行田市バリアフリー観光情報 車椅子で行く 忍城と水城公園

行田市バリアフリー観光情報 車椅子で行く 忍城と水城公園

埼玉県行田市の中心部にある「忍城」と「水城公園」は、中世からの歴史を伝える観光スポットです。車椅子からみた、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年9月の取材に基づいています。

忍城

○忍城の概要

石田光成の水攻めで有名な忍城の三階櫓が再現されています。

この施設は1988年に開館した「行田市郷土博物館」の一部です。櫓の周囲には城壁や城門、鐘楼などが再現されています。

忍城の概要

忍城の概要

敷地の内外からの見学は無料です。

郷土博物館内の見学は有料ですが、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

行田市郷土博物館

○駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

アクセスは車が便利です。第1と第2の2つの無料駐車場があります。行田市郷土博物館に近いのは、第2駐車場です。

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

第2駐車場には屋根無しの障害者用駐車区画が1台分用意されています。今回取材時そこは満車でしたが、駐車場誘導スタッフの方が、車椅子で乗降しやすいスペースに誘導していただけました。

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

第2駐車場から郷土博物館エントランスまでは、すべて舗装路で段差回避スロープが用意されています。

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

郷土博物館の周囲を一周するルートは、途中に小さなデコボコがあるルートですが、車椅子で通行できない決定的な段差はありません。

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

郷土博物館の敷地の外側から、忍城の三階櫓の全貌が見学できますが、裏門から出る箇所と城門から入る箇所は、車椅子では通行できない段差があります。

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

駐車場から博物館周辺のバリアフリー状況

○郷土博物館内のバリアフリー状況

スロープを上り郷土博物館内へ入ります。

郷土博物館内のバリアフリー状況

受付で障害者手帳を提示して入館手続きをします。

障害者用トイレは展示室入口の手前にあります。設備更新されている綺麗なトイレです。トイレ内に大型のベッドは用意されていません。

1F展示室はフラット構造です。行田の歴史、民俗、文化について詳しい展示があります。車椅子での見学に大きな問題はありません。

郷土博物館内のバリアフリー状況

1F展示室の先に、忍城の三階櫓につながる渡り廊下のような連絡通路があります。

三階櫓は2Fと3Fが展示フロアで、最上階は展望室になっています。しかしエレベーターはなく階段だけです。車椅子では三階櫓の内部は見学できません。

郷土博物館内のバリアフリー状況

○水城公園の概要

忍城の三階櫓と「水城公園」は、徒歩で移動するには距離があります。

水城公園の概要

水城公園には大きな無料駐車場があり、広くて整備された障害者駐車区画が3台分用意されています。

水城公園

敷地内には「行田公民館」があり、開館していればスロープで入館可能です。

駐車場に隣接する大きな池は「しのぶ池」。その周囲にフラットな舗装路があり、車椅子で散策できます。

水城公園

水城公園

水城公園

ただし車椅子では通行できない散策路もあります。水城公園全域の車椅子散策は困難です。無理のない範囲での利用になります。

水城公園

水城公園

道を渡った場所にあるレトロな建物は「旧忍町信用組合店舗」で、現在はグルメ店として営業しています。スロープがあり1Fは車椅子で利用可能です。

旧忍町信用組合店舗

その横の「あおい池」は「ホテイアオイ」が栽培されている池です。この池の横も車椅子で通行可能な舗装路があります。季節には綺麗な花を楽しめます。

ホテイアオイ

ホテイアオイ

「忍城」の三階櫓の内部は車椅子では利用できません。「水城公園」は車椅子では散策できないエリアもあります。

以上のポイントを除けば、行田市の「忍城」と「水城公園」は、車椅子で楽しめる観光スポットです。