甘楽町 めんたいパーク群馬 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

2022年、群馬県甘楽町にオープンした「めんたいパーク群馬」は、明太子のかねふくが運営する工場見学、直売店、フードコートが併設された明太子の製造工場です。めんたいパーク群馬の開業で、めんたいパークは全国で6店舗になりました。

アクセスは上州新屋駅から徒歩6分の案内。合計で普通車230台を収容する無料駐車場が用意されています。身障者用駐車スペースはエントランスの近くに設けられています。

めんたいパーク群馬

めんたいパーク群馬のエントランスは段差の上です。車椅子は段差回避スロープを通り入口に進みます。傾斜は緩やかなスロープです。

めんたいパーク群馬

出入口は2か所の自動ドアです。建物の屋根に乗っているのは「タラピヨ」ちゃんです。遠くからよく見えます。

めんたいパーク群馬

2枚の自動ドアを通り館内に入ります。めんたいパーク群馬は車椅子で問題なく入退館できます。

めんたいパーク群馬

1Fは直売店、フードコート、そして工場見学コースでもある「つぶつぶランド」があります。つぶつぶランドの入口に、氷川きよしさんが立っています。

めんたいパーク群馬

新しいめんたいパークほど、つぶつぶランドは進化します。めんたいパーク群馬は、映えるスポットの連続です。

めんたいパーク群馬

博士帽をかぶるキャラクターは「タラコン博士」です。

めんたいパーク群馬

科学的な説明展示もビジュアルが進化しています。

めんたいパーク群馬

つぶつぶランドの全てを車椅子で見学できます。

めんたいパーク群馬

最後は迫力の「めんたいレシピ」で締めています。

めんたいパーク群馬

2Fはキッズランドと休憩スペースです。エレベーターで移動します。

めんたいパーク群馬

エレベーターの内装は特別仕様です。

めんたいパーク群馬

2Fのメイン施設は無料で遊べるキッズランドです。しかしそれだけではありません。

めんたいパーク群馬

トリックアート的な記念撮影スポットがあります。車椅子で撮影できます。

めんたいパーク群馬

休憩スペースは車椅子で利用できる可動式テーブル席です。近くに無料のお茶セルフサービス器が設置されています。

めんたいパーク群馬

1Fと2Fをつなぐ階段の上に巨大なキャラクターが浮かんでいます。

めんたいパーク群馬

壁面の装飾も見て楽しめます。

めんたいパーク群馬

バリアフリートイレは1Fと2Fにあります。下の写真は2Fのバリアフリートイレです。イラストつきの引き戸ドアを開けます。

めんたいパーク群馬

スペースは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

めんたいパーク群馬

6店舗目のめんたいパーク群馬は、これまでのノウハウが投入された、現時点で最新のめんたいパークです。車椅子で買い物、食事、休憩、記念撮影ができるバリアフリーな施設です。

「めんたいパーク伊豆」「めんたいパーク大洗」を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2022年7月に執筆しました)

群馬 こんにゃくパーク 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

群馬県はこんにゃく生産量が日本一。こんにゃくパークは、甘楽町にある地元のこんにゃくメーカーが運営する施設で、工場見学、無料のこんにゃくバイキング、こんにゃく作り体験、お土産店と農産物直売所、遊び広場や足湯などがあります。

こんにゃくパーク

こんにゃくパークは2014年にオープン。その後施設は順次拡張され、2021年12月にはイタリア製のレトロな観覧車が登場しました。

こんにゃくパーク

アクセスは車が便利です。富岡ICから車で約10分の案内。複数の駐車場があります。身障者用駐車スペースは第一駐車場に5台分設定されています。

こんにゃくパーク

施設全般屋内外、段差の無いフラットな構造です。車椅子で問題なく利用できます。

こんにゃくパーク

駐車場からこんにゃくパーク入口まで、段差の無い舗装路面を通ります。出入口はフラットな構造の大きな自動ドアです。

こんにゃくパーク

現在はコロナ対策で、入口で検温と手指消毒を行い、受付で簡単な記帳をして入館します

バリアフリートイレは受付の先、1Fに1つ用意されています。スペースは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

最初に工場見学をすることが推奨されています。一般ルートは階段で2Fへ上がります。車椅子ではエレベーターを利用します。かごのサイズは大きいエレベーターです。

こんにゃくパーク

2Fへ上がると記念撮影スポットが用意されています。

こんにゃくパーク

工場見学ルートに進みます。大きな工場で、1Fの生産ラインを2Fの見学コースから見下ろす構造です。見学コースはフラットな構造で、車椅子で見学ができます。

こんにゃくパーク

窓は低い位置からあるので、車椅子から問題なく見下ろすことができます。

こんにゃくパーク

見学コースの途中には休憩コーナーがあります。その先で2つ目の生産ラインを見学します。

こんにゃくパーク

工場の生産ラインは、土日は休業です。また稼働日もお昼休みなどは止まります。見学窓の上部にモニターがあり、休業中はラインが稼働している状況が映されます。今回取材したのは祝日でしたが、製造ラインは稼働していました。

こんにゃくパーク

工場見学を終了し、エレベーターで1Fへ戻ります。1Fはコンニャクや群馬の名産品などが並ぶショップと、こんにゃくバイキングコーナー、有料で事前予約制の「こんにゃく体験キッチン」があります。

ショップは面積が広い割には、通路幅はあまり余裕がありません。車椅子で買い物は出来ますが、人がいるところを避けて移動する必要があります。

こんにゃくバイキングコーナーは、トレイを受け取りセルフサービスで好きなこんにゃくをとり、フリーテーブルへ移動していただきます。

車椅子でこんにゃくをとり、かつトレイをもって移動するのは困難なので、介助者にお願いしたほうが無難だと思います。おかわり自由なので、同じ人が複数回こんにゃくコーナーに行っても、怪しくはありません。

フリーテーブル席の椅子は可動式ですが、このエリアの通路幅はあまり余裕がありません。エリア中央部の席は、車椅子での利用は難しいと思われます。車椅子で移動できる場所の席が確保できるかが問題です。

こんにゃくパーク

別棟で農産物直売所「フーズマーケット」があります。このお店はスペースに余裕があります。

こんにゃくパーク

出入口はフラットな構造で自動ドアです。車椅子で問題なく買い物ができるお店です。

こんにゃくパーク

こんにゃくパークは、試食があるドライブインではなく、大規模な工場に併設された大型のバリアフリー施設です。時間に余裕をもって利用されることをお勧めします。

甘楽町にある「めんたいパーク群馬」の詳しいバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年2月に執筆しました)

小幡藩の大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

群馬県甘楽町、城下町小幡の「楽山園」は、園内の半分程度は車椅子で散策できる大名庭園です。隣接する「長岡今朝吉記念ギャラリー」とあわせて、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

楽山園の由来です。織田信長の次男、織田信雄から織田宗家が城主の小幡藩。「楽山園」は、江戸時代初期に織田氏によって造られた「池泉回遊式」の「借景庭園」です。

10年におよぶ復元工事を行い、2012年から一般公開されています。復元された大名庭園のエリア、藩邸の区割りや土塁が再現されたエリア、そして再現された長屋は資料館になっています。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

アクセスは車です。楽山園の入口前に広い無料駐車場が用意されています。未舗装路面ですが、入口に近い場所に身障者用駐車区画が用意されています。堅くてフラットな路面なので、未舗装ですが車椅子での移動は可能です。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

楽山園は有料の施設ですが障がい者減免制度があり、本人と介助者1名の入園料が無料に減免されます。出入口である「中門」の前にある「番所」が受付です。見学の記念に推定樹齢400年「甘楽町指定天然記念物 高橋家のムクロジ」の実を2ついただけました。

「中門」は段差構造です。車椅子では左側にある段差回避ルートを通り、園内へ入ります。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

大名庭園エリアのバリアフリー状況です。「中門」から「土塁」の間を通ると、左手に「庭門」があります。「庭門」は段差構造をスロープ化しています。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

その先は舗装された園内散策路が続きます。舗装路の幅は狭く、車椅子1台がギリギリです。舗装路は途中までで、車椅子で園内一周はできません。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

お茶席がある「凌雲邸」は入口が段差で靴を脱いで利用します。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

また借景を楽しむ高台の「梅の茶屋」へは階段路を通ります。

この「梅の茶屋」及び周辺の高台部が楽山園の絶景ポイントですが、決定的な段差あるいは通行困難な未舗装傾斜路があるので、車椅子で上ることは困難です。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

藩邸エリアのバリアフリー状況です。再現されているのは「土塁」と「井戸」で、建物の区割りは路面に線で再現されています。したがってフラットで広い空間が広がっています。車椅子での移動や見学は可能です。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

長屋の中のバリアフリー状況です。再現された「拾九間長屋」の内部は、小幡藩や楽山園に関わる資料展示と、小幡の町の紹介ビデオがリピート放映されています。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

出入口はスロープがあり、長屋内は土足のままで利用できます。車椅子での出入り、展示物の鑑賞は可能です。この長屋内にバリアフリートイレが用意されています。

大名庭園 楽山園 車椅子利用ガイド 

長岡今朝吉記念ギャラリーのバリアフリー状況です。楽山園の出口専用「北裏門」から出ると、名誉町民を記念したギャラリーが正面にあります。ギャラリー来館者用の身障者用駐車区画が1台分用意されています。

長岡今朝吉記念ギャラリーのバリアフリー状況

ギャラリーそのものは入館無料で、展示室で有料の企画展が開催されます。カフェがあります。正面横の庭からのルートは段差がありますが、館内からはバリアフリーに利用できます。長岡今朝吉記念ギャラリーはバリアフリー仕様です。綺麗なバリアフリートイレが1つ用意されています。

長岡今朝吉記念ギャラリーのバリアフリー状況

借景を楽しめる高台へは車椅子では無理ですが、楽山園は多くのエリアを車椅子で利用できる大名庭園です。

城下町小幡にある「道の駅甘楽」を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2019年12月の取材に基づいています)