東京富士美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京都八王子市にある美術館です。開館は1983年。バリアフリーの概念が広まる前に誕生した施設ですが、改修により段差は解消されています。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

東京富士美術館

東京富士美術館

○アクセス方法と駐車場

アクセスは車が便利です。来館者用の無料駐車場があります。障害者用駐車区画は美術館よりの場所に用意されています。大きなサインに従って車を進めてください。

東京富士美術館

屋根なしで2台分の駐車区画があります。

東京富士美術館

○1Fが入口、3Fが出口

傾斜地の建つ美術館で1F と3Fの2フロア構造です。駐車場は高地にあり、その横の出入口は、美術館の3F出口です。

東京富士美術館

入口は駐車場から坂道を下った先の1Fにあります。

東京富士美術館

1Fエントランスは階段構造ですが、段差回避スロープが設置されています。

東京富士美術館

確認したところ、駐車場からの下り坂の通行が辛い人は、3Fの出口からの入場も可能です。出口付近にいるスタッフに相談してください。出口も階段構造ですが、段差回避スロープが用意されています。

東京富士美術館

○障害者用トイレの状況

トイレは1Fに1ヵ所、3Fに2ヵ所あり、それぞれに障害者用トイレが1つ用意されています。

東京富士美術館

東京富士美術館

○ 1Fのバリアフリー状況

1Fの正面入口から館内に入ります。エントランスホールは広々としたフラット路面で、車椅子での移動に問題はありません。カフェもあります。

東京富士美術館

最初に検温があります。その横に観覧券の自動販売機があり、スタッフが常駐しています。東京富士美術館の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が半額に減免されます。自動販売機の前にいるスタッフに障害者手帳を提示して、自動販売機で「障害者半額券」を購入します。

展示室は3Fです。3Fへ向かうエスカレーターの手前に受付があります。ここに自動販売機で購入した観覧券を提示して、展示室へ向かいます。

エレベーターはエスカレーター横の奥に、1基用意されています。

東京富士美術館

1Fのエントランスホールの天井高は12m超です。3Fから1Fを見下ろした写真です。

東京富士美術館

○3Fのバリアフリー状況

エレベーターで3Fへ上がると、フラットなロビー空間があります。

東京富士美術館

そこから先、常設展示室が8室あります。常設展ですが、その時々の企画展示があることも。もちろん展示室内に段差はなく、車椅子で問題なく観覧できます。

東京富士美術館

東京富士美術館

東京富士美術館

東京富士美術館

東京富士美術館

東京富士美術館

常設展示室の中間点には、外を眺める休憩スペースがあります。

東京富士美術館

常設展後半の展示室も、車椅子で観覧できるバリアフリー仕様です。

東京富士美術館

東京富士美術館

東京富士美術館

東京富士美術館

そのまま段差なく企画展示室へ移動できます。

東京富士美術館

企画展示室の前の通路付近には、複数の彫像展示があります。

東京富士美術館

東京富士美術館

企画展示室内も、車椅子で観覧できる構造です。

東京富士美術館

東京富士美術館

東京富士美術館

東京富士美術館

企画展示室の先には、眺めの良いラウンジがあります。

東京富士美術館

東京富士美術館

また「アートライブラリー」「ミュージアムシアター」、そして広いスペースの「ミュージアムショップ」があります。

東京富士美術館

その先が出口。障害者用駐車場の近くに出ます。

東京富士美術館

東京富士美術館

構造的に雨天はどうしても濡れる区間があります。雨が苦手な車椅子利用者は、天候の安定した日の利用をお薦めします。この点以外は、東京富士美術館は車椅子で観覧できるバリアフリー施設です。

(本稿は2020年10月に執筆しました)

八王子市夢美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京都八王子市のビルにあるコンパクトな美術館です。開館は2003年。年間6本程度の企画展と常設展が開催されています。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

八王子市夢美術館

○車椅子でのアクセス方法

JR八王子駅から徒歩15分の案内です。やや距離はありますが、ルートはフラットで坂道はありません。

車の場合は美術館が入る「ビュータワー八王子」の地下に、有料駐車場「八日町夢街道パーキング」があります。駐車場の出入口はビルの裏側です。

駐車場は車が横移動して収容される機械式で、スペースにゆとりがあるので車椅子での乗降は可能です。駐車場には障害者用トイレが用意されています。

八王子市夢美術館

駐車料金は美術館の観覧で割引サービスがあります。2020年10月現在では、20分毎に100円の料金から、100円割引になります。

美術館へは、駐車場からエレベーターで地上に出て、そこから短い距離ですが、屋根のない区間を通り、ビュータワー八王子のエントランスに入ります。したがって、地下駐車場ですが、雨天は濡れます。

八王子市夢美術館

○エントランスから美術館までのバリアフリー状況

「八王子市夢美術館」は「ビュータワー八王子」の2Fにあります。

エントランスから1Fのホールに入り、エレベーターを利用します。エレベーターの乗降場所が見えにくい場所なので、サインが大きく掲示されています。

八王子市夢美術館

八王子市夢美術館

美術館が入る2Fに障害者用トイレがあります。ウォシュレットは付いていませんが、オストメイトはあります。スペースは余裕があるトイレですが、ユニバーサルベッドはありません。

八王子市夢美術館

○美術館内のバリアフリー状況

ワンフロアのコンパクトな美術館です。エントランスを通ると、検温設備があり、その先が受付です。

八王子市夢美術館は観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して入館手続きを行います。

展示室内はもちろん段差はありません。車椅子で問題なく観覧できる美術館です。第一展示室から第三展示室まである構造です。

展示室の出口に「グッズ販売コーナー」があります。小さなコーナーで、車椅子で買い物ができます。

八王子市夢美術館

「気軽に親しめるくらしの中の美術館」がキャッチコピーです。「八王子市夢美術館」は車椅子で観覧ができるバリアフリー施設です。

(本稿は2020年10月に執筆しました)

トッパン小石川 印刷博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京都文京区の印刷博物館は、開館20周年を記念して、2020年にリニューアルオープンしました。車椅子からみた、リニューアル後のバリアフリー状況を紹介します。

○車椅子でのアクセス

江戸川橋駅から徒歩8分の案内です。江戸川橋駅は、地上行きエレベーターが設置されました。飯田橋駅からは徒歩13分の案内。後楽園駅および春日駅からは徒歩10分の案内です。江戸川橋駅と飯田橋駅からのルートは、ほぼフラットで、坂道はありません。後楽園駅および春日駅からは、後半に緩い下り坂があります。

車の場合は、トッパン小石川ビルの有料地下駐車場が利用できます。博物館の観覧による駐車料金の減免サービスはありません。

印刷博物館

○施設の全体構成

1FとB1の2フロアを使用した博物館です。

1Fには「P&Pギャラリー」があり、無料の企画展やイベントが開催されます。そしてギャラリー内の「ライブラリー」は、約7万点の印刷関連の資料が収蔵され、閲覧および複写サービスが行われています。ギャラリー入口には「ミュージアムショップ」があり、企画展の図録やオリジナルグッズが販売されています。

印刷博物館

B1が常設展・企画展・VRシアターなどがある、印刷博物館の中心フロアです。チケットカウンターはB1にあります。

 

○障害者減免制度と入館予約方法

リニューアルオープンしてからは、入館予約制が導入されています。博物館のHPなどから、予約専用サイトに入り事前予約を行います。

印刷博物館の入場料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

予約システムで入館日時を指定します。指定時間は30分毎です。

予約時にチケットの種類指定をします。「障害者本人」と「介助者」という種類があります。予約内容を印刷するか、スマホ画面で提示して入館します。この予約方法は、無料のP&Pギャラリーも同様です。

常設展などがあるB1に入場する際は、チケットセンターで予約内容と障害者手帳を提示してください。無料入場券を発行していただけます。

 

○B1へは誘導にしたがってエレベーターを利用

1F施設は出入口も含めて段差はなく、車椅子で問題なく利用できます。

B1へは通常はエスカレーターで移動します。エレベーターは自由に利用できません。スタッフの誘導が必要です。

印刷博物館

凸版印刷の総合受付か、ミュージアムショップ付近にいるスタッフにエレベーター利用を申告して下さい。すぐに担当スタッフに連絡していただけます。

印刷博物館

1Fのエレベーター乗降場所は、「トッパンホール」側にあります。

印刷博物館

B1 の乗降場所は、スタッフ専用スペース内です。そこからスタッフの誘導を受けてドアを1枚通り、チケットセンターの前に進みます。

印刷博物館

障害者用トイレはB1のトイレにあります。

 

○常設展のバリアフリー状況

自動ドアを通り、B1常設展示会場に進みます。

印刷博物館

「VRシアター」は、オリジナルプログラムを上映する小さなホールです。座席数は30席で、先着順で観覧できます。車椅子では段差の無い前列席横からの観覧になります。

一般展示コーナーは「プロローグ」から始まります。リニューアル前は、車椅子ではのぞき込めない構造の展示がありましたが、リニューアルでその展示はなくなりました。すべての展示が車椅子から観覧できます。

その先の自動ドアを通過すると常設展示室です。室内はバリアフリーで、車椅子からすべての展示を観覧できます。リニューアル前よりも、車椅子で見やすくなりました。

展示室内には「印刷工房」があり、印刷職人さんの技をみることが出来ます。またワークショップが開催されます。

 

○印刷の歴史と技術を知る

リニューアルで展示構成がより洗練されました。学べるのは印刷の歴史と技術です。そして印刷による社会的、文化的な影響を考察します。印刷博物館では新しい学問領域「印刷文化学」と定義しています。

 

エレベーターのスタッフ誘導による利用は変わっていません。展示内容は洗練され、より車椅子で観覧しやすくなりました。印刷博物館は、車椅子で「印刷文化学」に触れることができる施設です。

(本稿は2020年10月に執筆しました)