印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」展 車椅子観覧情報

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

東京都文京区の印刷博物館「P&Pギャラリー」の企画展です。シンプルと複雑という2つの価値観が共存する日本らしいパッケージデザインのルーツは、縄文と弥生のデザインにあるという仮説に基づき、現在のデザインを分類して紹介しています。

日本パッケージデザイン協会創立60周年記念事業。会期は2021年8月7日から10月3日。入場は無料で、事前予約制です。

印刷博物館「P&Pギャラリー」はトッパン小石川ビル1Fにあります。エントランスからギャラリー内にかけてフラットな構造で、車椅子で問題なく観覧できるバリアフリー施設です。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

展示は縄文土器と弥生土器のデザインの解説から始まります。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

そしてギャラリー内に下の写真のような展示台が設置され、その上に現代の商品パッケージの現物が展示されます。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

「美」という切り口からみた、縄文デザインの遺伝子の仮説の説明の展示。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

そして弥生デザインの遺伝子の仮説の展示があり、商品が縄文と弥生に分類されます。この展示パターンで数多くのパッケージデザインが2分類されます。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

縄文の「象(シンボル)」の解説。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

そこに分類された商品。松竹梅やキッコーマンなど。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

弥生の「象」。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

カルピスやオロナインCなど。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

縄文の「欲」。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

ラ王や赤いきつねなど。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

弥生の「欲」。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

牛乳パックや納豆パックなど。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

縄文の「愛」。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

ショコラーシカや動物系パッケージ。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

弥生の「愛」。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

キャラメルコーンや味の素など。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

縄文の「用」。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

6Pチーズや本わさびなど。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

弥生の「用」。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

マヨネーズや醤油ボトルなど。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

最後に縄文と弥生の人気投票ボードがあります。取材時点ではやや縄文デザインが優勢でした。

印刷博物館「縄文と弥生のデザイン遺伝子」

「縄文と弥生のデザイン遺伝子」は、パッケージデザインに興味のある方に限らず、幅広い層にお薦めできる、分かりやすく面白い企画展です。