車椅子で行く東京国立博物館~東洋館バリアフリー情報

東京国立博物館~東洋館

2013年のリニューアルで、トーハク東洋館はバリアフリーに生まれ変わりました。車椅子で行く、アジアギャラリー東洋館の魅力を詳しく紹介します。

 

○障害者用トイレは1Fのみ

トーハク東洋館は、B1から5Fまでの6フロア構成。車椅子利用者が注意すべき点は、障害者用トイレが1Fにしかないことです。一般用トイレは、1Fの他にB1と3Fにあります。トイレが少ないのは、東洋館独特の設計「スキップフロア構造」が原因。建物内部は半フロアずつ階段で上ります。リニューアル以前は車椅子で歯が立たないフロアがありました。ただ5Fまでの吹き抜け天井は見事です。トイレのことは横に置いて、設計の美を楽しみましょう。

東京国立博物館~東洋館

○吹き抜けエレベーターを後付

2013年の大規模リニューアルの目的は、耐震とバリアフリー。バリアフリー化の目玉施策が、5Fまでの吹き抜け部へのエレベーター設置です。このエレベーターのおかげで、車椅子でどのフロアにも行くことが出来るようになりました。

東京国立博物館~東洋館

○テーマは「東洋美術をめぐる旅」

展示はエリア別、国別が基本。エントランスから1Fへ入ると、最初の展示は中国の仏像。

2Fはインド・ガンダーラ、西アジア、エジプト。3Fは中国の青銅器や磁器、ほか。4Fは中国の絵画や書、ほか。5Fは中国の工芸と朝鮮。B1はクメール、東南アジアです。東洋館のテーマは「東洋美術をめぐる旅」。車椅子で行けるバリアフリーな旅です。

全フロアを通じて、概ね車椅子から見にくい展示はありません。経験上のことですが、通常は極端に混むことはまずありません。バリアフリーな展示を、ゆっくり車椅子で見学できるはずです。

東京国立博物館~東洋館

○3Fテラスは憩いの空間

3Fにはテラスがあります。ここはトーハク全体を眺めることができるビュースポット。正面が表慶館、右手に本館というポジションです。もちろんテラスは車椅子で利用可能。ぜひ立ち寄りたいビュースポットです。テラスに出るには、手動引き戸を2枚通り、最後は短いスロープを上ります。車椅子での通行は可能ですが、引き戸を開ける介助者がいると助かります。

東京国立博物館~東洋館

○B1にはミュージアムシアター

B1のミュージアムシアターは別料金の施設。車椅子での利用は可。障害者手帳の提示で本人と介助者1名は、鑑賞料金が無料に減免されます。上映がお休みの期間もあるので、スケジュールをチェックして利用してください。これまでの作品の上映時間は30分から40分程度。原則として途中の入退場は不可。30分以上じっとしている必要があります。知的またはコミュニケーション障がいのある方の利用はご注意ください。

東京国立博物館~東洋館

○1Fレストランはテラス席あり

1Fのレストランはホテルオークラの「ゆりの木」。屋内席と開放的なテラス席があり、一般的な車椅子なら利用できるお店です。メニューは和洋中なんでもありで、デパートのお好み食堂のようなイメージ。アルコール類もあります。

東京国立博物館~東洋館

空間を贅沢に使っている東洋館。リニューアルでバリアフリーに生まれ変わっています。