車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は群馬県の中毛(前橋市、伊勢崎市、渋川市、北群馬郡、佐波郡)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅玉村宿」(玉村町)

2015年開業。施設全体、段差が全くないバリアフリー設計です。施設の構成は、産直ショップ、フードコート方式の食事処とギャラリー。コロッケなどの販売をしている食肉市場直営店は「肉の駅」と名乗ります。快適に車椅子で利用できる施設です。

施設前の第一駐車場が70台ほどの収容で、障害者用駐車区画は4台分を用意。道を挟んだ第二駐車場が100台ほどの収容。建物施設は一階平屋建てで、床面積は100坪強。店内通路幅はワイド設定で、よほど混み合わなければ、車椅子での店内回遊に問題はありません。障害者用トイレは別棟トイレに2つ、施設内トイレに1つ用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

建物の外観色はピンク系。トイレ棟の外壁には、地元の女子大生がデザインした、かわいらしい壁画が描かれています。建物の内装はウッディ。木のぬくもり、自然感が演出されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

玉村町は「麦秋の郷」。周囲には麦畑が広がります。

「玉村宿」というネーミングは、この地が江戸時代に「宿」であったことに由来します。日光東照宮の春の大祭に、京都の朝廷から派遣される勅使が通る道が「日光例幣使道」。その第一の宿がここ玉村宿。当時は大いに栄えたそうで、それにあやかる命名ということです。

 

 

「道の駅赤城の恵」(前橋市)

道の駅としては2011年に開業。メインの施設は日帰り温泉「あいのやまの湯」です。「赤木の恵」は情報発信館。観光パンフレットが置いてある休憩所です。軽食コーナーもある産直ショップは「味菜」。そして紫陽花で有名な「荻窪公園」が広がります。

施設全体で障害者用駐車区画は8台分、障害者用トイレは3つ用意されています。

 

 

「道の駅ふじみ」(前橋市)

道の駅としては2011年に開業。旧富士見村の中核施設で、日帰り温泉と産直ショップ、公園で構成されます。

日帰り温泉は「ふれあい館」。産直ショップは「風ラインふじみ」。公園は「ふれあい公園」。施設全体で障害者用駐車区画は8台分、障害者用トイレは2つ用意されています。

施設全体車椅子で利用できます。特に日帰り温泉は「ふれあい館」は、利用料の障害者減免制度があり、館内は可能な限りフラット構造で、一部は車椅子用スロープがある、足の悪い利用者を意識した設計のバリアフリー施設です。

 

 

「道の駅よしおか温泉」(吉岡町)

2010年開業。産直ショップ、日帰り温泉、運動公園で構成される大型施設です。国道17号線の前橋渋川バイパスから側道に下りてアクセスします。関越自動車道からのアクセスなら駒寄スマートICの利用です。

駐車場は3つの施設共用。障害者用駐車区画は3台分を用意。別棟トイレ棟に障害者用トイレは一つ。施設内は段差があり、それをスロープで対応しているタイプの施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

隣接して「吉岡エネルギーパーク」があり、シンボルは風車。産直ショップの名称は「かざぐるま物産館」です。大型の店舗ではなく、通路幅は普通。地場産品にこだわったショップで、野菜、コンニャクなどの特産品、お肉類も豊富です。「船尾まんじゅう」という名物の菓子や福祉作業所のクッキーなども販売。手作りの「バック」なども販売しています。姉妹都市の北海道大樹町からの海の幸も販売します。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

「かざぐるま物産館」の一角は「自衛隊グッズ」の販売コーナー。自衛隊の衣服、バッグ。自衛隊ブランドの缶詰、菓子、ドリンクなどが販売されています。隣町に自衛隊の基地があり、吉岡町とも交流が深いことの縁だそうです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

日帰り温泉は「リバートピア吉岡」。地下1300mから汲み上げたアルカリ源泉。隣接するエネルギーパークとの連携で、太陽光や地熱を使ったクリーンエネルギーを利用しています。

運動公園の目玉は「ケイマンゴルフ」。飛ばないボールを使用したゴルフです。

 

 

「道の駅こもち」(渋川市)

2001年開業。2015年にトイレ棟がリニューアルして綺麗になりました。農産物とお土産品の「ふるさと物産館」と食事処棟、別棟で足湯コーナーと観光用の水車、イベントハウスがあります。

団体客を乗せた観光バスが多く立ち寄る施設で、キャッチコピーは「こんにゃくの里」です。

障害者用駐車区画は第一駐車場に2台分用意されます。第一駐車場から「ふるさと物産館」と食事処棟へはスロープを上ります。第二駐車場からはフラットに移動できます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

「ふるさと物産館」内の通路幅は、あまり余裕はありません。混雑すると車椅子での利用は苦労します。食事処「食創庵」はスペースに余裕があり、フラットな構造なので、車椅子で利用できます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

外向きのカウンター販売で「こもちタイ焼き」などが販売されています。なんとなく魚卵が入ったタイ焼きに思えますが、ここは「こもち」、普通のタイ焼きです。

 

 

「道の駅おのこ」(渋川市)

漢字で書くと「小野子」。1996年開業。自然あふれる山村の風情が楽しい、素朴で小さな道の駅です。小野上村の直営施設でスタート。平成の大合併で渋川市になり、2012年からは民間に運営委託されています。

駐車場は広々しています。障害者用駐車区画は4台分用意。別棟トイレがあり障害用トイレが1つ併設されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

産直ショップと食堂があるメイン棟へは、やや急な傾斜の狭いスロープで上ります。施設入口のドアは手動ドアです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

産直ショップの規模は大きくはありません。ショップのコンセプトは“小野子山の恵みをおすそ分け”、山の恵みが並びます。木材からキノコが生えかけている“自分で育てるキノコセット”が売られています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県中毛編

食堂はセルフ食券方式。席は車椅子でも利用可能な構造です。蕎麦自慢、冬場は郷土料理の「おきりこみ」が味わえます。

バリアフリーはギリギリのレベルですが、山村の素朴で新鮮な味わいが楽しめる道の駅です。

 

 

「道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡」(前橋市)

道の駅としては1995年に開業。公園スペースやキャンプ場がある広い牧場に、産直ショップとレストランがある施設です。

ショップは「花木農産物直売所さんぽ道」。大規模な産直ショップです。店内の通路の幅は車椅子でもなんとか利用できるサイズ。混雑していなければ、群馬の恵みをゆっくりと買い物できます。別棟でミルクハウスがあります。障害者用トイレは一つ用意されています。

産直ショップの奥は牧場で、無理のない範囲で車椅子から放牧されている牛などが眺められます。また季節おりおりのお花が育成され、シャクヤク、コスモスなどのお花畑が出現します。

桜並木は大規模で、桜の季節は見事な風景に出会えます。完全舗装ではありませんが、車椅子でもなんとか突き進むことができる路面です。

レストランは「レストハウスまきば」。直売所とは離れているので、レストラン用の駐車場を利用します。風車のモニュメントが目印。レストランにも障害者用トイレがあります。

以上ここまでは車椅子で利用できます。

他に子供が遊べる遊具などがある公園スペースとバンガローのあるエリアがありますが、未舗装で川にむかって急な傾斜路。車椅子では利用が難しいエリアです。

 

群馬県「道の駅」の紹介記事は、別に「群馬県北毛編」「群馬県東毛編」「群馬県西毛編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。