茨城県筑西下妻エリアの車椅子で楽しめるバリアフリードライブコース

茨城県の筑西市から下妻市にかけてのエリアには、車椅子で利用できる美術館や道の駅、産直ショップなど、バリアフリーなドライブでの立ち寄り先があります。障がいのある家族とのお出かけ先にお薦めできる、ドライブコースを紹介します。

2019年に開業したバリアフリーな道の駅を起点にして、筑西市から下妻市へ南下するルートです。

道の駅グランテラス筑西

筑西市の国道50号下館バイパス沿いにある「北関東最大級のハイブリッド道の駅」です。

芝生広場を中心に、物販棟など4棟が並ぶ施設で、施設全般全く段差のないバリアフリー設計です。

駐車場は広く、屋根付きの障害者用駐車区画が6台分あります。

2Fの「渡り廊下デッキ」へエレベーターで上がることができます。

車椅子で買い物、食事、休憩、なんでもできるバリアフリー施設です。

道の駅グランテラス筑西

板谷波山記念館

グランテラス筑西から約3km、下館駅の北側にある記念館です。

陶芸界の巨匠、板谷波山は下館の生まれです。1872年に波山が生まれた生家、制作活動をしていた東京田端の工房の再現施設、そして小さな展示館があります。

有料施設ですが入館料の障害者減免制度があります。一部を除き車椅子で観覧可能な記念館です。

駐車区画が整備されていない、記念館の前庭のようなスペースが駐車場です。

板谷波山記念館

しもだて美術館

板谷波山記念館から約400m、公共施設「アルテリオ」の3Fにある美術館です。美術館利用者は無料で使用できる地下駐車場があります。施設全般、そして美術館内は、車椅子で利用しやすいバリアフリー設計です。車椅子での利用、美術館の鑑賞に問題はありません。

展覧会の観覧料は障害者減免制度があります。

しもだて美術館

日本ハム下館工房

しもだて美術館から約2km、下館駅の南側にある工場内の施設です。

ソーセージ作りが出来る工房と、売店、レストランがあります。平屋構造で段差のない施設ですが、障害者用トイレはありません。一般的な洋式トイレです。

工房は予約制、売店ではここでしか買えないオリジナル商品があります。レストランのメニューはサンドイッチが中心です。

日本ハム下館工房

道の駅しもつま

日本ハム下館工房から約10㎞南下、下妻市に移動します。

「道の駅しもつま」は2015年に大規模リニューアル。段差解消されて車椅子で利用しやすい道の駅になりました。ショップ、食事処、コンビニなどが入ります。

施設3F部に展望ギャラリーがありますが、ここへは階段でしか上がれません。

道の駅しもつま

下妻市ふるさと博物館

道の駅しもつまから約8km、戦国時代の居城をイメージした建物の博物館です。

施設全般バリアフリーで、入館料は障害者減免制度があります。市の博物館としては、とても内容の濃い施設です。見学フロアは1Fで2Fは収蔵庫です。

下妻市ふるさと博物館

大宝八幡宮

下妻市ふるさと博物館から約5km、関東最古の八幡様です。

舗装路面の駐車場があり、拝殿までのルートは段差箇所にはスロープがあり、車椅子で参拝が出来ます。

本殿は16世紀に再建された国の重要文化財、参道沿いには珍しい狛犬が並ぶ古社です。

大宝八幡宮

やすらぎの里しもつま

大宝八幡宮から南へ約8km、産直、食事処、公園がある施設です。道の駅ではありません。

産直ショップと食事処内は、あまりスペースに余裕がありませんが、混雑していなければ車椅子で利用できます。

広い公園には、わんぱく広場、芝生広場、花のエリア、そして合計で200mの「フジの回廊」があります。公園内にはフラットな舗装散策路が用意されています。

やすらぎの里しもつま

以上、筑西市から下妻市にかけてのドライブコースと施設です。家族や本人の障がいの状況に応じて、立ち寄り先を選択してドライブをお楽しみください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

茨城の道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

古河市の「道の駅まくらがの里こが」は、2013年に開業した、段差がまったくないバリアフリー設計の施設です。とても人気があるため、駐車場の混雑が問題でしたが、隣接地に新駐車場が増設されて、収容台数が大幅に増加しました。今回取材した2020年3月現在では、駐車場の再整備工事が行われています。完成後は、より車椅子で利用しやすい施設になりそうです。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

〇屋根付きの障害者用駐車区画あり

障害者用駐車区画は屋根付きで3台分用意されています。スペースに余裕があり、とても使いやすい駐車区画です。ここに停められれば車椅子での乗降に問題はありません。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

障害者用駐車区画が満車の場合は、増設された新駐車場の一般区画は横幅がやや幅広い設定になっています。ただし現時点では施設への通路は工事中です。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

〇トイレは屋外と屋内に用意

障害者用駐車区画の近くに24時間利用の独立棟トイレがあります。また施設内の農産物販売コーナーの近くにもトイレがあります。どちらにも障害者用トイレが用意されています。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

〇施設の概要

農産物直売所、物産品販売コーナー、イベント販売コーナー、フードコート、総菜店、パン屋、コンビニなどがあります。基本的には段差のない構造で、車椅子での利用は可能です。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

物販コーナーは販売台の置き方によって、部分的に通路が狭い箇所があります。そのため混雑時は車椅子での移動に苦戦することがあります。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

フードコートはセルフサービスです。車椅子利用者への特別な装備はありません。

コンビニの店内通路は幅広くはなく、混雑に備えて一方通行が指定されています。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

混雑対策として新駐車場が増設され、さらに駐車場は改良工事中です。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

「道の駅まくらがの里こが」は、ますます使いやすくバリアフリーに進化しています。

大洗から那珂湊へ 車椅子で訪ねる茨城バリアフリードライブコース

茨城県の大洗から那珂湊にかけて、車椅子で利用できるバリアフリー施設が数多くあります。その中から障がいのある家族と一緒に利用できる、ドライブでの立ち寄り先にお薦めできる施設、お店、観光スポットを紹介します。

「高速道路から大洗港へ」

「水戸大洗ic」から大洗港に向かいます。この区間の道路は整備が進んでいます。距離は約5km、10分程度でicから港に到着します。

大洗港には以下のバリアフリーな観光施設があります。

〇大洗わくわく科学館

エネルギーに関する展示解説がある、子供向きの有料施設です。入館料金は障害者減免制度があります。

 

〇大洗シーサイドステーション

元はアウトレットだった施設で、産直ショップ、グルメ店、物販店などがあります。

大洗シーサイドステーション

〇大洗マリンタワー

高さ60mの展望タワーです。入館料は障害者減免制度があります。

大洗マリンタワー

〇かねふくめんたいパーク大洗

明太子の製造工場で、工場見学、直売所、明太子おにぎりなどがあるフードコートがあります。

かねふくめんたいパーク大洗

なお魚屋とJA産直ショップがある「海・山直売センターいきいき」も、バリアフリーのレベルは下がりますが、車椅子で買い物が出来ます。

海・山直売センターいきいき

「高台の神社と博物館へ」

港から離れて高台に向かいます。大洗磯前神社と幕末と明治の博物館に立ち寄ります。

〇大洗磯前神社

一の鳥居は海中に建つ大洗を象徴する神社です。神社なので多少のデコボコや段差はありますが、車利用で高台の駐車場を利用すれば、車椅子で参拝可能です。海岸からの参道は階段ルートです。

大洗磯前神社

〇大洗町幕末と明治の博物館

幕末から明治維新の時代に活躍した、田中光顕伯爵が創立した博物館です。「常陽明治記念館」として昭和4年に開館。平成9年に新館を増設し、旧館をリニューアルして「大洗町幕末と明治の博物館」になりました。車椅子で観覧できます。観覧料は障害者減免制度があります。

大洗町幕末と明治の博物館

「水族館から海門橋を渡る」

海沿いに戻り、バリアフリー施設「アクアワールド茨城県大洗水族館」を見学。その先は「海門橋」を渡り、那珂湊に入ります。

水族館はバリアフリー施設です。駐車場は施設に近い大型バス用の駐車場に進み、係員に車椅子利用を申告し、誘導に従ってください。

観覧料は障害者減免制度があり、半額に減免されます。

アクアワールド茨城県大洗水族館

「那珂湊おさかな市場へ」

人気の観光スポットです。公的な市場ではなく、経営が異なるなる多数の魚屋が集積したエリアです。障害者用駐車区画がある大きな有料駐車場が整備されています。週末は有料の臨時駐車場も利用できます。

那珂湊おさかな市場へ

ひたちなか市の神社「酒列磯前(さかつらいいそさき)神社」は100m以上続く樹のトンネル参道「樹叢(じゅそう)」がある趣のある古社ですが、段差や路面のデコボコが激しく車椅子での参拝には不向きです。

酒列磯前(さかつらいいそさき)神社

「干し芋の名店から高速道路へ」

那珂湊おさかな市場から高速道路へのアクセスは「ひたちなかic」の利用が便利です。その通り道にあるバリアフリーな干し芋の名店を紹介します。

〇ほしいも専門店大丸屋

巨大な石の干し芋モニュメントと恐竜の彫刻があるお店です。エントランス周辺はスロープ対応、店内はスペースに余裕があるバリアフリー仕様で、綺麗な障害者用トイレがあります。

大丸屋から「ひたちなかic」までは4km弱で10分かからずに高速道路にアクセスできます。

ほしいも専門店大丸屋

大洗から那珂湊にかけて、車椅子で観光や買い物ができる施設があり、バリアフリードライブが楽しめます。

(本稿は2020年3月に執筆しました)