群馬県 道の駅上州おにし 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

群馬県 道の駅上州おにし

群馬県藤岡市の道の駅です。旧町名が「鬼石」で石材の産地として有名です。2006年に藤岡市に編入して鬼石町は消滅しました。鬼石町時代の1996年に道の駅登録された施設で、それ以後は大きなリニューアルは行われていません。道の駅としては、かなり個性的な施設です。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

群馬県 道の駅上州おにし

○道路沿いは2F、駐車場は1F

神流川沿いを走る462号線沿いに建つ施設です。道路と同じ高さは施設の2Fです。道路から坂道を下り駐車場に入ります。

群馬県 道の駅上州おにし

駐車場は50台程度を収容する広さがあり、障害者用駐車区画は屋根なしで2台分あります。駐車場の路面は経年劣化が進んでいます。

群馬県 道の駅上州おにし

○廃校になった小学校校舎

駐車場に面して、崩れそうな古い校舎が建っています。廃校になった「旧譲原小学校の校舎」です。「道の駅上州おにし」は、この小学校の敷地を活用して建設された道の駅です。

内部見学は出来ません。また校舎の周囲の路面は荒れているので、車椅子で積極的に近づくことは出来ません。

群馬県 道の駅上州おにし

○竪穴式住居の保存施設

校舎の横にある建物は「譲原石器時代遺跡住居跡」です。竪穴式住居跡を覆った遺跡保存施設で、見学は無料で自由です。

群馬県 道の駅上州おにし

スロープを上がり、金属製の大きな手動扉を開けて入ります。内部で竪穴のまわりをグルッと一周できます。また施設内の壁面には、資料的な展示画が掲示されています。手動扉を開けられれば、車椅子で見学可能です。

群馬県 道の駅上州おにし

群馬県 道の駅上州おにし

○道の駅1Fの状況

駐車場から道の駅施設の1F入口までに、段差箇所があるので、段差回避スロープに迂回して移動します。出入口は自動ドアです。

群馬県 道の駅上州おにし

障害者用トイレは1Fと2Fにありますが、今回取材時は1Fのトイレは閉鎖されていて「2Fのトイレをご利用ください」という案内でした。

館内1Fに入ると、左側が観光情報コーナーで、右側が鬼石の名産「三波石」を中心にした見学無料の郷土資料館のようなコーナーです。車椅子での見学は可能です。

群馬県 道の駅上州おにし

入口正面は有料の3D映像シアターでしたが、現在では営業していません。今回取材時は、シアターの入口に「あなたの目をみてインスピレーションで言葉を書きます」という看板が掲示され、テーブルと椅子が置かれていました。その横にエレベーターが1基あり、2Fへ移動することができます。

群馬県 道の駅上州おにし

○道の駅2Fの状況

2Fは一般的な道の駅のイメージに近い構成で、売店と食事処があります。

ショップには生鮮野菜はほとんどなく、物産品や工芸品、マスクや消毒液などが販売されています。売り場内はフラットで、スペースに余裕があるので、車椅子での買い物は可能です。

食事処は食券制のセルフサービスです。店内はフラットでテーブル席なので車椅子で利用可能です。ダムカレーや蕎麦が自慢のメニュー。営業はランチタイム限定です。

 

廃校、遺跡、資料館などがある珍しい構成です。「道の駅上州おにし」は、車椅子で利用できる施設です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)