車椅子で行く奥久慈~袋田の滝バリアフリー情報

日本三名瀑にも数えられる「袋田の滝」は、1979年に完成した「観曝トンネル」を利用して観光します。車椅子で観曝は出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場の選択

袋田の滝へのアクセスは車が便利です。

無料町営駐車場が2か所あります。滝までは1km以上の距離がありますが、一般車道を通るので車椅子で利用出来ないことはありません。

町営駐車場よりも滝の近くに、民間有料駐車場が複数あります。一回500円くらいからが相場。GWなど観光ピーク時は高くなります。

滝の近くに土産屋、飲食店などの駐車場が多々あります。お店を利用してくれたら無料、というのが相場。ただしGWなどピーク時は駐車料金を別途とることもあります。

無料、有料、土産屋が駐車場の選択肢です。もっとも滝に近い駐車場は、一般車両が通行できる最後の場所にある土産屋の駐車場です。

袋田の滝バリアフリー情報

○トンネル手前は急坂路

車椅子での難関は観曝トンネル入口手前の急坂路です。距離は短い坂ですが傾斜はとても急です。ここは車両通行禁止なので車椅子で上るしかありません。元気な介助者と、または二人以上での車椅子介助が望ましい急坂です。

この急坂箇所に公衆トイレがあり、障害者用トイレが併設されています。

袋田の滝バリアフリー情報

○トンネルは障害者減免有り

観曝トンネルは、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の利用料が無料に減免されます。トンネル手前の発券所で入場手続きを行います。

トンネル内は舗装路で緩やかな坂道ですが、車椅子での通行は可能です。

袋田の滝バリアフリー情報

○第一観曝台のバリアフリー状況

観曝トンネルは全長276mです。奥まで進むと「第一観曝台」があります。ここから袋田の滝を眼前に観ることができます。

第一観曝台は段差のないバリアフリー構造で、車椅子からの観曝は可能です。

袋田の滝バリアフリー情報

○第二観曝台へのエレベーターへ

第一観曝台から更に奥に30m進むと、2008年にオープンした「第二観曝台」へ上がるエレベーターがあります。ここまでの通路およびエレベーターは、車椅子で問題なく利用できます。

袋田の滝バリアフリー情報

○第二観曝台のバリアフリー状況

第二観曝台へのエレベーターで降りるのは第一デッキです。さらに階段で第二デッキ、第三デッキへと上る構造。車椅子で行けるのは第一デッキまでです。

袋田の滝バリアフリー情報

○第一デッキからの眺望

HPなどでも第一デッキからは滝がよく観えない、と案内されています。これは第一デッキと同じ高さにある草木が眺望の邪魔をするからです。

冬場は第一デッキ前の草木は枯れていて障害物が少なく、それなりの眺望が楽しめます。夏場でも第一デッキから全く滝が観えないわけではありません。

袋田の滝バリアフリー情報

○帰り道も観曝トンネルの利用

滝を観ての帰り道は、一般的にはトンネルの途中から「吊橋」へ抜け、滝川渓流散策コースで戻ります。このルートは途中で段差があり車椅子では通行出来ません。車椅子では、帰りも観曝トンネルを通行します。

 

 

車椅子で袋田の滝を観光した際に、奥久慈で立ち寄ることが出来るバリアフリー施設を2か所紹介します。

 

「道の駅奥久慈だいご」

1998年開業の初期型道の駅です。いまどきのバリアフリー設計ではありませんが、設備改良がおこなわれています。袋田の滝バリアフリー情報広い区画の障害者用駐車スペースは2台分で屋根無しタイプ。駐車場から施設へはロングスロープ対応。トイレ棟の他に、メイン棟の中にインドアトイレがあり、いずれも綺麗に改装されています。袋田の滝バリアフリー情報2フロア構造の道の駅で、エレベーターはあります。1Fが産直ショップとお土産コーナー、そして食事処。2Fは小型の日帰り温泉です。

 

 

 

 

「こんにゃく関所」

地元のこんにゃくメーカーの製造直売所です。店舗は2007年築ですが綺麗で、別棟トイレには障害者用があります。

袋田の滝バリアフリー情報店舗前が駐車場で、障害者用駐車区画は1台分。駐車場の後ろにスロープがあり車椅子で店舗を利用できます。

袋田の滝バリアフリー情報

店内の約半分は食堂。食堂は一般的なテーブル席なので、車椅子での利用は可能。1までの営業です。

袋田の滝バリアフリー情報

物販コーナーはこんにゃくを中心に多彩な商品が並びます。試食が充実。何種類もあるこんにゃくから、味や食感を確かめて好みの品を選ぶことができます。通路幅は余裕があり、車椅子でのお買い十分に可能です。

袋田の滝バリアフリー情報

隣接して豆腐やゆばの物販店「ゆば壱」がありますが、「ゆば壱」入口は一段の段差がありスロープはありません。

 

 

奥久慈の名瀑「袋田の滝」は、一か所の急坂を上れれば車椅子で観曝が可能です。奥久慈には、「袋田の滝」の他にも車椅子で利用出来る施設があります。

車椅子で行く水戸~茨城県立歴史館バリアフリー情報

1974年に開館した「茨城県立歴史館」は、博物館だけではなく、公文書館、古民家や明治の建築遺産の展示、公園と様々な機能があります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○障害者用駐車場の状況

アクセスは車が便利。大きな無料駐車場が用意されています。障害者用駐車区画の用意があるので、車椅子利用者も無料駐車場に進入して下さい。

そして無料駐車場は通り抜けて、歴史館建物の裏手へ進みます。そこに業務用の駐車場があります。障害者用駐車区画は、歴史館建物沿いの道に縦列駐車する形式で3台分が用意されています。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○駐車場から歴史館内へ

障害者用駐車区画から歴史館への車椅子の動線です。

歴史館建物の裏から、車椅子利用者は建物に入ることができます。段差解消スロープがあり、その先が通用口です。ドアを開けて建物へ入ると、守衛室の横を通ります。少し薄暗い通路をしばらく進むと手動ドアがあります。このドアを開けると歴史館1F総合案内横にでます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○博物館と公文書館

歴史館の建物内には2つの機能があります。

博物館としては、茨城県の歴史を解説する「常設展」、一橋徳川家から寄贈された美術工芸品などを展示する「一橋徳川家記念室」、そして年間4本程度開催される企画展「テーマ展」があります。博物館は有料展示です。

公文書館の利用は無料。30万点以上の古文書や公文書があり、閲覧できます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○障害者減免あり

博物館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。1F総合案内で入館手続きをおこないます。

館内のフロアはフラットなので、車椅子利用に大きな問題はありません。設備は古いトイレですが、障害者用トイレはあります。

 

○常設展示室は2F

博物館は1Fが企画展室と「一橋徳川家記念室」。2Fが常設展示室です。車椅子での上下階移動はエレベーターを利用します。

企画展が開催されていない時期は、構造上の問題から一般来場者はエレベーターが利用出来ないことがあります。車椅子利用者は、スタッフが付き添ってのエレベーター利用になります。2Fから1Fへ下りるときも同様です。スタッフに声をかけてエレベーターを利用してください。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○展示内容は真面目

常設展は江戸時代を中心に茨城の歴史の紹介。「一橋徳川家記念室」は徳川家から寄贈された6,000点の資料をテーマ別展示。常設展、記念室とも、極めて真面目な展示内容です。小さなお子様向けの展示はありません。内容的には小学校高学年以上の歴史好き向きです。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○公園と屋外展示物

この地には1970年まで水戸農業高校がありました。歴史館の敷地は広く、公園としての機能があり、歴史的建造物の展示があります。屋外の利用は無料です。

公園としては広い芝生エリアと野草園や池、茶室など。屋外展示物としては、明治14年築の校舎「旧水海道小学校本館」と、築300年の古民家「旧茂木家住宅」があり無料公開されています。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○歴史館から公園へ

歴史館から公園エリアへの車椅子での動線です。

歴史館正面玄関から外に出ると、段差解消スロープが両側に設置されています。歴史館建物側からみて、左手のスロープを利用すると、その先の歩道がゴツゴツ路面をフラットにしたバリアフリー改修路で、右手のスロープの先はゴツゴツ路面のままです。左側ルートで進むと、車椅子でバリアフリーに公園エリアに進むことができます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○校舎と旧家はバリア構造

「旧水海道小学校本館」と「旧茂木家住宅」は、内部は段差構造です。車椅子からは外観の見学になります。

 

 

複合施設「茨城県立歴史館」は、歴史館建物内はバリアフリーです。公園エリア通路も車椅子で通行可能。屋外展示物の内部は、段差構造で車椅子では利用できません。

車椅子で行く水戸~茨城県立近代美術館バリアフリー情報

千波湖を臨む高台に建つ「茨城県立近代美術館」は、1988年の開館。県立の名に相応しい立派な美術館です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○障害者専用駐車場あり

アクセスは車が便利です。一般駐車場とは別に、建物裏手に4台収容の障害者専用駐車場があります。ルートは美術館HPに詳しく案内されているので参照してください。

空いていれば自由に利用できる駐車スペースです。不正利用防止のため美術館管理スタッフが事務所から監視しています。スタッフに「車椅子利用です」と申告してください。

 

○駐車場からエントランスへ

障害者専用駐車場から美術館エントランスへは、建物外周を4分の1周して向かいます。この間のルートはほぼフラットでバリアフリー。ただし屋根や庇はほとんど無いので、雨天は濡れます。

一般駐車場方面からのルートは、階段かスロープ路です。坂道が苦手な車椅子利用者でも、障害者専用駐車場からなら楽に美術館へアクセスできます。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

○広々した2フロア構造

近代美術館は吉村順三氏の設計。建築物としては、広々とした解放感と高質感が特徴です。展示室は1Fと2Fの2フロア。地階に講堂と講座室があります。障害者用トイレは1Fです。全館バリアフリーで車椅子での利用に大きな問題はありません。

所蔵作品はルノワール、横山大観などのビッグネームから、水戸由来の作家までと多彩。その数は約4,000点。企画展は年に4回から5回開催されます。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

○障害者減免あり

近代美術館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

館内に入ると総合受付があります。ここで障害者手帳を提示し、無料入館券を受け取ります。

 

○1Fロビーからの眺望

展示室に入る前に、館内から眺望を楽しめます。1Fのロビー空間は大きな窓がある設計で、窓の向こうには千波湖が輝きます。もちろんロビーはバリアフリー。車椅子でゆっくり千波湖の眺めを楽しめます。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

○展示室のバリアフリー状況

1Fはコレクション展が開催される常設展示室。2Fが企画展示室です。

1Fの中央部に2Fへ向かう大きなスロープがあります。これを利用しても良いのでが、裏にエレベーターがあるので、車椅子利用者はエレベーター利用が楽で安全です。

展示室は空間的に余裕があるフラット構造。車椅子で鑑賞できるバリアフリー展示室です。エントランスホールや2F回廊部も広々した設計。美術館らしい、ゆっくりとした時間が楽しめます。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

○中村彝アトリエは段差あり

美術館に隣接して水戸市出身の洋画家中村彝氏のアトリエが新築復元されています。入室は無料です。

隣接していますが、高台にある美術館からいったん一般駐車場の高さに下りて、道を渡って向かうことになります。

そしてアトリエ内部は段差があり、バリアフリー構造ではありません。

茨城県立近代美術館バリアフリー情報

 

障害者専用駐車場、障害者減免があり、建物は大きく高品質で眺めが良い。「茨城県立近代美術館」は、車椅子で利用出来る美術館です。