車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は栃木県の南部(小山市、野木町、栃木市、佐野市、足利市)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅にしかた」(栃木市)

2009年開業して、2014年にリニューアルをしている道の駅です。物産館、産直ショップ、食事処、独立トイレ棟の構成で、障害者トイレはトイレ棟と食事処の2か所に用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

障害者用駐車区画は2台分用意。敷地内入場口の近く、一般駐車場とは離れた場所に設定されています。屋根付き駐車場で、雨の日でもトイレ棟までは濡れずに行ける設計です。ただしこの障害者用駐車区画はスペースに余裕がありません。広い乗降スペースが必要な車椅子利用者は、むしろ一般駐車区画の利用が便利です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

「交流物産館さくら」と「農産物直売所 ふれあいの郷」は、店舗面積そのものに余裕がなく、店内通路幅も標準以下です。車椅子での店内回遊は楽ではありません。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

「農村レストランふるさと一番」棟は、バリアフリー上の問題はありません。食事処の店内は広く、車椅子での利用に問題はありません。営業時間は午後9時まで。お酒もあります。また食事処の入口はテイクアウトのアイス屋があり、車椅子で購入ができます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

施設のマスコットは、コシヒカリを手に持ったイチゴの妖精「キララちゃん」です。

 

 

「道の駅思川」(小山市)

2006年開業の大型道の駅。高速道路の大型サービスエリアのイメージに近い施設です。施設棟は「小山物語館」。屋外の「ワイワイ広場」は、グランドゴルフ2面、ゲートボール4面、大きな自由広場があります。

障害者用駐車区画は3台分を用意。障害者用トイレは2戸用意されています。施設棟「小山物語館」の周囲と内部はフラットで、車椅子での利用に大きな問題はありません。

「小山ブランドの創生と発信」がキャッチコピーの施設。「小山物語館」では、農産物、各種加工品、お菓子、お酒、お肉など地元の生鮮品から、アイス屋、ケーキ屋、パン屋、たこ焼きタイ焼き屋も入っています。花屋コーナーも充実。結城紬など工芸品も売られています。いずれもキーワードは「小山ブランド」。全部小山のものしか使っていない豆腐などがあります。ただし通路の広さは並みレベルで、混みあうと車椅子での店内回遊はやや苦戦します。

レストラン「小山食堂さくら」はバリアフリーです。メニューは「小山」がキーワードで、地元産の蕎麦や、小山牛の料理などが味わえます。

 

 

「道の駅みかも」(栃木市)

開業は2004年。2015年4月にリニューアルして、産直ショップの什器が一新され、通路幅がワイドになりました。ショップと食事処が入るメイン棟と、独立したトイレ棟、そして別棟の無料休憩所で構成される施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

障害者用駐車区画はトイレ棟の前に3台分を用意。障害者用トイレはトイレ棟に1戸用意されています。佐野藤岡インターの近くで、観光シーズンの週末はとても賑わいます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

「新鮮野菜直売所・物産館」は、通路幅に余裕があり、少々の混雑なら車椅子での店内回遊は可能です。ご当地アイドル「とちおとめ25」のポスターが張られ、CDが売られています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

食事処「レストランみかも」は、セルフサービスですが、フラットでテーブル席、店内スペースに余裕があり、車椅子での利用は可能です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

別棟の無料休憩所「みかも亭」は、半分はお座敷席、半分はテーブル席。テーブル席なら車椅子で利用できます。産直ショップで買ったお弁当などを自由に食べることができます。

 

 

「道の駅どまんなかたぬま」(佐野市)

開業は2001年。日本の中心点に位置するので「どまんなか」と称しています。屋内施設は大きく2棟に分かれます。レストラン、フードコート、アイス屋、お土産ものなどがあるメイン棟と、団子屋などの屋台も併設された産直ショップ棟です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

駐車場は施設の両側で、どちらにも障害者用駐車区画があり、合計で10台分障害者用が用意されています。館内放送で「障害者用駐車場は障害のある人専用です」というメッセージが頻繁に流れます。駐車場から施設へのアクセスルートには段差はありません。障害者用トイレは、屋内と独立棟トイレの中、合計2戸用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

メイン棟の通路はフラットで主なドアは自動ドアです。特に中華料理のレストランはバリアフリーで、車椅子での利用に大きな問題はありません。

産直ショップ棟内は、やや配慮に欠けた通路設定の箇所があり、混雑すると車椅子での店内回遊は苦戦します。また産直ショップ店内の半分は、床面が外側に向かって少し下がっています。当然販売台もちょっと斜めになっています。わずかな傾斜なので、車椅子が動けないということはありませんが、注意して利用して下さい。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

屋外は屋台が出店し、とても活気があります。敷地内には子供向けの遊び場や、無料の足湯施設があります。足湯は車椅子利用者への特別な配慮はありません。季節毎にイベントが開催され、毎日がお祭りのような雰囲気の道の駅です。

 

 

栃木県「道の駅」の紹介記事は、別に「栃木県北編」「栃木県東編」「栃木県央編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。