明太子のかねふく めんたいパーク大洗 バリアフリー情報

明太子のかねふく めんたいパーク大洗 バリアフリー情報

茨城県大洗町の「めんたいパーク大洗」は、車椅子で工場見学や買い物が出来る明太子ミュージアムです。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2016年11月の取材に基づいています。

 

○施設の全体概要

明太子工場に併設された入場無料の施設です。オープンは2010年。2015年にリニューアルされました。

工場見学、かねふく商品の工場直売、フードコーナーがあります。

施設全体がバリアフリーで、段差解消スロープ、障害者用トイレの用意があります。

施設の全体概要

○アクセス方法と障害者用駐車場

大洗駅からは徒歩20分の案内。車椅子利用者は車の利用が便利です。

120台を収容する無料駐車場があります。

障害者用駐車場は、一般駐車場とは別の場所です。施設入口からみて一般駐車場の反対側に6台分の障害者用駐車区画が用意されています。後部から車椅子で乗降するワゴン車が利用出来る、広い駐車区画です。

現地には障害者用駐車場への大きな誘導サインがあります。

めんたいパーク大洗

○駐車場からエントランスのバリアフリー状況

施設のエントランスは階段です。障害者用駐車場の横にスロープがあります。

エントランス周辺に段差はありません。車椅子で問題なく館内へ入ることができます。

めんたいパーク大洗

○障害者用トイレの状況

館内に入るとすぐ右にトイレがあります。障害者用トイレは1つ。館内のトイレはここだけです。

 

○工場見学コースへ

トイレの横から工場見学コースが始まります。見学はツアーではなく自由見学です。

コース内には緩やかな傾斜通路がありますが、車椅子での通行に大きな問題はありません。

明太子に関する情報やクイズがあるコーナーを通り、窓越しに工場の製造ラインを見学するコーナーに移動します。

窓は低い位置からあるので、車椅子目線で工場見学は可能です。

工場見学コースへ

○フードコーナーのバリアフリー状況

2015年にフードコートが誕生しました。フラットなスペースに可動式のテーブルと椅子席なので車椅子で利用できます。

メニューは「ジャンボおにぎり」。具材は「できたて明太子」「焼きたらこ」「紅鮭」「明太子・紅鮭ミックス」。他には「めんたいこソフト」「明太豚まん」などがあります。

300円を超える高級おにぎりです。具材はいずれも、おにぎりから溢れています。おかずと主食の量的なバランスからいえば、この具材の量なら、三倍のサイズのおにぎりでも十分です。少食の人なら、ジャンボおにぎり一つで、お腹は満ちてしまいます。

 

○工場直売売店

できたて明太子などが並ぶ工場直売コーナーは、フラットで通路幅に余裕があり、車椅子で利用しやすい売り場です。

試食が豊富にあります。少し離れた場所にある休憩スペースに、無料の給茶機があります。

工場直売売店

○パークは全国に5つ

かねふくのパークは「めんたいパーク大洗」が第一号パークです。

他に「めんたいパークとこなめ」「めいたいパーク神戸三田」「めんたいパーク大阪ATC」「めんたいパーク伊豆」があります。

 

「めんたいパーク大洗」は、バリアフリー施設です。障害者用駐車場には、よく福祉施設のバスが停まっています。