車椅子で行く国立西洋美術館~常設展バリアフリー情報

国立西洋美術館~常設展バリアフリー情報

世界遺産「国立西洋美術館」。国立西洋美術館常設展は、好天の休日でも極端な混雑をみたことがありません。車椅子でゆっくり静かに鑑賞できます。展示作品は実に多種多彩。その上、西洋美術館所蔵作品は、写真可。モネの「睡蓮」やルノワールの「帽子の女」と記念撮影が出来ます。ただしここは世界遺産の建物。バリアフリー面では、少し癖があります。詳しく紹介します。

国立西洋美術館~常設展バリアフリー

○車椅子でのアクセス

国立西洋美術館には、障害者用を含めて専用駐車場はありません。上野公園内から徒歩でアクセスします。上野公園内の歩道は、歩道内の一部の路面がフラット加工されているので、車椅子はフラット路面を狙って通行してください。

国立西洋美術館は常設展、企画展ともに、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料金が無料に減免されます。

国立西洋美術館~常設展バリアフリー

○常設展は本館と新館

国立西洋美術館は、3つの構造物からなる美術館です。本館はル・コルビュジエ設計、1959年竣工の世界遺産。新館は1979年の竣工。そして企画展示館が1997年の竣工。常設展は本館と新館を使用しています。

入口は本館の中央部分。ここで障害者手帳を提示すると、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。常設展の入口を抜けると、ロダンの彫像が並ぶホールに出ます。

国立西洋美術館~常設展バリアフリー情報

○コルビュジエ設計の見どころ

このホールの名称は「19世紀ホール」。コルビュジエ設計の見どころとしては、天井部の三角窓「トップライト」、作品を下から照らせる「床照明」、そして建築的なプロムナードとして設計された2階へ通じる「スロープ」。この本館にはエレベーターはなく、1階と2階はこの「スロープ」と、階段しかありません。

国立西洋美術館~常設展バリアフリー情報

○車椅子でスロープ上り

1階から2階へのスロープは、少し傾斜が急です。それでも元気な車椅子利用者や、健康な介助者がいれば、なんとか上がることができます。

自力でのスロープ上がりが難しい場合は、スタッフに支援を頼めます。スタッフから「スロープは急なので、スタッフが介助いたします」と声をかけていただけたこともあります。男性スタッフが車椅子を押してくれます。

国立西洋美術館~常設展バリアフリー情報本館2階は回遊式の展示空間。コルビュジエ設計の空間美を楽しみながら、作品を鑑賞します。階段で上る中3階がありますが、現在は展示には使用されていません。2階は全域がバリアフリー。車椅子での鑑賞に問題はありません。

国立西洋美術館~常設展バリアフリー情報

○1階へはエレベーターで

2階で本館から新館へ移動します。ここもバリアフリー。新館での鑑賞が終わると、そこにはエレベーターがあります。2階から1階へは、このエレベーターで移動。新館1階も展示室です。

国立西洋美術館~常設展バリアフリー情報

○障害者用トイレは1階に

常設展の会場内には、障害者用トイレはありません。トイレは、常設展の新館1階の出口の先、本館の1階です。ここに、少々変わった設計の障害者用トイレがあります。手前が手洗い設備で、奥のドアを開けると便器がある障害者トイレです。

他には、企画展示館内に障害者用トイレがあります。こちらのトイレは、やや狭いことが難のトイレです。

国立西洋美術館~常設展

○松方コレクションとは

常設展の所蔵作品は「松方コレクション」がベース。明治の元勲、松方正義氏の三男で、現川崎重工業、川崎造船所の初代社長の松方幸次郎氏のコレクションです。

第一次世界大戦時の造船特需で利益を上げ、その後世界恐慌で倒産の危機、と波乱万丈の人生。大儲けした時代に、欧州で約1万点の作品を蒐集。倒産の危機に際して手放したコレクションが多数。またロンドンに保管していた膨大なコレクションは火災で焼失。パリに保管されていた400点ほどのコレクションだけが残り、戦後フランスから返還され、今観ることが出来ます。元々は1万点のコレクションが400点になりました。

国立西洋美術館~常設展バリアフリー情報

本館は世界遺産。エレベーターが後付されることはないので、これから先も、プロムナードとして設計された「スロープ」を車椅子で上ります。国立西洋美術館の常設展は、上質なコレクションを鑑賞できます。