北条氏の山城 八王子城跡ガイダンス施設 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

東京都八王子市郊外の山の地形を利用して築城された、八王子城を紹介する無料公開施設です。建物の外観は八王子にちなんだ八角形で、展示スペースと休憩スペースで構成されます。徒歩圏内に駅はありません。アクセスは車が便利。一般駐車場の他に、施設エントランスの近くに身障者用駐車スペースが2台分用意されています。

八王子城跡ガイダンス施設

史跡の指定面積が159ヘクタールにも及ぶ広大な八王子城跡。城跡を散策する屋外ルートは未舗装路で段差がありますが、ガイダンス施設はバリアフリー施設です。エントランスから館内にかけて段差のない構造。車椅子で問題なく利用できます。

八王子城跡ガイダンス施設

八王子城は戦国時代末期の1584年から1587年頃に、小田原城の支城として北条氏照によって築城された山城で、1590年に豊臣秀吉勢によって滅ぼされました。展示スペースでは、北条氏照と八王子城を学ぶことができます。

八王子城跡ガイダンス施設

八王子城跡ガイダンス施設は高低差がある敷地の地形を生かした構造で、休憩スペースはやや高い位置にあります。そのため館内にスロープ路が設けられています。

八王子城跡ガイダンス施設

休憩スペースはフリーテーブル席が配置され、大きな窓から城山の景観を楽しむことができるフラットな空間です。車椅子で問題なく利用できます。

八王子城跡ガイダンス施設

バリアフリートイレはスペースに余裕がある個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置などが備えられています。綺麗なトイレです。

八王子城跡ガイダンス施設

八王子城跡ガイダンス施設は車椅子で「日本100名城」の八王子城を学ぶことができるバリアフリー施設です。

(本稿は2024年2月に執筆しました)

中曽根首相の元別荘「日の出山荘」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

八王子 コニカミノルタサイエンスドーム 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

コニカミノルタサイエンスドームは、プラネタリウムと展示室がある東京都八王子市の「八王子市こども科学館」です。徒歩圏内に駅はありません。アクセスは車が便利で、身障者用駐車スペースがある来店者用無料駐車場が用意されています。

コニカミノルタサイエンスドーム

駐車場の横に「地下鉄 丸の内線 流星号」が屋外展示されています。スロープを利用して車椅子で内部を見学することができます。

コニカミノルタサイエンスドーム

コニカミノルタサイエンスドームは有料ですが観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

コニカミノルタサイエンスドーム

館内はB1から2Fの3フロア構造で、1Fがプラネタリウム入口と展示室「夢ひろば」と「遊びカガク」。2Fは展示室「地球・宇宙・未来」と「八王子を知ろう」。B1は科学工作室でイベント開催時以外は閉鎖されています。上下階移動はエレベーターを利用します。いずれのフロアもフラットな構造で、展示物は車椅子で観覧できます。

コニカミノルタサイエンスドーム

バリアフリートイレは1Fと2Fにあります。下の写真は1Fのトイレ。やや狭い個室でウォシュレット付き便器が備えられています。

コニカミノルタサイエンスドーム

コニカミノルタサイエンスドームは、車椅子で利用できる子供向きの科学館です。

(本稿は2024年2月に執筆しました)

「八王子市夢美術館」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

東京の博物館 くにたち郷土文化館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

郷土の歴史民俗を紹介する常設展示室などがある、東京都国立市の複合文化施設です。アクセスは矢川駅から徒歩10分の案内。来館者用駐車場は6台分で、内1台分が身障者用駐車スペースです。エントランス周辺は段差解消スロープが設置されています。エントランス前の広場は「武蔵野庭園」。自由に利用できる公園スペースで、イベントが開催されることもあるそうです。

くにたち郷土文化館

1Fエントランスから始まるガラス張りの屋内スペースは「エントランスホール」。くにたち郷土文化館の象徴です。

くにたち郷土文化館

エントランスホールの横に、以前はメインエントランスであったと思われる出入口があります。ここも段差解消されています。

くにたち郷土文化館

くにたち郷土文化館は、展示室の他にホールや講堂、研修室などがあります。無料公開されている常設展示室と企画展が開催される特別展示室はB1にあります。1Fから業務用エレベーターを利用してフロア移動をします。

くにたち郷土文化館

常設展示室および特別展示室は、車椅子で観覧できるフラットな構造です。常設展示室には車椅子から見難い展示はとくにありません。国立市域の通史が紹介されています。

くにたち郷土文化館

B1フロアのロビーは地下フロアですがガラス張りの窓がある開放的な設計です。

くにたち郷土文化館

窓からは掘り下げて造営された「歴史庭園」を眺めることができます。

くにたち郷土文化館

トイレはB1にあります。バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、シンプルな設備のトイレです。

くにたち郷土文化館

くにたち郷土文化館の展示室は、車椅子で鑑賞できます。

(2024年2月に執筆しました)

 JR中央線国立駅前の「赤い三角屋根の旧国立駅舎」を別稿で掲載しています。ご参照ください。