群馬県 道の駅川場田園プラザ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

道の駅川場田園プラザ

群馬県川場村にある抜群の集客力を誇る大規模な道の駅です。道の駅に登録したのは1996年。バリアフリー設計が広がる前の施設なので段差構造箇所が多く、以前は車椅子で利用しにくい施設でしたが、徐々にバリアフリー改修が進んでいます。2021年時点での、車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

道の駅川場田園プラザ

〇川場田園プラザの魅力

田園のような自然美の中に、数々のショップとグルメ店が営業。自由に遊べる広場もある道の駅です。

道の駅川場田園プラザ

フリーテーブル席や芝生広場でゆっくり寛ぐ。農産物直売所で新鮮野菜、専門ショップでパンやソーセージ、ヨーグルト、そして物産品を買う。蕎麦処や麺処、レストランやピザハウスで美味しいものをいただく。

道の駅川場田園プラザ

水の流れがあり、橋が架かり、鯉が泳ぐ。その景観を楽しむ。

道の駅川場田園プラザ

道の駅川場田園プラザは、多くの観光客を惹きつける人気施設です。

道の駅川場田園プラザ

〇駐車場の概況

駐車場が整備されました。P1からP7まであり850台を収容します。人気施設のため満車対策として高速道路SAのようなデジタル掲示板が各所に設置され、駐車場ごとの満車空車リアルタイム情報が電光表示されます。役立つ情報設備がある道の駅です。

道の駅川場田園プラザ

身障者用駐車スペースが大幅に拡充されました。もっとも数多くあるのは正門前のP2です。数えると14台分が横並びで用意されています。他の駐車場にも身障者用駐車スペースがあり、全部で25台分と案内されています。

道の駅川場田園プラザ

〇バリアフリートイレの状況

施設内3か所にバリアフリートイレがあります。この内「ファーマーズマーケット」の横のトイレと、「物産センター」横のトイレは、男女別トイレ内にバリアフリートイレが設置されています。異性介護では利用できません。

道の駅川場田園プラザ

ここの個室内スペースは広くはなく、車椅子1台がギリギリで入ります。したがって1人で利用できる車椅子利用者向きのトイレです。「物産センター」横の男子トイレは手動ドアを開けて入ります。

道の駅川場田園プラザ

異性介護で利用できる独立個室があるバリアフリートイレは、P2とP3の中間付近にある24時間トイレ棟にあります。外観よりも内部は綺麗です。

道の駅川場田園プラザ

スペースに余裕がある一般的な仕様のバリアフリートイレです。ウォシュレット、オストメイト付き、ユニバーサルベッドはありません。

道の駅川場田園プラザ

〇施設内の傾斜路と段差の状況

正面出入口側が低地で、田園プラザの「あそびば」が高地です。したがって「ミート工房」から「ピザハウス」にかけて、または「物産センター」から「ピザハウス」にかけては坂道です。ただしそれほどの急坂ではありません。元気な車椅子利用者と介助者なら通行できます。

道の駅川場田園プラザ

池にかかる太鼓橋は傾斜が緩いので車椅子で通行できます。

道の駅川場田園プラザ

いくつもの施設棟が建ち並ぶ道の駅で、その多くの棟の出入口に段差がありますが、何らかの段差解消改修が施されています。下の写真は人気蕎麦処「虚空蔵」の出入口。正面右側に段差解消スロープが設置されています。

道の駅川場田園プラザ

「ピザハウス」の横の温室がイートインコーナーに活用されています。正面入口は段差がありますが、左側のスロープを上がり、横のドアから出入りすると段差回避できます。

道の駅川場田園プラザ

「田園ベーカリー」と「レストラン武尊」が入る建物の正面入口は段差がありません。

道の駅川場田園プラザ

〇車椅子での注意点

最も困るのは「あかくら」、「ファーマーズマーケット」、そして「物産センター」、「カワバプレミアム」にかけてある、歩道よりも一段高い店舗前通路です。

道の駅川場田園プラザ

道の駅川場田園プラザ

長い通路ですが段差を解消する箇所が少なく、また店舗前通路にはベンチが設置されている部分もあり、ちょっと足を出して座っている人がいると車椅子で通行できません。もちろん混雑していると苦戦。コロナ対策で入場制限の列ができると、協力していただかないと車椅子では通行できません。遠からず全面的に段差解消されることを願います。

道の駅川場田園プラザ

道の駅川場田園プラザ

段差解消設備はあっても、雑な造作でデコボコと小さな段差がある箇所も複数あります。下の写真は「麺屋川匠」のテラス席への出入り箇所です。一見段差解消されていますが、実際に車椅子で通行すると、たいへん苦戦しました。

道の駅川場田園プラザ

ちなみに「麺屋川匠」の正面出入口はフラット構造です。車椅子では正面の利用をお薦めします。

道の駅川場田園プラザ

緑の芝生に数多く設置されるフリーテーブルは、ほとんどが車椅子で利用しにくい固定式テーブル席です。

道の駅川場田園プラザ

休憩スペース「ルーフ」と「ピザハウス」前の広場には、可動式のフリーテーブル席があります。利用しやすい席を選べば車椅子で利用可能です。

道の駅川場田園プラザ

施設の建設が90年代のため、車椅子からみると気をつけるべき設備や箇所があります。しかし「道の駅川場田園プラザ」は、それを補うほどの魅力がある観光施設です。

(本稿は2021年7月に執筆しました)