車椅子で行く東京国立博物館~法隆寺宝物館バリアフリー情報

東京国立博物館~法隆寺宝物館

東京国立博物館の「法隆寺宝物館」は、トーハクの常設展入館料だけで観覧できる施設です。エントランスはスロープ対応。館内はエレベーター、障害者用トイレ完備。1999年竣工の建物ですがバリアフリー要件は満たしています。車椅子での利用について、くわしく紹介します。

 

○7世紀の宝物と出会う異空間

正面プラザからトーハクへ入ります。法隆寺宝物館は左手の奥。「鬼瓦」「黒門」を眺めながら車椅子で進んで下さい。法隆寺宝物館の正面に着きます。池に浮かぶように建つ宝物館の造形は見事です。

池の中を通るアプローチを進みます。入口手前の段差はスロープで迂回。エントランスに入ります。その先は暗く静寂が支配する展示室。そして日本最古の仏教古美術品。トーハクのなかでも「法隆寺宝物館」は異質な美術空間です。

東京国立博物館~法隆寺宝物館

○上下階移動はエレベーターで

館内はフラット。1Fと2Fが展示室。中2階は資料室です。エレベーターは1基。今どきのバリアフリー仕様のエレベーターです。障害者用トイレは1Fに配置。トーハクのなかでは、お薦めのトイレの一つです。

 

○騒いでしまう人は、キツイ

展示室内は物音一つしません。展示品保護のため、照明は極端におとされています。しがって、知的、あるいはコミュニケーションの障がいがあり、声を出してしまうタイプの人。あるいは激しい動きを突然起こしてしまう人。こういうタイプの障がいのある人と一緒の鑑賞は、気をつかいます。この点はご留意ください。

東京国立博物館~法隆寺宝物館

○正倉院よりも古い宝物

ここに並んでいる“宝物”は、明治11年に法隆寺から皇室の献上されたもの。後に皇室から国に管理が移りました。宝物と言えば「正倉院」が有名ですが、東大寺よりも古い法隆寺の宝物です。コレクションの中心が正倉院は8世紀の宝物。「法隆寺宝物館」は7世紀の宝物。平均で100年ほど差があります。日本一古い宝物と出会える博物館です。

 

○オープンテラスのレストランあり

1Fに入店するレストランは「ホテルオークラ ガーデンテラス」。テラス席のある素敵なレストランです。フラット構造で移動式のテーブル席なので、車椅子での利用は可能。やや出入口の通路幅は狭いのですが、一般的な車椅子なら通行できます。メニューはパスタ1,500円など。博物館内の上質なグルメ空間です。

東京国立博物館~法隆寺宝物館

○建物自体が美術品

宝物館は建築学会賞を受賞した建築物。建物自体も鑑賞してください。人工池越しに見る宝物館の正面全景は一枚の絵画の様。広々したフラット通路から眺めるので、車椅子を停めてしばらく鑑賞をしても人迷惑にはなりません。

 

様々な美術館、博物館がありますが「法隆寺宝物館」の展示室は、どこにも似ていない独自の異空間。バリアフリーに日本最古の仏教美術に出会える場所。車椅子で快適に利用できます。