立川の複合施設 グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

東京都立川市の「グリーンスプリングス」は、グルメ、ショップ、ホテル、ホール、プレイパーク、オフィスなどで構成される複合施設です。そして緑と水があふれる広場からジャブジャブ遊びができるカスケードまで、パブリックスペースが広がります。車椅子から見た現地のバリアフリー状況を紹介します。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

〇アクセスルートと障害者用駐車区画

立川駅北口から徒歩8分、多摩都市モノレール立川北駅からは徒歩4分の案内です。

180台を収容する駐車場があります。施設の1F部、2F広場の下が駐車場です。したがって1Fですが屋内駐車場になっています。

障害者用駐車区画の場所はゲートの手前です。駐車場の入口、駐車券が発行されるゲートを通過して一般駐車場エリアに入ると、障害者用駐車区画はありません。駐車場入口付近にいるスタッフに車椅子利用を申告して誘導を受けてください。現時点では、現地には身障者向けの目につく案内表示はありません。

 

〇1Fのバリアフリー状況

一般公開部は主に1Fと2Fで、3Fと4Fに各1店舗飲食店があります。

1Fスペースの大半は駐車場です。多摩都市モノレール側の歩道は「サンサンロード」と命名され、この道に面してショップ、グルメ、CVSなどが並びます。フラットな構造で車椅子での利用に大きな問題はありません。1Fに障害者用トイレは2つ用意されています。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

今回取材時はまだオープンしていない店舗がありました。したがって全ての店舗の車椅子利用状況は分かりませんが、1Fのラーメン店は、車椅子での利用が難しいカウンター席のお店です。蕎麦屋は車椅子で利用できるテーブル席があります。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

〇2Fへのエレベーター

緑と水の広場がある2Fが施設の中核フロアです。1Fと2Fのメインの動線は階段です。エレベーターは東側に1基、西側に2基、そして立川駅方面のサウスゲート、ウエストゲートにあります。今回取材したのは日曜日で、ベビーカーの来客が多数エレベーターを利用していました。特に混雑が目立ったのは東側のエレベーターです。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

〇2Fのバリアフリー状況

広場は車椅子で気持ちよく散策が出来るバリアフリー仕様です。2Fに障害者用トイレは2つ用意されています。カスケードは階段構造なので、車椅子では下から見上げます。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

2Fのショップとグルメも、まだオープンしていないお店がありましたが、観察する限り車椅子で利用出来ない決定的な構造のお店はありません。ただし、混雑時は車椅子では苦戦しそうな店内スペースに余裕がないお店はありました。

ビオトープ、噴水、アート系オブジェ、フリーテーブル、そして空に伸びるカスケード。とても魅力的なパブリックエリアです。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

〇3Fのバリアフリー状況

3Fは東側に飲食店が1店。飲食店は車椅子で利用できるテラス席があるお店です。店舗外の3Fテラスは自由に散策できます。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

今回取材時、同フロアの障害者用トイレは、施錠されて使用できませんでした。

ステージガーデン側の4Fの店舗は、今回取材時はまだオープンしていませんでした。

 

〇プレイミュージアムとプレイパークの概要

「プレイミュージアム」は体験型の企画美術館。「プレイパーク」は子供向けの遊べる屋内施設です。2Fがエントランスで3Fまである構造。2Fがミュージアムで3Fがパークです。

 

〇ステージガーデンの概要

屋外空間ともつなげられる、コンサートや演劇、パブリックビューイングまで可能な、多目的で多機能な大規模ホールです。現時点では全ての公演は延期または中止になっています。

今回取材時は、1Fのロビー空間が一般公開されていました。もちろんバリアフリーに配慮がある設計のホールです。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

立川駅北口エリアの最後の大規模開発といわれています。グリーンスプリングスは、2Fのパブリックスペースが魅力的なバリアフリー施設です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東京23区編

東京23区内にある車椅子で利用できる、博物館、資料館、記念館の中から、ユニークなバリアフリー施設を紹介します。

各施設の詳細は、リンクページでご覧ください。

《日本の伝統文化を知る》
紅ミュージアム(港区)

「紅と化粧の歴史・文化を知るミュージアム」です。運営は江戸時代から紅を製造する伊勢半本店。紅花からの製法の解説、江戸時代の化粧道具の展示などがあります。大人向きマニアックなミュージアムです。

「車椅子で行く 伊勢半本店紅ミュージアム バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/isehan/

 

刀剣博物館(墨田区)

日本刀の専門博物館です。企画展により展示内容は変わりますが、静寂が支配する展示室に、日本刀がずらりと展示されます。

普通の子どもでは長時間の観覧は無理です。とてもマニアックな博物館です。

「両国 刀剣博物館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/japanesesword/

 

浅草江戸たいとう伝統工芸館(台東区)

浅草久吾通りにある、江戸簾、江戸指物、江戸切子など、東京の伝統工芸品を紹介する施設です。2019年のリニューアルで、解説は多言語スマホ対応になり、エレベーターが設置されました。

誰もが楽しめる、浅草観光のお薦め立ち寄り先です。

「浅草江戸たいとう伝統工芸館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/taitocraftscenter/

 

《産業・経済の歴史を知る》
愛宕山NHK放送博物館(港区)

世界最初の放送専門博物館です。最新技術の展示もありますが、中心は放送の始まりから玉音放送、昔の番組など、放送の歴史の展示です。

特に昭和を知るシニア世代に、お薦めできる博物館です。

「愛宕山NHK放送博物館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/nhkatagoyama/

 

日銀貨幣博物館(中央区)

貨幣、そして貨幣の歴史と文化を解説する博物館です。一部は子供向け企画がありますが、ほとんどは固く真面目な展示企画です。

貨幣に興味のあるマニア向け博物館です。

「日銀 貨幣博物館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/currencymuseum/

 

切手の博物館(豊島区)

膨大なコレクションを誇る民間博物館です。3か月ごとに企画展示が行われます。

展示は大人から子供まで楽しめます。 1Fのショップはマニア向けです。

「35万種をコレクション 切手の博物館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/philatelicmuseum/

 

物流博物館(港区)

日本の物流史と現在を紹介する専門施設です。運営は「公益財団法人 利用運送振興会」。1Fは「物流の歴史展示室」。B1は「現代の物流展示室」。2Fは資料室です。

子供でも遊べますが、物流企業の研修にも利用されているそうです。

「高輪 物流博物館 車椅子からみたバリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/logisticsmuseum/

 

えこっくる江東(江東区)

ごみ処理施設に併設された「環境学習情報館」です。主に小学生を対象にした展示解説ですが、内容は科学的にゴミが環境に与える影響を取り上げています。

子どもがいる家族での利用が最適です。

「えこっくる江東 環境学習情報館 車椅子バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/ekokuru/

 

アドミュージアム東京(港区)

カレッタ汐留にある施設で日曜、月曜は休館です。三井の商法から始まる、日本の広告の歴史を展示解説しています。

大人から子供まで楽しめますが、古い時代を知っているシニア世代が、より懐かしく楽しめるミュージアムです。

「広告の博物館 汐留アドミュージアム東京 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/admt/

 

印刷博物館(文京区)

凸版印刷小石川ビルB1にある印刷の専門博物館です。博物館へはスタッフの誘導でエレベーターを利用します。

古今東西の印刷の歴史、そして技術が展示解説され、体験企画もあります。リニューアルのため2020年7月現在は休館中で、2020年10月頃に再開する予定です。展示内容の高度化、充実が期待されます。

「印刷博物館  天文学と印刷  車椅子バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/tenmongaku/

 

木材・合板博物館(江東区)

※コロナ対策で休館中

建材の専門博物館です。木製地球儀やベニヤ板を製作する機械、日本と世界の森林の状況、木材と地球環境、木場の今昔などが展示されます。4Fは工作コーナーで体験イベントなどが開催されます。

本質的には大人向けですが、子どもにも楽しい展示で、夏休みの工作企画は人気です。

2020年7月現在、新型コロナウィルス対策で臨時休館が続いています。

「新木場タワー内 木材・合板博物館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/mokuzaimuseum/

 

《戦争・災害の苦難を知る》
東京都戦没者霊園(文京区)

「鎮魂の碑」などがある屋外部の他に、屋内施設「遺品展示室」「休憩所」があります。展示室では遺族から預かった、手紙、千人針、鉄兜などの遺品等が展示されています。今や戦争を知らない世代の見学が期待されています。

「慰霊と平和への願い 東京都戦没者霊苑 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/senbotusyatokyo/

 

東京都復興記念館(墨田区)

両国の横綱町公園にある施設で、関東大震災と太平洋戦争がテーマです。記念館は昭和6年の竣工。建物自体に趣があります。

ある程度の歴史的な知識がある人向きです。

「両国 横綱町公園 車椅子からみたバリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/yokozunapark/

 

平和祈念展示資料館(新宿区)

新宿住友ビルにある資料館です。兵士のコーナー、戦後強制抑留コーナー、海外からの引き揚げコーナー、企画コーナーがあります。

小学生の自由研究にも、利用されているそうです。

「車椅子で行く新宿住友ビル 平和祈念展示資料館バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/heiwakinen/

 

昭和館(千代田区)

「国民が経験した戦中・戦後の生活に係る歴史的資料・情報を収集・保存・展示し、労苦を次世代に伝える」施設です。靖国神社の近くにありますが、宗教施設ではありません。

6Fと7Fが有料の常設展示室です。昔の道具で子供が遊べるコーナーがあります。

「車椅子で行く九段~昭和館バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/syowakan/

 

《世界の文化と歴史を知る》
たばこと塩の博物館(墨田区)

塩と人類の歴史、科学的にみた塩の特性、キセルなどタバコに関わる世界の道具の膨大なコレクション展示などがあります。

展示に工夫があるので、大人から子供まで楽しめます。

「車椅子で行く たばこと塩の博物館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/tabashio/

 

国際子ども図書館(台東区)

上野公園にある国立国会図書館の付属施設です。企画展などが開催できるホール、児童書が並ぶギャラリー、研究室や資料室、そして休憩室とカフェテリアなどがあります。

世界の児童書は、大人が見ても魅力的です。

「上野公園 国際子ども図書館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/internationallibrarychild/

 

《日本の文化と産業の歴史を知る》
明治生命館(千代田区)

「丸の内MY PLAZA」にある、明治生命旧本社の内部が保存公開されています。現役の事務所でもあるので、公開は土日に限られます。

戦前の大企業の雰囲気が分かる、大人向けの施設です。

「丸の内 明治生命館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/meijiseimeikan/

 

水道歴史館(文京区)

3F構造の施設で、玉川上水の建設など江戸時代の水道の歴史と、村山貯水池など明治以後の歴史が紹介されています。

東京では生活に必須の水をどのような苦労で確保してきたかが学べます。内容的には大人向けです。

「車椅子で行く本郷給水所公苑バラ園と水道歴史館バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/hongourose/

 

中川船番所資料館(江東区)

江戸時代にあった番所を再現した屋内施設です。また展望室があり、旧中川の風景を眺めることができます。また昭和の生活文化を展示するコーナーもあります。

番所の再現模型は迫力があり、幅広い層が楽しめます。

「江東区立中川船番所資料館 車椅子バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/nakagawabansyo/

 

大森海苔のふるさと館(大田区)

海苔が誕生した地は大森。したがって日本の海苔のふるさとは大森です。江戸時代に大森で発達した海苔の養殖技術などが学べます。

展示手法は子ども向きですが、内容は大人向けです。

2020年7月現在は、コロナ対策で施設の一部に利用制限があります。

「入館無料 大森海苔のふるさと館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/norimuseum/

 

《偉人の業績を知る》
憲政記念館(千代田区)

憲政の功労者、尾崎行雄を記念して、記念財団によって尾崎記念会館が建設され、衆議院に寄贈されました。国会前にある衆議院の施設です。

議場を縮小して再現した常設展、そして企画展、特別展が開催されます。

周囲の観光も含めて、小学生から大人まで楽しめる施設です。

「憲政記念館 幕末明治からのメッセージ バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/bakumatumeiji/

 

森鴎外記念館(文京区)

鷗外が30歳から亡くなる60歳までを過ごした住居「観潮楼」の跡地に建つ記念館です。地階から2Fまでの3層構造で、展示室は地階に2つあり、その時々の企画展示が行われています。

往時の団子坂の様子の展示などもあります。文学好きの大人向けの施設です。

「文京区立森鷗外記念館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/ougaimuseum/

 

漱石山房記念館(新宿区)

夏目漱石が晩年の9年間を暮らした「漱石山房」があった地に建つ記念館です。B1から2Fまでの3フロア構造で、1Fの約半分と2Fが有料展示室です。1Fの展示は、夏目漱石が創作に励んだ書斎の再現セットです。

館内各所の黒猫が隠れています。小さい子どもでも楽しく探せます。展示は大人向けです。

「車椅子で行く 新宿区立漱石山房記念館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/sousekisanbou/

 

《宗教に関わる文化を知る》
明治神宮ミュージアム(渋谷区)

鎮座百周年事業で2019年に開館した施設です。常設展示、企画展示、そして明治神宮の四季の映像展示があります。

建物自体が素敵なデザインです。展示内容は大人向きです。

「明治神宮ミュージアム 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/meijijingu/

 

國學院大學博物館(渋谷区)

渋谷キャンパスにある博物館です。「考古」「神道」「校史」の3つのテーマの常設展示があります。國學院大學のアイデンティティーがよく分かります。

真面目で学究的な展示です。高校生以上向きです。

「國學院大學博物館 渋谷キャンパス バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/kokugakuin/

 

《アニメの世界で楽しむ》

杉並アニメーションミュージアム(杉並区)

アニメーションミュージアムが入る建物は「杉並会館」で、1Fと2Fがマツヤサロン、3Fと中3F、4Fが「杉並アニメーションミュージアム」です。車椅子での中3Fへの移動昇降機の利用になります。

子どもからアトム世代の60歳代まで楽しめる展示です。

「杉並アニメーションミュージアム 車椅子バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/suginamimuseum/

 

東映アニメーションミュージアム(練馬区)

※コロナ対策で休館中

東映アニメーション大泉スタジオの一部を使った一般公開施設です。ワンピースや悟空と遊ぶ、小さな子どもから楽しめる施設です。

2020年7月現在、新型コロナウィルス対策で臨時休館が続いています。

「車椅子で行く大泉学園 東映アニメーションミュージアム バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/toeianimation/

 

《高品質な空間でアートと触れる》
大倉集古館(港区)

ホテル「ザ・オークラ東京」本館正面玄関前にあります。B1から2Fの3フロア構造です。免震構造の地下階を増築して2019年9月にリニューアルオープンした、高品質なバリアフリー美術館です。

「大倉集古館 車椅子利用ガイド バリアフリー状況」

https://ikiru-chikara.org/okuraart/

 

佐藤美術館(新宿区)

定期的に有料無料の企画展が開催される美術館です。常設展はないので、企画展開催時だけ開館します。

学生の作品展は無料、プロの作品展は有料になるパターンです。美術館の雰囲気は、高品質です。

「車椅子で行く 佐藤美術館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/satouart/

 

 

安心して利用できるインドア施設の候補です。車椅子でのお出かけ計画の参考になれば幸いです。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

 

他に以下の記事を掲載しています。クリックでリンクします。

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東京多摩地区編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 神奈川県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 埼玉県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 千葉県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 北関東編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東海・甲信越編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 中部・近畿・北陸編

 

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東京多摩地区編

車椅子で利用できるバリアフリー施設の中から、博物館、資料館、記念館、美術館など、障がいのある家族と一緒に安心して利用できるインドア施設の候補を紹介します。

各施設の詳細は、リンクページでご覧ください。

《企業系ミュージアム》
ガスミュージアム(小平市)

東京ガスが明治時代に建てた営業所と工場を移設したミュージアムです。受付棟、ガス灯館、くらし館の3棟があります。

建物が美しく、ガスの歴史の展示は分かりやすい内容です。また本物のガス灯が点灯する庭園も素敵です。

「小平ガスミュージアム 車椅子バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/gasmuseum/

 

日野オートプラザ(八王子市)

日野自動車による、トラックとバスの歴史がわかるミュージアムです。往年の自動車「日野ルノー4cv」などの展示もあります。

原則日曜日は閉館しています。開館日を確認して利用して下さい。

「車の博物館 日野オートプラザ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/hinoautoplaza/

 

家具の博物館(昭島市)

フランスベッド東京工場内にある博物館です。西洋クラシック家具、明治時代の箪笥、火鉢や鏡台などの和家具、世界の椅子など、実際に使われた家具が展示されています。

家具を通じて、その国、その時代の人々の生活が想像できるミュージアムです。

「フランスベッド東京工場内 家具の博物館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/kagumuseum/

 

《パブリックミュージアム》
昭和天皇記念館(立川市)

国営昭和記念公園内「花みどり文化センター」にある記念館です。生物学のご研究やご遺品・写真等のゆかりの資料が展示されています。

受付はミュージアムショップを兼ね、オリジナル商品が販売されています。

「立川昭和記念公園内 昭和天皇記念館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/syowakinenkan/

 

南極北極科学館(立川市)

※コロナ対策で休館中

国立極地研究所内にある科学館です。展示テーマは「オーロラ」「生物」「岩石隕石」「大気・氷」などで、「こちら昭和基地」コーナーでは南極のライブ映像を見ることが出来ます。

南極越冬隊の秘話が紹介されるコーナーもあり、科学の枠を超えて楽しめます。

2020年7月現在、新型コロナウィルス対策で臨時休館が続いています。

「国立極地研究所 南極北極科学館 バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/kyokuchi/

 

井の頭自然文化園内彫刻園(武蔵野市)

アウトドア施設の井の頭自然文化園内にあるインドア施設です。長崎の平和記念像をこのアトリエで製作した彫刻家北村西望氏の作品が並ぶA館とB館があります。作品は屋外にも展示されています。

「車椅子で行く吉祥寺~井の頭自然文化園バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/inokashiraen/

 

《上質な美術館》
吉祥寺美術館(武蔵野市)

吉祥寺の商業エリア中心部にある武蔵野市立の美術館です。企画展は年間5~6本開催、

常設展は銅版画「浜口陽三記念室」と木版画「萩原英雄記念室」があります。

館内は通常静かにゆったり鑑賞できますが、吉祥寺美術館が入る商業施設「コピス吉祥寺」は賑わいます。感染防止に気を付けてエレベーターを利用してください。

「武蔵野市立吉祥寺美術館 車椅子バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/kichijojiartmuseum/

 

府中市美術館(府中市)

都立府中の森公園の一角に建つ美術館で、森の風景にマッチした素敵なデザイン建築です。

2Fが展示室で、企画展示室、常設展示室、牛島憲之記念館があります。上下階移動は美術品搬送用の業務用油圧式エレベーターを利用します。

「東京 府中市美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/fuchuartmuseum/

 

国際版画美術館(町田市)

芹ヶ谷公園内にある町田市立の版画専門美術館です。常設展示室が1室と企画展示室が2室あります。

美術館鑑賞とともに、公園の散策を楽しむことができます。

「町田市立国際版画美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/machidaart/

 

村内美術館(八王子市)

「家具の村内八王子」の村内ファニチャー八王子本店内にある美術館です。キャッチコピーは「日本初の家具と絵画のコラボレーション美術館」です。ワンフロアを7つの展示室に区切った構成で、テーマ別に家具と絵画を楽しむことができます。

「八王子 家具と絵画の村内美術館 車椅子観覧バリアフリー情報」

https://ikiru-chikara.org/murauchimuseum/

 

安心して利用できるインドア施設の候補です。車椅子でのお出かけ計画の参考になれば幸いです。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

 

他に以下の記事を掲載しています。クリックでリンクします。

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東京23区編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 神奈川県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 埼玉県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 千葉県編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 北関東編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 東海・甲信越編

三密回避 バリアフリーな穴場のミュージアム 中部・近畿・北陸編