車椅子で行く国立西洋美術館~企画展バリアフリー情報

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

世界遺産「国立西洋美術館」。年に3本程度、魅力的な企画展が開催されます。企画展専用の展示室は1997年の竣工。20世紀の設計なので、完全バリアフリー設計ではありません。車椅子ではエレベーターを乗り継ぐ企画展。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

○フラット通路を選ぶ

国立西洋美術館には、障害者用を含めて専用駐車場はありません。上野公園内から徒歩でアクセスします。国立西洋美術館周辺の上野公園内歩道は、少し路面がゴツゴツで、車椅子で通行するとまともにガタガタ衝撃がきます。歩道内の一部の路面がフラット加工されているので、なるべくフラット路面を狙って通行してください。

国立西洋美術館の敷地内へはスロープで。彫像作品が展示される前庭内は、車椅子での移動に大きな問題はありません。

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

○障害者減免あり

国立西洋美術館は常設展、企画展ともに、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料金が無料に減免されます。以前はチケット窓口で手帳を提示して、入場券を引き換えてもらう手順になっていたため、チケット売り場が混雑しているとそこに並ぶ必要がありましたが、現在では会場入口で手帳を提示すれば入場できます。

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

○エレベーターを乗り継いで

1F正面入り口から入館。入口周辺のミュージアムショップやカフェのスペースは、無料のフリーゾーンです。正面入り口から右手に進むと、1FとB1を結ぶエレベーターが一基あります。車椅子でエレベーターに乗り込みB1へ。B1が企画展の入場ゲート。ここで受付スタッフに障害者手帳を提示。これで企画展の受付が完了します。するとB1からB3を結ぶエレベーターに案内されるので、今度はB2へ。このエレベーターは少し狭いので、大型の車椅子と介助者の同乗は苦戦する可能性があります。B2が企画展の展示室入口です。

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

○ガイダンス映像を見る、トイレを借りる

ほとんどの企画展では、B2展示室入口前のロビーで、企画展の内容紹介映像を流しています。ベンチシートがモニターの前に並んでいるだけ。車椅子用の特別なスペースの用意は見たことがありません。適当にベンチシートの横や前に車椅子を停めて、紹介映像を見ます。

国立西洋美術館~企画展

このロビーの横にトイレがあり障害者用トイレが併設。残念ながらやや狭く窮屈。車椅子が何とか入るレベルです。国立西洋美術館のトイレは、1Fのフリーゾーンにもう一か所あります。こちらのトイレは説明が難しい独創的なレイアウト。ぜひご覧ください。

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

○会場はB2とB3

企画展示室はB2とB3の2フロア構成。その企画展により展示構成および鑑賞ルートに違いがあります。企画によってはB2フロアのみを使用という場合もありますが、もっとも多いパターンである2フロア開催の場合、健常者はB2とB3は階段利用です。車椅子利用者は、B2に来るときに利用した、B1とB3を結ぶエレベーターでB3に向かいます。したがってB2の展示をすべて見たら会場を出てB3へ。会場にいるスタッフが、きめ細かく配慮してくれるので、初めての利用でも困ることはないでしょう。B3の展示を見終わると、同じエレベーターでB1へ。そしてB1で、1FとB1を結ぶエレベーターに乗り換えて、出口に向かいます。

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

○B2→B3→B2の場合もあり

上記の事例は、先にB2の展示をすべて見てからB3へと誘導された場合です。企画展によっては、車椅子でも健常者とほぼ同じ動線でスタッフに誘導されることがあります。この場合の2フロア展示の動線は、B2の半分を見てからB3へ下り、そののち再度B2に上りもう半分を見ることに。したがってB2で計2回会場内を逆流します。この場合、エレベーターには合計6回車椅子で乗ることに。すべてスタッフの誘導にしたがってください。

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

○混むと辛い企画展

展示方法のバリアフリーレベルはその企画展次第ですが、車椅子で全く見えない展示は今やありません。問題は混雑。展示室内のワンフロア面積がそれほど広くないので、どの企画展でも通路幅には限界があります。

一つの目安ですが、チケット売り場に100人以上の行列が出来ている時は、企画展会場内は車椅子で苦戦する状況に。あくまで経験上のことですが、行列が50人くらいまでなら、それほど圧迫されない印象です。車椅子での観覧は、空き日狙いが基本です。

国立西洋美術館~企画展バリアフリー

何度もエレベーターに乗り降りし、時に会場内を逆流する、車椅子での企画展鑑賞。でもスタッフの皆さんはいつも親切です。車椅子利用で困ったことがあれば、スタッフに相談してください。