群馬県道の駅バリアフリー情報~北毛編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は群馬県の北毛(利根郡、吾妻郡、沼田市)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅尾瀬たかしな」(片品村)

2018年開業。現時点では群馬県で最も新しい道の駅です。沼田ICから国道120号線、日本ロマンチック街道を日光方面へ進み、片品村役場の近くにあります。施設は平屋構造でバリアフリー設計。車椅子で気持ちよく利用来ます。

障害者用駐車区画は2台分用意。障害者用トイレは計2つ。産直ショップと食事処があり、屋内の路面はフラットで、通路幅はゆとりのある設定。食事処はセルフサービスです。展望足湯がありますが、車椅子利用者のための特別な設備はありません。

家族連れのために、自由に利用できる芝生広場や屋内にはキッズベースが用意されています。

 

 

「道の駅中山盆地」(高山村)

2014年に開業した、日帰り温泉と8棟の2階建てコテージが併設された道の駅です。元は盆地状の地区の「中山村」と傾斜地の「尻高村」の二つの村でしたが1889年に合併して、それぞれの一字をとって「高山村」に。この道の駅があるのは、盆地の旧中山村エリア。ということで「高山村」の「中山盆地」という名称です。

障害者用駐車区画は2台分を用意。駐車場から施設周辺にかけては、段差がないバリアフリー設計です。障害者用トイレは独立棟内のみで、屋内にはなし。施設棟の出入口は手動ドアです。

施設棟内は、産直ショップと食事処があります。施設内から食事処へは数段の階段があり、スロープはありません。日帰り温泉施設内から食事処へのルートはフラットです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県北毛編

 

「道の駅あがつま峡」(東吾妻町)

2014年開業。吾妻峡の観光拠点として整備された道の駅です。日帰り温泉、公園、産直ショップと食事処で構成されます。2010年に日帰り温泉「天狗の湯」が開業。2011年に「あがつまふれあい公園」が一般開放。そして2014年に、直売所「てんぐ」が誕生し、道の駅認定を受けました。新しい施設なので、バリアフリー面で大きな問題はありません。

障害者用駐車区画は計4台分を用意。障害者用トイレは独立棟の公衆トイレと、温泉施設、直売所のなかにそれぞれあります。

車椅子での利用に問題はありませんが、直売所「てんぐ」は大きくはなく、併設される食事処とテイクアウトコーナーも小規模な施設です。

道の駅から吾妻峡の渓谷美が楽しめるポイントまで、距離にして800m以上はあります。そのポイントから1km以上の渓谷美が楽しめるので、「道の駅あがつま峡」を拠点にして吾妻峡の観光をすると、往復で最大約4kmの行程になります。

道の駅あがつま峡

 

「道の駅八ッ場ふるさと館」(長野原町)

2013年開業。ダム事業の地域振興策で建設された施設です。CVS併設で、産直ショップ、食事処があり、「情報コーナー」ではダムの情報と周辺の観光情報を発信しています。この「情報コーナー」の誕生で、別にあったダムの広報施設「やんば館」は閉鎖されました。

障害者用駐車区画は3台分用意。施設全体が段差のないバリアリー設計です。障害者用トイレは独立トイレ棟と施設内にそれぞれ設置。施設内の通路部に一部手動ドアがありますが、全体的に車椅子での利用に大きな問題はありません。

産直ショップは中規模クラス。山の幸を中心に地場産品が並びます。食事処も中規模。看板メニューの「ダムカレー」は、食事処ではなく「八ツ場食堂」というテイクアウト系のショップで提供。カレーだけではなく「ダムカレー」用の「お皿」も販売しています。

屋外に「足湯」コーナーがあり、無料で利用できます。車椅子から立ち上がれない人の利用は無理ですが、つかまり立ちや介助歩行が出来る人なら利用できるタイプの足湯です。足湯周辺から奇岩「丸岩」がのぞめます。

JR吾妻線の川沿いを走っていた線路は廃線になり、対岸に4600mの「八ツ場トンネル」、1900mの「川原湯トンネル」が出来て新線に移行しています。周辺道路は「八ツ場バイパス」に加え、ダムをまたぐ大橋「八ツ場大橋」「不動大橋」「丸岩大橋」が開通しています。

道の駅八ッ場ふるさと館

「道の駅あぐりーむ昭和」(昭和村)

2011年開業。赤城山の山裾、広々とした開放的な風景の中に誕生した道の駅です。敷地内は全面ほぼフラット。施設は段差を造らないバリアフリー設計です。産直ショップ、物産館、食事処が2か所、そして屋内足湯場があります。

障害者用駐車区画は2台分用意。トイレは独立棟で障害者用トイレが1つ。密閉構造の個室で、大きなヒーターが稼働して冬場でも温かなトイレです。施設棟のドアは手動ドアが主流で、産直ショップの正面入口だけが自動ドアです。

産直ショップと2つのレストランは、車椅子での利用が可能な構造です。足湯は屋内型で入口に靴箱があり、靴を脱いで段差を上って入ります。足湯はバリアフリーではありません。

道の駅あぐりーむ昭和

 

「道の駅霊山たけやま」(中之条町)

2008年開業。信仰を集める霊山「嵩山(たけやま)」の麓にあり登山の拠点です。古代から信仰を集めている山で重々しい雰囲気があります。施設は純和風の造りで、産直ショップと最大で80名が“そば打ち体験”できる厨房施設がある「たけやま館」、別棟で「そば処けやき」があります。

障害者用駐車区画は2台分用意。障害者用トイレは「たけやま館」に隣接した別棟トイレと「たけやま館」の中にあります。「そば処 けやき」には外付けでトイレがあり、このトイレは障害者用仕様です。「たけやま館」内と「そば処 けやき」は、車椅子で利用可能です。

敷地のはずれには大型遊具がある子供向けの広場があります。これら施設全体を廻る道は、あまりバリアフリーではなく、ところどころ未舗装でデコボコがあります。車椅子での通行は何とか出来るというレベルです。

道の駅の前には「親都神社」。嵩山を御神体とする山岳信仰の神社です。「嵩山」の中腹から「親都神社」にかけて、2本のワイヤーが張られています。5月にはこのワイヤーに多数の「鯉のぼり」が泳ぎます。また、道の駅のすぐ裏手、「嵩山」の麓は芝桜ゾーンで、春には芝桜でピンクに染まります。

霊山「嵩山」は、「大天狗」、「中天狗」、「小天狗」という3つの岩が飛び出しています。中腹に立つ岩は「男岩」です。山中には「嵩山三十三番観世音」と呼ばれる石仏が点在。この石仏群が作られたのは江戸元禄時代です。登山リートはバリアフリーではありません。

道の駅霊山たけやま

 

「道の駅たくみの里」(みなかみ町)

2005年に道の駅認定を受けました。手工芸品のショップやものづくり体験が出来る施設が25軒点在する「たくみの里」の、玄関口に建つ施設が「道の駅たくみの里」です。「たくみの里」全体の路や各施設は、必ずしもバリアフリーではありません。

障害者用駐車区画は2台分用意。障害者用トイレは計2つあります。「道の駅たくみの里」は、案内所と産直ショップ、食事処などが入る「豊楽館」、こんにゃく専門店「香りの家」、豆腐やお饅頭の店「福寿茶屋」、そして「たくみカフェ」の4棟構成です。

 

 

「道の駅月夜野矢瀬親水公園」(みなかみ町)

2000年開業。矢瀬親水公園内にある、産直ショップ「月夜野はーべすと」が道の駅認定を受けています。障害者用駐車区画は2台分用意。障害者用トイレは「月夜野はーべすと」に一つ。矢瀬親水公園のトイレに一つあります。

「月夜野はーべすと」は農産物直売所と食事処があり、車椅子での利用は可能です。

 

「道の駅草津運動茶屋公園」(草津町)

1998年開業。草津の玄関口にある観光施設です。産直ショップは無く、お土産ショップ、ベルツ記念館、日独ロマンチック街道資料館、観光案内所などで構成されます。

障害者用駐車区画は2台分用意。障害者用トイレは1つ。周辺は公園として整備されています。

 

「道の駅白沢」(沼田市)

1997年開業。道の駅認定を受けていますが「望郷の湯」という日帰り温泉施設です。飲泉施設内にお座敷席が中心のレストラン、別棟で産直ショップとソフトクリーム販売所があります。

 

 

「道の駅六合(くに)」(中之条町)

1996年開業。温泉宿、日帰り温泉が併設された、小規模な観光施設です。中心施設は「六合観光物産センター」。別棟で食事処と、喫茶があります。障害者用トイレは一つ用意されています。

 

 

「道の駅川場田園プラザ」(川場村)

道の駅としては1996年の開業。2015年度「全国モデル道の駅」指定。5年連続「関東好きな道の駅」第一位。「日経プラス1 家族で1日楽しめる道の駅」東日本第一位。観光庁長官表彰受賞。年間来場者数が120万人を突破。圧倒的な集客力を誇る道の駅で、全国から視察団が訪れます。

広い敷地内に多数の店舗を構えた複合型施設です。物販店は産直ショップ、お土産屋、ソーセージハムのミート工房、お菓子、パンなど。飲食店は、蕎麦屋、ラーメン屋、「おきりこみ」などの郷土料理が美味しいフードコート、地ビールレストラン、バーベキューが楽しめるミート工房、ピザ工房、ミルク工房、ソフトクリームなどがあります。

他に、遊具や芝ソリが楽しめる遊びの広場。ブルーベリーの収穫が楽しめる農園。陶芸体験教室。観光案内所。敷地外へ出て観光橋で薄根川を渡ると、名主の館や水車小屋、その先には乗車体験ができるSLのあるホテルがあります。ホテル内には日帰り温泉施設も。近隣には川場村の歴史民俗資料館や、川沿いで水遊びができる清流公園があります。

障害者用駐車区画は正面入口前に設置されていますが、普通の駐車区画と同じ大きさです。食堂「あかくら」寄りの箇所と、そば処「虚空蔵」の裏の付近に、それぞれ一台分だけ障害者用駐車区画があり、こちらはマイクロバスが停められるほどの余裕がある駐車スペースです。障害者用トイレは2カ所で、産直ショップやお土産屋が入る棟の両脇のトイレにあります

ほとんどの施設棟は一段高い段差の上にある設計で、段差解消箇所がありますが、数が少なく幅が狭い状況です。そば屋や地ビールレストランの周辺は未舗装路。ミート工房へはデコボコ路面を通行しないと行くことができません。遊びの広場方面は傾斜がきつく、車椅子での散策は苦労します。

大人気施設ですが、バリアフリー面では課題があります。車椅子では注意して利用してください。

道の駅川場田園プラザ

 

「道の駅みなかみ水紀行館」(みなかみ町)

1996年開業。谷川岳の麓にあります。施設としては新しくはありませんが、車椅子で利用しやすい施設です。産直ショップ、軽食処に加え、淡水魚の展示がある「水産学習館」があります。「水産学習館」は有料ですが、障害者手帳の提示で入館料が無料に減免されます。

身体障害者用駐車区画は2台分用意。障害者用トイレは、別棟と屋内に計2つ用意されています。

 

群馬県「道の駅」の紹介記事は、別に「群馬県東毛編」「群馬県中毛編」「群馬県西毛編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。