車椅子で行く東京国立博物館~平成館バリアフリー情報

東京国立博物館~平成館バリアフリー

トーハクで特別展などが開催されるのが「平成館」。皇太子さまのご成婚を記念して1999年に開館しました。法隆寺宝物館と並び、トーハクでは最も新しい建物です。平成館のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

東京国立博物館~平成館バリアフリー

○ティールームあり

2フロア構造で、特別展示室は2Fです。エントランスを入ると、正面が特別展の受付。その左手側は広い休憩スペースです。手前半分が低いソファーが置かれた休憩スペース。奥半分はテーブル式のフリー喫茶スペースで、自販機があり、特別展開催時は飲食系の売店が営業しています。車椅子で軽く飲食したい時は、ここ平成館1Fティールームが便利です。

東京国立博物館~平成館

東京国立博物館~平成館

 

○トイレは少々狭い

1Fと2Fにそれぞれ障害者用トイレがあります。欠点はやや狭いこと。介助者と利用する場合、スペースはギリギリです。隣接する本館のトイレは、古くて狭い。もう少し広いスペースが必要な方は、本館B1のトイレへを利用してください。

東京国立博物館~平成館

 

○エレベーターはスタッフ誘導で

平成館2Fの特別展示室で開催されるトーハクの特別展は、過去の実績では障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。特別展1F受付で手帳を提示してください。車椅子利用者はエレベーターに案内されます。このエレベーターはストッパーが置かれているので無断利用できません。必ずスタッフの誘導にしたがってください。帰りに2Fから利用する際も同様です。

東京国立博物館~平成館バリアフリー

○2Fの特別展示室内はバリアフリー

2Fはバリアフリー。車椅子での利用に大きな問題はありません。展示室内はその時の企画展次第ですが、今や車椅子で鑑賞できない特別展はありません。一般的な特別展のルートは「Ⅰ室」→「お土産コーナー」→「Ⅱ室」の順。車椅子の敵は混雑だけです。

東京国立博物館~平成館バリアフリー

○1Fガイダンスルームへ

左手側は広い休憩スペースな1F。右手側は展示スペースです。エントランスに近いのは「ガイダンスルーム」。特別展の解説ビデオがリピート放映されています。ここは車椅子への特別な配慮はありません。一番前や通路側に車椅子を停めてビデオをご覧下さい。特別展に入る前に、ガイダンスを受けると理解が深まります。

東京国立博物館~平成館バリアフリー

○考古展示室へ

平成館は左右対称に設計された建物です。右手側の広いスペースは「考古展示室」。埴輪や土器などが多数展示されています。まるで本館の一部のよう。ただし本館と違い新しい建物なので、車椅子での利用は快適です。他に「企画展示室」があり、小規模ながらその時々の企画が展示されます。

東京国立博物館~平成館バリアフリー

○そして本館へ

考古展示室の奥に進むと屋内通路があり、本館にそのままつながります。この通路はフラットです。途中に庭園を臨む休憩ポイントがあります。ここは飲食禁止。それでも屋内からトーハク庭園を眺めるポイントです。その先の本館へつながる通路の壁面には、各地で開催される美術系企画展のポスターが展示されています。車椅子でゆっくり見ることができるので、企画展をチェックしてください。

東京国立博物館~平成館

東京国立博物館~平成館

○優しいスタッフ

人気の特別展は、入場制限がかかることもあります。通常入場待ちの行列は、平成館のエントランス前から。屋根はなく、雨の日は傘をさして並びます。体力的には元気な車椅子利用者は、健常者と一緒に並んでください。重度障害があり、体力面で行列に問題のある方はスタッフに相談してください。その状況に応じて、おそらく特別な対応をしていただけると思います。

東京国立博物館~平成館バリアフリー

東京国立博物館~平成館バリアフリー

平成館で開催される企画展は、近年とてもバリアフリーへの配慮がある展示になっています。平成館は車椅子で快適に鑑賞できる施設です。