東京国立博物館「法隆寺金堂 聖徳太子のこころ」車椅子観覧情報

東京国立博物館「法隆寺金堂 聖徳太子のこころ」

非公開で拝観できない法隆寺の金堂内部を紹介するプログラムが、東京都台東区上野の東京国立博物館「ミュージアムシアター」で公開されています。作品名は「法隆寺 国宝 金堂-聖徳太子のこころ」。会期は2021年7月14日から10月10日までです。

ミュージアムシアターは東洋館の地階にあります。車椅子では東洋館1Fからエレベーターを利用してください。東洋館のバリアフリートイレは1Fに1つあります。B1にはないので注意してください。

東京国立博物館「法隆寺金堂 聖徳太子のこころ」

ミュージアムシアターは、トーハク常設展観覧料とは別に鑑賞料金が必要ですが、障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。シアター前の受付に障害者手帳を提示して無料チケットを発券していただきます。シアターの定員は90名ですが、現在はコロナ対策で約半数の席に減数しています。

一日に5回または6回の上演があります。車椅子利用者は最初に場内に誘導されるので、上演開始5分前までにシアター入口に集合してください。

東京国立博物館「法隆寺金堂 聖徳太子のこころ」

車椅子席は会場内最前列に一席用意されています。プログラムは約35分。途中の入退場はできません。

金堂内部は非公開。解説によれば、僧侶も立ち入りが制限されているそうです。したがってほとんどの人にとっては、初めて見る空間です。

4K画像により、堂内の本尊などの仏像、装飾、そして復元された壁画が紹介されます。またそれらを創建した聖徳太子の思想「和を以て貴しとなす」他が解説されます。

現在は法隆寺の「大宝蔵院」で公開されている国宝「玉虫厨子」と「百済観音像」は、元々は金堂内に安置されていたと考えている研究者がいるそうです。VRにより、その姿を再現した映像が制作されています。拝観できないリアルな空間をみるだけではなく、過去の状態をバーチャルで体感できるプログラムです。またトーハクには「法隆寺宝物館」があり、実際の宝物を観覧できます。

東京国立博物館「法隆寺金堂 聖徳太子のこころ」

2021年は聖徳太子の1400年遠忌。金堂内部に興味のある方は、「法隆寺金堂 聖徳太子のこころ」をぜひご覧ください。