間宮林蔵記念館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

林蔵の出生地である茨城県つくばみらい市にある施設です。復元移築された生家と平屋構造の記念館があります。

間宮林蔵記念館

アクセスは車が便利です。来館者用の広い無料駐車場があります。障害者用駐車区画の設定はありません。乗降しやすい場所に駐車してください。

間宮林蔵記念館

駐車場から記念館まで約50mです。舗装路を移動します。

間宮林蔵記念館

記念館の入口、手前側にあるのが生家です。間宮林蔵は1780年にこの家に生まれ、16歳頃までここで暮らしました。生家の周囲は砂利路面なので、車椅子では記念館のアプローチからの見学になります。

間宮林蔵記念館

記念館へのアプローチは、中央部がデコボコ解消されています。館の出入口のドアは手動ドアです。

間宮林蔵記念館

館内に入るとすぐに受付があります。間宮林蔵記念館の観覧料は、障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けてください。

館内に障害者用トイレがあります。個室は一般的なサイズでウォシュレット付きのトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

館内はワンフロアでフラット構造、展示スペースは余裕がある広さです。車椅子で問題なく観覧できます。

展示室の最初のコーナーは、間宮林蔵の人生と仕事を紹介する9分間の映像コンテンツです。ビジョンの前に可動椅子が置かれている部屋で、適当な場所から車椅子で鑑賞可能です。

次の展示室は、樺太の地図などメインの資料が展示されています。最後がギャラリーで、林蔵をめぐる人々をテーマに、伊能忠敬などを肖像画やパネルで紹介解説します。

間宮林蔵記念館

この地は当時「常陸国筑波郡上平柳村」。林蔵は理数系に強く、幼少の頃から神童と呼ばれていたそうです。そして将来を嘱望されて、16歳ごろに出仕し、役人の従者として20歳で初めて蝦夷地に渡りました。間宮海峡で知られる樺太調査を完成させたのは、43歳の時です。

間宮林蔵記念館

間宮林蔵記念館は、その偉業と幼少の頃からの林蔵を知ることができる施設です。車椅子で問題なく観覧できます。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

茨城 牛久沼 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

茨城県の牛久沼には観光スポットとして「牛久観光あやめ園」、2012年に完成した「牛久沼かっぱの小径」、「雲魚亭」、「河童の碑」などがあります。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

○牛久観光あやめ園

あやめ園の駐車場には2台分の障害者用駐車区画が用意されています。

茨城 牛久沼

駐車場に隣接する公衆トイレには、障害者用トイレが1つあります。

茨城 牛久沼

あやめ園内には、段差を下りなくては行けません。車椅子では道路からの鑑賞になります。道路からでも河童の像はみえます。

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

○牛久沼かっぱの小径

このあやめ園を起点にして「牛久沼かっぱの小径」が始まります。

茨城 牛久沼

牛久沼に沿って約1㎞続く散歩道です。沼沿いの木道はあやめ園から1㎞先です。途中に「雲魚亭」に行くルートが整備されましたが、階段なので車椅子では通行できません。したがって沼沿いを往復で2㎞歩く車椅子散歩になります。体力と時間が必要です。

茨城 牛久沼

○雲魚亭と河童の碑

車椅子で「雲魚亭」に行くには、車で移動するのが便利です。「雲魚亭」と「河童の碑」のための無料駐車場があります。

茨城 牛久沼

駐車場から「河童の碑」へは、途中からは未舗装路面を通行しますが、極端なデコボコはないので、少し無理をすれば車椅子で移動できます。

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

「河童の碑」は車椅子で見学できます。

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

駐車場から「雲魚亭」への通常ルートは、未舗装路ですが無理をすれば途中までは車椅子で行くことができます。

茨城 牛久沼

ただし最後に段差があります。

茨城 牛久沼

段差の手前に「カッパ松」があるので、ここまで来て見学する価値はあります。

茨城 牛久沼

「雲魚亭」へ行くには、車椅子では駐車場から迂回して「雲魚亭」へつながる車道を通行します。ただし「雲魚亭」の周囲はやや深い砂利路面で、車椅子での通行は苦戦します。

茨城 牛久沼

「雲魚亭」の内部は無料公開されていますが、屋内は段差構造のため車椅子では見学できません。

内部はこのように公開されています。

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

体力的にあまり無理をしないで車椅子観光ができるスポットは、「牛久観光あやめ園」と「河童の碑」および「カッパ松」です。ご自身やご家族の障がいの状況に応じて、無理のない牛久沼観光をお楽しみください。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

日本のワイナリー 牛久シャトー 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

「電気ブラン」の神谷傳兵衛氏が1898年から取り組んだ、茨城県牛久市のワイナリーです。国重要文化財指定、近代化産業遺産認定を受け、現在では事実上市の施設となり、記念館は無料公開されています。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

牛久シャトー

○アクセス方法

牛久駅から徒歩8分の案内です。

牛久シャトーの専用駐車場はありません。車の場合は、隣接する民間有料駐車場「タイムズ牛久中央」の利用が便利です。

タイムズには障害者用駐車区画の設定があります。駐車場から牛久シャトーの入口までは、一般道「ぶどう園通り」を横断します。この間、小さな段差はあるので車椅子を慎重に進めてください。

牛久シャトー

○牛久シャトーの全体構成

入口正面に建つのは「牛久シャトー本館」で旧牛久醸造場事務室です。この建物は外観を見学します。内部見学はできません。

牛久シャトー

牛久シャトー

本館の先に広がるのは「サンクスガーデン」。一部段差がある箇所もありますが、そこを避ければ車椅子で移動できます。

牛久シャトー

牛久シャトー

正面に建つのが旧醗酵室の「神谷傳兵衛記念館」。入館無料です。

右にあるのが「ショップ」。

左の建物が「レストラン」です。

そして園内少し離れた場所に「オエノンミュージアム」があります。ここも入館無料です。

園内の散策路は、一部傾斜があり、路面が荒れている箇所もあります。無理のない範囲で車椅子散策してください。

牛久シャトー

○神谷傳兵衛記念館のバリアフリー状況

1Fの出入口付近は小さなデコボコがありますが、車椅子で通行できます、記念館はB1、1F、2Fの構成でエレベーターはありません。車椅子で見学できるのは1Fだけです。

牛久シャトー

牛久シャトー

1Fの床面は、ゆがみはありますが舗装路面で、車椅子で移動できます。大きな樽や往時の道具などが展示されます。

牛久シャトー

牛久シャトー

階段で上がる2Fが記念館の展示室です。このような展示があります。

牛久シャトー

牛久シャトー

牛久シャトー

牛久シャトー

牛久シャトー

階段で下がるB1は、醗酵室の様子を紹介する展示です。

牛久シャトー

牛久シャトー

○ショップのバリアフリー状況

ショップは車椅子で利用できます。店内に段差がありますが、段差回避スロープが用意されています。

店内に障害者用トイレが1つあります。ユニバーサルベッドはありません。トイレコーナーには手動ドアを開けて向かうので、介助者いると助かります。

お酒、お菓子、各種グッズなど、シャトー牛久らしい品ぞろえが楽しいお店です。

牛久シャトー

○レストランのバリアフリー状況

正面エントランスは車椅子で通行可能です。今回取材時は満席で利用できず、内部の状況は確認できませんでした。一般的なテーブル席で、車椅子で利用可能と案内されています。

牛久シャトー

メニューはランチ、ディナーともコースで、それなりのお値段です。

裏口には小さな段差があります。

牛久シャトー

○オエノンミュージアムのバリアフリー状況

シャトー牛久のオーナーである「オエノングループ」の企業ミュージアムです。

アプローチは少しデコボコする路面、出入口は手動ドアで介助者がいると助かるタイプです。またミュージアム内のトイレには障害者用はありません。

牛久シャトー

牛久シャトー

この3点以外は、車椅子で問題なく利用、見学ができるミュージアムです。ワンフロアのフラットな構造で、スペースはとても余裕があります。

館内にはこのような展示があります。

牛久シャトー

牛久シャトー

牛久シャトー

牛久シャトー

車椅子では記念館の2FとB1が見学できないのは残念ですが、牛久ワイナリーは、日本初の本格ワイナリーの雰囲気を車椅子で十分に親しめる施設です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)