ものづくりの街 2k540 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都台東区上野の高架下を活用した「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル、アキオカ、アルチザン)」は、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

ものづくりの街 2k540

○2k540とは

高架下の細長い空間に40店舗超の「ものづくり」のお店が並びます。

ものづくりの街 2k540

場所は秋葉原駅と御徒町駅の中間付近の鉄道高架下。一般的な道路を通りますが、両駅から車椅子でアクセスできます。

ものづくりの街 2k540

専用の駐車場はありませんが、近隣には有料駐車場が複数箇所あります。

2k540は東京駅から2k540mの地点であることを示す鉄道用語。AKI-OKAは秋葉原と御徒町の間を示す造語。ARTISANはフランス語で職人です。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

施設のデベロッパーは「JR東日本都市開発」。以前は駐車場だった高架下を活用した施設です。

ものづくりの街 2k540

○施設のバリアフリー状況

フラットなワンフロア構造の店舗街です。出入口は複数箇所あります。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

中央部に通路があり、その両脇に店舗が並ぶ構造です。一部の店舗は外部の道路に出入口があります。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

店舗の出入口に気になる段差はありません。店舗内のバリアフリーレベルはそれぞれですが、車椅子で中に入ることができる店舗が多数です。

施設内の3カ所にトイレがあり、内1カ所に障害者用トイレがあります。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

高架下といっても、両サイドには店舗が並ぶので、吹きさらしではありません。完全なインドアではありませんが、インドア的な雰囲気の街です。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

○「ものづくり」の概要

「ものづくりの街」には、様々な「もの」のショップがあります。

ジュエリー、アクセサリー、革小物、手ぬぐい、ガラス工芸品、靴、バック、陶芸品・・。万華鏡の専門店や、ある芸能人御用達のジャケット製作店などもあります。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

ゆっくりと過ごす大人の雰囲気があります。気分よく見ていると、時間がいくらあっても足りない街です。

全般的に商品には、手作りにふさわしいお値段が設定されています。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

定期的にイベントが開催されます。製作の実演、ワークショップの開催、お手入れ方法の講義、オーダーメイド製品の受付などが各ショップで行われます。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

「2k540 AKI-OKA ARTISAN」は、いつもそれほどの混雑はなく、落ち着いた雰囲気の街です。車椅子でゆっくり利用できます。

松坂屋上野店・パルコヤ上野 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都台東区、上野の松坂屋は車椅子で利用できる施設ですが、地下鉄駅からのルートは注意が必要です。アクセス面を中心に現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

松坂屋上野店

○銀座線上野広小路駅からのアクセスルート

1番線渋谷方面ホームからは、改札を出て右に進むとA1出口のエレベーターがあります。このエレベーター乗り場がB2で、B1が松坂屋上野店のB1に連絡します。地上階は松坂屋上野店のすぐ横に出ます。

松坂屋上野店

松坂屋上野店

松坂屋上野店松坂屋上野店

2番線浅草方面ホームからは、現時点では車椅子対応エスカレーターまたは昇降機を利用します。

 

○大江戸線上野御徒町駅からのアクセスルート

車椅子では、地上へはA6出口のエレベーターの利用になり、いったん外に出ます。地下では松坂屋上野店へ直結しません。

 

○日比谷線仲御徒町駅からのアクセスルート

ホームから改札への階段、改札から大江戸線乗り場方面への階段で、それぞれ昇降機を利用します。そしてA6出口のエレベーターを利用します。

 

○JR御徒町駅からのアクセスルート

改札から地上路で松坂屋へ向かいます。段差のないフラットルートです。駐車場棟の手前のスペースは「パンダ広場」です。

改札から地上路で松坂屋へ

パンダ広場

○駐車場への車でのアクセスルート

駐車場棟は「パークプレイス24」で、出入口は一方通行路にあります。

駐車場棟は「パークプレイス24」

駐車場棟は「パークプレイス24」

初めて利用するとわかり難い道順です。出口からのルートも、人通りの多い狭い道を通ります。

駐車場棟は「パークプレイス24」

車でのアクセスは、入口までと出口からのルートを、事前によく確認しておくことをお薦めします。

「パークプレイス24」の障害者用駐車区画は4Fにあります。そこからパルコヤ上野の3Fへ直結します。

パークプレイス24

松坂屋上野店

○障害者用トイレの状況

松坂屋上野店とパルコヤ上野の館内は、車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。

松坂屋上野店とパルコヤ上野

障害者用トイレは各階にはありません。松坂屋上野店はM2と6Fの2か所、パルコヤ上野は3Fと6Fの2か所、合計で4つの障害者用トイレがあります。

松坂屋上野店とパルコヤ上野

両館はB1、3F、そして松坂屋上野店7Fとパルコヤ上野6F間が、連絡通路で直結します。

松坂屋上野店とパルコヤ上野松坂屋上野店とパルコヤ上野は、障害者用トイレの配置は少ないながらも施設自体はバリアフリーですが、車椅子ではアクセスルートに注意する必要があります。

上野公園 UENO3153・さくらテラス・バンブーガーデン バリアフリー情報

東京都台東区の上野公園は「UENO3153」「上野の森さくらテラス」「バンブーガーデン」の3つの商業棟が建ち並び、それぞれのエレベーターで上野駅前と上野公園の上部が結ばれています。3棟の車椅子からみたバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

上野駅周辺のアップダウンの状況

○上野駅周辺のアップダウンの状況

JR上野駅からアメ横方面にかけては、フラットな低地です。

上野駅周辺のアップダウンの状況

上野駅周辺のアップダウンの状況

上野駅周辺のアップダウンの状況

上野駅の横が上野の山で高低差があります。

低地から上野の山の高地へ向かう道は、駅に沿った近道は車椅子では辛い急坂で、緩い坂を通行するためには不忍池方面に迂回して遠回りになります。

「UENO3153」「上野の森さくらテラス」「バンブーガーデン」3棟のエレベーターを利用すると、上野の山の傾斜路を回避することができます。したがって車椅子利用者に限らず、3棟のエレベーターの利用ニーズは高く、週末はたいへん混雑します。

上野駅周辺のアップダウンの状況

○「UENO3153」のバリアフリー状況

B2から3Fまでの5フロア構造です。

エレベーターが施設の両端にそれぞれあり、屋上で上野公園の西郷像の横にでます。

エスカレーターはありません。

3棟の中では、エレベーターがもっとも空いている可能性が高いのは「UENO3153」です。

ただし1FはフードコートとCVSでスペースにあまり余裕がなく、かつ混みあうことが多いフロアです。

UENO3153」のバリアフリー状況

UENO3153」のバリアフリー状況

UENO3153」のバリアフリー状況

UENO3153」のバリアフリー状況

UENO3153」のバリアフリー状況

UENO3153」のバリアフリー状況

UENO3153」のバリアフリー状況○「上野の森さくらテラス」のバリアフリー状況

B1から3Fまでの4フロア構造です。

エレベーターは1基あり、屋上で上野公園の西郷像の横にでます。エスカレーターは上りだけなので、下りのエレベーターがその分混みます。

障害者用トイレが1Fにあります。

「上野の森さくらテラス」のエレベーターと障害者用トイレは、週末は混雑していることが多いので注意して下さい。

上野の森さくらテラス」のバリアフリー状況

上野の森さくらテラス」のバリアフリー状況

上野の森さくらテラス」のバリアフリー状況

上野の森さくらテラス」のバリアフリー状況

○「バンブーガーデン」のバリアフリー状況

1Fから3Fまでの3フロア構造です。

エレベーターは1基あり、屋上で上野の森美術館の隣にでます。

1Fのエレベーターが表通りから見える位置にあるため、利用者が多く混みあいます。

また上野の森美術館で企画展が開催されている時は、3Fからのエレベーター利用客も多くなります。

バンブーガーデン」のバリアフリー状況

バンブーガーデン」のバリアフリー状況

○3棟に入るグルメ店のバリアフリー状況

3棟ともほとんどの店舗はグルメ店です。

多くの店舗は、構造的には車椅子で利用出来るフラット構造のテーブル席です。店内が狭く車椅子では利用できない店は一部だけです。

上野公園での車椅子での食事場所として、3棟とも利用できる可能性があります。各店のバリアフリー状況の詳細は個別に確認してください。

UENO3153

上野の森さくらテラス

バンブーガーデン

上野公園の「UENO3153」「上野の森さくらテラス」「バンブーガーデン」は、エレベーターで上野の山の傾斜路が回避できる施設であり、車椅子での食事に利用出来るグルメ街です。