車椅子で行く横須賀久里浜 ペリー公園 バリアフリー情報

車椅子で行く横須賀久里浜 ペリー公園 バリアフリー情報

神奈川県横須賀市久里浜の「ペリー公園」は、記念碑と記念館があるペリー上陸を記念する公園で、車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年10月の取材に基づいています。

○駐車場なし

1853年にペリーが久里浜に上陸しました。そのことを記念した公園です。場所は久里浜海岸の近くで公園専用の駐車場はありません。近くにコインパーキングはあります。

ペリー公園

○公園内は未舗装

小さな入園無料の公園です。公園内は未舗装で薄い砂利路面ですが、車椅子で通行できるレベルです。記念碑周辺は一部舗装路面があります。

ペリー公園

○トイレは公衆トイレ

トイレは公園の公衆トイレで、障害者用はありません。

 

○ペリー記念館は入館無料

公園の奥に「ペリー記念館」があります。2階建ての小さな博物館で入館無料。入口はスロープあり。出入口は手動ドア。1Fの展示は上陸時の様子のジオラマ模型の展示。2Fは関係資料の展示ですが、階段のみでエレベーターはありません。

ペリー公園ペリー公園

○記念碑は博文の筆

目を引くのは巨大な記念碑。明治34年に建立されたそうで、碑文は伊藤博文の筆です。

ペリー公園

○除幕式は盛大だった

明治34年は1901年。この記念碑の除幕式には、当時の桂首相以下多くの日本閣僚が参加。米国からは海軍関係者などが参加。総勢約1,000人が集まり、沖合では日米両国の軍艦が祝砲を放ったとのこと。

20世紀初頭では、ペリー上陸はそのように評価されていました。

江戸時代のペリー上陸だけではなく、明治政府の対米外交政策を知る公園です。巨大な記念碑は明治のモニュメントとして見る価値があります。