国の連絡 在宅療養する感染した障がい者への訪問サービスの継続

2021年2月16日付で、厚生労働省より事務連絡「在宅で生活する障害者が新型コロナウイルス感染症に感染した場合の留意点等について」が発出されました。

在宅障がい者が陽性になった場合、入院の必要がないと医師が判断すれば、自宅等で療養することになります。

その場合、発熱等の症状がある場合であっても、必要な訪問系サービスが継続的に提供されるように、関連部署が取り組むことが示されています。

自宅療養中の障がい者の症状については、「都道府県等の衛生部局」が把握し、変化があった場合は医療機関につなぐ責任があるとしています。

また生活に必要なサービスについては、「市町村並びに相談支援事業所等」が、保健所と相談して決めることとしています。

サービスを提供することになった場合は、訪問系サービス事業所が万全の感染対策を施してサービスを実施します。そして「訪問系サービス事業所等の体制等によっては自ら適切なサービスを提供することが困難な場合も考えられるが、その場合であっても、保健所、相談支援事業所等や、必要に応じ、市町村や都道府県にも相談し、当該利用者に必要なサービスが提供されるようにすること。」としています。

必要なサービス提供をバックアップするための国の予算としては、職員確保費用、消毒液など必要な備品の購入費用、「緊急時の応援に係るコーディネートを担う人材の確保等に係る費用」、衛生用品等の供給などが用意されているので、積極的に活用すること、としています。

在宅の障がい者が新型コロナウイルスに感染し、発熱などの症状があっても、病床が確保できないなどの理由で、医師の判断で自宅療養になった場合は、都道府県、市町村、そしてサービス事業者によって、訪問による支援が継続して行われます。

《生きるちから舎ニュース 2021年2月18日付》

重度障がい児者のコロナ入院は付添可 国からの事務連絡

厚生労働省から2021年1月27日付で、「障害児者に係る医療提供体制の整備について」が発出されました。障がい児者が新型コロナウィルスに感染して入院する場合の病院の受入態勢について、改めて整理確認されています。

そのポイントは以下になります。

○行動障がいがある人、医療的なケアが必要な人など、障がい特性と必要な配慮を踏まえて、都道府県衛生部局と障害保健福祉部局が連携して、あらかじめ受入医療機関の検討を行うこと。

○受入医療機関の調整は、障がい特性に理解のある医師の参画が望ましい。

○特別な意思疎通支援が必要な障がい児者が入院する場合、障がい児者側の負担により、支援者が入院中に付き添うことは差し支えない。

○宿泊療養施設においても、同様の配慮の検討をお願いする。

「特別な意思疎通支援が必要」な重度の障がい児者の療養先と、支援者の受入態勢の準備が、各自治体に改めて求められました。

《生きるちから舎ニュース 2021年1月28日付》

医ケア児者への衛生用品無料配布 申し込みは9月9日まで

厚生労働省による「医療的ケア児者の人工呼吸器に必要となる衛生用品等の優先配布事業」の受付が、2020年8月26日から始まりました。申し込み締め切りは同年9月9日です。事業の概要を紹介します。

 

○アルコール綿と精製水を配布

アルコール綿は「アルウエッティone2(1箱2枚×200包)配布上限2個」か「アルウエッティBox-E(1箱100枚)配布上限8個」。

精製水は人工呼吸器装着者限定で「容器の口がゴム栓式のもので、人工呼吸器の加温加湿器に自動給水する用途(1箱500ml×20本)配布上限3箱」と「容器の口が開栓式のもので、人工呼吸器の加温加湿器に直接注入する用途(1箱1,000ml×10本)配布上限3箱」。

以上が無料配布の対象になる衛生用品です。

 

○申し込みはWEB限定

厚生労働省が用意した専用WEBサイトから申し込みます。それが出来ない人は、「お知り合いや支援者に代理で申し込んでもらうことも差し支えありません」と案内されています。ヘルプデスクは設置されません。

 

○対象は在宅者

人工呼吸器装着、在宅中心静脈栄養、気管切開、喀痰吸引の、いずれかの医療的ケアを受けている在宅の障害児者が対象です。施設やグループホームの入所者は申し込みできません。障害者手帳の保持は問われません。

 

○早いもの順ではなく、重症者順

アルコール綿は予算をオーバーする申し込みがあった場合、人工呼吸器装着、在宅中心静脈栄養、気管切開、喀痰吸引の順に優先されます。配布対象にならなかった人には、メール連絡があるそうです。

また第二回目については「申込の状況により、2回目の受付を実施する場合もありますが、1回目の配布で規定の申込数に達した場合、1回目の配布で事業を終了することもあります。」と案内されています。

 

○支援施設に電話確認する

申込時に、医療的ケア児者が普段利用している医療や福祉のサービス事業所の職員の名前や、所属する事業所の名称や連絡先を入力します。厚生労働省から「申込された医療的ケア児者が、本事業の対象となる医療的ケアを受けているかどうかの確認のお電話をする場合がある」としています。

「虚偽の申込により配布を受けたときは、刑法等各種法令に基づき処罰を受ける場合があります。」と案内されています。

 

○5週間以内に配送

「申込期間の終了日以降、概ね5週間以内にはお届けすることを予定しています。」と案内されています。9月9日を起点にすると、10月14日までになります。

(生きるちから舎ニュース 2020年8月31日付)