料になりますが、障害者手帳の提示でどちらも無料に減免。入園料は介助者1名も無料に減免されます。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○ピーク期の混雑は凄い

菖蒲開花期の問題は混雑、特に駐車場の混雑です。

臨時駐車場まで含めると、それなりの収容台数がある駐車場なのですが、平日でもすぐに満車になり、それが続きます。

周辺道路の渋滞まで起こるので、市では公共の交通機関の利用を呼び掛け、バスのピストン輸送を実施しています。

6月の花菖蒲開花ピーク時は、この混雑は覚悟してください。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○通年、見るべき花はある

4月から6月、特に6月がピークですが、「横須賀しょうぶ園」は、通年見どころがあります。

代表的なもので、1月はスイセン、ロウバイ、2月は菜の花、3月はウメにモクレン。4月はサクラにシャクナゲ、5月はフジにボタン。7月はスイレン、8月はサルスベリ。9月はヒガンバナ、10月と11月はバラ、12月はカンツバキ。

6月のピーク期以外は、空いていて車椅子で利用しやすいことが多い「横須賀しょうぶ園」です。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○食事処はバリアフリー

営業が4月から6月に限定されますが、管理棟の1Fに食事処があり、車椅子での利用は十分に可能です。

障害者用トイレは、管理棟内と屋外の公衆トイレにあります。2017年時点では、どちらもそれほど綺麗ではありませんが、実用には耐えます。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○ふじ苑、しゃくなげ苑は、ややバリア

「しょうぶ苑」は車椅子で快適ですが、「ふじ苑」、「しゃくなげ苑」は、アップダウンや一部段差ルートがある、バリアゾーンです。それなりに車椅子で鑑賞できますが、快適なバリアフリー散策ではありません。

 

 

「横須賀しょうぶ園」の「しょうぶ苑」周辺はバリアフリーです。「ふじ苑」、「しゃくなげ苑」周辺は、少し車椅子で苦戦します。菖蒲開花期は混雑を覚悟してください。