混雑を避けてお出かけ 駐車場がある東京都のバリアフリーな屋外施設

車椅子を利用する障がいのある家族や小さい子供と一緒に、ピークを避ければ密閉、密集、密接を避けることが出来る、駐車場がある公園、神社などの屋外施設を紹介します。いずれも車椅子、ベビーカーで利用できるバリアフリー施設からピックアップしました。

 

北の丸公園(千代田区)

公園内には3カ所有料駐車場があります。駐車料金の障害者減免制度はありません。園内の主な散策路は、舗装路でアップダウンは少なく、車椅子で通行可能です。園内にある科学技術館は、バリアフリーではありません。

開園は1969年。昭和天皇の還暦を記念して整備された公園で、芝生や池、里山風の緑地などは、すべて戦後の造営です。林ではクワガタが生息、夏はアゲハチョウが歩道で舞います。

武道館で大きなイベントが開催される日や、桜の開花時は、駐車場が満車になることがあります。そういう日でも、園内の散策路が大混雑することはほとんどありません。

北の丸公園(千代田区)

 

日枝神社(千代田区)

神社なので基本的にはバリアフリーではありませんが、車で行けば車椅子で参拝が出来ます。山の上の社ですが、山頂部に駐車場があり、境内への舗装通路が整備され、拝殿には段差回避スロープがあります。

お正月と祭礼の日は大変混みあいます。また七五三の時期も混雑します。

日枝神社(千代田区)

 

豊川稲荷東京別院(港区)

赤坂の豊川稲荷には参拝者用の無料駐車場があります。ただし収容台数が少ないので、混雑時期に限らず常時満車の可能性があります。その場合は、2~3台までなら青山通りで空き待ちが出来ます。

境内はバリアフリーではありませんが、車椅子で移動可能な範囲が過半です。拝殿には段差回避スロープで上がることができます。

正月、祭礼の日以外は、極端に混雑することは滅多にありません。

豊川稲荷東京別院(港区)

 

浜離宮恩賜庭園(中央区)

庭園の入口前が、身体障害者用駐車場です。原則として障害者手帳が交付されている人だけが利用できます。スタッフに利用を申告してください。

庭園内は砂利路面が多くバリアフリーではありませんが、パンフレットに案内されている「車椅子通行可ルート」なら、未舗装路ですが頑張れば車椅子で移動可能です。

人混みが気になるほど混雑することは少ない庭園です。

浜離宮恩賜庭園

 

池上本門寺(大田区)

山の上にあるお寺ですが、参拝者用の駐車場があり、駐車場からはほぼアップダウンなく境内に移動できます。

境内は五重塔方面にかけて、舗装路がつながり車椅子で移動できます。ただし大堂の階段には、スロープ、エレベーターはありません。

正月やイベントがある日は混みますが、それ以外の日は極端に込み合うことはありません。

池上本門寺(大田区)

 

大森ふるさとの浜辺公園(大田区)

かつての大森海岸を再現した人工ビーチがある公園です。有料駐車場があり駐車料金の障害者減免制度はありません。園内は散策路整備され、車椅子で散策可能です。大森海苔のふるさと館は屋内型施設です。

好天の休日はそれなりに混みますが、海を眺めながの園路散策なら、人混みが気になるほどの混雑になることは稀です。

大森ふるさとの浜辺公園(大田区)

 

東京大仏(板橋区)

お寺の名称は乗蓮寺。小高い山の上にあります。参拝者用の広い駐車場は山の下にあり、参道は階段です。車椅子ベビーカーは、迂回する坂道を徒歩で上がり境内に向かいます。この坂道が難所です。

境内にはアップダウンが少なく、車椅子で東京大仏にお参りすることができます。

正月や祭礼の日は混みますが、通常は極端に混みあうことはありません。

東京大仏(板橋区)

 

都立神代植物公園(調布市)

駐車場は広く、園内はほぼフラットで、メインの通路は舗装されています。大温室は屋内型施設です。

バラのシーズンの週末は混雑して駐車場がすぐに満車になります。その状況でも、バラ園をはじめ園内は、人混みが気なるほどの状態にはなりません。

都立神代植物公園(調布市)

 

大國魂神社(府中市)

舗装路面の有料駐車場、未舗装路面の無料駐車場があり、混雑時は臨時駐車場が開放されます。境内は舗装された通路があり、車椅子で拝殿に参拝できます。

正月、祭礼の日は大混雑します。それ以外の日であれば、臨時駐車場が開放される日でも、人混みが気になるほどの混雑には滅多になりません。

大國魂神社(府中市)

 

府中市郷土の森博物館(府中市)

一般駐車場とは別に、入口前に障害者用駐車区画があり、車椅子利用者は駐車できます。

博物館は屋内型施設ですが、広い庭園と古民家エリアがあり、アップダウンはありますが舗装通路を歩き散策できます。

好天の休日は混みますが、園内の散策は人混みが気になるほどではありません。

府中市郷土の森博物館(府中市)

 

薬師池公園(町田市)

東駐車場を利用すると園へのルートが階段になるので、第一駐車場の利用が便利です。園内へのルート、および園内の散策路はアップダウンがありますが、少し頑張れば車椅子ベビーカーでの散策は可能です。椿園、梅園、藤棚、花菖蒲田、アジサイ園、ハス田と季節のお花が咲きます。

好天の週末は混みますが、園内は人混みが気になるほど混雑することは稀です。

薬師池公園(町田市)

 

奥多摩周遊道路(西多摩郡)

東京の観光道路です。途中2カ所に休憩できる施設があります。奥多摩町寄りが「山のふるさと村」で平坦な駐車場があります。桧原村側が「都民の森」で、歩行困難な人は坂の上の「森林館」前駐車場の利用が認められます。

春から秋まで、好天の週末は混み、施設の駐車場が満車になることが珍しくありません。それでも施設内および周辺が大混雑することはあまりありません。

奥多摩周遊道路(西多摩郡)

 

都立公園と国営公園

東京都立公園には「大きな駐車場」がある「広い公園」が複数あります。ただし、好天の週末は混雑し、駐車場が満車になることはよくあります。それでも園内の散策に困るほどの混雑にはなりません。

園内がバリアフリーで、ある程度以上の収容台数がある駐車場があり、人混みに悩まされずにバリアフリーに散策が楽しめる主な都立公園は以下です。

「都立大井ふ頭中央海浜公園(品川区)」「葛西臨海公園(江戸川区)」「都立木場公園(江東区)」「都立舎人公園(足立区)」「都立石神井公園(練馬区)」「都立光が丘公園(練馬区)」「都立大泉中央公園(練馬区)」「都立水元公園(葛飾区)」

「国営昭和記念公園(立川市)」は、集客力のある有料の公園です。好天の週末は多数の来園者が訪れますが、とても広い公園なので、人混みが気になるスポットはごく一部です。

「都立代々木公園(渋谷区)」の駐車場は収容台数が65台で、好天の週末はすぐに満車になります。公園内は広く、イベント会場などを避ければ、人混みを避けることができます。

国営昭和記念公園

密閉、密集、密接を避けて、東京で楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウンの恒例イベント「ストリートミュージアム」が、2020年3月20日から5月31日まで開催されます。

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

会場はプラザB1。「TOKYO MIDTOWN AWARD 2019」で、アートコンペを受賞した作家6名による新作展です。

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

観覧は無料。会場はバリアフリーで、車椅子で作品の観覧ができます。

最も若い作家は1994年生まれです。

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)

銀座の無料公開アートスペース 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京の中心地「銀座」には、車椅子で利用できるバリアフリーなアートスペースが複数あります。その中から企画展が無料公開、または障害者減免制度で無料になる主な施設を、銀座一丁目方面から歩きながら観覧する順で紹介します。

なお各施設のイベント開催スケジュールは、それぞれ個別に確認して利用してください。

LIXIL GALLERY

住所は中央区京橋です。1Fはミュージアムショップ。2Fに3つのアートスペースがあり、それぞれで企画展が開催されます。観覧は無料です。

2Fへの通常ルートは階段です。車椅子ではミュージアムショップ奥の手動ドアを開けて、ビルのエレベーターを利用します。ミュージアムショップに入らずに、スロープがあるビルのエントランスからエレベーターホールに入ることもできます。

2Fはフラットな構造で、車椅子での移動、展示会の観覧は可能です。障害者用も兼ねる大きな個室の男女別トイレがあります。

LIXIL GALLERY

ポーラミュージアムアネックス

銀座一丁目のポーラビル3Fのアートスペースです。年間に10本程度、企画展が開催されます。観覧は無料です。

中央通りに面したビル1Fからエレベーターを利用して3Fへ上がります。3Fはフラットな構造で出入口は自動ドアです。車椅子での利用は可能です。

ポーラミュージアムアネックス

シャネルネクサスホール

銀座三丁目のシャネル銀座ビル4Fにあるアートスペースです。写真アートの展示会を中心に「シャネルの精神に基づいた文化的イベント」が年間数本開催されます。観覧は無料。若手音楽家の発表会「ピグマリオンズデイズ」は、事前申し込み制です。

そのイベントにより、店内エレベーターを利用する場合と、店外にあるエレベーターを利用する場合があります。店内エレベーターは1F内に段差がある構造です。銀座シャネル店舗1Fでネクサスホールの利用を申告して、スタッフの誘導を受けてください。

シャネルネクサスホール

銀座松屋イベントスクエア

銀座三丁目の松屋8Fイベントスクエアでは、有料無料の企画展が定期的に開催されます。有料展の観覧料は障害者減免制度があります。

銀座松屋の8Fはバリアフリー仕様です。企画展の車椅子での観覧は可能です。

銀座松屋イベントスクエア

銀座メゾンエルメス フォーラム

銀座五丁目の銀座メゾンエルメス8Fが、アートスペース「フォーラム」です。年間3本から4本の展示会と、映画鑑賞会などが開催されます。入場は無料です。映画鑑賞会は事前予約性です。

銀座メゾンエルメス1Fの通常の店舗入口は、段差があります。店舗前でスタッフにフォーラムの利用を告げてください。別の入口または別のエレベーターに案内をしていただけます。

フォーラムの展示会場はフラットな構造です。映画鑑賞の席は階段構造なので、車椅子では最前列での鑑賞になります。

銀座メゾンエルメス フォーラム

ギンザグラフィックギャラリー

銀座七丁目のDNP銀座ビルにあるアートスペースです。定期的にグラフィックアートの展示会が開催されます。入場は無料です。

通常の入口は段差があります。車椅子では、入口にあるインターフォンで連絡してください。別にある車椅子入場口に誘導していただけます。

会場はB1から2Fまであります。各フロア内はフラットな構造で、エレベーターを利用して上下階移動します。1Fのエレベーター乗り場は、スタッフの誘導が必要です。利用の際は声をかけてください。

障害者用トイレはB2にあります。

ギンザグラフィックギャラリー

銀座資生堂ギャラリー

銀座八丁目の資生堂銀座ビル地階にあるアートスペースで、入場無料の展示会が定期的に開催されます。

通常の入場ルートは1Fから階段を利用します。車椅子では、1F店舗内からエレベーターを利用して下さい。階段ルートの途中に展示物がある展示会もありますが、車椅子では階段途中の観覧はできません。

展示室はフラットな構造で、車椅子で利用できます。

銀座資生堂ギャラリー

以上、車椅子で利用できる主な銀座のアートスペースの概況です。

(本稿は2020年3月に執筆しました)