三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 埼玉県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 埼玉県編

埼玉県の博物館、資料館、美術館などの中で、障がいのある家族と一緒に安心して利用できる可能性が高い、車椅子で利用できるバリアフリーな屋内型施設を紹介します。

各施設の詳細は、リンクページでご覧ください。

嵐山史跡の博物館(嵐山町)

国指定史跡「菅谷館跡」の中に建つ県立博物館です。テーマは地元の中世城館史跡及び資料の管理、保存、研究。行田の「忍城」への水攻めを指示した秀吉の朱印状もあります。全般的に展示内容はマニア向けです。

「百名城菅谷館跡 嵐山史跡の博物館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/ranzanmuseum/

 

忍城・行田市郷土博物館(行田市)

石田光成の水攻めで有名な忍城の三階櫓と、その周囲には城壁や城門、鐘楼などが再現されています。

その中に郷土博物館があり、行田の歴史、民俗、文化について詳しい展示があります。

「行田市バリアフリー観光情報 車椅子で行く 忍城と水城公園」

https://ikiru-chikara.org/oshijyo/

 

さきたま史跡の博物館(行田市)

9基の大型古墳がある「埼玉古墳群」を中心に整備された「さきたま古墳公園」にある県立博物館です。展示室はワンフロア構成で「国宝展示室」と「企画展示室」があります。

他に分館として「将軍山古墳」内に「将軍山古墳展示館」があります。

「さきたま古墳公園・史跡の博物館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/sakitama/

 

自然の博物館(長瀞町)

景勝地長瀞の岩畳にも近い、川沿いに建つ県立博物館です。観光シーズンは少し混みあうことがあるので、感染拡大防止に気をつけてください。

常設展示は「地学展示ホール」「古秩父の地層と化石」「「生物展示ホール」。恐竜「ガリミムス」や「アケボノゾウ」の骨格展示などがあります。野外展示観察園は「カエデの森」です。

「車椅子で行く長瀞 埼玉県立自然の博物館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/saitamanatmus/

 

埼玉ピースミュージアム(東松山市)

埼玉県が運営する施設で「戦争の記憶をつなぎ、平和の尊さを伝える」ことが目的の施設です。常設展示と企画展示、そして展望タワーがあります。

常設展示室の入口は「タイムトンネル」で、動く歩道を抜けると、戦時中にタイムスリップします。

「埼玉ピースミュージアム(埼玉平和資料館)バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/piecemuseum/

 

大滝歴史民俗資料館(秩父市)

「道の駅大滝温泉」内にある資料館です。ワンフロア構造で館内の常設展示室は1つで、大滝の自然と民俗に関する展示があります。

「埼玉県 道の駅 大滝温泉 車椅子からみたバリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/ootakionsen/

 

難波田城公園資料館(富士見市)

中世の城跡の復元、移築した古民家、そして資料館がある公園です。常設展示室では、中世から近現代までの富士見市の変遷が展示解説されます。

想像するよりも充実した内容の資料館です。屋外型復元施設も車椅子で見学できます。

「車椅子で行く富士見市 難波田城公園 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/nanbata/

 

SKIPシティ(川口市)

消費者への情報サービスなどを目的にした「彩の国くらしプラザ」。子供向けの科学館「川口市立科学館サイエンスワールド」。映像の原理や歴史の展示、撮影体験コーナーなどがある「映像ミュージアム」。そして「NHK公開ライブラリー」があります。

「さいたま新産業拠点 川口SKIPシティ バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/skipcity/

 

大宮盆栽美術館(さいたま市)

世界で唯一の盆栽美術館です。屋内展示と屋外展示が半々ある構造です。展示されている盆栽コレクションは、市が5億円を拠出して買い求めた市場価値の高い逸品ぞろいです。

「さいたま市 大宮盆栽美術館 車椅子バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/bonsaiart/

 

地底探検ミュージアム春日部龍Q館(春日部市)

洪水防御施設「首都圏外郭放水路」の機能や役割を紹介する施設です。放水路そのものの見学会は、移動がすべて階段なので車椅子では参加できません。

ドラマや映画の舞台によく使われる施設で、TV番組でも数多く紹介されています。龍Q館の入口付近には、有名人の色紙がたくさん飾られています。

「地底探検ミュージアム春日部龍Q館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/ryuqkan/

 

さいたま文学館(桶川市)

埼玉ゆかりの作家を紹介する文学館です。2Fは無料で利用出来る図書室で、埼玉ゆかりの文学作品や関係資料の閲覧、映像科された作品の視聴ができます。

車椅子で利用しやすい、バリアフリーレベルが高い施設です。

「車椅子で行く桶川 さいたま文学館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/saitamabungaku/

 

安心して利用できるインドア施設の候補です。車椅子でのお出かけ計画の参考になれば幸いです。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

 

他に以下の記事を掲載しています。クリックでリンクします。

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東京23区編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東京多摩地区編

・三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 神奈川県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 千葉県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 北関東編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東海・甲信越編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 中部・近畿・北陸編