群馬車椅子観光 道の駅たくみの里 三国街道須川宿 バリアフリー情報

道の駅たくみの里 三国街道須川宿 バリアフリー情報

群馬県みなかみ町の道の駅です。道の駅登録は2005年ですが、2019年にメイン施設棟「豊楽館」がリニューアルされました。

道の駅たくみの里

ここは三国街道須川宿があった地。道の駅周辺には、数多くの体験施設、食事処、ショップなどが点在します。南北に走る道が全長550m「宿場通り」。東西に伸びる道が全長1500mの「庄屋通り」。「庄屋通り」の途中から南北の伸びる道が全長1400mの「寺通り」です。

道の駅たくみの里

そして約3km四方のエリア全体が里山「たくみの里」で、9つの「野仏」が点在しています。

道の駅たくみの里 三国街道須川宿 バリアフリー情報

したがって、観光地としての「たくみの里」は、以下の3つに分類されます。

①バリアフリーな道の駅としての「たくみの里」

②旧宿場町の古い町並みを生かした「たくみの里」

③自然を生かしたアップダウンがある里山の「たくみの里」

それぞれの「たくみの里」の、車椅子からみたバリアフリー状況を紹介します。

道の駅たくみの里 三国街道須川宿 バリアフリー情報

○道の駅「たくみの里」のバリアフリー状況

農産物と物産品が販売される「たくみ市場」棟。「里山食堂たくみカフェ」と観光案内所が入る棟。そして24時間独立トイレ棟が「道の駅」としての施設です。電動自転車のレンタルサービスがあります。

道の駅たくみの里

駐車場は北側と南側にあり、障害者用駐車区画は北側に屋根なしで2台分あります。

道の駅たくみの里

2棟のエントランス周辺は休憩コーナーとして整備されました。段差はスロープで解消され、フリーテーブルが置かれています。

道の駅たくみの里 三国街道須川宿 バリアフリー情報

道の駅たくみの里

「たくみ市場」はフラットな構造で、店内通路幅は余裕があります。車椅子で買い物が出きる大型産直ショップです。

道の駅たくみの里

「里山食堂たくみカフェ」は、セルフサービスの食事処です。店内はフラットで可動式のテーブル席なので車椅子で利用できます。

道の駅たくみの里

またこの棟の中に、リニューアルで障害者トイレが2つ用意されました。ユニバーサルベッドはありませんが、設備はフル装備の綺麗なトイレです。

館内では、動物系アート作品の展示が楽しめます。

道の駅たくみの里

道の駅たくみの里

○旧宿場町「たくみの里」のバリアフリー状況

「そば打ち道場」「和紙の家」「ガラスの家」など「たくみの家」が28軒。茶屋やカフェ、食堂などの飲食店が21軒。そしてブルーベリー園、サクランボ園など、農園が20軒あります。

道の駅たくみの里

なお旧「里山食堂」は、現在閉店しています。

道の駅たくみの里

ほとんどの店舗や施設には、専用の駐車場があります。車でのアクセスは可能です。

道の駅たくみの里

入口がスロープのお店もありますが、段差構造のお店も散見します。靴を脱いで座敷席を利用する蕎麦屋もありました。また営業状況もそれぞれです。

道の駅たくみの里

利用したいお店や施設、体験メニューなどのバリアフリー状況は、個別の確認してください。

道の駅たくみの里

○里山「たくみの里」のバリアフリー状況

野仏巡りにはスタンプラリーが用意されています。

すべてを巡ると、おそらく7kmから8kmくらいは移動することになります。そのルートはほとんどが舗装路ですが、アップダウンが激しくあります。

車で移動するには里山を抜ける車道は道幅が狭く、すれ違いができない箇所が多々あります。

また野仏の近くに駐車スペースがあるとは限らず、更に階段の上に在る野仏もあります。

古寺や古社なども点在しますが、今回取材した限り、段差構造で車椅子でのお参りは難しい構造です。

健常者が電動自転車で移動すると、9つの野仏を巡ることができるそうですが、車椅子利用者は、徒歩、車、いずれの手段でも、野仏巡りはかなり困難です。野仏1番「道祖伸」と3番「馬頭観音」は、車椅子でお参りができました。他の7つの野仏を巡るには、急坂、狭路、そして段差などを乗り越える必要があります。

道の駅たくみの里

里山としての「たくみの里」を車椅子で散策するには、距離がありアップダウンが激しすぎます。車で移動しながら里山の雰囲気を味わい、よい景色でかつ無理なく駐車できる場所を見つけたら、その周囲を散策する。車椅子利用者には、このような里山散策をお薦めします。

なお、猿ヶ京温泉がある「赤谷湖」は、車で移動すれば「たくみの里」から10分程度で行くことが出来ます。

道の駅たくみの里

四季折々の風情を楽しみたい「たくみの里」です。「道の駅」はバリアフリー施設。「宿場町」の施設のバリアフリー状況はそれぞれ。「里山」は無理のない範囲で。車椅子で上手に「たくみの里」を利用してください。

(本稿は2020年8月に書き直しました。)