神奈川の産直 すかなごっそ 車椅子買物ガイド バリアフリー情報

すかなごっそ

横須賀市長井、国道134号線沿いに建つ「すかなごっそ」は、2011年に開業した「JAよこすか葉山」の大型産直ショップです。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

すかなごっそ

○身障者用駐車区画は2台分

アクセスは車が便利。駐車場内はフラットで車椅子での移動に問題はありません。

混雑時は右折入場ができません。混雑時間帯は概ね土日祝の10時から15時です。またこの時間帯は駐車場が混みあいます。

身障者用駐車区画は2台分あります。

「すかなごっそ」バリアフリー情報

○売り場内はフラット

メイン棟の内部はフラット構造。売り場の通路幅は一般的なサイズで、車椅子での店内回遊は可能です。販売台の高さも一般的で、車椅子から商品へ手が届きます。

レジの仕様も一般的なスーパーと同様で、車椅子で利用できます。袋詰めは自分で行いますが、セルフ台は壁沿いに細長い簡易テーブルが置かれているだけで、車椅子仕様ではありません。健常な同行者がいると助かります。

すかなごっそ」バリアフリー情報

○テイクアウトコーナーの窓口

メイン棟出口にソフトクリームなどを販売する、テイクアウトショップがあります。ここの窓口の高さは、車椅子で手が届くギリギリの高さです。代金の支払い、商品の受け取りは、健常な同行者がいると助かります。

 

○「さかな館」はやや狭い

メイン棟の隣に、長井漁協直営の「さかな館」が、2014年に誕生しました。ワンフロアの小さな売場で、混雑時は車椅子での利用が辛い狭さです。空いていれば、問題なく車椅子で利用できます。

すかなごっそ

すかなごっそ

○バリアフリートイレは一つ

トイレはメイン棟の後ろ側にある外付けタイプ。男女別トイレとバリアフリートイレがあります。混雑時は使用中のことが多いバリアフリートイレです。

すかなごっそ

すかなごっそ

○三浦の恵みが楽しめる

季節の地場産野菜が並ぶ楽しい産直です。「葉山牛」などお肉販売にも力が入っています。コロッケなどの惣菜類も充実。三浦半島で最もバリアフリーな産直ショップです。

すかなごっそ

○上空の「とんび」に注意

メイン棟の出口前スペースにフリーテーブルが置かれ、自由に利用できます。肉売場で買ったコロッケ、テイクアウトコーナーのソフトクリームなどを、ここでいただくことができます。

食べ物を手元に出すときには上空の「とんび」に注意してください。本当に襲ってきます。

すかなごっそ

○端境期があります

地場産の野菜類は、時期によって扱いが大きく変わります。三浦半島の場合、野菜が採れない秋の「端境期」が長い傾向にあります。その年、その日によって違うので、一概には言えませんが、気候のよい秋の季節に地場産野菜が少ない傾向があります。

すかなごっそ

「すかなごっそ」とは「よこすか」と「ごちそう」を併せた造語です。混雑時はやや車椅子で苦戦することもありますが、「すかなごっそ」はバリアフリーな産直ショップです。

(本稿は2021年5月に加筆修正しました)