茨城の日本一小さい水族館 山方淡水魚館バリアフリー情報

茨城県常陸大宮市の「山方淡水魚館」は、特別天然記念物「オオサンショウウオ」が展示されるミニ水族館です。とても狭い空間ですが、車椅子での利用は可能です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年7月の取材に基づいています。

 

○水族館の成り立ち

住所は常陸大宮市山方。合併前の山方町の町営施設として、1986年に開館しました。

当初は奥久慈に生息する「オオサンショウウオ」だけが展示されている水族館で、現在よりも更に小さい施設でした。

 

○駐車場とトイレの状況

アクセスは車が便利です。

駐車場は水族館の前の道を挟んだ反対側です。未舗装路面で、駐車場というよりは空き地という印象です。

施設には障害者用トイレはありません。

同一敷地内に隣接して公営の高齢者福祉施設があります。困った時はこの施設のトイレを借りれば、何とかなると思われます。

 

○館内のバリアフリー状況

有料施設ですが、入館料の障害者減免制度はありません。

建築面積は約220㎡で平屋構造。水槽は総計21槽。敷地内屋外には小さな池があります。

施設の入口は自動ドアで、狭いながらも車椅子で入館できます。

入口の先に窓口があり、そこで入館料を支払います。

窓口から2歩進むと、特別天然記念物「オオサンショウウオ」の水槽が3槽並びます。それぞれの水槽に「オオサンショウウオ」が一匹と数匹の金魚が泳いでいます。

「オオサンショウウオ」の水槽ゾーンを抜けると、円形の建物内に入ります。

円形の約半分が大型水槽です。傾斜に段差をつけて、川の上流には「岩魚」、下流には「雷魚」など、生態系に合せた淡水魚の区分展示をしています。

車椅子では段差の下から全体を監察します。それでも距離がないので、問題なく水槽を見学することができます。

館内のバリアフリー状況

円形の残り半分は小さな置き水槽が10槽ほどあり、淡水魚が展示されています。

円形の中心部には「タッチ槽」と掲示がある、手が入れられる小プール状の水槽があり、金魚系の魚が泳いでいます。

展示はこれですべてです。所要時間はゆっくり観察して「オオサンショウウオ」で5分、円形の建物内で5分、計10分程度。展示されている淡水魚は「40種類以上」という案内になっています。

 

○ミニSLやミニ新幹線の運転

土日だけですが、福祉施設の前庭部で、5mほどの線路を動く、幼児向けのミニSLやミニ新幹線の運転が行われています。

水族館の入館者は無料で利用できます。6歳未満の水族館への入館料は無料なので、実質幼児は無料で遊べます。

 

山方淡水魚館は、車椅子で特別天然記念物「オオサンショウウオ」が観察できる施設です。

茨城のバリアフリーな専門店 船納豆本店 車椅子利用ガイド

「船納豆本店」は、茨城県常陸大宮市にある、車椅子で買い物ができる納豆の専門店です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年7月の取材で初稿を執筆し、2019年10月に一部加筆修正しました。

 

○茨城の「ごちそう納豆」

「舟納豆」は高品質の高級納豆。茨城の「ごちそう納豆」ブランドです。

製造販売しているのは丸真食品(株)。地元茨城産の良質な大豆を材料に、伝統の製法、そしてブランド名の「舟」をモチーフにしたデザインのパッケージが特徴です。

メーカーは、ご飯にのせて食べるばかりでなく「ぜひそのまま食べてください」とアピールしています。

 

○駐車場とトイレの状況

バイパス沿いの店舗です。広い駐車場があり、障害者用駐車区画が用意されています。

駐車場内に独立棟トイレが2棟あり、障害者用トイレがあります。

駐車場から店舗にかけては、フラットな舗装路面です。

店舗のバリアフリー状況

○店舗のバリアフリー状況

店舗の出入口は広い自動ドアで段差はありません。店内もフラット構造です。

店内は30坪ほどで、それほど広くはありません。そこに多種多彩な納豆商品が陳列販売されています。

今回訪問した時は、商品の試食が豊富にあり、また納豆の試食を味わった口に嬉しいお茶のサービスがありました。

納豆は「そば入り」「大麦入り」、黒豆で作った「黒船」などのバリエーションがあります。

加工商品も多彩で、甘党向きのお菓子系や辛党向きのつまみ系など、豊富な商品が並びます。

 

船納豆本店は、車椅子で茨城の名品と出会えるバリアフリーな専門店です。

茨城の無形文化財 西ノ内紙「紙のさと」バリアフリー情報

茨城県常陸大宮市の舟生にある「紙のさと」は、車椅子で利用出来る「西ノ内紙」のお店です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年7月の取材に基づいています。

 

○西ノ内紙の歴史と特徴

「西ノ内紙」の特徴は、紙が厚く、丈夫で強いこと。水に濡らして引っ張っても破れない、と言われています。

久慈川沿いに「西ノ内」という地区があり、江戸時代にこの地区の農家が、冬場の仕事として紙づくりを行い、水戸藩に納めていました。

その和紙の高性能ぶりに目をつけた水戸光圀が「西ノ内紙」と命名し、水戸藩の専売商品として江戸で販売し、水戸藩の収入源になったということ。

当時は、ちょうちん、から傘、大福帳など、幅広い商品に加工され、「西ノ内紙」が江戸中に広まったそうです。

光圀公の「大日本史」の編纂にも「西ノ内紙」が使われました。

大正15年までは、全国で選挙投票用紙として使用されていたそうです。

 

○「紙のさと」の概要

伝統ある「西ノ内紙」を、昔ながらの手作り工法で製造し、加工販売しているのが「紙のさと」です。

店内にはベテランスタッフが数名いて、工房で加工品を製造しています。

多種多様な商品を見て、製造現場を見る。見ているだけで楽しい店内です。

買い物をする場合は、和紙の製造作業をしているスタッフに声をかけて下さい。すぐに対応していただけました。

 西ノ内紙「紙のさと」

○「紙のさと」のバリアフリー状況

アクセスは車が便利です。

店舗前のフリースペースが駐車場です。軒先に車を停めれば、雨の日でもほとんど濡れずに店内に入ることができます。

店舗の出入口は手動ドアでフラット構造です。

店内はフラットで通路は車椅子で通行できる幅があります。店内のほぼ全域を車椅子で移動することができます。

店内のトイレには、やや設備は老朽化していますが、障害者用トイレがあります。

 

西ノ内紙「紙のさと」は、一見古い店舗に見えますが車椅子で利用できます。出入口はフラットで、店内には障害者用トイレがある、バリアフリーな和紙のお店です。