群馬県の道の駅 八ッ場ふるさと館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

八ッ場ダムに隣接した長野原町の道の駅です。ダム建設により水没した地域の生活再建および地域振興のために建設されました。開業は2013年。施設全体に段差のないバリアフリー設計です。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

八ッ場ふるさと館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇アクセスと駐車場の状況

八ッ場ダム建設によって、周辺道路が整備されました。

施設の前を走る国道145号線「八ッ場バイパス」は、中央分離構造の道です。草津方面から右折でアクセスする場合は、林交差点から県道375号線に右折して、足湯の横から施設内に入ります。

施設から渋川方面へ右折で出る場合も、足湯の横から施設を出て、375号線から林交差点で八ッ場バイパスに右折します。

八ッ場ふるさと館の障害者用駐車区画は、施設棟の正面やや左側に屋根なしで3台分あります。前向き駐車が指定されています。

八ッ場ふるさと館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇産直ショップのバリアフリー状況

施設メイン棟の中央部が直売所「八ッ場市場」です。とれたて野菜、特産品、お土産品などが並びます。

フラットな構造で店内通路幅は一般的なサイズ。混雑していなければ車椅子での買い物は可能です。

メイン棟内の正面左側に、インドアの障害者用トイレが1つあります。

 

〇食事処のバリアフリー状況

現在では、レストランは「八ッ場食堂」に一本化されました。フラットな店内に可動式のテーブル席があるので、車椅子の利用は可能です。

名物は「ダムカレー」。他には、うどん、そば、かつ丼などがあります。営業は16時までです。

このほかにソフトクリームなどを販売する外売店があります。

売店の横には、ダム建設で活躍した大型重機のタイヤが展示されています。

八ッ場ふるさと館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇CVSのバリアフリー状況

障害者用トイレがある24時間トイレ棟と一体になったコンビニ「Yショップ」があります。CVSは24時間営業ではありません。

店内は広くはありませんが、車椅子で買い物ができるフラットな構造です。

CVSですが、ここにしかない八ッ場土産なども販売しています。

 

〇足湯

屋外タイプの無料温泉足湯があります。足湯槽まで多少の段差とデコボコがあります。そして背もたれのない椅子に腰かけて利用します。短い距離なら自立歩行ができるレベルの身体能力がある人は、利用できます。

足湯から奇岩「丸岩」がよく見えます。

八ッ場ふるさと館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

また足湯がある施設の裏側が八ッ場ダム方面です。施設内からダムを眺望することが出来ます。

八ッ場ふるさと館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

八ッ場ダムはほぼ完成しました。道の駅八ッ場ふるさと館はバリアフリー施設です。ダム観光の拠点にも利用して下さい。

(本稿は2020年4月に執筆しました)

群馬県の道の駅 六合(くに) 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

旧六合村、現在は中之条町にある道の駅です。開業は1996年。温泉施設もある複合的な商業施設です。施設の古さもあり、車椅子での利用は簡単ではありません。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

〇施設の全体構成

道の駅六合を構成する施設の全体を紹介します。

駐車場は上部と下部の2カ所あり、障害者用駐車区画は上部駐車場に屋根なしで1台分設定があります。

上部駐車場の高さに、障害者用トイレが1つある独立トイレ棟、ショップ棟、食事処棟、軽食喫茶棟が並びます。そしてやや奥に温泉宿があります。

下部駐車場の高さには、日帰り温泉と無料で利用できる足湯があります。

以下、それぞれのバリアフリー状況を紹介します。

道の駅六合

〇六合観光物産センターのバリアフリー状況

農産物直売所兼物産品販売所です。狭い施設ですが、店内はフラット構造で、車椅子で通行できる通路幅は確保されています。混雑していなければ車椅子での買い物は可能です。

 

〇六合の郷しらすな・休憩所・観光案内所

食事処です。構造的には休憩所、観光案内所と一体になっています。バリアフリー仕様とはいえませんが、テーブル席があるので、良い場所を選べれば、車椅子で利用できないことはありません。

 

〇お休み処くに

喫茶軽食のお店です。決定的な段差はありませんが、小規模な店舗で店内は狭く、車椅子での利用はやや苦戦します。店の前にフリーテーブルが配置されています。良い季節であれば、テイクアウトして外でいただくほうが、車椅子では快適かもしれません。

道の駅六合

〇お宿花まめ

本格的な温泉宿です。エントランスまでがデコボコ路で、内部は和式、玄関は段差があり、靴を脱いで利用します。基本的には車椅子利用には不向きです。

道の駅六合

〇日帰り温泉「応徳温泉くつろぎの湯」

「お宿花まめ」の付属施設のような日帰り温泉で、通常の利用ルートは、「お宿花まめ」の玄関から入り、外階段を下りて「くつろぎの湯」に向かいます。

道の駅六合

その階段を下りた地点、下部駐車場の高さに「体の不自由な方は呼び出してください」という掲示がある入口があります。車椅子のままでの利用は困難ですが、階段を避ければ何とかなるレベルの人であれば、下部駐車場からこの入口経由で日帰り温泉を利用できる可能性があります。「くつろぎの湯」自体は、特別なバリアフリー設備はありません。一般的な段差のあるお風呂です。

道の駅六合

〇足湯

下部駐車場の片隅にある、屋根付きのシンプルな足湯です。駐車場から舗装路面を進み足湯槽に車椅子で近づけます。槽の高さは地面に近い程度なので、つかまり立ちが出来て、背もたれがなくても座位がとれる人なら、介助者の協力があれば足湯を楽しめる可能性があります。屋根はありますが、壁はありません。冬季は寒い屋外型足湯です。

道の駅六合

道の駅六合は、今どきの一般的な道の駅とは違うタイプの施設です。障がいの状況に応じて、無理なく利用してください。

(本稿は2020年4月に執筆しました)

群馬 花桃街道終着駅 中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

標高1000mに広がる入園無料のボタニックガーデンです。「花の駅 花楽の里」として2000年にオープン。2018年に「中之条山の上庭園」と改称されました。バリアフリーなレストハウスを中心に、傾斜面にハーブガーデンやハナモモ園が広がります。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

〇山中深くにある庭園

アクセスは車です。快調なペースでドライブして、渋川伊香保ICから約90分、碓氷軽井沢ICから約60分かかります。標高約1,000mの暮坂峠の西側にあります。

アクセスルートである「花桃街道」県道55号線は峠道で、アップダウンと急カーブが連続するエリアがありますが、全線が舗装路で、一部を除き2車線が整備されています。センターラインがない区間も、怖いほどの狭い道にはなりません。運転に不慣れな人でも、マイペースで走行すれば、安全にドライブを楽しめる道です。

冬の寒さは厳しく、降雪凍結地帯です。中之条山の上庭園は、例年12月下旬から3月末までは、冬季休園です。

中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

〇駐車場の状況

高低差が激しい斜面にある施設です。55号線の崖下には「駒ヶ沢川」が流れ、その川音は聞こえますが、川面は見えないほどの高低差があります。

中之条山の上庭園の駐車場は、下部と上部の2カ所に用意されています。「オオヤマザクラ」の植栽地は、下部の駐車場の利用が便利です。

レストハウスやハーブガーデンの散策なら、上部の駐車場が便利です。上部駐車場には障害者用駐車区画が用意されています。

中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

〇レストハウスのバリアフリー状況

駐車場から段差回避スロープを上がりレストハウスに入ります。

中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

レストハウスはバリアフリー仕様です。館内の床面はほぼフラットで、一部に緩い傾斜はありますが、段差はありません。

中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

設備はシンプルですが、障害者用トイレがあります。

中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

フラワーアレンジメント、ナチュラル素材の物産品、自然食品などの物販コーナーと、カフェレストランがあります。とてもお洒落で素敵な空間です。このセンスは好きな人が多いでしょう。

中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

〇ガーデンのバリアフリー状況

ボタニカルガーデンの状況です。例年5月から10月にかけて、クリスマスローズ、ハナモモ、レンゲツツジ、マツムシソウ、そのほか200種を超える高山植物を遊歩道から楽しめます。

中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

ボタニカルガーデン内の高低差は約50mあります。遊歩道はほぼすべて傾斜路か階段路です。階段路を避けるルートで、ガーデンの約70%程度を回ることができます。

ただし、レストハウスの横のガーデンへの入口箇所は短いながら急坂。その先の遊歩道の傾斜も、楽な角度ではありません。車椅子では、本人及び介助者の体力に応じて、無理のない範囲でボタニカルガーデンを楽しむようにしてください。

中之条山の上庭園 車椅子散策バリアフリー情報

想像する以上の山奥にある、お洒落な施設です。中之条山の上庭園は素敵な施設ですが、傾斜路は急でかつ長いので、無理のない範囲での利用をお薦めします。

(本稿は2020年4月に執筆しました)