群馬県 道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

群馬県みなかみ町の「道の駅みなかみ水紀行館」は、1996年に開業した施設です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

○施設の全体概要

産直ショップ棟と、小さな水族館のような施設「水産学習館」が入る休憩情報棟、独立トイレ棟があります。そして少し離れた場所に無料の足湯施設もあります。

独立した食事処はなく、テイクアウト方式のグルメカウンターがあり、周辺のフリーテーブルなどでいただきます。

施設全般、段差のある構造をスロープで迂回する施設です。

施設の全体概要

○駐車場のバリアフリー状況

約140台を収容する駐車場があります。

障害者用駐車区画は、産直ショップ棟の近くに2台分あります。屋根無しの駐車区画で、一般駐車区画よりは少し幅が広い区画です。乗降に広いスペースが必要な方には、使い勝手が悪い駐車区画です。

駐車場のバリアフリー状況

駐車場のバリアフリー状況

24時間利用できる独立トイレ棟は、駐車場の横にあります。トイレ棟は駐車場と同じ高さにあり、駐車場から段差なく利用できます。

24時間利用できる独立トイレ棟

○施設棟への移動ルート

産直ショップ棟と休憩情報棟は、駐車場から階段で上る場所にあり、段差を迂回するスロープを利用します。

施設棟への移動ルート

この区間の路面は切れ目があるタイル路面ですが、車椅子への衝撃はそれほどありません。

道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

○障害者用トイレの状況

独立トイレ棟と、産直ショップ棟内のトイレに障害者用トイレがあります。

やや老朽化しているトイレですが、便座はウォシュレット付きで、今回取材時の状況では、利用上の決定的な問題はありませんでした。大型のベッドはありません。

 

○産直ショップのバリアフリー状況

ショップ名は「満点横丁」。円形構造の店舗です。

産直ショップのバリアフリー状況

店内の床面はフラットで、店内の通路は車椅子で移動できる幅が確保されています。

ショップへの出入口は2か所ありますが、内1カ所は階段です。

車椅子で利用出来る出入口にテイクアウトのグルメカウンターがあり、テーブルなどが配置されているので、動線が狭い箇所があります。そのテーブルの先に障害者用トイレがあります。

この付近は車椅子で通行可能なルートを判断する必要があります。

産直ショップのバリアフリー状況

○休憩情報棟のバリアフリー状況

各種パンフレットが置かれている観光情報コーナー、フリーテーブルや椅子がある休憩コーナー、アート作品が展示されるギャラリーなどがあります。

休憩コーナーは少し狭い箇所もありますが、車椅子で利用出来ないゾーンはありません。

そしてこの棟に「水産学習館」があります。

休憩情報棟のバリアフリー状況

○水産学習館のバリアフリー状況

有料の施設ですが障害者減免制度があり、本人の入館料が無料に減免されます。

主に利根川水系に生きる魚たちの生態系や、水上を流れる川の環境などが紹介されます。

小さな施設ですが、ワンフロアでフラットな構造なので、車椅子での見学は可能です。

水産学習館のバリアフリー状況

○足湯のバリアフリー状況

足湯はバリアフリー仕様ではありません。デコボコと段差を乗り越える必要があります。

今回取材時は無料で利用出来るタオルが用意されていました。

足湯のバリアフリー状況

足湯のバリアフリー状況

○諏訪峡観光ルート

道の駅の駐車場から、名勝「諏訪峡」に出ることが出来ます。

道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

駐車場からのスロープは、短いながら傾斜角度はあります。

道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

その先には、より川に近づける車椅子マークがあるスロープ路がありますが、路面がデコボコで車椅子に衝撃がきます。

道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

そこまで無理をして車椅子で進まなくても、諏訪峡を眺め、その空気を吸うことが出来ます。

道の駅 みなかみ水紀行館 車椅子バリアフリー情報

道の駅みなかみ水紀行館は、古い施設ですが段差回避ルートは確保されています。足湯以外は車椅子で利用できます。

(本稿は2020年8月に加筆修正しました)