車椅子で行く富士見市 難波田城公園 バリアフリー情報

車椅子で行く富士見市 難波田城公園 バリアフリー情報

埼玉県富士見市の「難波田城公園」は、中世の城跡の復元、移築した古民家、そして資料館がある公園で、その多くの施設が車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年11月の取材に基づいています。

難波田城公園

○無料駐車場あり

「難波田城公園」は、中世にこの地で活躍した難波田氏の城館跡を整備して、2000年に開園した入園無料の公園です。アクセスは車が便利。無料駐車場が2か所用意されています。

難波田城公園

「城跡ゾーン」側の駐車場がメインで障害者用駐車区画の用意があり、障害者用トイレがある公衆トイレもあります。

難波田城公園

「古民家ゾーン」側の駐車場は狭く収容は4台ほど。満車の場合は隣接地に臨時駐車場となるスペースがあります。

難波田城公園

○「城跡ゾーン」はスロープ対応

「城跡ゾーン」側の駐車場から公園内に入る箇所はスロープあり。城館跡なので園内は「水堀」「土塁」「木橋」などがありますが、散策路は舗装され、段差箇所にはすべてスロープがあるので、全域を車椅子で散策できます。堀を臨む東屋も車椅子で利用できます。

難波田城公園

難波田城公園

○蓮池、菖蒲田あり

「城跡ゾーン」には「蓮池」「菖蒲田」があります。どちらも周囲は舗装されフラットなバリアフリー通路。車椅子での鑑賞は可能です。

難波田城公園

○「古民家ゾーン」もほぼバリアフリー

「城跡ゾーン」から「古民家ゾーン」へ移動します。「古民家ゾーン」は、散策路、広場などは未舗装面です。しかし固い路面でほぼフラットなので、多少のデコボコが我慢できるなら、ゾーン内のほとんどの場所を車椅子で移動することができます。

難波田城公園

○2軒の古民家と門、蔵

「古民家ゾーン」には、市内に残されていた明治時代の古民家2軒、表門1棟、穀蔵1棟が移築されています。

難波田城公園さらに古民家風の売店が1店あり、お土産やお団子が売られています。竹馬やコマなど、昔遊びができる用意もあります。

難波田城公園○古民家は立入可

古民家内へ立ち入ることが出来ます。入口の段差に雑な仕様ですがスロープがあり、頑張れば車椅子で土間に進むことができます。座敷に上がることもできますが、段差の上で土足禁止です。

難波田城公園

○展示室機能あり

表門と穀蔵は展示資料館機能付き。表門内は農具の展示があり、頑張れば車椅子で見学が可能です。穀蔵内は伝統行事などの展示がありますが、段差があり土足禁止なので、車椅子での立ち入りは出来ません。

難波田城公園

○資料館はバリアフリー

資料館は入館無料。常設展示室では、中世から近現代までの富士見市の変遷が展示解説されます。館内はすべて車椅子で利用可。障害者用トイレの用意はありますが、現時点ではウォシュレット無しのトイレです。

難波田城公園

難波田城館は、現公園の3倍以上の規模があったそうです。城跡、古民家の施設としては、とてもバリアフリーに整備されています。「難波田城公園」は車椅子で利用できます。