車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は群馬県の西毛(高崎市、藤岡市、富岡市、安中市、多野郡、甘楽郡)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅くらぶち小栗の里」(高崎市)

2014年開業。高崎市で第一号の「道の駅」です。高崎市倉渕支所に隣接した、倉渕公民館の跡地に新設された施設。それほど広い敷地ではありませんが、建物の設計の良さが光る道の駅です。内装は地場産の木材を使用。とても暖かい雰囲気のデザインです。

1Fは産直ショップと食事処。2Fは地域のための多目的ホール。傾斜地を上手に活かした設計で、敷地内に入り、正面の駐車場を使うと1F。坂を登ると2Fに直結する駐車場になっています。どちらからでも車椅子でバリアフリーに施設に入ることが出来ます。ただし1Fの入口ドアは手動式です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

トイレは1Fと2Fにそれぞれあり、障害者用トイレは、1Fに男女別2つ、2Fにも1つあります。

産直ショップは、フラット床面で通路幅は広く、車椅子で買い物が楽しめます。お米は「倉渕のはんでえ米」。お米の品種ではなく、刈り取った稲を、自然光と風でゆっくり自然乾燥させる製法が美味しさの秘訣です。

食事処は、広いお店ではありませんが、車椅子での利用は十分に可能なフラット構造で、郷土料理「おきりこみ」が一番人気です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

「くらぶち小栗の里」とは何か。ここは高崎市の倉渕町。地元では倉渕地区と呼ばれています。

「小栗の里」の「小栗」は、幕末の奉行「小栗上野介」の「小栗」。明治維新後は倉渕地区のはずれ「権田村」の領地で隠遁生活をおくり始めたものの、明治政府によって罪を問われ、斬首され、その墓はここ倉渕の「東善寺」にあります。41年の生涯。隠遁生活をおくりかけた邸宅の跡も残っています。

 

 

「道の駅甘楽(かんら)」(甘楽町)

2011年開業。城下町「小幡」の観光拠点として整備された施設なので、和風デザインの建築ですが、車椅子での利用に大きな問題はありません。産直ショップと食事処、ワインとオリーブオイルの物販店と、窯で焼くピッツァのテイクアウトショップがあります。

障害者用駐車区画は2台分。障害者用トイレは1つ。段差をスロープで回避する構造ですが、施設全体車椅子で利用可能です。食事処はお座敷席がありますが、テーブル席もあるので車椅子で利用できます。隣接して建つ古民家が休憩所として一般開放されています。

 

 

「道の駅オアシスなんもく」(南牧村)

2011年開業。山間の清流沿いにある、横長の敷地に建つ施設です。やや傾斜のある敷地で、横一直線に産直ショップ、トイレ、食事処、土産品のショップが並びます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

駐車場は施設の正面に横長に広がり、障害者用駐車区画はトイレの前付近に1台分あります。障害者用トイレは一つです。

正面駐車場とは別に「地下駐車場」があります。川遊びに便利なように設置された、施設下部の川の入口にある駐車場です。この地下駐車場から施設へのアクセスルートは、エレベーターも専用通路もなく、下った車道を徒歩で登るしかありません。また、川に行くには段差があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

産直ショップの入口は自動ドアです。小規模な店ですが通路幅に余裕があるため、車椅子で利用できます。ショップの奥にイートインコーナーのようなスペースがあり、車椅子での利用が可能なレベルのスペース的な余裕があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

産直ショップから川下方面にある食事処や土産品ショップへは、やや傾斜のある通路で結ばれています。斜面はなだらかなので車椅子での移動は十分可能。出入口は自動ドアがあり、通路は余裕のある設定。車椅子での利用に問題はありません。

ショップの人の話では「オアシスなんもく」の横の道路から、車で清流南牧川の河原に行くことができるそうです。夏は河原が賑わうそうです。

 

 

「道の駅しもにた」(下仁田町)

2003年の開業ですが、2018年にリニューアルを実施しました。施設は円形構造。中庭を囲む円形構造施設のなかに、産直ショップ、お土産加工品ショップ、ミルクバー、食事処などが並びます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

障害者用駐車スペースは円形施設の外周に面している場所で、円形に沿って進むと2台分の屋根つき駐車スペースが現れます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

障害者用トイレは、障害者駐車スペースの近くに一つ設置されています

円形施設の内周をめぐる通路はウッディーでフラットですが、広さはあまり余裕がありません。車椅子での通行は可能ですが、人が立ち止まっていると苦戦します。一部出店やワゴンなどの設置で、より狭い箇所もあります。

2018年にリニューアルしたのは、産直ショップ、食事処、ミルクバー。新設されたのが、惣菜店、ピザ店、パン工房、そして高速バスの停留所です。

下仁田町は地域ブランドの創造に成功しています。「下仁田ネギ」を名乗れるのはごく限定されたエリア産のネギだけ。希少で高付加価値の名産品ブランドを、地域で守っています。

 

 

「道の駅万葉の里」(神流市)

2001年開業。施設の建物は瓦屋根の純和風木造平屋建てです。産直ショップ、食事処、カウンターバーのような喫茶コーナーがあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

駐車場は広々しています。障害者用駐車区画は、施設棟の横に2台分用意。障害者用トイレは一つ。建物内からトイレに抜けるドアは手動式で、車椅子ユーザーには面倒なタイプのドアです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

産直ショップの通路幅は普通で、車椅子での利用は可能です。商品は野菜類の他、味噌、コンニャクなどが特産品です。

食事処は蕎麦が自慢。店内は車椅子での利用が可能な、スペース的余裕があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

ここは江戸時代の万場宿。読み方は「まんば」です。万場町と中里村が合併して誕生したのが神流町。中里には「恐竜センター」があります。人口減少、高齢化が深刻なエリアですが、清流神流川と西上州の山々に囲まれた素晴らしい環境に恵まれています。

 

 

「道の駅ららん藤岡」(藤岡市)

道の駅としては2000年の開業。高速道路と一般道から利用できる「ハイウェイオアシス」です。大規模な施設で数多くのショップ、イベント広場、観覧車やメリーゴーランドがあります。その後各地に誕生した、同種の大規模施設の先駆的な存在です。

駐車場は計4か所。障害者用駐車区画は各駐車場にあり計11台分を用意。障害者用トイレは、独立棟トイレと各施設内に計5つ用意されます。施設全般に車椅子での利用に大きな問題はありません。

主な施設棟は、産直ショップが入る「アグリプラザ」、花屋が中心の「花の交流館」、物産館が中心の「グルメプラザ南館」、飲食店が中心の「グルメプラザ北館」。4棟が円を描くように配置され、その中心が「ふれあい広場」となっています。

「道の駅ららん藤岡」は2009年から「関東好きな道の駅ランキング」で三連覇を果たした実績のある人気施設です。

 

 

「道の駅みょうぎ」(富岡市)

道の駅としては2000年に認定を受けましたが、開業は1990年代の施設です。

トイレは独立棟公衆トイレ方式。障害者用トイレもそのなかにあり、インドアトイレはありません。

障害者用駐車区画は、独立棟の障害者用トイレ前に設置されています。屋根はありません。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

施設棟があり、産直ショップ、食事処、観光情報コーナーで構成されます。この棟のドアはすべて手動ドアです。それでも車椅子で困るほどの決定的な段差はありません。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

産直ショップの通路幅はやや狭い設定。車椅子での通行はギリギリのサイズ。食事処の席の70%はお座敷で、可動式テーブル席は4人×4テーブルです。産直品や食事処のメニューは、地物感いっぱい。地産地消の魅力溢れる施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

「道の駅みょうぎ」は妙義神社の駐車場でもあります。創建は537年と伝えらえる社。参拝者の絶えない神社です。ただし妙義神社は妙義山中腹に建つ山岳神社。車椅子では参拝出来ない段差構造神社です。

 

 

「道の駅上州おにし」(藤岡市)

1996年開業。「おにし」は漢字では「鬼石」。施設内に3D映画館、地元の歴史展示コーナー、外には竪穴式遺跡と古い校舎がある、ユニークな施設です。

神流川の脇の傾斜地にある施設です。国道に面しているのは2F、下がって入る駐車場の高さが1Fになります。駐車場に入ると障害者用駐車区画があります。施設へは緩やかなスロープで向かいます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

トイレは建物内の1Fと2Fに、それぞれ障害者用トイレがあります。冬場は節電対策でどちらかの障害者用トイレの電源を切ることがあります。暖房、ウォームレット、ウォシュレットがすぐには使用できないことがあるので注意して下さい。

館内1Fには「3Dシアター」があり、「1回15分300円、迫力の立体画像」「いまならすぐに貸し切りで見られます」「お申込みは2階の食堂スタッフまで」という案内が掲示されています。車椅子席の用意はありません。空きスペースから車椅子でみます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

1Fの残りのスペースの大半は、遺跡関係、地元の歴史関連の無料展示コーナー。硬派の歴史民俗博物館のような展示内容で、車椅子での見学は可能です。

館内にはエレベーターが1基あり、1Fと2Fはバリアフリーに移動できます。

国道から見ると1Fに見える2Fは、食事処と土産物、加工品のショップ。車椅子で利用できる十分な広さがあります。お饅頭やうどんなどが自慢です。

施設1Fのすぐ横に「譲原石器時代遺跡、住居跡」があります。竪穴式住居跡を、立派な囲みで覆った遺跡保存施設。鑑賞は無料で自由。金属製の大きな手動扉を開けて入り、竪穴のまわりをグルッと一周。施設覆いの壁面には、資料的な展示画が掲示されています。手動扉を開けられれば、車椅子で見学可能です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

更にその横に「旧譲原小学校の校舎」が、往時のまま残っています。「小学校」とか「1年生」など書いてある木札が、外壁にかかっています。文化財としてしっかり保存されている施設ではなく、“ボロボロ”の“雨ざらし”です。この地に放置されて何十年、という印象の校舎で崩れそうです。車椅子では安全場所から見学して下さい。

 

 

「道の駅上野」(上野村)

1994年開業。群馬県第一号の「道の駅」です。当時の道の駅とは、24時間トイレがある地域の観光案内所のことでした。道の駅上野はその初期スタイルを残し、売店や食事処が入る棟は「琴平センター」、木工工芸品の販売店舗は「ウッディー上野村 銘木工芸館」、道の駅は観光案内所という構成になっています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

障害者用駐車区画は2台分あります。トイレは施設から道を渡った場所に別棟の公衆トイレがあり、障害者用が併設されています。「琴平センター」内にもトイレがありますが障害者用は無く、屋内トイレですが行く途中に段差があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

「琴平センター」への入口は、段差の脇に急な斜面のスロープ設置。階段の先のドアは自動ドアですが、車椅子で上るスロープの先にあるドアは手動ドアです。

ショップ店内の通路幅は狭く、かつ通路の回遊路にレジ待ちの客を並ばせるので、車椅子での店内回遊は苦戦します。

食事処は可動式のテーブルと椅子でスペースの余裕があるので、車椅子で利用可能。イノブタが名物です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~群馬県西毛編

「ウッディー上野村 銘木工芸館」は、入口は段差に急なスロープを設置。2階建てですが階段のみです。工芸館の1階にインドアトイレがあり、その女子用が障害用にもなる広い個室タイプ。女子・障害者両用タイプです。展示販売されているのは、上野村が力を入れている木工工芸品類。車椅子ユーザーも1F部は店内回遊できる通路幅です。

 

群馬県「道の駅」の紹介記事は、別に「群馬県北毛編」「群馬県東毛編」「群馬県中毛編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。